見守り電球またはGPS端末が特価中!

今日から年末年始休暇です。せっかくなので新しいことを始めたいです。そこで選んだのが語学です。英語の勉強をしたいと思います。目標は日常会話がペラペラ、、までは行かずとも"なんとか何言ってるかわかるかな"程
度までの力をつけたいです。
ちなみに英語の勉強はしたことありません(学生時代のみ。赤点ばかり)。
中学生の英語の文法や単語くらいしかわかりません。リスニングは昔から絶望的です。

とりあえずまず何をすればいいですかね?

A 回答 (8件)

No.7 さんの仰ることを聞いて、やっぱりそういうことか、と納得ですね。


私の中学時代もまさしくそんな感じでした。古い薄汚れた(でもアールデコ調でしたーーアールデコも工業製品のは安っぽいですよね…^^;)ラジオを親に出してきてもらって、NHKの講座聞いたことありますけど、私も1か月も続いたかな? という感じでしたね。

長続きのコツは、やっぱり、自力で《調べること》と《作業をする》ことなどを通して、《能動的に》学習することです。ノートにきれいに自分なりにまとめてみる、とか、こういう、一見、無駄っぽいことをすることで、楽しいと思えるので長続きします。実際、教える側になったほうがよっぽどよく身についたりします。

なので、とりあえずまず、文房具屋さんに行って、新しいノートを買ってくるのもよい動機づけになると思いますよ。高価なものじゃなくていいです。普通のノートにちょっと素敵な包装紙をカバーしたりしてデコレーションするんでもいいです。
NHKの語学講座も、お気に入りのノートに自分なりにまとめながらすれば、長続きするかもしれませんね。
    • good
    • 0

NHKの語学講座のテキストは毎年4月になるとやたらと売れるのですが、5月以降はバタッと売れ行きが落ちます。

長続きしない人がほとんどなのです。
手軽に英会話能力を身に付けるには、中学の英語の教科書よりも、短文のテキストに音声を収録したCDが付属している物を暇があれば聴くようにすれば効果的です。
何回も何回も聴いているうちに自然に英語が口から出て来るようになります。
似たようなのがいくつも販売されていると思いますが、評判の良さそうなのを探して購入しましょう。
    • good
    • 0

#1さんの「中学校の英語の教科書の本文を丸暗記」は良くも悪くもない一般的な方法ですね。



#2さんの勧める「ラジオ英会話(冗談抜きで)」も手軽な方法ですね。ただ、これは来年の4月から始まります。それと、良くも悪くも 学習ペースが決まっていますので 一長一短があると言ったところですね。

#3さんの 方法も楽しそうですね。
ただ、#4さんは 洋楽の利用に関して、「歌詞は韻律の関係で学習者にとって正しい英語が使われません。」と言っていましたが、それと 歌はメロディーがあるので イントネーションが通常と異なりますので、洋楽だけを何度も聴いても 正しい英語の発音は なかなか身に付きません。しかし、洋楽に親しむのは私も賛成です。

私も #5さんと同じように「とりあえずはまず、発音を押えましょう。」とアドバイスします。
それには、↓のサイトのように 英語にカナを振るのはもってのほかです。
http://makki-english.moo.jp/6animal.html
例えば、animalは「アニマる」ではありません。
↓のサイトで ネーティブの発音を聞いてください。
https://ja.forvo.com/search/animal
英語の音はカナでは表せませんが、むしろ「エナモー」に近く聞こえます。
発音記号で書くと【ǽnəməl】になります。 ここでも 曖昧音の [ə]が1つの単語に2つも登場しますね。
ちなみに、言語のボタンをフランス語やスペイン語にシフトすると「アニマる」と聞こえますが、英語の学習サイトで フランス語やスペイン語の発音を書いても仕方ありませんよね。

それと、#5さんが言うように 日本の中高生の教科書も指摘されていますね。ただ、教科書を作るには
ネーティブの視点で簡単なものが、日本の中高生にとっては難しかったりするので、かなり 不自然になってしまいまいます。↓の質問の myrtille55さんの回答が参考になります。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/2513001.html
    • good
    • 0

とりあえずはまず、発音を押えましょう。


英語にはどういう発音があるのか、これを知っているかどうかで、その後の学習の効率が違ってきます。
私も今、また YouTube で見かけた方の講義がよかった(Lisa Mojsin という方です)ので、その方の本を図書館で借りてきて、音声、ダウンロードさせてもらって、やってますけど(編集ミスとか勘違いも散見される本ですけど、笑 でも、ちゃんと、Barron's の出版です)、

それで発見したことの一つに、母音の [ɑ] というのはよく大きく口を開けて口の奥から発声と説明されますけど、実際そのため、怒ってるように聞こえるなと思っていたら、そうとも限らないんですけど、この本に出てる例はみんな《やや長母音》です。
これに比べて [ʌ] で表される音は、短母音です。
この本も、W. L. Clark 著『アメリカ口語教本』でも、米語の発音に [ʌ] と曖昧音の [ə] の違いはないと言ってますけど、これも捉え方で、
[ʌ] は強勢のあるところに使われる文字で、[ə] は曖昧音のことです。
でも、Mojsinさんも、
[ər] の音は別に取り上げていて、これは曖昧音ながら強勢がつきます。私はこれを区別していなくて自分の住所を伝えられずに困ったものです(笑)。つまり、first とか third とか、そして、Thursday や girl 、her 、word などはみな曖昧音に強勢を置きます。[r] 付きなわけですけど、この [ə] は [ʌ] でなく曖昧音にしないと通じないです。

あとね、日本の中高生の教科書っていうのは、もう十年前くらいの本ですけどマーク・ピーターセン氏によると、まだ文法を習っていないからと言って、安易に書き換えてあったりするらしいので、不自然な英語になっている場合が大いに考えられます。それだけでなく、簡単にするために短い文にしたり、代名詞を使うことが少ないのはともかく、時制や冠詞の使い方もおかしかったりするそうです。なので、丸暗記するなら、その前にまず、ネイティブに文章をチェックしてもらうことをお勧めします。italki.com などで聞けます。

とにかく、できるだけネイティブが編集に関わっていて、音声が聞ける教材がいいです。
    • good
    • 0

基本的にはNo. 2の方のご意見に賛成します。


No. 2の方が勧められている洋楽の利用は、英語への関心を高めるには意味がありますが、歌詞は韻律の関係で学習者にとって正しい英語が使われません。
カーペンターズのSingという名曲がありますが、その歌詞には♪Sing of happy not sadと、ofの後に名詞ではなく形容詞が使われています。
しばらく前にヒットしたケルティック・ウーマンのYou Raise Me Upの歌詞にはmay heart burdened beという韻律優先となった普通でない個所があります。
プレスリーのLove Me Tenderは、通常であればtenderをtenderlyとすべきですが、韻律上の理由でtenderとなっています。
歌詞は基本的には詩であって口語ではありませんから、通常の文の学習には不向きです。

私はNHKラジオ番組派ですが、中学生対象の「基礎英語」シリーズ1~3をお勧めします。
現在は年度途中なのでそれなりに学習内容が進んでいますが、取っつきにくければひとつグレードを落としたところから始められるといいでしょう。
単に会話表現だけではなく、文法的な必要知識も少しずつ学べます。
1年で中学レベルの英語を操りたい、という目標であれば、シリーズ全部を一気に勉強することも不可能ではありません(かなり時間と努力が必要ですが)。
    • good
    • 0

こんばんは。



私が高校時代に教えてもらって楽しかった方法なのですが、

英語の曲(洋楽)の歌詞カードを拡大コピーして、
それを単語ずつにカットしてバラバラにするんですよ。

で、その曲を聴きながら、バラバラになった単語達をつなぎ合わせて行くというゲームです。
パズルしてるような感じです。
正しく並べられるまで何度も何度も繰り返し完成を目指します。

その後、日本語歌詞カードを見て、比較して行くと、
この部分がこういう意味を持つ単語なんだ、文法なんだ…と分かります。

これは、単語を覚えられる上に、文法も覚えられる様になり、
なおかつヒアリング(リスニング)力も身に付きます。


カーペンターズとかビートルズとか、
比較的きれいな英語で聞き取りやすい曲からスタートすると良いですよ^v^

私が実際に授業でやったのは…
カーペンターズの「Please Mr.Postman」(プリーズミスターポストマン)
カーペンターズの「Rainy Days and Monday 」(雨の日と月曜日は)
ワム!の「Last Christmas」(ラストクリスマス)
カイリーミノーグの「Love At First Sight」(ひとめぼれ)
ジョンレノンの「イマジン」

……この方法を教えてくださった先生は、
帰国子女で英語ペラペラの若い女の先生だったのですが、
この時、その先生が受け持ったクラスがうちのクラスだけで、
うちのクラスだけ英語の平均点が他のクラスより20点高かったんですよ。

英語に秀でた人が考えた勉強法なので、効果はあると思いますし、
何より、音楽を聴きながら覚えられるって言うのが楽しいのでおすすめです^v^
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おおー。そんな方法があるんですね。でも楽しそうですね。

お礼日時:2019/12/28 22:07

ラジオ英会話(冗談抜きで)


https://www2.nhk.or.jp/gogaku/english/kaiwa/

・NHKラジオだからラジオがあれば聞ける
・スマホもラジオアプリで聞ける
・webサイトで聞き逃しリピートストリーミングが無料
・日曜日にまとめて再放送もある
・1回 15分 一話完結
・中学文法や単語のレベルでOK
・例文が実用的でわかりやすい
・テキストが安い(500円しない)
・テキストが1ヶ月区切りでチャンレンジしやすい
・一話完結、15分

文法やリスニングも、毎日聴いているうちに慣れてきます。
手軽にまず始めるにはいいですよ。

あとはやはり英語は、実際に自分で書くこと、声に出すこと、話すこと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ラジオってあんまり聞かないんですけどアプリで聴けるんですね。それで少しはリスニングできるようになるといいですが

お礼日時:2019/12/28 22:08

中学校の英語の教科書の本文を丸暗記。


教科書を見なくても英文が口から出て来るようにしませう。
耳からもお勉強しませう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

耳から勉強ですか。やってみます

お礼日時:2019/12/28 22:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング