先月からフリーで仕事をしているのですが、確定申告をどのようにするのかわかりませんので教えてください。
 いろいろ検討した結果今年は白色申告をしようとおもっています。
 (実は今年の2月からバイトをしていたもので)

1.税金はいくらはらはなくてわいけないのですか?
  (収入ー経費)によって税金の掛け率があるのですか
  例1)年収 500万円だと税金はいくらになりますか?  
   2)年収1000万円だと税金はいくらになりますか?
  たぶん私はこのあいだになるとおもいますので
2.経費はどこまで認められるのですか?
  1)接待費はいいのですか又いくらまでいけるのでしょうか
  2)会社の場合であれば慰安旅行・クラブ活動費なども会社負担で
   やってたとおもうのですが、個人でもできるのですか?
  3)パソコンを購入したのですが(総額11万円)
   固定資産になるのですか又消耗品費になるのですか?
  4)車の購入を検討しているのですが、経費でおちるのでしょうか
3.市民税の請求がこないのでうが、どうなっているのですか?
  市役所に問い合わせしなくてわいけないのですか?
4.生命保険はどのようにあつかたらよいのですか?

  質問がおおくなりましたがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>いろいろ検討した結果今年は白色申告をしようとおもっています。



そうですね、青色申告の申請は開業から3ケ月以内か、其の年の3月15日までですから、来年の申請になります。
その時に、青色申告会にも加入すると、会の方で記帳指導や税務相談・税務の説明会などが有ります。 
加入方法は、税務署で聞けば判ります。

それから、下記のURLに、独立開業時に役立つ記事が掲載されていますからご覧ください。http://www.businessp.co.jp/

さて、個々の質問に回答します。

1.税金はいくらはらはなくてわいけないのですか?
 (収入ー経費)によって税金の掛け率があるのですか

この場合は、事業所得という所得になります。
総収入金額-必要経費=事業所得の金額
事業所得の金額-所得控除=課税所得
課税所得×税率=所得税  となります。
従って、家族構成などにより、所得控除の額が変わりますから、一概に税額は幾らとは云えないのです。
税率は課税所得330万円以下なら10%、330万円を超え900万円以下20%、900万円を超え1800万円以下なら30%となっています。
 
下記のページを参考にしてください。

事業所得の課税のしくみ(事業所得)
http://www.taxanser.nta.go.jp/1350.HTM

確定申告・所得税
http://www.hi-ho.ne.jp/yokoyama-a/kakuteishinkok …

2.経費はどこまで認められるのですか?
1)接待費はいいのですか又いくらまでいけるのでしょうか

経費は、事業に必要な経費であれば、交際費も含めて幾らでも認められます。

2)会社の場合であれば慰安旅行・クラブ活動費なども会社負担でやってたとおもうのですが、個人でもできるのですか?

従業員を雇っていて、その人たちの慰安旅行などの費用は経費となりますが、経営者(あなた)一人でやっている場合の、慰安旅行などの費用は経費となりません。
経費については、上のURLにも書かれています。

3)パソコンを購入したのですが(総額11万円)
固定資産になるのですか又消耗品費になるのですか?

10万円を超える物は固定資産となり、減価償却をすることになります。パソコンの場合の耐用年数は4年です。
ただし、20万円以下の物は、3年間で3分の1づつ償却できます。

4)車の購入を検討しているのですが、経費でおちるのでしょうか

車両も3と同じですが、車両の種類により、減価償却の耐用年数が違います。

3.市民税の請求がこないのでうが、どうなっているのですか?
市役所に問い合わせしなくてわいけないのですか?

住民税(市民税・県民税)は、前年の所得に対して、今年納めるのですが、普通は6月に通知が有るはずです。
6月まで会社に勤めていたのでしたら、5月に会社宛に通知が来て、会社を辞めたために、市での手続きが遅れていると思われます。
今月中に通知が無かったら、市役所に聞いてください。

4.生命保険はどのようにあつかたらよいのですか?

生命保険料の控除のことでしたら、確定申告の時に控除できます。

なお、国民年金と健康保険の手続きは済んでいますか。

不明な点は、補足願います。

参考URL:http://www.businessp.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。もうすこし教えてください
1.平成12年度分の経費は落ちないのでしょうか?
2.またあらたな事業をはじめてその分の収入がなければどうなるのですか?
  費用は、交通費・研修費などがかかるのですが
3.仕事にプラスになる講習会にいきたいのですが
  費用は、交通費・講習会費などがかかるのですが?

お礼日時:2001/08/05 22:33

1.平成12年度分の経費は落ちないのでしょうか?



控除できる経費は、収入に対応したものになりますから、平成13年の(1月から12月まで)収入からは平成13年に発生した経費しか控除できません。

2.またあらたな事業をはじめてその分の収入がなければどうなるのですか?
費用は、交通費・研修費などがかかるのですが

事業所得がマイナスとなり、給与など他の所得が有れば、それから差し引くことが出来ます。
他の所得が無ければ、其の年の所得がマイナス(赤字)となるだけです。
ただ、青色申告をしていれば、赤字は5年間に限って繰り越して、翌年の所得から控除できます。
これも青色申告の特典の一つです。

3.仕事にプラスになる講習会にいきたいのですが
  費用は、交通費・講習会費などがかかるのですが?

仕事に関連した講習会にかかった費用は(受講料・交通費など)経費として処理できます。

2に関連してですが、5月以降に事業を開始したのでしたら、今から事業開始届けと一緒に青色申告の申請をすれば、今年の分から青色申告が出来ますから、赤字の分は繰越が出来、来年の所得から控除できます。
申請は3ケ月以内ですから、開業が5月10かなら8月10日までです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろありがとうございました。 あなた様は、税理士さんですか?
またいろいろ教えてください。

お礼日時:2001/08/06 21:04

no.2の回答が詳しいので補足程度ですが。



>2.経費はどこまで認められるのですか?
>  1)接待費はいいのですか又いくらまでいけるのでしょうか

私もフリーで4年間程確定申告してましたが、確定申告歴20年の母によると、収入の1割なら、かなり強引な経費(例えばスーパーの買い物のレシートなど)でも、機械的に処理されて税務署が目をつけないらしいです。母の職場は同僚がすべてフリーで、毎年税務署の「おたずね」がくる人こない人を見つづけていた母の言うことなので、確かです。監査に入られても大丈夫な正々堂々とした領収書のある経費なら、もちろん1割を超えても大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/08/26 10:32

お近くの商工会においでになると詳しく説明して頂けます。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤフーは繰延税金資産でいくら税金が安くなるのか?

ヤフーは買収したソフトバンクIDCの繰延税金資産の効果でいくら税金が安くなるのでしょうか?

補足資料(12P)を読むと、繰延税金資産220億とあるのですが、
決算短針のBSには見当たりません。

決算短針
http://i.yimg.jp/images/docs/ir/archives/tanshin/2009/jp0428tanshin.pdf

補足資料
http://i.yimg.jp/images/docs/ir/archives/present/2009/jp0428present-all.pdf

Aベストアンサー

繰延税金資産は、納税額を減少させる効果を有していません。

また、「補足資料」の説明では「潜在的繰延税金資産」とありますから、繰延税金資産そのものではないと思われます。

Q土地改良費、委託費は経費に含まれる変動費ですか

初めて質問させていただきます。

某賠償金の請求について調べています。

そこに経費に含まれる変動費を計上する欄があります。
そこに計上する項目が分からず困っています。

土地改良費、委託費は変動費なのでしょうか。

こちらを計上するのとしないのとでは、逸失利益を計算する率が変わってくるため、賠償額も変わってきます。

事情があって、こちらの土地改良費、委託費の内容や毎年かかってくるものかどうかも聞きづらい状態です。
農業の事もわからず、困ってしまっています。
どうか、分かる方お力をかしてください。

Aベストアンサー

紛らわしい部分もありますので迷いますが固定費です。

Q経費と税金

会社が工事現場の社員に飲ませるジュース代は経費でしょうか?また、それに税金はかかりますでしょうか?

Aベストアンサー

経費で計上してください。課税されません。

しかし判断は税務署員がしますから、経費として認めてくれるかどうかは判りません。

Q税金は経費にできませんよね?

個人事業主です。
所得税や住民税は経費(損金)になりませんよね?

ちょっと確認してみたく質問しました。

ちなみに法人化したあと法人の税金(法人税など)は法人の
経費になりますか?

Aベストアンサー

税金といってもいろいろと思いますが、所得にかかる直接税という事であれば、もちろん所得税や住民税(法人で言えば、法人税や法人都道府県民税、法人市町村民税)は経費とはなりません。
但し、事業税については、個人も法人も経費となります。
(補足になりますが、事業所税は主として大規模な法人が対象ですが、事業税は中小企業でも全て対象とはなります。)

Q赤字の個人事業起業 税金と経費

WEBクリエイターとして起業予定の既婚者子供なしです。
アクセスが安定するまでの間、実質2年程度は規模を押さえ赤字のみの予定ですが生活は他で給料がありますので大丈夫です。
今まで別々に申告していた給料ですが、妻の収入が下がりましたので扶養に入れる予定でした。
 給料収入600万
 妻の収入80万
妻を専従者として入力等を任せるか、自分のみでやるかなどでは最終的な金銭面はどの程度違ってきますでしょうか。
起業経験のある知人に聞きました所白色申告の方がいいという事でしたが、白色か青色かだと本などだと薦めるのが多いようですがそのあたりからも知りたいです。

・白色
・青色で妻を専従者とする
・青色で自分のみ


それと、経費面で苦慮しています。
・住居を仕事場とするため、3LDKの住居及び光熱費を大体の算出で約3分の1計上
・パソコンと購入、修理、機能追加費用
・家の電話、携帯電話(2人分まとめて自分名義)、ネット接続月額
・WEBには集客の為、動物や料理など日常のページなどを作るので対象動物飼育費用、旅行費、食費の全額または3分の1ほど計上
・車の諸経費(本体価格、ガソリン、駐車場、税金、車検、修理)全額
生活は妻と二人ですので、たとえば旅行の費用についても自分名義のカードで行っていましたが、2人分計上可能なのかぴったり半額ですればいいのか考えればいいのでまだわかりやすいのですが、食材など2で割ればいいというものではない場合、どのような計算方法にすればいいのか。通常適当なのか、式が存在するのか…。


そして最後に、税務署のお尋ねについてです。
私のような赤字、もしくは200万以内程度の低い収入の場合、実際どの位の比率で、またどのように行われるのでしょうか。
電話が来る?家に来る?呼ばれる?それは何月頃?
実際には正しい内容に修正というよりも、殆ど言いがかりをつけてくると聞きました。(悪徳業者並みに?!(笑)
今まで大丈夫です、と言っていたものも駄目だから払え、という話になるらしいですが。
お咎めを受けないよう日頃から気をつけていこうと思っていますが、来た場合に何か心がける事はありますか?
長くなりましたが、よろしくお願いします。

WEBクリエイターとして起業予定の既婚者子供なしです。
アクセスが安定するまでの間、実質2年程度は規模を押さえ赤字のみの予定ですが生活は他で給料がありますので大丈夫です。
今まで別々に申告していた給料ですが、妻の収入が下がりましたので扶養に入れる予定でした。
 給料収入600万
 妻の収入80万
妻を専従者として入力等を任せるか、自分のみでやるかなどでは最終的な金銭面はどの程度違ってきますでしょうか。
起業経験のある知人に聞きました所白色申告の方がいいという事でしたが、白色か...続きを読む

Aベストアンサー

>妻の収入が下がりましたので扶養に入れる予定…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入で 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>妻を専従者として入力等を任せるか…

他に職を持っているなら、原則として専従者にはなれません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2075.htm

>住居を仕事場とするため、3LDKの住居及び光熱費を大体の算出で約3分の1…

「3分の1」はどこから算出しましたか。
家事関連費の按分率は、第三者が納得できる合理的な方法でなければなりません。
全床面積に対する仕事場の面積、使用時間などを勘案して求めます。
その部屋は、夜間や休日にもいっさい私用には使用しないとでもいうなら、面積比だけでもよいですが、狭いマンションでそのようなことは考えにくいです。

>パソコンと購入、修理、機能追加費用…
>家の電話、携帯電話(2人分まとめて自分名義)、ネット接続月額…

これらも事業用途分だけを合理的に抜き出すことが必要です。
特に電話などは、名義が問題になるのではありません。
実際に事業用かどうかです。

>WEBには集客の為、動物や料理など日常のページなどを作るので対象動物飼育費用、旅行費、食費の全額または3分の1…

これも「3分の1」の根拠を示すことが必要。

>車の諸経費(本体価格、ガソリン、駐車場、税金、車検、修理)全額…

全額を計上するには、私用にはまったく使用しないという証明が必要。

>旅行の費用についても自分名義のカードで行っていましたが、2人分計上可能なのかぴったり半額ですればいいのか…

だれのカードかは関係ありません。
純粋に事業目的かどうかです。

>食材など2で割ればいいというものではない場合、どのような計算方法にすればいいのか…

家で食べる食事など、経費にはなり得ません。

>実際には正しい内容に修正というよりも、殆ど言いがかりをつけてくると聞きました…

そんなことありませんよ。
あるとしたら、意図的に経費の過大申告、収入の過少申告をしているような場合です。
少なくとも、経費に対する考え方がお書きのようなことなら、意図的な過大申告と受け取られるのは間違いありません。

正しい知識で、正しい申告を行えば、税務調査など来ることはまずありません。
多少の計算間違いがあったとしても、「直してください」と言われるだけで、それ以上のおとがめはありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>妻の収入が下がりましたので扶養に入れる予定…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入で 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報