プロが教えるわが家の防犯対策術!

昨日、ニュースで、「ネットバンキングの不正アクセスが急増した旨」を伝えていました。
少し心配になったのですが、私の場合
・ネットバンキング
・ネットのクレジットカード
は、小まめにパスワード等を変更して管理しています。

更に、windowsのアープデートを小まめに行い、セキュリティソフトも入れております。

以下を教えて下さい。

1.ネットバンキングとクレジットカードの不正アクセス以外に、注意すべきものはあるのでしょうか?
2.上記を小まめに行っているのですが、ある程度の頻度で、PCの初期化をすべきなのでしょうか?


追伸
なぜか?PCの速度が遅い気がしています。

A 回答 (3件)

もしすでにウィルスとかスパイウェアがインストールされてしまっている場合は、初期化することによりそれらのソフトウェアを削除できますから、それなりの効果はあります。

とはいっても、ある程度の頻度で初期化をするというのも煩わしいし、そのたびにバックアップを取らなければならなかったりで、面倒です。

私は、複数のPCを使い分けています。普段使うPC(ネットサーフィンに使うPC)はいろいろなウェブサイトにアクセスするし、ネットにつながっている時間も長いので、ウィルスなどを取り込んでしまう可能性が高くなります。私はそのPCからは絶対にお金関係の処理(クレジットカードの利用含む)はしません。
それ用にもう一台PCを持っていて、お金関係の処理をするときはその別PCを使い、またそれいった用途以外にはそのPCは使いません。用途を限った使用なので、使う時間も短く、お金の無駄と考えられるかもしれませんが、新品のPCではなく安い中古PCを買ってOSをインストールしなおせば安く上がります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>それ用にもう一台PCを持っていて、お金関係の処理をするときはその別PCを使い、またそれいった用途以外にはそのPCは使いません。

2台用意するのは少し面倒ですね。

ネットバンキングを使って、送金する場合、ワインタイムパスワードカード(電卓のような生成器)を使わないと出来ないです。
だから、ニュースで、「ネットバンキングの不正アクセスが急増した」と伝えていましたが、「どうやって不正を行ったのか?」不思議な気がします。

お礼日時:2019/12/22 15:35

>ネットバンキングを使って、送金する場合、ワインタイムパスワードカード(電卓のような生成器)を使わないと出来ないです。



そのワンタイムパスワードカードというものが、RSAトークンのように毎回異なるコードを生成するものであるならば、不正使用するのは実質的に不可能です。が、すべてのネットバンキングがそういうのを使ってるわけではないでしょう。
携帯にコードを送る二段階認証はそこそこのリスクはあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>すべてのネットバンキングがそういうのを使ってるわけではないでしょう。
>携帯にコードを送る二段階認証はそこそこのリスクはあります。

成程、そうですか。
すると、(以前、テレビで見たのですが)量子通信をしないと完璧な暗号化はできないのでしょうね。
でも、ネットバンキングが、そんな最先端なものを、コスト面からして、使うわけない気もしますが、、

まあ、RSAトークンのように毎回異なるコードを生成するものであるならば、そこそこ、心配しなくてもダイジョブかも?しれませんね。

お礼日時:2019/12/22 17:22

自分のPCを初期化したところで、他人のPCから不正アクセスすることはできる。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

>自分のPCを初期化したところで、他人のPCから不正アクセスすることはできる。



生体認証にすれば、不正アクセス対策になるのでしょうか?

お礼日時:2019/12/22 14:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング