今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

IPO前に会社の株を買いたい、どのような方法がありますか?
ベンチャーにいた友達などは上場前に株を購入したりして億に近い利益を得たと聞きました。
ただ、上場までにかなりの資金をいろいろなところから集めていた(社員含む)ようですし、
個人でもそのような会社の株を買いたいのですがどのような方法がありますか?
なお、殆どの企業がIPOに至らないのは承知しています。
現在、ソフトバンクやジャフコを買っていますが会社の給料が高く株価は微妙です。
リスクをとっても100倍や1000倍になる株を買いたいと思っています。
宜しくお願い致します。

A 回答 (4件)

>個人投資家と言っても実際にはクラウドファンディングみたいに募ったり、匿名投資組合みたいにして取りまとめてもいいような気がします。



についてですが、特定の企業や組織を明示して不特定多数の人から金をあつめるのは出資法に引っかかるので、匿名投資組合って法的に難しいんですよ。だから、クラファンはファンドのリターンを含めて投資判断をするための情報を公開してないし、してはいけないのです。あくまで、個人がクラファンの企業に一定の年利で貸付てるだけの枠組みになります。

ベンチャー企業の出資は確かにエグジットが成功すれば何十倍何百倍はありえますが、一方でそれまでの何年もの間資金を垂れ流すことにもなりますし、ゴミクズになることも多いですから、失った時のダメージが大きい個人や金融商品の仕組みに疎い素人に金を出させるのはなかなか難しいと言うのもあります。
VCのエグジット戦略もIPOだけではなくて、最近はM&A戦略とかもありますが、いずれにせよ、世の中金持ちの資産管理の一環として成立してるビジネスと言う部分もあるでしょう。個人の人生をかけた資産形成とは違って、要するに、増やすこと、よりもありあまるお金をどこにどう置いておくか、と言うことを考える人のビジネスです。
    • good
    • 0

仰る気持ちはわかりますが、それが分かっていれば誰でもやるし、教えないです。


IPO前と言われていますが、IPOは新規公開株ですので、新規公開株前ということになりますが、公開前の株式という解釈で良いのでしょうか?
となると公開前の未公開株を入手したいということになりますね。
未上場企業の株式を公開前に入手することは普通はできません。
ちなみに昭和63年にリクルート事件が起こりましたが、未上場の不動産会社、リクルートコスモス社の未公開株が政治家に渡り、その後公開されて数億円という利益供与があったという事件です。
IPOはブックビルディング方式という厳正な方法で公開株価(公募価格)が決まり、主幹事証券会社以下幹事証券会社に割り当て抽選んで売り出しをします。
ほとんど企業がIPOに至らない・・と言われますが、上場に向けて準備していない企業の株はIPOにならないのは普通です。
出資金として大きな資金を準備していれば、そのような話も回ってくるのかもしれませんが、小さな資金を100倍、1000倍は難しいでしょうね。
>ベンチャーにいた友達などは上場前に株を購入したりして億に近い利益を得たと聞きました。・・・ほんとかどうか分かりませんし・・万が一ほんととしても、1000人に1人以下の確率でしょう。
別にそんなことしなくても、資金が大きければ儲けるのは難しくはないし、5%利回りでも短期売買で利食いを繰り返し配当を得れば、お金は十分増やせます。
勿論テクニックは必要で、最低条件として資金が必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

以前ベンチャーに努めていまして、VC(といっても実際には証券会社出身の個人投資家)から出資を受けていたり、銀行口座に増資の入金があり会社概要の出資金額を時々書き換えていました。Exitは上場であったようですが現状まだIPOはニュースで見ませんので難易度は高いのでしょう。ただ、個人投資家から受けていましたし上場前にはそこそこ社員にもストックオプションなり出資なりの機会がありそうな雰囲気でした。こういったものを見ていると他の会社でも個人が趣旨できる機会がないものかと思ったりもしたのです。

また、5%利回りなど不可能です。500万円以下ならクロスでなんとかなるかもしれませんが、ある程度の金額になると5%など不可能かと。もし、それが継続的にできるのであれば勘違いや詐欺、本当に良い方法ですのでぜひ教えてほしいです。多額のお金を5%で安定運用できるのであればファンドすら運用できるレベルかと・・・。

お礼日時:2019/12/29 19:57

米国の適格投資家に該当するぐらいあなたが資産をもってるか、世帯収入を持ってるならば、米国のプライベートイクイティーを購入できるサイトはいくつかありますよ。



国内はそういうのは一般的じゃないので、あくまでベンチャーの投資家やスタートアップ社員や役員の一部がストックオプションの一環として自社株をもらってたりするだけの話だと思います。

基本的に、ベンチャーの資金集めの一環で投資家から募るものは、金額単位が低すぎる個人からの出資を個別に受け入れるものはないと思います。そもそも、非公開株式のバリュエーションは難しいので、その辺の業界に疎い人だと詐欺かどうかも判断できないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
米国ではそのようなサイトが有るのですね。ただ、法律の違いを超えるのが厳しく出資は難しいです。
国内にないということは、誰かが今アメリカのPEみたいな仕事を始めれば市場を取れそうですし大儲けできそうですね。
個人投資家と言っても実際にはクラウドファンディングみたいに募ったり、匿名投資組合みたいにして取りまとめてもいいような気がします。

お礼日時:2019/12/29 20:04

一般の個人が比較的簡単に投資できるのは未公開株ファンドのようなものでしょうか。

海外でも国外でもそうしたものはあるようです。
ただ、リスクは高く、リターンについては約束されたものは当然なく、コストも高いかと思われます。
また、100倍、1,000倍はこうした商品では難しいかと思います。

よほど資金があればVC的に個別企業へ投資する機会もあるかもしれませんが、
これだと100倍、1,000倍の可能性はあっても、逆に投資金額すべてを失うリスクもありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。以前居た会社がそんな感じでした。何度かHPの出資金額を書き換えたりしました。今も上場していないようですのでギャンブルなのは間違いないですが社会的意義や夢がありますので上場企業へ投資するよりも面白そうなのですよねぇー。

お礼日時:2019/12/29 20:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!