以前テレビで、葬式の時に笑う民族を紹介していました。そのような特筆すべき文化的特性を持った民族などがいたら教えてください。
滅びた民族でなくてもかまいませんが、
特に滅びたものについてお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

民族それぞれに特徴ある習慣、(他の民族から見れば)奇異な習俗がありますので質問の意味が今ひとつ理解出来ないのですが・・・



イタリア系の移民の子孫の多いアルゼンチンでは葬儀で出棺の時、大きな拍手で送り出します。生きている人間の功績をたたえる時と全く同じです。お前はよくやった、安らかに天国へ行ってくれ、天国へ行く価値ある人間だったという意味でしょう。

日本人は久しぶりに(例えば5年ぶりに)で出合った親子や夫婦が抱き合って喜び合うことをしません。アメリカ留学中の娘を訪ねた父親が娘を抱擁することもなくにっこり笑って元気か?というのはアメイリカ人には理解できない態度です。

メキシコのアステカ人は人間が生きていけるのは太陽が毎日規則正しく運行するからだと考え生きた人間の心臓を定期的に太陽に捧げていました。彼らは当時のヨーロッパの大都市以上の石造りの清潔な都市を築き、そこでは物資が溢れ治安が良くヨーロッパ人は夢ではないかと驚いたといわれますが、野蛮なヨーロッパ人に滅ぼされてしまいました。

17世紀ごろまでの日本人は戦場で相手を倒すと、その手柄を認めて貰い報奨を受けるために相手の武将の首を掻き切って腰に結び付けていました。また写真のない時代なので、敵の大将を本当に殺した証拠として敵将の首を塩づけにして、本部まで送りつけていました。

このように各民族の奇異な風習はたくさんあります。誰が何を基準に奇異と決めるのかが問題です。ある国では1500年まで続いた蛮行としか思えない習慣が、他の国では1200年ごろ廃れていたに過ぎないのです。フランス人の先祖のガリア人(ケルト族)はローマ人と勇敢に戦い高い文化レベルにありましたが、ローマ人から見れば蛮族に過ぎず、彼らの習慣はことごとく珍しい或いは奇異なものとして写ったようです。

現在では異なる文化を認め合って生きていこうと国際理解がキーワードになっていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへんありがとうございます。
質問の主旨がご理解いただけなかったようで少し残念ですが、内容的にはとても豊富でとても勉強になりました。

お礼日時:2001/08/05 09:03

 民族の習慣については弘文堂から出ている「文化人類学事典」にたくさんのっています。

特筆すべきかどうかは人によって判断基準が違うので。
    • good
    • 0

ちょっとこれまた外れた話?が多いかもしれませんが見聞きした知識から・・・



・カナリア諸島に住んでいたグアンチェ族(すでに絶滅)は小さな小さな島々に住んでいたのに海をものすごく恐れて小船さえ持たなかった。(アトランティス人の生き残りで故郷が海に沈んだ記憶があるからとかいわれてます)

・葬式といえばチベットの鳥葬は有名ですね。向こうでは死んだら魂は昇天し、葬式が終われば肉体はただの肉塊にすぎないのでズタズタに斧で死体をちぎってカラスとかハゲワシにあげてますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
海を恐れるグアンチェの話とても興味深いです。

お礼日時:2001/08/07 04:01

質問の趣旨はタイトルのとおりでしょうか?(としたら笑う民族のくだりは?)もう少し、補足をしてくだされば回答しやすいのですが...


ローマなどは贅の限りをつくした為に国民の危機感が薄れ、滅ぼされたという説があります。そういう意味では目標を失うほどモノにあふれ、危機感も薄れている日本は危ういのかもしれません。
滅びた民族は他国の侵略、物資の枯渇など外的原因が理由になると思うので、共通の文化的特性があるかどうかは私は知りません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本は漢字文化圏であることも認識すべき?

最近は学問体系や科学が欧州式のものがはいってきていて、東アジアで軍事的政治的領土的緊張があるため、対立的になってます。

中国と日本と国民性は違うというのは、ヨーロッパでスペインとイギリスの国民性が違うというのと同じに思えます。

過去、日本では中国では三国志などゲームになったりするくらいファンの多いものだったと思います。
たしかに緊張に対して、注意を払うことはもちろん重要なのです。日本はヨーロッパではなくて漢字文化圏(日本、中国(台湾やシンガポールなども含めて)、朝鮮、ベトナム)にいることを忘れてはどうなのかなと思ってしまいます。中国人や韓国人のマナーを考えるとかいう話もいいのですが、あまり否定しすぎるとそれって日本の歴史を否定することにもなりませんか。

礼儀とか東洋の文化ですし。日本語に敬語とか多いですよね。

これって気のせいでしょうか?

Aベストアンサー

はっきりいっちまえばおっしゃることはごもっともです。日本は明治維新をするまでは、はっきりいやあ中国の真似をしてりゃあ良かったのです。

飛鳥時代に律令国家ができたわけですが、そのときに作った制度っつーのは中国の制度をまんま輸入してきたものです。それから、論語から仏教から哲学思想、医学に至るまで中国から輸入してきたわけです。
明までは、中国王朝というのはウルトラスーパーグレイト超大国だったので、周辺諸国はその影響を受けていればまあなんとかなったのです。
日本でも、江戸時代まではインテリは漢文の素養を持っているものでした。

んだけども、右翼前都知事のようなSAPIO的ネット右翼愛国者はそれを頑として認めませんので、そういう人になにをいっても無駄です。ヨーロッパルネッサンスの四大発明だって、結局のところ中国で発明されたのが伝わったに過ぎませんからね。ヨーロッパ人は自分たちが発明したと主張するんだけどさ。
だいたい、どこの国でも極右は歴史を知らないものです。極左は歴史を曲解するんだけど、極右は歴史を知らないんですよ。
どうでもいい話なんですが、昔ノンフィクションの深夜番組を見たとき、国粋主義で西洋文明を否定する右翼団体の青年がコカコーラを飲みながらシュプレヒコールをあげていたのは、見ていて思わず笑ってしまいましたね。

現代の中国人が反日的なのは、抗日戦争で国家を成立させた毛沢東の共産党ですから基本スタンスが抗日ですからしょうがない部分はあります。現政権が倒れて、抗日は関係ない新国家が成立したらまったく変わるでしょうね。ただ、現在の国際的枠組みは国家が制度から変わるようなことも、大国が周辺小国を併合することも認めませんから、そういう国家が中国で成立するのは難しいでしょうね。

はっきりいっちまえばおっしゃることはごもっともです。日本は明治維新をするまでは、はっきりいやあ中国の真似をしてりゃあ良かったのです。

飛鳥時代に律令国家ができたわけですが、そのときに作った制度っつーのは中国の制度をまんま輸入してきたものです。それから、論語から仏教から哲学思想、医学に至るまで中国から輸入してきたわけです。
明までは、中国王朝というのはウルトラスーパーグレイト超大国だったので、周辺諸国はその影響を受けていればまあなんとかなったのです。
日本でも、江戸時代までは...続きを読む

Q日本人は農耕民族だったが、狩猟文化は?

日本人は稲作を中心とした農耕民族でしたが、日本でも農耕より狩猟が盛んだった地域とかないんですか。

例えば、北陸や新潟、長野の山間部や東北なんかだったら、寒いわ、雪は降るわでましてや、東北なんかやませ風が吹くわで農耕のしにくい地域ですよね。

Aベストアンサー

稲作は弥生時代のかなり早い時期に東北まで伝播していますが、
弥生時代には、大きな河や深い森林地域は治水や開拓が出来ないので、
ほとんど稲作はされていません。
比較的開けた小河川や中流域の支流で稲作がされています。

従ってそれ以外の地域に住む人々は基本的に狩猟採集もしくは畑作農業が生産手段です。

稲作耕作地が増えるに従って、生活地域は狭まりましたが、
山窩(さんか)と呼ばれる人々は、明治時代まで独自の文化を保存し山間部で生活していました。
つい最近まで、日本の山間部はこれらの人々の生活の場だったわけです。

Q【文化起源の境目】 どこまでが中国文化で、どこからが日本文化なのか?

以前、中国人・韓国人・台湾人の友人と議論していました。

韓国人(パク)「日本発祥の文化って何がある?」
私 「仮名だね。日本民族の古典には万葉集がある。」
韓国人(パク)「仮名?仮名は中国文化の漢字を元に作られらんだよ。漢字を元にしているから、仮名は中国文化だ。
ハングルは漢字など参考にしないで、韓国人が独自で作った。ハングルは誇るべき朝鮮文化だ。
ハングルは世界一優秀な文字だ。(←これが口癖)」

私「醤油は16世紀に和歌山県(紀州)で発明された日本独自の調味料だよ。」
中国人(プーチン)「醤油はおよそ3000年前の中国で発祥したんだよ。醤油は中国発祥だ。」

【醤油のルーツ】
http://www.yamasa.com/soydoc/history/history01.html
http://www.kikkoman.co.jp/soyworld/museum/rekishi/print_rekishi.html


↑の「醤油は中国発祥」の意見を要約すると
「日本の醤油のルーツは醤(ひしお)であり、醤(ひしお)は中国発祥だ。」
と書いています。

中国から醤(ひしお)を輸入していたから、醤油は中国発祥だという説です。
だが、醤(ひしお)らしきものは、日本でも製塩が始まった弥生時代には、すでに作られていたようです。
つまり、醤(ひしお)は中国発祥ではなく、製塩が始まったアジア各地で醤(ひしお)は発見されています。

仮に、醤(ひしお)が中国発祥だとしても、それが日本の醤油のルーツだと言えるのでしょうか?
当時の醤(ひしお)は材料別に、「魚醤(うおびしお)」「肉醤(ししびしお)」「草醤(くさびしお)」「穀醤(こくびしお)」の四種類に大別され、その中でも米・小麦・大豆などを原料とした「穀醤(こくびしお)」が、しょうゆやみその原型と考えられています。
また、当時の中心的な醤は、魚介類を主な原料とした「魚醤(うおびしお)」と考えられており、現在も秋田に残っている「しょっつる」や、香川県の「いかなごしょうゆ」、能登地方の「魚汁(いしる)」なども魚醤が原型になっていると言われています。

従って、先に日本が「魚醤(うおびしお)」を作ったら、タイのナンプラー(魚醤)は日本発祥になるのか?
もっと遡って、タイのナンプラー(魚醤)は中国発祥になるのか?
醤(ひしお)らしきものは、日本でも弥生時代にすでに作られていますが、中国の方が先に作っています。
つまり、中国が一番最初に醤(ひしお)を作れば、世界に知られた日本発の Soy sauceも、タイのナンプラー(魚醤)も中国発祥になるのでしょうか?
日本の醤油は中国発祥でしょうか?


また“仮名”についても同じです。
韓国人(パク)は「仮名は日本文化ではない。」と言っています。
確かに仮名は漢字をくずして作られたものです。
中国から醤(ひしお)を輸入して、そこから日本独自の「醤油」を作ったのと似ている過程です。


“仮名”と“醤油”は日本発祥の文化ですか?
“仮名”と“醤油”は日本発祥の文化ではないのすか?
文化起源の境目はどこでしょうか?
どこまでが中国発祥の文化で、どこからが日本発祥の文化になるのか?
よろしくお願いします。

以前、中国人・韓国人・台湾人の友人と議論していました。

韓国人(パク)「日本発祥の文化って何がある?」
私 「仮名だね。日本民族の古典には万葉集がある。」
韓国人(パク)「仮名?仮名は中国文化の漢字を元に作られらんだよ。漢字を元にしているから、仮名は中国文化だ。
ハングルは漢字など参考にしないで、韓国人が独自で作った。ハングルは誇るべき朝鮮文化だ。
ハングルは世界一優秀な文字だ。(←これが口癖)」

私「醤油は16世紀に和歌山県(紀州)で発明された日本独自の調味料だよ。」...続きを読む

Aベストアンサー

少なくとも素焼きの土器である縄文土器は、発見されているもので言えば日本のものが世界最古級です。
その論法から言えば「焼き物の発祥地は日本である」と言えるでしょう。(実際は、各地でそれぞれに発展したもの)
文化・文明というのはお互いに影響し合って生まれ発展していくものですからこのような議論そのものは歴史学的には不毛です。
韓国では政治的な理由や儒教文化の影響もあって「自国の文化が一番」と考えている人が少なからずいるようです。中国に至っては「中華思想」が伝統ですから....そういう思想に凝り固まっている人に反論しても無駄かと思われます(^^;)。
朝鮮文化だってハングル語以外はほとんどが中国文化の影響で発展したのではないかと思うのですが....。

Q檀家制度成立以前のお葬式

聞くところによると、日本人の90%以上が仏式で葬儀をするそうですが、身内の葬式をする段になって初めて自分の家の宗派が何であったか知る方も少なくないという話もよく耳にします。わたし自身もそのうちの一人ですが、これでは祖先に申し訳が立たぬかといえば、その祖先もおそらく自分の知らぬうちにどこかの寺の檀家になっていたクチでしょうから、まあ似たり寄ったりでしょう、なんてことを考えていたら、はて、じゃあ「檀家制度」が成立する江戸時代以前の葬式というのはどうだったんだろうかという疑問がわいてきました。やはり大部分の人が「仏式(もちろん今とは内容は違うでしょうが)」で死者を送っていたのでしょうか? それとも檀家制度成立以前は「仏式」の葬儀はそれほど一般的ではなかったのでしょうか? どうか教えてください。

Aベストアンサー

まず仏教が葬式を行うようになったのは平安時代以降で、それまでは神官が葬式を執り行い、天皇など非常に身分の高い方は神官による儀式で葬られ、それ以下の貴族も一般庶民も死体を捨てられてお終い。
平安期に入ると僧侶が死体を打ち捨てたままでは死者が浮かばれないと、供養を説くようになり、仏教が葬式に積極的に関わるようになります。
この時代では有力な一族が寄進をしてお寺の檀家になるような形でしたが、力のある武士などでは葬儀を出したようですが、一般庶民は相変わらずそのまま葬られてお終い。
江戸時代に宗門改めで檀家制度が始まり、この時代から檀家寺が葬式に関わるようになったもようです。

Q漢民族の女性の民族衣装

朝鮮の女性の民族衣装はチョゴリ
これは問題ないでしょうけど
中国(漢民族)の女性の民族衣装はチャイナドレスではありませんよね
あれは満州族の民族衣装で清の時代は
漢民族は着用を禁止されていたと聞きます
では漢民族の民族衣装とはどのようなものだったのでしょう
それはまだ残っているのでしょうか?
できれば画像なんかあると嬉しいのですが

Aベストアンサー

漢服ですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Han_clothing_Hanfu_movement.jpg

http://henmi42.cocolog-nifty.com/yijianyeye/2006/07/post_a66b.html

http://www.recordchina.co.jp/group/g2411.html

満州族は北方系なので、防寒対策の服だが、漢服はゆったりしている。
満州族はワンピース、漢はツーピースも多いという特徴もあった記憶です。
犬山のリトルワールドで見てきました。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E6%9C%8D


人気Q&Aランキング

おすすめ情報