安土城の内部と外部の復元図がみたいのですが、
どなたかいいHPを知っている方はいらっしゃいませんか?

A 回答 (2件)

ここが詳しいようです



参考URL:http://www2.tokai.or.jp/asitaka/asitaka/index1.htm
    • good
    • 0

内部だけになりますが、


http://www2.tokai.or.jp/asitaka/asitaka/index1.htm
http://www.tetsureki.com/home/laboratory/labo.html
に復元図らしきものが載ってますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【滋賀】安土城・観音寺城へのアクセス【安土】

4月4日(土)に滋賀を散策します。

3日夜にムーンライトながらで東京をたち、大垣・米原を経由して8時1分に安土駅に着きます。

目的は安土城と観音寺城です。
それぞれ、本丸まで歩いてすぐに引き返すつもりです。
たとえば安土駅→安土城本丸跡→観音寺城本丸跡→安土城でどれくらい時間がかかるでしょうか。
また、レンタサイクルを使った場合、どこまで乗っていくことが可能でしょうか。

Aベストアンサー

安土駅から安土城跡までは、1時間ちょっと。
安土城跡から観音寺城跡までは2時間くらい(上り坂がきついので、その人のペースによります)。
観音寺城跡から安土駅までは2時間足らず。

JR西日本のサイトにおすすめコースが紹介されているので、ついでにセミナリヨ跡なども行ってみられてはどうですか?↓
http://www.jr-odekake.net/navi/jr_hiking/info_ekikara.php?pa=2&se=6

スミマセン・・・基本、歩きが好きなので、レンタサイクルはわかりません。
山道は逆に自転車のほうがキツかったりするので気をつけて~
ちなみに、観音寺城跡への道は石段もあります。

Q日本最初の木造復元天守は掛川城か白河小峰城か

最初の木造復元(=史実に基づく、よって伊賀上野城は除く)天守は平成6年の掛川城ということになってますが、平成3年の白河小峰城が先ではないですか。呼称は三階櫓ですが、江戸時代、幕府が天守という呼称を認めなかっただけで天守に相当する建物です。白河小峰城の三階櫓が天守でないとしたら、弘前城や伊予松山城も江戸時代は天守でなく三階櫓と称していたそうですが。地元自治体が「最初」とアピールしなかったから?

Aベストアンサー

白河小峰城の三階櫓が「天守」と呼称されなかったのは幕府が認めなかったからというよりは一国一城令の後に築城されたために「天守」を作れなかったため、のようです。
白河小峰城が実質的に「天守」であっても「三階櫓」としか呼称されていない以上歴史学的には「三階櫓」であって「天守」ではないと言えます。
これに対して弘前城や伊予松山城は構造的には三階櫓であっても「天守」と呼称されていた歴史的事実があるため「天守」と呼称されるのでしょう。
掛川市が「日本初」をアピールしたいための理由付けとも思えますが、歴史的事実に則して「史実に基づく最初の木造復原天守閣は掛川城」となったことも事実でしょう。
正直なところどうでもいいような気がしないではないですけどね
「日本のヘソ(中心)」が複数あるようなものではないかと思います(^^)

Q【歴史・安土桃山時代】安土桃山時代の100文って現在の貨幣価値で幾らですか?織田信長は安土城を地

【歴史・安土桃山時代】安土桃山時代の100文って現在の貨幣価値で幾らですか?

織田信長は安土城を地方の大名に見せるときに見学料として100文を摂取したそうです。

Aベストアンサー

当時は、金1両は約4000文でした。
1貫文は1000文で、1貫=10万円程度なので、4000文は4貫=40万円。
したがって、100文は1万円程度だと思います。
なかなか金儲けに長けている金額ですが、当時の安土城が見られるならば、私だったら1万円でもいいかな。

Q【姫路城の鬼門、裏鬼門の謎】普通は鬼門は北東、裏鬼門は南西にあるはずなんですが姫路城の鬼門が姫路城の

【姫路城の鬼門、裏鬼門の謎】普通は鬼門は北東、裏鬼門は南西にあるはずなんですが姫路城の鬼門が姫路城の北東になく南にあるのはなぜですか?

