今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

個人事業主であるA氏がクライアントから依頼された作業を
フリーランスの私が対応する事になりました。
無事、作業を完了させる事が出来たので、
A氏はクライアントに33万円(税込)を請求し、無事入金されました。
A氏は、「自分は何も手伝ってないから報酬は全額渡す」と言うのですが、
きっと所得税などに少なからず影響があると思うんです。

私としては、A氏に負担がかからない最低限の手数料分差し引いて、
極力多く頂きたいと思うのですが幾らくらいが妥当でしょうか?
ちなみにA氏は売り上げは1000万で課税所得が500万位との事です。

A 回答 (8件)

こんにちは。




仮設条件:
・個人事業主A氏の通常年の売上高は税込1000万円、課税所得は500万円である。
・令和2年に作業が完成し、クライアントに納入される。
・A氏は令和2年のみ、売上高が33万円(税込)増加し、同時に外注費が33万円(税込)増加する。
<注>33万円(税込)⇒本体300,000、消費税30,000。
・A氏は消費税課税事業者である。A氏の事業は簡易課税制度における第五種事業であり、みなし仕入率は50%である。
・クライアントから発注された作業も第五種事業である。


前記条件により、A氏は、

①通常年:
税抜き売上高 9,090,909円、消費税預かリ金 909,091円、消費税仕入控除 454,546円。
納付消費税額=909,091円ー454,546円=454,545円

②令和2年:
税抜き売上高 9,390,909円、消費税預かリ金 939,091円、消費税仕入控除 469,546円。
納付消費税額=939,091円ー469,546円=469,545円

ゆえに、
①の納付消費税額ー②の納付消費税額=15,000円

つまり、A氏は15,000円だけ、消費税納付額が増加します。

ですから、「A氏に負担がかからない最低限の手数料分差し引いて・・・」と考えるのなら、33万円(税込)を請求するのではなく、31万円(税込)を請求してはどうですか。


<参考>
A氏は、売上高が33万円(税込)増加しても外注費が33万円(税込)増加するので、課税所得には変化が生じない。だから、所得税も住民税も増えない。
    • good
    • 0

>課税事業者扱いになってしまった場合、


>どの位の負担が生じるでしょうか?」
どういった意図がかくれているのか?
よくわかりませんが…

あなたの33万の売上に対する
A氏の消費税の納税額は0です。

消費税を納税するのは、あなたですが、
あなたは免税事業者なんでしょうから
消費税分の3万を利益にしてよい
ということです。

3年ほどたつと、インボイス制度が
実施されるので、消費税の仕組みは
理解されておいた方がよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中々伝わりづらいようなので別スレッドであらためて質問するようにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2020/01/08 11:42

>売り上げが33万円上がって


>1,003万円になったとしたらどうでしょう?
だからと言って、消費税の納税事業者に、
すぐになるわけではありません。
翌年ということになりますね。

それでA氏が困っているなら、
あなたのすることは、クライアントに
契約を変更してもらい、直接契約にして
もらうことでしょう。
そうやってA氏の悩み解決のために
骨を折るのが一番の感謝の気持でしょうね。

他に打つ手はありません。
だって売上なんですから、何をしようと、
クライアントから支払われた
33万の売上数字を変えることはできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
しかし、「仮に」という前提での質問です。

「私が仕事が欲しいばかりに、課税事業者扱いになってしまった場合、どの位の負担が生じるでしょうか?」が知りたいのです。

お礼日時:2020/01/08 10:50

>A氏はクライアントに33万円(税込)を請求し…



何の税金が込みで 33万かお分かりですか。
先出回答もこのあたりが混乱していますよ。

一般に「税込○○円」と言ったら消費税のことです。
まれに (報酬・料金等にかかる) 源泉所得税のことを指している場合もあります。

>クライアントから依頼された作業をフリーランスの私が対応する…

具体的にどんなお仕事ですか。
まあ消費税は課税取引でほぼ間違いないでしょうが、源泉所得税は対象になるかどうか仕事の内容次第です。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/a …
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/g …

>A氏は、「自分は何も手伝ってない・・・きっと所得税などに少なからず影響が…

所得税に影響など出ません。
所得税は、入るお金と出たお金との差にかかるのです。
入るお金と同額が出ていく以上、所得税は増えも減りもしません。

>私としては、A氏に負担がかからない最低限の手数料分差し引いて…

税金うんぬんでなく、たとえ小さな仕事でも一つ取ってくるのにはそれなりの経費がかかりますので、いくらかのマージンを払おうとするのは良い心がけです。

下請けに丸投げした場合、通常はマージン 1割が目安です。
それより少ない場合もあれば多いこともあるでしょうが、とにかく 1割払っておけば商慣習として後ろ指を指されることはありません。

なお、消費税は「販売事業者」だけが対象では決してありません。

>フリーランスの私が対応…

フリーランスって税用語でいうと「個人事業者」なんです。
事業者なのですから、消費税は堂々ともらえば良いのです。

とはいえ (消費税の) 課税事業者では当然ないでしょうから、もらった消費税を国に納める必要はありません。

もらった消費税は「売上」に含めて所得税の計算に進む限り、合法なのです。
これを「税込経理」と言います。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/i …
    • good
    • 0

A氏は売上33万円に対して、


外注費33万円計上します。
その他経費も計上します。
特に影響しませんよね。
A氏が33万円で良いと言うなら、
33万円の見積書と請求書で良い。
お世話に成ったなら、
菓子折でも持参しては?
自身は33万円の売上計上して、
必要経費も計上する。
菓子折代金は領収書保管して、
接待交際費に計上する。
個人事業主として、
確定申告すれば良い話でしょ。
    • good
    • 1

No.1です。



貴方は、販売事業者ではないので、消費税納税事業者には該当しません。
貴方は、自分の収入に対しての納税義務があるだけです。
所得税留津、と言う事であれば、
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …
    • good
    • 0

A氏の好意を無にしてはいけません。


A氏はなんらかの都合で、対応が難しいために、あなたに仕事を
譲り、それによりA氏もクライアントとの関係を保てたわけです。
そうした感謝の気持ちもあり、報酬を全部あなたに回している
わけです。

売上-必要経費=利益0 
でよいのです。
その部分の税金もないと考えてよいです。

A氏は、クライアントとの信用を維持し、
あなたは仕事の実績を作った。
お互いWIN-WINですよ。

これからもよい仕事して、A氏との良い関係を築いて下さい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。今回の場合問題ない事が分かりました。
ですが実は、断っても良かった仕事を私がお願いして請けてもらった背景があります。
No.1で「仮に」という前提で質問してますので良かったら教えてください。

お礼日時:2020/01/07 20:11

発注元→A氏→貴方 と言うお金の流れでしょうか。



税金は、そこに流れるお金の大きさではなく、
それで得た所得から経費を差し引いた額に課税されます。
なので、A氏が得た33万円を貴方がそのまま受け取れば、
A氏の所得はゼロになるので、A氏に課税はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
では気になった点、「仮に」という前提でご教授いただければ幸いです。

この仕事を請けてなければ今年の売り上げは970万円
請けてしまった事により、売り上げが33万円上がって1,003万円になったとしたらどうでしょう?

私が仕事が欲しいばかりに、課税事業者扱いになってしまった場合、どの位の負担が生じるでしょうか?

お礼日時:2020/01/07 20:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング