人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

会社社長の夫との離婚を考えています。
家庭を全く顧みることない夫との結婚生活に疲れました。
共働きで、私も正社員で働いています。それなのにも関わらず、夫は出張ばかりで1年通して夫の休みは10日程度しかなく、家族での食事も年に10回あるかないかのレベルです。言うまでもなく、全ての家事育児を私がしています。
ここからが本題ですが、我が家は一つの通帳にお金を出しあって、残りは全て個人で管理しています。家事育児が大変な分、夫の方がほんの数万円程多く入れています。 (私の負担からすると、全く割に合いません)共通のお金からは、子供たちの教育費、住居費、家族の食費や雑費がでており、夫や私の個人の車や保険、服等はそれぞれお互い自分のお金から出しています。私は安定した職業で、日々の暮らしで忙しく結婚後にかなりの貯蓄ができました。夫の方は、結婚後も車や時計等、高級なものばかり買っていました。そして、結婚後に会社をおこし、自分の貯金を使い果たしてしまったようです。会社は夫が一人でやっているので、給料等は自由に設定しており、生活費ギリギリの設定をしているので、夫名義の貯金はほとんどありませんが、会社名義の資産はどんどん増え続けています。会社を大きくしたいから、あえてこのようにしていると言ってます。この前、財産分与の話になったのですが、夫名義の貯金はないから、共通にしている家計費と私名義の貯金を折半すると言っています。本当に腹が立ちます。家計費は折半するのが当たり前だとは思いますが、私名義の貯金は折半になってしまうのでしょうか。私は家事育児に追われ、使う暇もなく、美容院に行ったり服を買ったりできなかったので、夫よりも遥かに貯蓄額があります。会社を大きくするために家庭を一切顧みることなく、私に負担ばかりかけ続けた夫。当然愛情は全くありませんので、浮気うんぬんのコメントは一切いりません。
財産分与に詳しい方、私の貯金がとられないようにどうか知恵を貸してください。

質問者からの補足コメント

  • 私も正社員で仕事をしているため、会社に対しての貢献というと私の力は0です。ただ、夫がこれだけ仕事に没頭できるのは、間違いなく私のお陰だと思っています。夫は家事育児全くしてませんので。会社を立ち上げるために、数千万円の貯金を使い果たしており、そして会社には数千万の資金があります。いずれは1億円を越えると思います。これは、夫の力もあると思いますので、このお金に関しては私も欲しいとは思ってないのです。会社にはこれだけの資産がありながら、夫個人の貯金はほぼ無いに等しいのです。夫の貯金が会社の資産に移行したような感覚を持っています。
    そして、これだけの資産が会社にありながら、私が使う暇さえなくて、コツコツ貯金した私の貯金さえ取ろうとしているのが、腹立たしいのです。あと何年か後になったら、私の退職金が結構まとまった額でるのですが、この退職金さえも折半だと言いかねないと感じています。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/01/04 09:59

A 回答 (9件)

貢献は、何も妻が会社を手伝ったとかの実務だけの問題ではありません。

あなたがいたからご主人は仕事に没頭できたのです。そして、会社は発展したのです。この会社の発展・成長にどの程度妻が貢献(寄与)したのかです。

こういうのをご主人が会社を立ち上げた以降の年度別、あるいは2年ごとに試算してみればいいと思います。会社運営に必要なお金を差し引いた30%程度は寄与分として手にすることは可能です。

尚、試算はあなた独自のものでいいのです。根拠がなくても構いません。あなたの試算よりも「資産」が実質多ければご主人は黙っています。あなたの試算よりも少なければご主人は異議を唱えます。そうなると大体の資産が分かるようになっています。あるいは、分からない場合はご主人の会社の税理士さんに会社の試算表を貰うか聞くかすれば良いです。いずれにしても離婚されるなら調停離婚が公平だと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

たくさんの回答をいただき、ありがとうございました。まとめてのお礼とさせていただきます。
やはり、弁護士に相談するのがよさそうですね。
ただ、私のおかげで会社は発展できたという風に考慮してもらえるようなので、がんばってみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2020/01/24 07:21

あなたの貯金も折半になりますが


ご主人が結婚後に起業し会社に出資金出していれぱその分も折半になりますよ
会社につぎ込んだ金だから取られないって事はないですよ。
それを貯金分と相殺するんじゃないかな
生活維持費で質問者様のが多く負担してますしその分も鑑みて。
弁護士に相談してみてください
    • good
    • 0

早い段階で専門家の弁護士と税理士に相談した方がいいかと思います。

    • good
    • 0

貯金を、自分の


親、または、
子供の名義にかえては?
    • good
    • 0

すみません、ご主人は最低限の役員報酬に設定し、保険等は各々が支払ってきたんですね。


でも、あなたが貯めてきた貯蓄額と同等の貯蓄が、「ご主人にもできたはず」と訴えることは有効だと思います→ご主人は【悪意から】自分の報酬額を決めた、と。
あなたはそんな環境下でワンオペで家庭・子育て・仕事を守ってきた…慰謝料を請求するのは当然だと思うし、会社への寄与も十分に果たしてきたと思います。
    • good
    • 0

結婚後に立ち上げた会社の株式は財産分与の対象になりますよ。


あなたが1/2の株式をもらっても意味が無い・ご主人も別れた妻に会社の経営権を握られるのが嫌なら、「代償金」という形で受け取れるように持っていく。

ご主人が買った高価な品の数々も、「代償金」という形で請求すればいいんです。

株式も価値ある品についても、その評価額を算出しなければなりませんし、株なんて一発で計算できると思われがちですが、株の評価額の計算方法って幾つかあるらしいんです。
私の父が会社をやっていて、その株を相続する際にも、税理士が「税務署に引っ掛からない程度に低くなる計算式で算定しますからね」って言っていましたから。

ご主人は役員報酬をもらっているわけで、役員報酬は給与とは違って1年分の報酬で、それを12か月に分けて支払うことになっているだけだし、ご主人の保有株式の配当金も出ているんじゃないですかね?
これらは弁護士を雇えば弁護士の権限で調べることもできると思いますよ。
これらの、家庭に入れてきた割合と会社につぎ込んだ割合が相応なのかどうかは、あくまでも心象でしか判断できないでしょうし、↑に挙げた評価額も曖昧なものですが、あなたが家庭につぎ込んできた金額を整理しておけば(ご一家の生命保険やお子さんの学資保険等々も)、比較しやすいんじゃないですかね。

退職金が支払われるのが10年以内なら財産分与の対象にされることが多いみたいですが、確実に退職金が出るわけじゃないのなら、対象外らしいですよ。

いずれにしても、離婚に強い弁護士を雇った方が良いと思います。
(会社設立のために投じた資本金についても念のために相談してみては?)
また、あなたの資産の一部を、お子さんに生前贈与するとか相続時精算課税制度を利用して相続してしまうのが有効か(適切か)も、相談してみたらいかがですか?
同様に、ご主人が一時的にご自分の株を懇意にしている役員やご主人の身内名義に変更するかもしれませんから、あなたの動きは悟られないようにした方が良いと思います。
    • good
    • 0

その旦那さん,抜けているか小賢しいかのどちらかですね(あ,すいません。

どちらも誉め言葉ではありませんでした)。

婚姻費用に充てるための口座を用意してしまっていることが,問題をわかりにくいものにしてしまっているように思われます。
婚姻前に夫婦財産契約(民法755条~759条)を締結していなければ,夫婦の財産は法定財産制によることになります。民法762条1項は「夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産をいう。)とする」とされていますが,
これは単に「夫または妻が自己の名義で得た財産は,その夫または妻独自の財産であり,相対する妻または夫には何も権利がない」ということではありません。基本的にはそうなんだけど,夫婦相互の協力,寄与を考慮して,財産分与請求権等の行使をすることを妨げません。
ということで,各人の個人名義だから大丈夫という考えは間違いです。夫婦の協力,寄与を考慮していませんから。

とはいえ,財産分与は夫婦の協議によって決まるものなので,2人の話し合いで,「これはもらうけどこれはいらない」とすることも可能です。
奥さんの預金は分与対象にするけど,旦那さんに預金はないので旦那さんからの分与はなしとする,旦那さんの提案どおりに受け入れることも不可能ではないんです。

でも,それってやっぱり不公平ですよね。というか,ごまかしがある。だって旦那さん,預金が化体した会社の株式(会社が持分会社である場合には出資持分)を財産として持っているんだから。
そう,旦那さんは預金は持っていなくても,それを会社に出資することで,その会社の株式を取得している。会社が上場会社である場合を考えるとわかりやすいかもしれませんが,株式を買っているんです。預金が会社の株式の状態になっているだけで,財産がないわけじゃないんです。

その会社の現在の資産は,出資額よりも増えているかもしれませんが,それもその出資をしたからです。預金の利息みたいなものです。資産増加のために旦那さんが頑張ったのかもしれませんが,でもその頑張りができたのは,奥さんの内助の功があったからでしょ。旦那さんが家事の負担を一切せずに済んだからでしょ。
奥さんの預金を差し出せと言うのであれば,旦那さんは株式を差し出さなければ公平じゃありません。

というか,株式を分与対象にしないというのであれば,奥さんも預金で株式を買ってしまえばいいということになります。
それ,旦那さん,認めるんでしょうかねぇ。

やろうと思えば,奥さんから請求できるのは財産分与だけではありません。これまで旦那さんが家庭を顧みなかったことによる奥さんの身体的・精神的負担を損害として,慰謝料請求をすることだって可能かもしれません。
そのあたりは事実はどうだったのかという問題が大きいので,できるかできないかの判断はここではできませんし,できるとしてもその額がどれだけになるかもわかりませんけど(そのあたりは弁護士に相談してください)。

旦那さんに対抗できるものはあるんです。ただそれに奥さんが気が付くかどうかだけで。そしてそれを,相手方に納得させ,勝ち取れるかどうかなんです。旦那さんが弁護士に依頼するようであれば(弁護士は正義の味方ではなく,依頼人の味方です。旦那さんが依頼した弁護士は,旦那さん利益のために行動しますし,むしろあなたの利益は考慮しない可能性があります),あなたもそれに対抗して同じことをする。それができるかどうかです。

最終的にはあなたが弁護士相談(もしくは依頼)をしたうえで,離婚調停(調停委員の関与があるので,法的に間違った主張は通りにくいです)にしたほうが良いように思います。

【参考】
夫婦関係調整調停(離婚)
 http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_ …
    • good
    • 1

結婚後ご主人が立ち上げた会社の資産がどれだけあって、あなたが会社にどれだけ貢献したのか、つまりあなたの寄与分が問題です。

また、ご主人の会社はご主人の自然な能力が必須なのかです。ご主人の会社は、結婚後立ち上げたからと言って資産を半分にするわけではありません。

あなたの預貯金は原則の問題ですが、結婚後のものは半分になります。あなたの預貯金を離婚時に分けたくないと思うなら、預貯金を減らして手元に置いておき、使ったことにする以外ありません。離婚時に無いものは分けられませんので。いずれにしてももう少し具体的な情報があればご主人の会社から寄与分としてあなたは取れますが・・・。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

50代の主婦です。



離婚をお考えなら、女性センターで、離婚相談やっていませんか?
弁護士さんが相談に乗ってくれるところもありますよ。

市の女性センターがダメなら、県と言う風に、女性センターも色々ありますので、
専門家に相談なさっては?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング