新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

電池で電球を点灯させる回路に電池1個の場合と電池2個を直列繋ぎの場合を比較して、持続時間は半分になるのか、それとも同じなのでしょうか?

電池は2個だけと個々の電池としては倍になった電流が流れてるから持続時間が半分になるような気がしましたが、合っているでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 質問とは別件ですが、質問を追加します

    100Ωの電球に100wかけた明るさと、200Ωの電球に100wかけた明るさは理論的には同じ明るさになるんでしょうか?

      補足日時:2019/12/31 04:29

A 回答 (3件)

単純な抵抗ならば確かに継続時間は半分と考えて良いと思いますが、電球の場合は電流が増えると温度が上がり抵抗値が上がってしまい抵抗値が増えてしまうので、継続時間が減るのは間違いありませんが、半分までにはなりません。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。自分の考え通りで安心しました

お礼日時:2019/12/31 04:27

「○○wかけた」という言い方はありません。

「○○W消費」したというなら発光効率が同じならば同じ明るさになります。
ただ一般的な「○○Vかけた」というならば100Ωの方が2倍電気を消費しますので100Ωの方が明るくなります。
    • good
    • 0

電池を直列につなぐと、電圧が2倍になるので明るくなるが、持続時間は同じ。


 並列の場合は電圧は変わらないので、明るさは同じだが、持続時間は2倍になる。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング