旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

脊柱管狭窄症にかかっています。治療方法のご存知の方は教えて下さい。
整形はあまり身体を動かさない事と多少重いものは持たない事支持有りました。
シップと血流の薬と痛みとめ薬を飲んでます。ある一方の接骨医院はマッサージと電気指圧及び腰に負担が
かからない様に腰ベルト購入しました。少しは和らいできましたが又、痛みは出てます

A 回答 (9件)

はじめまして!


脊柱管狭窄症は、悪い生活習慣等により、脊柱(特に腰椎)に歪み(塑性変形)が生じ、
結果、脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されて、痛みや痺れがでます。
その歪みを矯正することで、改善します。
ちなみに、その矯正法を、「継続不可矯正法」と言います。
調べてみてください。
改善されるといいですね。
    • good
    • 0

脊柱管狭窄症も変形性関節症の類です。

よく「加齢により・・」と説明されますがそうではありません。細胞変性に原因があります。
一般的な治療法については、以下のホームページに次の様に記されています。
 ――――――――――――――― 
https://www.itoortho.jp/youtu_info/01.html
■脊柱管狭窄症の手術
・根治治療は除圧と固定の2つに分けられます。
除圧は{脊柱管を狭くしている骨や靭帯や椎間板}を削り、脊柱管を拡大する方法です。最新の方法は、小さな傷から内視鏡を入れて脊柱管をくりぬいて広げる身体に優しい手術ですが、術式は施設によって方法が異なります。
固定は背骨にぐらつきがある場合や大きなずれがある場合に行います。骨を削り、神経の周りを十分に広げて、チタン製の金具などで骨と骨の間を固定します。最近は3cm程度の小さな傷で行う、身体に優しい方法もあります。
・腰部脊柱管狭窄症の日帰り手術
背骨の後側にある棘突起という骨の間に棘間ストッパーという器具を挟み込むことで、脊柱管が狭窄している部分だけを前かがみになった時と同じような状態に矯正します、脊柱管の中の圧力はまっすぐ立った状態だと、寝ている時の4倍にまで高まりますが、前かがみになると、まっすぐ立った時の半分以下にまで圧力が低下します。
■手術以外の治療
 安静・薬物療法(消炎鎮痛剤、血流の改善薬)、物理療法(腰部固定帯、フレクションブレース)、ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック)、運動療法(ストレッチ、腹筋、背筋の強化)などが挙げられます。
 ―――――以上ですが―――――――――― 

冒頭の、{脊柱管を狭くしている骨や靭帯や椎間板}を削るとは、
異常な骨や靭帯が出来ていると言うことであり、それは以下のいずれかを意味します。
 a.骨(骨棘=こつきょく=骨のトゲ=変性した骨の増殖体です)、
 b.靭帯(変性し骨化した靭帯=靭帯骨化です)、
 c.椎間板(変性し膨隆した椎間板です)、
これらが生じて脊柱管の神経を圧迫しているということです。
これらは通常では生じません。
なお、この病気も変形性関節症ですから、手術しても再発もあり、他の関節にも生じます。
 根本の原因は、軟骨や靭帯など繊維組織の”細胞の変性”にあります。
細胞変性効果という免疫の用語があり、細胞が丸くなったり(円形化)、細胞が膨らんだり(肥大化)、細胞が融合したり、細胞が崩壊する形態的な変化を言い、ウイルスが感染した細胞に生じる形態変化です。
従い、何らかのウイルスが軟骨、椎間板、靭帯という繊維組織の細胞に感染していることから、ウイルス遺伝子の作用により変性が起き、体重という圧力がかかる膝や脊椎などの軟骨はすり減って減少し、その周囲には骨化した骨棘という増殖体が生じ、また、靭帯においても骨化が生じる訳です。
 従って、ウイルスと変性した細胞(ウイルス感染細胞)が排除されれば進行は止まり治癒するということになります。それを成すのは白血球であり免疫の活性化です。
 ハスミワクチンという免疫療法剤があり、変形性肘関節症、黄色靭帯骨化症、後縦靭帯骨化症の患者に治癒を見ています。
「脊柱管狭窄症」の回答画像8
    • good
    • 0

そんなことしても改善はしませんよ。


年齢が年齢ならば、オペです。
若いならブロック注射の集中治療で改善可能です。
出来るだけ、体力あるうちに治しておいた方がいいですよ。
    • good
    • 0

時間を取りまとめたものを投稿します。

解決になるかと思います。
それまで締め切らずにおいてください。
    • good
    • 0

反り返る動作は痛みが来ると思いますが、この症状は人によって様々です。

しびれが来た時にどのような動作をしたら改善するかを常に注意しておくことを奨めます。
私の場合、30分ほど同じ姿勢で立っていると右足にしびれが来て、立っているのが辛くなります。そこで、仰向けに寝て足を抱えたりしていましたが、結局しゃがみ込んでお尻の筋肉を伸ばすような動作が、現在一番いいです。
    • good
    • 0

私は先天性の第二頸椎脊柱管狭窄症です


手術は無理
症状が出ると背中中の筋肉が固まり、動かすと激痛が
温治療で改善します
治らないので死ぬまで付き合うしかありません
対処療法のみですね
根治はしないので、治療方法は、存在しません
    • good
    • 0

投薬-かなり強い薬まで何パターンかある


ブロック注射-やれる期間は決まっているが効果は投薬より強い
手術-メリットデメリットはある

接骨院は、、、整形の先生は行っても良いというお考えなのかな?
    • good
    • 0

末梢神経に作用する薬を一年間飲んで改善しました。。手術しても治る確率が低いですので、一生付き合っていくしかないと思います。

    • good
    • 0

後はペインクリニック等で 痛みのブロック注射


等が有効かも知れませんね。
程度が重ければ 手術になったりすると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報