おかしくないですか?

Aベストアンサー

「姫路城の鬼門」を門か何かだと思っておられるのでしょうか?
鬼門は書かれているように北東の方角を指す(として日本では使用されている)言葉です。つまり「姫路城の鬼門」は「姫路城の北東」と言ってるのと同じです。あなたの質問は「姫路城の北東が南にあるのはなぜですか?」ということになり、質問がオカシイということになります。

ちなみに鬼門の由来は、むかーしの中国の書籍に北東の門に捕まえた鬼を縛ってまとめているところがあるって記述からで、なのでその門を鬼門と呼ぶってところから、北東の方角を鬼門(の方角)と呼ぶようになりました。それが日本では、鬼の門って怖いねーって感じのイメージ先行で、とりあえず北東は鬼門で怖いねー、じゃあ反対側も裏鬼門で怖いねーって感じでしょう。ちなみに裏鬼門なんてのは日本と、もしかしたら風水くらいで言われる程度のニセ情報も良いところの話なのですが、どうせそんなのはどうでも良いのでしょう。

Q安土城天主 内部の謎

この間安土城に行ってきました。
そこで復元天主を見て思ったのですが、なぜ織田信長は仏教を弾圧(比叡山焼き討ちなど)してキリスト教を広めようとしたのに安土城天主の内部は仏教の絵が描いてあるのですか?
それとも信長は仏教は嫌いではなく、敵対してきた勢力だから攻撃したのでしょうか?
少し歴史(特に戦国時代)が好きな中学生です。
よろしければ回答お願いします。

Aベストアンサー

>なぜ織田信長は仏教を弾圧(比叡山焼き討ちなど)してキリスト教を広めようとした

他にも回答がありますが、信長は仏教排除を目的としていません。
安土山にある摠見寺は、信長の菩提寺ですよね。
同時に、若き日の信長の傅役(養育係)であった平手政秀菩提の為に「政秀寺」を建てています。
信長は、宗教が政治に関与する+宗教が武力を持つ事を嫌ったのです。
ですから、信長と敵対した寺院は「多くの僧兵を抱えた武装集団」としての機能が強かったのです。
キリスト教の場合は、直接武力で他国を侵略するのでなく「文化・思想を武器」としていますよね。
信長も、本能寺で倒れなければ「キリスト教宣教師排除」を行ったでしよう。
今でも日本では、「政教分離」が政治の原則ですよね。
※自民創価学会連立政権の判断は、色々分かれますが・・・。

>安土城天主の内部は仏教の絵が描いてあるのですか?

先に書いた通り、仏教を攻撃していた訳ではありません。
僧侶といいながら、お経の意味を説明できない僧侶に激怒した訳です。
それと、「中国などの思想家」の肖像もありませんでしたか?

>信長は仏教は嫌いではなく、敵対してきた勢力だから攻撃したのでしょうか?

その通りでしよう。
比叡山・本願寺なども、領土(寺領)を持ち+政治的な関与を行い+武装集団を抱えた事が「敵対勢力」と看做されたのです。
高野山も、同様に攻撃対象になりました。
が、信長亡き後に秀吉が攻撃。山麓の根来寺が陥落。いよいよ高野山攻め!という時。
「高野山の僧侶として、最も大切なことは何か?」
「戦うことではなく、仏の教えを広めることではないか!」
という高野山僧侶の方針転換で、秀吉の攻撃を免れて今に至っています。
その後、秀吉は高野山に青嚴寺を建立するなど高野山を保護しています。
※青嚴寺は、今も金剛峯寺と名をかえて存在しています。

>なぜ織田信長は仏教を弾圧(比叡山焼き討ちなど)してキリスト教を広めようとした

他にも回答がありますが、信長は仏教排除を目的としていません。
安土山にある摠見寺は、信長の菩提寺ですよね。
同時に、若き日の信長の傅役(養育係)であった平手政秀菩提の為に「政秀寺」を建てています。
信長は、宗教が政治に関与する+宗教が武力を持つ事を嫌ったのです。
ですから、信長と敵対した寺院は「多くの僧兵を抱えた武装集団」としての機能が強かったのです。
キリスト教の場合は、直接武力で他国を侵略するの...続きを読む

Q復元された高田城三重櫓を見たのですが、いやに小さくちゃちく思えました。

塗装等の外観はともかく、本物もあの程度の大きさだったのでしょうか?
高田城の実質的な天守閣だと思うのですが、高さは10メートルに満たなかったような……

史実に忠実に復元したというのですが、元々あんなに小さかったんですか?

http://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=8425

Aベストアンサー

高さは10メートルに満たなかった? 忠実な復元?とのこと。
建築に興味があるので、写真を拝見しました。

確かに小さいですが、3層で、1層の平均が3m程度。傾斜の急な屋根が
その上に載っているので12~13m程はあると見積もりました。

ネットを検索したところ、
<平成5年に復元されたこの三重櫓は、資料調査と発掘調査の成果を
 十分ふまえて再建されたものである。
 内容は三層三階で、東西5間(9.1m)、南北6間(10.9m)
 を基底とし、高さ15m程で外観は御殿風造りを基調としている。>
そうです。
http://53922401.at.webry.info/201305/article_28.html

思ったより高いのですが、これは1層目がかなり高い為と思われます。

当時は天守閣の無い城郭も多かったわけです。その場合は3層の
やぐらを城を象徴する建物と見て居ました。

城の一番高い石垣に3層の楼を設けた復元例は、東北なら白河に有り
ます。木造です。とても、こじんまりしていい城です。
高田城のように周囲に高い木々が無いので、より大きく見えるかも
しれません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E6%B2%B3%E5%B0%8F%E5%B3%B0%E5%9F%8E

高さは10メートルに満たなかった? 忠実な復元?とのこと。
建築に興味があるので、写真を拝見しました。

確かに小さいですが、3層で、1層の平均が3m程度。傾斜の急な屋根が
その上に載っているので12~13m程はあると見積もりました。

ネットを検索したところ、
<平成5年に復元されたこの三重櫓は、資料調査と発掘調査の成果を
 十分ふまえて再建されたものである。
 内容は三層三階で、東西5間(9.1m)、南北6間(10.9m)
 を基底とし、高さ15m程で外観は御殿風造りを基調としている。...続きを読む

Q安土城の大手門前に広場、行幸迎えるため?

安土城の大手門前に広場、行幸迎えるため?
http://www.asahi.com/culture/update/0819/001.html

という記事がありました。
広場が見つかったからといってそれが天皇を迎えるためと考えるのは何故でしょうか?
全くの空想としか思えないのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>安土城の大手門前に広場、行幸迎えるため?
結論としていえば、十分に考えられるということでしょう。

安土城の発掘の成果からすると
(1)本丸御殿は、天皇の御所の清涼殿と東西が逆になっているものの、同じ構造であった。これは、天皇を迎えるための特別な御殿があったことは、「信長公記」にもかかれています。
(2)大手道は、戦国期の城郭の常識をはなはだしく逸脱しており、伝秀吉邸・伝利家邸にしてもかなりの規模で大手道を飾る屋敷跡と考えられます。また、大手に三つの虎口があることもかなり異常です。この、三門形式は平安京の宮城門(朱雀門)を模したもので、目的によって使い分けられていたと考えられるようです。天皇を迎えるために使う門も想定できます。

安土築城の頃の信長の意図として、「天下統一」を目指しているわけでして、それも無位無官のままで天皇の権威を必要としない自信があったのではないか。それが、天皇行幸で信長と天皇の位置を示すことで天下に示そうとしていたと思えます。
天皇を安土に迎える必要が信長としては必要であったと思えます。そのためのお城でもあったのは・・・。

ですから、
「安土城の大手門前に広場、行幸迎えるため」は考えられることと思えます。

>安土城の大手門前に広場、行幸迎えるため?
結論としていえば、十分に考えられるということでしょう。

安土城の発掘の成果からすると
(1)本丸御殿は、天皇の御所の清涼殿と東西が逆になっているものの、同じ構造であった。これは、天皇を迎えるための特別な御殿があったことは、「信長公記」にもかかれています。
(2)大手道は、戦国期の城郭の常識をはなはだしく逸脱しており、伝秀吉邸・伝利家邸にしてもかなりの規模で大手道を飾る屋敷跡と考えられます。また、大手に三つの虎口があることもかなり異常...続きを読む

Q歴史についての質問なのですが、安土・桃山時代の城下町には主にどのような

歴史についての質問なのですが、安土・桃山時代の城下町には主にどのような職業の人達が住んでいたのでしょうか?

Aベストアンサー

文献から調べるのも良いのですが、町名から推測するのも面白いです。

足利幕府誕生後の今川氏~江戸時代初期の家康によって整備された駿府(静岡市)を例にあげると

紺屋町:染め物屋
大鋸町:家康がつくった丸太を切る大鋸をつくる職人と番匠の街。
上桶屋町:桶職人の街
大工町:そのまんま
研屋町:研ぎ師の街
鍛冶町:天正年間にできた鍛冶職人の街

茶町:徳川家康が作ったお茶問屋街。駿府に移った家康にとってお茶は戦略商品だったのです。
七間町:今川時代から続く豪商の街
両替町:両替商が並んでいたから。
呉服町:呉服屋さんの街ですね。
人宿町:今川時代からの旅館街。由井正雪の乱以降は旅籠がなくなってしまいました。
伝馬町:伝馬制は戦国時代に領国支配のために始めたのです。今の伝馬町は江戸時代になってから。
車町:牛車で荷物を運ぶ運送業者の街です。

鷹匠:鷹匠なんかも住んでいたのですね。
猿屋町:今川時代からある地名で猿回し(猿引き)が住んでいました。猿を使って諜報活動をしていたとの噂も・・・

以上抜粋ですが。

近くの江戸時代以前の城下町を調べてみると面白いかもしれません。(^ ^)ノ

文献から調べるのも良いのですが、町名から推測するのも面白いです。

足利幕府誕生後の今川氏~江戸時代初期の家康によって整備された駿府(静岡市)を例にあげると

紺屋町:染め物屋
大鋸町:家康がつくった丸太を切る大鋸をつくる職人と番匠の街。
上桶屋町:桶職人の街
大工町:そのまんま
研屋町:研ぎ師の街
鍛冶町:天正年間にできた鍛冶職人の街

茶町:徳川家康が作ったお茶問屋街。駿府に移った家康にとってお茶は戦略商品だったのです。
七間町:今川時代から続く豪商の街
両替町:両替商が並んでいた...続きを読む

Q週刊安土城で悩んでいます‥

CMで週刊安土城を知りました。
歴史が好き!模型やプラモも好きです!
ぜひ完成させてみたいのですが、
(1)完成までにかかる期間は??
週刊で発行して何ヵ月後に完成ですかね??
(2)完成までにかかる費用は??
結構かかるんでしょうか??

週刊で組み立てるこの手のものは未体験なので、ご教示宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>110週=2年弱

あぁぁ。。
2年超えますよね。。。

誤記が多い。反省します。

Q【歴史・日本史】千利休って京都に住んでいたんですか? 戦国時代、安土桃山時代の京ってどこ? 大阪

【歴史・日本史】千利休って京都に住んでいたんですか?

戦国時代、安土桃山時代の京ってどこ?

大阪に住んでた?

Aベストアンサー

千利休は堺に生まれ、秀吉が聚楽第を作るまでは堺に住んでいました。 京都の聚楽第ができてからは聚楽第内に邸宅を構えて住んでいましたが、1591年に秀吉の逆鱗に触れた際、堺に蟄居を命じられ、その後京都に呼び戻され、聚楽第の屋敷内で切腹させられました。 戦国時代、安土桃山時代の京とは京都のことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報