昨年8月に、私の婚約者が自動車同士の事故を起こしてしまいました。
飲酒運転だった上、相手は足首を骨折し、3ヶ月も入院する羽目になってしまいました。
現在の状況としては、行政処分は1年の免許免許取り消しとなっています。
そしてこのたび裁判所から弁護士を選ぶようにとの連絡があったようです。
幸い、被害者の方はとてもいい方で、こちらの誠意も伝わったのか、
保険にも入っているし、保障をしてくれるのならなるべく刑が軽くなるように、
と警察にも言ってくれたようです。
いまだに示談がすんでいないので、保険会社に連絡したところ書類もそろったのでそろそろとのこと。
しかし、被害者の方に状況伺いのついでにお伺いしたところ、なにも来ていないとのこと。
かえって心配されてしまいました。
なにしろ、どうしたらいいのかわかりませんので、裁判に対する準備、弁護士の選び方、
保険会社への対応、お金の準備について教えていただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>執行猶予が付けば前科持ちにならなくてすむんでしょうか


執行猶予付きでも前科もちということになります。執行猶予付きの刑に対し、実際に刑務所に入る刑を実刑と呼んでいます。
執行猶予は取り消されることなく執行猶予期間が経過すれば刑は効力を失います。(刑法第27条)刑務所に入ることもなく資格上前科は無くなったと考えさしつかえありません。ただし、過去に執行猶予付きの判決を受けたという記録は残ります。例えばその後に酒気帯び運転をして再度裁判にかけられた場合にその記録は量刑の参考とされ、刑が重くなる可能性があります。
>どうなんでしょう・・・
過去に酒気帯び運転や人身事故の前科が無ければ執行猶予が付く可能性は高いと思います。
幸い今回は執行猶予が付いたとしてもその執行猶予期間中に再度酒気帯び運転等の違反をすれば執行猶予は取り消され、二つの刑を受けなければならなくなりますので、執行猶予期間中は特に注意して下さい。執行猶予期間が過ぎても飲酒関係の違反は決してしないことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もお返事いただきましてありがとうございました。大変よく分かりました。これから、頑張っていきたいと思います。

お礼日時:2001/08/08 22:55

> 昨日弁護士が決定しましたが、執行猶予をつけることを目標として争うようです。



その線で全力を尽くされるのがいいと思います。

> 情状酌量で減刑となった場合にも禁固刑が少なくなるだけでしょうか。

正式には知りませんが、一般に減刑というのは執行猶予を付けることを言いますね。

> 執行猶予が付くと刑務所には入らなくていいのですか?

執行猶予の期間内に累犯(又、犯罪を犯す)が無ければ禁固刑は免除されます。
でも、その時前科が消えるかどうかは知りません。感じだけですが、何らかの記録は残るでしょうね。

あとは弁護士さんとよく相談の上善処して下さい。少しでも軽く、そして是非、執行猶予となることをお祈りしております。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もお返事ありがとうございました。私も知識を身につけ対処できるようになったと思います。彼と頑張りたいと思います。

お礼日時:2001/08/08 23:03

前述した私選弁護人の50万円というのは弁護士の報酬のみです。

そのほかに交通費や書証の謄写費用などの実費がかかります。事実関係を争わなければ100万円もかかりませんが、例えば車を鑑定したり、興信所に調査を依頼したりした場合にはどれくらいの実費がかかるかわかりません。
また、執行猶予がつくかどうかは前科の有無で大きく変わってきます。前科がある場合は実刑を覚悟した方がいいかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

事実関係を争うことはないようです。昨日弁護士が決定しましたが、執行猶予をつけることを目標として争うようです。しかし、酒気帯び、スピード違反(20Km)、入院3ヶ月以上ですから、どうなんでしょう・・・。
分かってないのですが、執行猶予がつくと実刑とはいわず、前科もちにならなくてすむんでしょうか。自分でも勉強してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/08 14:58

事実関係というのは簡単に言ってしまえば、自分の責任度合いです。

相手の過失、道路の不備や不可抗力などがさしひかれ、自分の責任度合いが決定されます。検察官が出してきた起訴事実を被告が認めれば簡単に結審します。
事実関係を争うということは、検察官の起訴事実と対抗して覆すことです。大変な努力と時間とお金がかかります。
飲酒、100%過失、3ヶ月重傷事故となれば禁固刑は免れないかも。あとは情状酌量で減刑狙いで行くしかないでしょう。
私の場合、実刑なら会社を懲戒解雇、執行猶予付きなら社内懲罰だけで済むと言う事情があり、執行猶予付き狙い一本に絞りました(情状酌量による減刑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

事実関係は争わないつもりです。禁固刑は決定という状況で、情状酌量で減刑となった場合にも禁固刑が少なくなるだけでしょうか。弁護士さんも執行猶予をねらっていく、とおっしゃっていたそうですが執行猶予が付くと刑務所には入らなくていいのですか?また、裁判決定後の罰金はいくらくらいになるのでしょう・・・。

お礼日時:2001/08/08 15:03

#2のymmasayanです。

#2の補足です。国選弁護人は無料のような印象を与えてしまったようですがmay23さんのご指摘通り安いですが有料です。
それともう一つ、正式裁判に掛けられると言う事は、検察官が、禁固刑の判決がおりるという強い自信を持っていると言うことを示しています。私の場合、判決は禁固6ヶ月、執行猶予2年半だったと思います。道路交通法違反と業務上過失傷害ですね。禁固でなく罰金とか科料ですむかどうか、又禁固でも執行猶予がつくかどうか、このあたりは今後の人生にも大きく影響します。may23さんの言われる事実関係で争うと言う事はそのことと大きな関係があります。ただ、むやみに争うと、裁判官の心証を損なう面もあり、専門家と相談しながら慎重に対処する必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。私撰弁護人を選ぼうと思っていますが、知り合いもいないので弁護士会から紹介してもらうことになりそうです。明日弁護士会に連絡するようです。
yammasayanさんのように道路交通法違反と業務上過失傷害ですが、禁固刑は免れないのでしょうか。事実関係というのがよく分からないのですが、彼が100%悪いことには変わりないのでその点ではどうにもならない気がします・・。

お礼日時:2001/08/07 00:15

飲酒運転は、保険会社から見ると契約違反で、示談交渉をしたくない事故なのです。

ただ、被害者保護の立場から、被害を被った方に対してだけは、賠償金を支払うのです。ですから、担当者は、自然に対応が遅くなるようです。ですから、担当者に催促の電話を入れられることを勧めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。7月あたまに書類が揃ったので示談に入ると言っていたので安心したのがいけなかったようです。被害者の方にご様子伺いで連絡したところ、まだ来ないので早くくるように伝えてくれ、と言われたのです。本日連絡して、示談に即はいるよう手配してくれるといっていますが・・・。

お礼日時:2001/08/07 00:05

#2の方の補足的なことですが、国選弁護人といっても無料ではなく裁判で訴訟費用負担が命じられた場合は弁護士費用を払わなくてはなりません。

事実関係を争わなければ1回位で結審、2回目に判決ということになると思いますが、その場合でも訴訟費用は10万円~15万円位です。私選弁護人になると最低でも50万円必要です。事実関係を争うなら私選弁護人をお薦めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。私撰弁護人をお願いしようと思っていますが、最低で50万円となると100万くらいは見ておいた方がよいと言うことでしょうか。

お礼日時:2001/08/07 00:11

ご心中お察しします。

遠い昔、私も仮免許中に事故を起こし、無免許運転で裁判を受けました。古い事ですが、思い出した事を書いて見ます。
弁護士と言うのは民事裁判でなくて刑事裁判のことでしょう。だから、被害者はまったく関係有りません。刑事裁判の場合、国選弁護人と私選弁護人の2種類があります。お金を使ってでも刑を少しでも軽くと言うなら私選弁護士を、お金を節約するなら国選弁護士をと言うことになります。国選は裁判所に相談して見てください。
裁判は、ご存知の通り、裁判長、被告、弁護人、検事と言う構成で進められます。
量刑に対する情状酌量の点で、被害者、同僚等会社関係の減刑嘆願書が有ったほうがいいようです。弁護士が決まってから相談してください。裁判開始までに示談が終わっていたほうがいいと思われますが、これも弁護士とご相談下さい。
最後に、飲酒運転は保険金が出ないことも考えられます。金銭面では、くれぐれもよくお気になさったほうがいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのお返事ありがとうございます。
刑事裁判ということなのですね・・ぜんぜん分かっていませんでした。
かかる費用がさっぱりわかりませんが、今後のことも考えて弁護士を選びたいと思っています。
あと、示談のほうを急いでもらうべく、保険会社にも連絡しようと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/05 15:10

>、保険会社に連絡したところ書類もそろったのでそろそろとのこと


こちらの保険会社ですか、なぜ、相手への示談交渉がまだ、おこなわれないのか、尋ねればいいのではないでしょうか。

弁護士・裁判等の疑問は、すべて加入している保険会社に相談すればいいのではないのでしょうか。ただ、通常なら保険で保障してくれる内容でも飲酒運転の場合、どこまで支払いを保障してくれるかわかりませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保険会社は大手のものに加入していますが、いつも連絡をとってもまったく手応えがありません。
被害者の方は退院されて、もうお仕事も開始しています。もう示談がすんでもいいころなのでしょうか・・・。
とにかく早急に保険会社へれんらくすることにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/05 15:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在債権回収の為に裁判をしようと準備中。相手は元交際相手で交際中に素行

現在債権回収の為に裁判をしようと準備中。相手は元交際相手で交際中に素行調査したと言われ水商売などを隠れてしていた事がバレかなり逆上し脅迫めいた言葉や暴力がありそんな汚い金俺が預かる。お前に持たせとくとまた何かすると奪われました…銀行から私がおろし彼に渡したかたちです。調査した内容を口で聞いただけで書面は見てません。本当にしたか疑問。口座金額まで???てました。そして半ば無理やりで同棲。素行調査をされてると言う恐怖と家族に影響があるかもという気持ちから親なも黙ってました…口約束で同棲を解消し別れた時は必ず返すと約束。しかし別れてから一切返済なく、調べてわかったのが私の預けた金で家財道具を買ったり道楽に使い込んでました…更に請求すると脅しめいたメール。警察は動いてくれません。なんとか借用書はあります。弁護士は不法行為で訴える。不法行為が認められたら相手が自己破産しても請求できると聞きました。しかしたいがい殴られたとか立証は難しいし友達に送ったメールくらいしか証拠はありません。警察も動かないのに不法行為が認められますか

Aベストアンサー

どうしても裁判したい覚悟なら、やったほうがいいでしょう。弁護士費用はかかります。下記のとおり。
http://hanac.com/calc/fee.html
相手が自己破産するおそれがあるなら、貸金ではなく、「破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権」として構成する必要があります。要するに詐欺あるいは横領です。預けたお金を使い込んでいますので、警察は動かなくとも、詐欺あるいは横領の立証はできるでしょう。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/hamenseki.html

Qとある裁判を傍聴したのですが被害者側が示談はしておいて、その後裁判で厳

とある裁判を傍聴したのですが被害者側が示談はしておいて、その後裁判で厳罰を望むといった調書を検察が採用していました。
まぁお金は必要ですしわかる気はするんですがこの場合裁判員、裁判所はどう判断するんでしょうか・・・被害者側感情は示談で-5,厳罰を望むで+4 みたいな感じなんでしょうか。
大変違和感を感じました。

Aベストアンサー

時系列では、どうなのでしょうか?

私の場合も検察の証拠調べでは、被害者の調書として、一生刑務所に入っていてほしいなど被害者感情を述べました。

しかし、起訴後ですが示談に応じ、示談書と嘆願書(刑罰は望まない。宥恕の言葉あり)を頂いていたので、弁護人の証拠調べでは、先ず順序を明確に示します。
先ほどの検察官の調書は、これから述べる、被害者の示談書と嘆願書の前に作成されたものであり、被害者自信が自分の意思で記載された点を、誤解のないように聞いてください、と被害者作成の嘆願書を読み上げました。

時系列が新しい方が、裁判では判断されます。

因みに、判決では、検察の調書は一切認められず、被害者の刑罰を望まない意思をくみ取るべきである、と言う判決文になりました。

Q被害者が犯人を嘘の証言で作り上げる・・ドラマのような状況に・・

被害者が犯人を嘘の証言で作り上げる・・ドラマのような状況に・・

私の友人AとBの事なんですが、数か月前Bは1000万近くの現金盗難(Bは銀行には少ししか入れず自宅に置いといたみたいです)にあいました、
その際盗まれた日にAがBを呼び出して、用事があるからといい2時間ほど消えたこと、
Aの金ずかいが急に多くなったこと、落ち込むなよと200万Bに現金であげる、PCを買い替える、車を買うなど他にも逮捕状が取れるほどではないのですが怪しい要素がかないありAがとても怪しい環境になっているのが現状なので、
警察もAを怪しんでいるのですが、AとBは友人なのでBの家から指紋等が出ても証拠にはならないから
難しとのことで事件は水平線をたどっているのですが、
とられたBは金額が金額なだけに絶対にAを捕まえる気でいて
先日Bが私(私とAとBは3人とも友達です)に、
俺Bに80万貸してて、それを警察に話したらその返してもらったお金からBの指紋が出れば盗まれたお金を持っていたという可能性になるからそれだけで逮捕状が取れるかは別として、有力な証拠になるのは間違いない。
と言われたから、Bからこないだお金を返してもらったから、これに俺に指紋をつけて、さらに盗まれた日にAがBの家に入って行くのを見た(Bは事件の後、Aに事件があった日どこにいたとかを紙に書いてもらい、その時の会話もボイスレコーダーに録音していたからAがアリバイの無い時間に家に入って行くのを見たと言うらしいです)と証言してもらう事になったから、
これでAは犯人になる、と言ったのですが、私はもしBが指紋の偽装、友人に頼んでの嘘の証言がばれたらBが捕まるから、やめとけと言ったのですがAがあんだけ怪しくても警察はそれだけじゃ逮捕はできないといっているのに指紋と目撃者の証言が嘘だってどうやって警察が立証できる?と言い帰りました。
ここで皆様に質問です。
犯罪に縁がない素人の私が聞いていてもBが偽装を行った場合、Aは犯人としてされてしまう(犯人の可能性は高いですが)と思うのですが、
Bの思惑どおりAが犯人にさせられる、それともBの偽装がばれる(もしばれると思いの方がいれば、なぜばれると思いですか?その理由をBにいって偽装を止めます)、どうなるでしょうか?
大事な事なのでもし回答していただける際、こういったのに詳しい方の意見なのか、素人感覚の意見なのか記入をお願いします。
ご意見是非聞かせてください。

被害者が犯人を嘘の証言で作り上げる・・ドラマのような状況に・・

私の友人AとBの事なんですが、数か月前Bは1000万近くの現金盗難(Bは銀行には少ししか入れず自宅に置いといたみたいです)にあいました、
その際盗まれた日にAがBを呼び出して、用事があるからといい2時間ほど消えたこと、
Aの金ずかいが急に多くなったこと、落ち込むなよと200万Bに現金であげる、PCを買い替える、車を買うなど他にも逮捕状が取れるほどではないのですが怪しい要素がかないありAがとても怪しい環境になっているの...続きを読む

Aベストアンサー

刑法に以下の規定があります
第百四条 (証拠隠滅等) 他人の刑事事件に関する証拠を隠滅し、偽造し、若しくは変造し、又は偽造若しくは変造の証拠を使用した者は、二年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。
第六十条 (共同正犯) 二人以上共同して犯罪を実行した者は、すべて正犯とする。
質問文中の行為は“偽造し、若しくは変造”に相当し、また共犯に相当するので、Bと同時に質問者も上記犯罪を犯すことになるでしょう。

また、
第百六十九条 (偽証) 法律により宣誓した証人が虚偽の陳述をしたときは、三月以上十年以下の懲役に処する。
“家に入って行くのを見た...と証言”とありますが、単にAを逮捕させることが目的でなく、有罪にするのであれば、質問者は裁判において“証言”することが必要となるでしょう。当然記憶と異なる証言をするので偽証罪となり、最高懲役10年になることでしょう。

なお、
第二百三十五条 (窃盗) 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
なので、罰金刑が無いこと、最低刑が定められていることから、質問者がやろうとしている犯罪行為(偽証)はAが(やったと思っている)窃盗より重大な犯罪です。

また、ばれる可能性の一つとして、質問者は“Aを目撃”するために実際には居なかった場所に居る必要があるので、その時刻に別の場所にいた(目撃者とか防犯カメラなど)ことが証明される可能性があるでしょう。
“目撃”したとなると、そのときのAの服装、持物について尋問されるでしょうから整合性が必要となります。

“有力な証拠になる”と警察が言っているようですが、Bが考えたような偽装工作の可能性は当然にあるのでその証拠能力は乏しいでしょう。
また、“逮捕状が取れる”は単に令状を発行する裁判官にせいぜい“犯人の可能性があるなぁ”と思わせるだけの根拠を提示するのですが、“かは別として”なので、その警察官すら“証拠”能力を否定しているわけです(裁判官にそう思わせるだけの自身が無い)。
まぁ、意味が無いのでやめることをお勧めします。

刑法に以下の規定があります
第百四条 (証拠隠滅等) 他人の刑事事件に関する証拠を隠滅し、偽造し、若しくは変造し、又は偽造若しくは変造の証拠を使用した者は、二年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。
第六十条 (共同正犯) 二人以上共同して犯罪を実行した者は、すべて正犯とする。
質問文中の行為は“偽造し、若しくは変造”に相当し、また共犯に相当するので、Bと同時に質問者も上記犯罪を犯すことになるでしょう。

また、
第百六十九条 (偽証) 法律により宣誓した証人が虚偽の陳述...続きを読む

Q民事裁判の過程で明らかになった事実を元に刑事裁判にもっていけるか?

民事裁判の過程で明らかになった事実を元に刑事裁判にもっていけるか?


お知恵をお貸しください。


Aは、過失によりB所有の工作物を壊してしまい、
Bは自費でそれを再築し、その費用150万円をAに損害賠償請求した。

しかし、裁判の過程で、Bが費用を水増しし、実は100万円しか
かかっていないことが明らかになった。
(業者の証言、その他領収書等の証拠による。)

判決は、そのBの工事費水増し工作を事実として認定した上で、
AはBに100万円支払え、との内容となった。

以上のようなケースで、Aは一部敗訴し、Bに100万円支払うことに
なりましたが、一方、Bが50万円を多く詐取しようとした行為も、
裁判の過程で事実として認定されました。

これを以て、今度はAが、Bを詐欺未遂として刑事告訴することは可能でしょうか?

また、もし立件されたら、すでに民事裁判においてBの行為が認定されているので、
もう秒殺で有罪! というようなことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

残念ながら無理です。


日本では民事と刑事では事実認定も完全に別扱いですので、
民事で認定されたという事実を刑事に持って行くことは出来ません。

刑事裁判でも改めて証拠を提出し、それを事実認定出来るか審査することになります。


刑事のほうが慎重さが求められるため、基本的に民事のほうが事実認定されやすいです。
だから「刑事裁判では事実が認められず無罪だったが、民事では事実が認められて賠償請求が認められた」ということもよくあります。

Q即決裁判についてお伺いします。

道路交通法違反の裁判の傍聴をしたのですが、冒頭手続きなどで即決裁判をすることの同意確認などはなく、それでも一日で判決まででました。
即決裁判では裁判中にそういった確認を取る手続きはないのでしょうか。
普通の刑事裁判でも一日で判決まででることはありますか?
よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

通常は、初公判までに弁護士・検察官・担当裁判官によって合意されています。

>普通の刑事裁判でも一日で判決まででることはありますか?
よくあります
1)犯罪事実は争わない
2)事実関係も争わない
3)示談が成立している
上記があれば、即決裁判をする要求ができます。
数年前ですが、東京地裁で窃盗罪の即決裁判を見たことがあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報