ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

30cmの小型水槽で金魚を一匹飼育してます。
現在、テトラの外掛けフィルターを使っているんですが、水流が強く金魚が、落ち着けず。。体力を消耗しているように見えてしまいます。

流量調節つまみが付いているので最小にはしてるんですが。。何か、他に外掛けフィルターの水量を抑える工夫ってありますでしょうか?

他の飼育水槽では、ニッソーの上部フィルターを使っていて・・そちらの方は、L字の塩ビ管を取り付けて水流を水槽壁面に向けて水流を抑えるようにしてるんですが。。。外掛けフィルターの場合は、そういう方法も無理ですし。。。

外掛けフィルターの水量を抑える工夫を、ご存知の方おられましたら。。何卒、アドバイス宜しくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私もテトラの外掛け式を使用しております。


ローリングサンダーと言うアダプターを
水流の出口に掛けるとだいぶ違いますよ。
テトラ社製で750~800円くらいです。
交換用のフィルターがあるコーナーに置いてあるはずです。

それ以外ではアナカリスのような水草を水面一杯に
浮かべるとかどうでしょう?

私は上記両方で対応いたしております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、有難うございます!
ローリングサンダー。。なるほど、こんな商品があるんですね。ちょっと、検索して調べてみたんですが・・OT30用しか販売されてないみたいで、私のはOT45なんで、サイズ違いでもいけるかどうか。。ちょっと店員に聞いてから購入してみようと思います。水槽は30cmなんですが、つい濾過能力のいい方!と思って、45cm用を買ってしまったんです(涙)。

水草は思いつきませんでした。
一度、試してみます。アドバイス頂き、有難うございます!

お礼日時:2004/12/28 15:40

濾過槽に、ろ過材を入れると流量が減ります。

またろ過能力がアップするので一石二鳥です。ただろ過フィルターの掃除が面倒になるデメリットがありますが、逆に目詰まりして流れが止まりそうになるまで掃除は必要ありません。

入れるろ過材としては、
パワーハウスやサブストラット、シポラックス等の物理・生物ろ過材なら何でもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
なるほど。。掃除はもとから、あまりしない方なので。。
私にとっては好都合かもしれません(苦笑)。

ローリングサンダーでまだ、流量が早いようならば、
試してみたいと思います!

お礼日時:2004/12/30 01:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外掛け式フィルターの水流を弱める方法を探しています。

このセット↓
http://www.gex-fp.co.jp/fish/catalog/aquarium/medaka_house.html
を購入し、アカヒレ3匹(2センチくらいの大きさです)を
飼い始めました。

セットについている外掛け式フィルターをまわすと
水槽内が洗濯機のようになって
一番弱い水流にしても、なんだかつらそうです。

でも、アカヒレのために
フィルターはこれからも使っていきたいと
考えています。

吸水口のウレタンの外側に
市販されている滑り止めシートを巻いてみたところ
吸水口にウィローモスがひっつく状態は回避できましたが
まだ、アカヒレは流れに流されているように見えるので
吸水の問題ではなく、出る側の問題なのかと思っています。
モーターへの負荷も、ちょっと心配です。

なんとかして、外掛け式フィルターを
これからも使っていく方法はないでしょうか。。

Aベストアンサー

GEXの簡単ラクラクeフィルターSの水流を抑える方法。

・流水コックを絞る右一杯に絞る(これは、ご存知の事と思います)
・排水口の方向羽を一番上方向に向ける。
(これで、斜面を滑ってくる水流を殺せます。水位はフィルター排水口の方向羽が完全に水没する水量が必要です)
・GEXの簡単ラクラクeフィルターSを水槽の一番左に取り付ける。

以上で、水槽右側と中心に流れの弱い部分が出来ます。
このほかに、アヌビナスナナ活着流木やミクロソリウム活着流木を入れる事により、弱い水流域を作れます。

これでも、流水が強い場合は、給水側のパイプの中に割り箸を挟みます。
ちょうど良いものがあれば、ガラス棒やプラスチック棒でも構いません。
拙宅にある同じフィルターで試したところ、割り箸は細いところで3本~4本入ります。
割り箸は、後で取り出すことを考慮して、長めに折ったほうが楽です。
水道水は、一般的に中性から弱アルカリ性です。
割り箸からは徐々に木酢液が溶け出し、水槽水を弱酸性に変えてゆきます。
アカヒレは弱酸性から中性の水を好みますので、アカヒレの飼育にはピッタリです。
反対に、弱アルカリ性を好む魚は飼えません。
なお、ガラス棒やプラスチック棒を使用した場合は水質変化はありません。
あとは、定期的に適量の換水を行なえば、アカヒレは幸せに暮らしてゆけます。

> 吸水口のウレタンの外側に
> 市販されている滑り止めシートを巻いてみたところ
ストレーナースポンジ部分には、水質を安定させるために大切なバクテリアが棲み付きます。
スポンジ部分はそのままの状態で使用する事をオススメします。

簡単ラクラクeフィルターSは使用していると、水垢やゴミが溜まり水流が弱まってきます。
水流の低下を感じたら、割り箸を取り出す事により水流が回復します。
割り箸をすべて取り出しても水流が回復しなくなったら、大掃除の時期です。

GEXの簡単ラクラクeフィルターSの水流を抑える方法。

・流水コックを絞る右一杯に絞る(これは、ご存知の事と思います)
・排水口の方向羽を一番上方向に向ける。
(これで、斜面を滑ってくる水流を殺せます。水位はフィルター排水口の方向羽が完全に水没する水量が必要です)
・GEXの簡単ラクラクeフィルターSを水槽の一番左に取り付ける。

以上で、水槽右側と中心に流れの弱い部分が出来ます。
このほかに、アヌビナスナナ活着流木やミクロソリウム活着流木を入れる事により、弱い水流域を...続きを読む

Qメダカが外掛けフィルターの水流で・・・

30cm水槽にセットで付いてきたジェックスの外掛けフィルターを使っているのですが、水流が強すぎて流れに飲み込まれるとメダカが下に叩きつけられます。餌をあげる時なんかは必ずフィルターを切らなければ餌が食べれないようです。
水の出口に障害物を置いたりもしてみたんですが、あまり効果は見られませんでした。

外掛けの他にスポンジフィルターも入れているのですが、やはり外掛けフィルターは必要でしょうか??

メダカにも使える外掛けフィルターがあれば教えてください。

Aベストアンサー

 そうですね、30cm水槽で外掛けフィルターだと水槽内が洗濯機のようになってしまって水流を必要としない魚には向いていないようです。
 給水するところにスポンジフィルターをくっつけたりしても水流は弱くならないですし、加工して水流を弱くすると濾過能力が落ちてしまうみたいです。
 スポンジフィルターとこまめな水換えで十分だと思います。
 あるいはこの環境だと底面フィルターがベストではないでしょうか。
 

Q外掛け式フィルターのエアレーション能力

テトラ、ニッソー、GEX等のいろいろなメーカから、外掛け式フィルターが販売されています。
この外掛け式フィルターにエアレーションとしての効果はあるものでしょうか。

現在、エアストーンによるエアレーションをしながら簡易式CO2添加をしています。
飼育はレッドビーシュリンプ飼っています。
なるべくCO2を逃がしたくもなく、かといって酸欠で海老たちを殺すわけにもいかず・・・。

できればエアレーションを止める、せめてCO2添加中はエアレーションを止めることをしても良いものでしょうか。
外掛け式フィルターにちょっとでもエアレーション機能(能力)があれば、
それを期待してエアレーションを控えたいと思っています。

自分が思っている以上に外掛け式フィルターにエアレーション能力があったとすると、
CO2はほとんど逃げていっているのではと考えてしまいます。
赤系の水草が購入してからの新芽は元気いっぱいの緑色になってきていますし・・・・。
ちなみに水槽は30センチの小型水槽です。

とりとめもない文章になってしまいましたが、まとめますと、
1)外掛け式フィルターのエアレーション能力
2)CO2はエアレーションによって、すぐに逃げてしまう???たとえば一晩で元の水質に戻るとか。

等について、アドバイスを頂ければ幸いです。

宜しくお願いします。

テトラ、ニッソー、GEX等のいろいろなメーカから、外掛け式フィルターが販売されています。
この外掛け式フィルターにエアレーションとしての効果はあるものでしょうか。

現在、エアストーンによるエアレーションをしながら簡易式CO2添加をしています。
飼育はレッドビーシュリンプ飼っています。
なるべくCO2を逃がしたくもなく、かといって酸欠で海老たちを殺すわけにもいかず・・・。

できればエアレーションを止める、せめてCO2添加中はエアレーションを止めることをしても良いものでし...続きを読む

Aベストアンサー

tenzenさん、みなさん、こんOOは。

エアレーションって泡がぶくぶくしているとよく効いているように見えますが、実際は水面から大気圧で押されて酸素が溶け込む割合の方がはるかに高いそうです。ある水量に溶け込める酸素量は水温などの因子で決まってしまいます。一定の条件下ではいくらぶくぶくやっても変わりません。エアレーションは水中に溶け込む酸素量を増やすのではなく、生物が消費した酸素を絶えず補充するという考えで行うとよいと思います。

水面の大気圧で酸素が溶け込むということ、水には酸素が溶ける量が決まっているということから、底の方にある生物が酸素を消費した後の低酸素の水を水面に移動させて酸素を溶け込ませ、水面近くの酸素がよく溶け込んだ水を底に移動させるのが一番効率がよいことがわかります。これを一番簡単に行えるのがエアレーション、すなわちぶくぶくです。泡のエアリフト効果で底の水と水面の水が循環しているのです。また、水面が波打つと空気と水の設置面積が増えるのでより酸素の溶ける効率が上がります。エアレーションでの泡やエアリフトで水面が波打つのでそれもいい効果を与えていると思います。

さて、外掛けフィルターですが水槽の底の方にあるストレーナから水を吸って水面近くの排水口から水を吐く、すなわちエアレーションでのエアリフトと同様のことをしているのです。ですので外掛けフィルターの酸素を溶け込ませる能力はかなり高いといえます。

逆に考えますと、CO2を人為的に水中に添加している場合、大気中のCO2の方が濃度が低いので水中のCO2が大気中に逃げ出すのです。CO2添加の水槽には外部フィルターが適しているのは、水槽の底にあるCO2が高濃度の水をフィルターが吸って、シャワーパイプを水中に沈めて設置し、水槽の底の方に水を吐くようにすれば水面近くに水が循環しないのでCO2が逃げにくくなるのです。

要約すれば、水面と底の水を循環させれば酸素は溶け込むが人為的に添加したCO2も逃げる、循環させなければ酸素は溶け込みにくいがCO2が逃げにくくなるのです。通常の水草水槽は植物からの酸素がかなりあって、魚などの生物が少なめにしてあるので酸素を外部から供給しなくても大丈夫なのです。

結論としては、CO2の添加量やエアレーションのタイミングや量、照明の量や時間などいろいろ試してみてみるしかないとしかいえないのです。生体と水草を両方いい状態で管理するのは至難の業です。一般論としては照明点灯30分ぐらい前からCO2を添加し、消灯30分前ぐらいに添加を中止する、CO2を中止している間はエアレーションをする、でしょうか。外掛けフィルターがあるので日中の酸欠はないと思いますが、それもやってみないとわからないとしか言えません。

これという回答ができませんが、ご参考になさってください。

tenzenさん、みなさん、こんOOは。

エアレーションって泡がぶくぶくしているとよく効いているように見えますが、実際は水面から大気圧で押されて酸素が溶け込む割合の方がはるかに高いそうです。ある水量に溶け込める酸素量は水温などの因子で決まってしまいます。一定の条件下ではいくらぶくぶくやっても変わりません。エアレーションは水中に溶け込む酸素量を増やすのではなく、生物が消費した酸素を絶えず補充するという考えで行うとよいと思います。

水面の大気圧で酸素が溶け込むということ、水には...続きを読む

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Qメダカにろ過装置の水流、止めるべきでしょうか

よろしくおねがいします。
室内の9L水槽(テトラ RG-20HLV)でメダカ東天光を三匹飼いはじめました(3週間目くらいです)水草はアヌビスナナとバリスネリアです。

もともとテトラのオートワンタッチフィルター AT―20を使っていたのですが動かなくなったので替わりのものを買いに行ったのですが、店員さんにメンテナンスのしやすさをおすすめされたのでOT-30というものを買ってきました。(水槽にはどちらも適合サイズでした)

設置してみると水流が結構あってメダカがわりと流されています。
ちゃんと魚の種類を伝えて聞いてから購入すべきだったんですね・・・。
とりあえず、水流のできるところをなるべく寄せて、小さい水槽のうち半分は流れがあまりない状態になっています。
1時間ほど回してだんだんメダカ達も慣れてきたように見えなくもないのですが・・・。メダカはみな元気そうです。

メダカは水流を好まないと聞くし、ストレスになるのかしらと心配です。

昨日から丸一日故障のためろ過装置無しでしたが、水替えしたばかり(1週間1/3)なのに、浮遊物など一日で目立つようになるので必須かと思っています。(昨日は念のためブクブクをしてみました)

正直また買い替えるのは出来れば避けたいのですが、
検討している内容は下記です。

・とりあえず循環して目立った汚れはなくなったので、ろ過装置を止め、一日に数時間だけ回す。
・パワーの弱い、元の、ろ過装置に買いなおす。(へたってただけという可能性もあり??)
・気にしすぎ?いい運動と信じてこのまま使う。

経験豊富な方のアドバイス頂きたく質問いたしました。

また、メダカの飼い方を調べると、水草のみで酸素補給、や、ろ過装置無しで飼育、なども見かけるのですが、昨日は今の環境で水草のみで酸素補給できるのか不安でブクブクを使用しました。(ブクブクがストレスみたいな記事もあり、少し混乱しています)
そのあたりもアドバイス頂けると大変嬉しいです。
少し心配しすぎかもしれませんが、悩んでいます、よろしくお願いします!

よろしくおねがいします。
室内の9L水槽(テトラ RG-20HLV)でメダカ東天光を三匹飼いはじめました(3週間目くらいです)水草はアヌビスナナとバリスネリアです。

もともとテトラのオートワンタッチフィルター AT―20を使っていたのですが動かなくなったので替わりのものを買いに行ったのですが、店員さんにメンテナンスのしやすさをおすすめされたのでOT-30というものを買ってきました。(水槽にはどちらも適合サイズでした)

設置してみると水流が結構あってメダカがわりと流されています。
ちゃ...続きを読む

Aベストアンサー

テトラ「ワンタッチフィルターOT-30」には流量調整弁があります。
流量調整弁を目一杯絞れば24時間駆動でも、9L水槽でなんとかメダカの飼育は可能なハズです。

ただ、ハッキリ言ってOT-30の流量は、メダカにはキツイ流量です。
OT-30の吸水口にストレーナースポンジを取り付けると、流量を10%程度減らせます。
対策としては、流量を最弱にしぼり、ストレーナースポンジの取り付けをオススメします。

参考:
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1112021500&itemId=50909

なお、暫くメダカを観察して頂きたいと思います。
水槽内流量が強すぎメダカが疲労してくると、3匹のメダカは水槽全体を泳ぐことは少しずつ減ってきます。
メダカは、水量の弱い場所に集まり、あまり泳がなくなります。

もしも、OT-30を使用していてメダカが水槽全体を泳がなくなる場合、水槽流量をもう少し減らす必要があります。
オススメの方法は、プラスチック棒やプラスチック箸を給水パイプの中に詰めること。
適当なプラスチック棒やプラスチック箸は、100円ショップ(手芸用品や園芸用品、食器売り場)で入手出来ます。

・メダカが、いつも水槽全体を悠々と泳いでいれば、心配はいりません。
・OT-30のモーターポンプは高負荷を掛けても故障する心配はありません。

テトラ「ワンタッチフィルターOT-30」には流量調整弁があります。
流量調整弁を目一杯絞れば24時間駆動でも、9L水槽でなんとかメダカの飼育は可能なハズです。

ただ、ハッキリ言ってOT-30の流量は、メダカにはキツイ流量です。
OT-30の吸水口にストレーナースポンジを取り付けると、流量を10%程度減らせます。
対策としては、流量を最弱にしぼり、ストレーナースポンジの取り付けをオススメします。

参考:
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1112021500&itemId...続きを読む

Q外掛け式フィルター(テトラAT-20)のろ材の寿命を伸ばしたい

30cmくらいの水槽で、金魚を4匹飼っています。
ずっと外掛け式フィルター(テトラのAT-20)を
使用し、ろ材はバイオバッグジュニアを使ってい
ます。
ろ材の交換は2~3週間を目安ということでしたが、
それより少し長く使うと、ろ過能力が落ちて水が
とても汚れやすくなるようです。
節約の為バイオバッグジュニアの交換頻度を抑えたい
のですが、よい方法がありましたらお教えください。
バイオバッグジュニア以外に何か別のろ材を入れたり
するものなのでしょうか。

Aベストアンサー

水が汚れたように見えるのは見た目だけで、
逆に交換でアンモニアや亜硝酸など、生体に有害な物質を分解する(本当に必要な)濾過能力は落ちる気がします。
http://www.kyorin-net.co.jp/topics/to03.html

外掛け改造の参考は...
http://www1.bbiq.jp/hiropion/goods/roka/roka.html
http://nettaigyo.yoijouhou.info/kaizou_tetora.html

【AT-20の生物濾過化の一例】
100円ショップなどで、プラスチックの網底ネットを買ってきて、適当な大きさに切り取り、AT-20の濾過槽内側サイドに接着剤で貼ります。
なお、切り取ったネットの上から2/3に網目をずらしてもう一枚重ねます。
これで、水流が下から上に廻るようになったはずです。

そこにガラス系やセラミック系のろ材を入れます。
金魚なら大きくなることを見越して、少しでも濾過能力が欲しいところなので、小粒の球形ガラス系ろ材を【私なら】チョイスします。
もしくは、リング形ガラス系ろ材をペンチで割って詰めますね。

バイオパックは取り除き、使用しません。(活性炭の効果はなくなります。)
#メーカーさん、ごめんね。

ウールのゴミ取り部(物理濾過部)がなくなったため、テトラのストレーナーカバーを付けます。
付けないと微細なゴミを濾し取れず、水の透明度が落ちたりしますし、ろ材の目詰まりが早くなるので、付けた方がよいでしょう。

当たり前ですが、微生物の力で有毒物質を無害化するので、まともに濾過が機能するまで数週間必要です。

あとは、ろ材の目詰まりが気になったときに、飼育水で軽く注ぐだけで維持できます。
ろ材は茶色の状態が良いのであって、頻繁に洗うのはNGです。
----------------------------------------------
金魚...というか、フナは無胃生物なので、餌を必要以上に食べます。
30cm水槽に4匹ということを考えれば、多めに餌を与えて成長を早める必要はないかと思います。
30秒×2回/日 位でも良いような気がします。それで、お腹の膨れ具合で増減を調整します。

底面フィルターの導入...は濾過能力が強力なので、それもいいですね。
それを言い出すと、水作ブリッジSや小型外部という、早々に外掛けを見捨てる選択肢(笑)も出てくるわけですが...

水が汚れたように見えるのは見た目だけで、
逆に交換でアンモニアや亜硝酸など、生体に有害な物質を分解する(本当に必要な)濾過能力は落ちる気がします。
http://www.kyorin-net.co.jp/topics/to03.html

外掛け改造の参考は...
http://www1.bbiq.jp/hiropion/goods/roka/roka.html
http://nettaigyo.yoijouhou.info/kaizou_tetora.html

【AT-20の生物濾過化の一例】
100円ショップなどで、プラスチックの網底ネットを買ってきて、適当な大きさに切り取り、AT-20の濾過槽内側サイドに接着剤で貼ります...続きを読む

Q水槽で一番適切な流量とは?

外部式フィルターを使用してディスカスを飼育しています。
60センチ水槽でテトラのEXパワーフィルター75を使用中です。
流量:600L/Hぐらい

流量についてはネットでも情報量が少なく、まちまちでたとえば生物濾過には水槽の容量に対して一時間で1~2回転ぐらいが適していると情報がありました。もしそうなら現在のフィルターでは流量を10分の一ぐらいに絞らないといけない計算になります。

気にすることはないと言われればそれまでかもしれませんが、流量調節は簡単にできますし最適なものを知りたいです。ご存知の方がいらっしゃいましたらご教授お願い致します。

Aベストアンサー

昔、20L水槽でテトラ系小型魚12匹とコリドラス3匹を小型外部(エデニックシェルト:
濾過槽1L、流量300L/h)と水作エイトSで飼育していた時期があります。

苔知らずで順調にまわっていましたが、ある時から、ガラス面に茶ゴケが付いて、黒い房
状苔も出てくるようになりました。(水換えは週一でやってました。)

原因は、小型外部の詰まりで、その時の流量を確認したら1~1.5回転/hでした。
調子の良いときは、5~7回転/hぐらいの範囲でした。

これから、1~2回転/hでは濾過が不十分で、5,6回転/h以上は必要と考えてます。
これは、濾過バクテリアによる浄化には十分な酸素が必要となりますが、外部フィルターの
場合は、濾過槽内でバクテリアによる酸素の消費しか起こらないので、酸素供給という面で
一定量以上の飼育水を循環させて活性を高めてあげる必要があると考えてます。

エデはモータートルクが小さいので、15→5~7回転と大きく低下しますが、EX75だと、
ここまでは落ちないでしょう。
(因みに、エデの流量低下の原因は、ホースのエルボ部分の詰まりでした。)

あと、外部フィルターでの流量調節(タップを絞る)は、モーターへの負担が大きくなり、
故障の原因となりますので、タップ全開での使用が基本ですよ。

ですので、EX75のご使用で、苔(茶ゴケがサイン)の発生や、亜硝酸が検出されるような
ことがあれば、まずは流量や濾材の汚れ等を確認され、それらに異常がない場合は、EX90
か120への変更、あるいはEX75の併設稼動が必要ということではないでしょうか。
(もちろん、ここらへんの対応は質問者様にお任せです。)

昔、20L水槽でテトラ系小型魚12匹とコリドラス3匹を小型外部(エデニックシェルト:
濾過槽1L、流量300L/h)と水作エイトSで飼育していた時期があります。

苔知らずで順調にまわっていましたが、ある時から、ガラス面に茶ゴケが付いて、黒い房
状苔も出てくるようになりました。(水換えは週一でやってました。)

原因は、小型外部の詰まりで、その時の流量を確認したら1~1.5回転/hでした。
調子の良いときは、5~7回転/hぐらいの範囲でした。

これから、1~2回転/hでは濾過が不十分で、...続きを読む

Q水槽にフタ要る??

水槽にフタって必要ですか??
池とか養殖場にはついてないですよね。
ペットショップの水槽も上が空いてました。
なぜフタが必要なのですか??

Aベストアンサー

単純に、脱走防止ですよ。

あらゆる魚は定期的に脱走を試みます。
魚の場合、水位を低くすることである程度は脱走を防止できますけどね。

また、脱走するつもりが無くても飛び出してしまうことがあるんです。
水槽の外で大きな音を立てたり、水槽にぶつかってしまったり、
あるいは魚同士の喧嘩がヒートアップしたときなどに、
ロケット花火か!!!という勢いでジャンプすることが稀にあります。

冗談抜きで、魚がフタに衝突する音とか、たまに聞こえますよ。
ライターくらいの小型魚が、ゴッ!と突然音を出すことが。



アナタが熱帯魚を飼うとしたら、数は限られるでしょう?
すると、その魚にとても愛着がわくはずです。
そうなりますと、どうしても「死なせたくない」「逃がしたくない」と思うでしょう。

水槽から飛び出して干物になって死ぬ、という不幸な事故は、
アクアリストからするとかなり悲しい事故なんです。
どんな人だって、水槽の前で24時間座って見つめていられないでしょう?
だから、目を離している隙に干からびないように、ふたをするんです。

魚だけでなく、エビや貝類も脱走します。魚より頻度は高いですね。



ペットショップの水槽にフタが無い理由ですが、利便性の問題です。
お客さんに売るたびにいちいちフタあけてたら手間だから、という。

そして、なにより1匹1匹に対する愛もそれほど無いわけで。
1匹脱走して死んでも、損害額でしか勘定しないでしょう。
だからこそ、利便性だけで考えるわけです。悪い意味ではなく。



養殖場にふたがないのはとても簡単。
管理上難しいというのと、はっきりいって必要ない、という事ですね。
デカイフタをキレイに維持しようとすると清掃の手間がかかります。
ということはつまり清掃に人件費、お金がかかります。無駄なお金です。

そもそも、家庭の水槽よりもかなり深く作られてますし、
魚のジャンプ力よりも、余裕をもって水位を低くしているでしょう。
ふたを用意する必要が、そもそも無いわけです。



フタがあったほうがいいかですが、無いほうが水の状態は良くなります。
水面に触れている空気が循環しやすいので、酸素量は増えるでしょうし。
ただ、フタをすると病気になるほど不健康になるわけでもないし、
ふたをすれば脱走を避けられるわけで。
だったら、フタをしておこうじゃないか、という話なんですよ。

冬場は、水温の低下防止にも役立ちます。熱がこもるので。

尚、夏になるとフタと水面の間で湿度が高くなり、温度が高くなりやすいです。
照明の熱がそこにこもるんですよ。思いっきり。
なので、夏だけ水位を減らしてフタをあける、と言う人もいますよ。
水位を減らすのは、脱走防止ですね。

単純に、脱走防止ですよ。

あらゆる魚は定期的に脱走を試みます。
魚の場合、水位を低くすることである程度は脱走を防止できますけどね。

また、脱走するつもりが無くても飛び出してしまうことがあるんです。
水槽の外で大きな音を立てたり、水槽にぶつかってしまったり、
あるいは魚同士の喧嘩がヒートアップしたときなどに、
ロケット花火か!!!という勢いでジャンプすることが稀にあります。

冗談抜きで、魚がフタに衝突する音とか、たまに聞こえますよ。
ライターくらいの小型魚が、ゴッ!と突然音を出す...続きを読む

Qウィローモスの増やし方

ほんの一つまみ程度のウィローモスをもらったのですが
これを増やすにはどのようにしたらよいのでしょうか?

出来るだけ早く(といっても時間がかかるのは分かっています^^;)
増やしたいのですが、何に付着させるのがよいでしょうか?

水温や光などについても教えていただけると助かります^^

ゆくゆくは流木などに付着させたいのですが
単純に増やすにはなにか他のものに付着させるべきなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かなり細かくちぎります。
手で結構です。
一般的に流木が簡単です。(石よりも)
糸は木綿糸でも釣り糸でも大丈夫です。
あまり光が強くなくても、枯れたり溶けたりしません。
南米ウィローモスでも同様で、非常に丈夫です。

流木などをお持ちでない時は、そのまま水槽に浮かべておかれても、
平気なくらいです。(照明を点けて)
ビンに入れて水を張って、その中に適当に沈めて、蛍光灯のある部屋に置いておくだけでも大丈夫です。
(ベタを暖かい時期、そうして洗面所で飼育しております。^^;)

お魚やエビが入っている方が早く成長します。
活着させても、トリミングをしないと、伸びて、光の届かない辺りから枯れてしまいます。
ですから、トリミングはたいへん重要です。

流木に活着させるときは、小さく細切れにしたウィローモスを、流木などに貼り付けて、
糸を細かく巻きます。
15~20wの2灯式で十分です。
少し出てきたらトリミングを繰り返し、数回のトリミングの後には、きれいな
活着ウィローモスの出来上がりです
液肥は入れてもいいですけど、入れすぎますと、コケが生えますし、入れなくても結構です。

かなり細かくちぎります。
手で結構です。
一般的に流木が簡単です。(石よりも)
糸は木綿糸でも釣り糸でも大丈夫です。
あまり光が強くなくても、枯れたり溶けたりしません。
南米ウィローモスでも同様で、非常に丈夫です。

流木などをお持ちでない時は、そのまま水槽に浮かべておかれても、
平気なくらいです。(照明を点けて)
ビンに入れて水を張って、その中に適当に沈めて、蛍光灯のある部屋に置いておくだけでも大丈夫です。
(ベタを暖かい時期、そうして洗面所で飼育しております。^^;)
...続きを読む

Q外掛け式フィルターを洗う手順

外掛け式フィルター(コトブキやテトラの小型のもの)が汚れてきたのですが、洗い方の詳しい手順が分かりません。
電源を切ったときに舞うゴミを防ぐ方法はありますか?
洗うのは水槽の水を使うのか、水道水を使うのですか?
パイプもはずして洗うのでうすか?
皆さんのやり方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは、キキさん。

 電源を切ったときにゴミが舞うんですね?それだと、エアチューブを濾過槽に差し込んで呼び水(エアチューブの差し込んだのとは反対側を口で吸い込む)をしてサイフォンの原理で下に置いたバケツなどに濾過槽内の水を移し変えてから、スポンジフィルターやフィルターの吸い上げ口を外してからフィルターを水槽から外せばゴミは舞わないと思いますよ。試してください。その際、差し込んだエアチューブが外れないように工夫して何かで固定しておいたほうが楽に安心して作業ができますよ。エアチューブを濾過槽の底まで差し込むのに工夫が必要ですね。

 フィルターを洗うのは、濾過槽の状態がひどすぎるときに(ろ過が機能していない)限ったほうがいいと思うのですが、ろ剤は洗わない、ろ剤だけ洗う、全部洗うなど色々あると思います。
 外観が汚くて・・・・というときはろ剤を水槽の水で、できれば同じ温度の水の中に入れといてあげるとバクテリアが維持できると思います。
 ろ剤も洗うというときは、ろ剤の半分ぐらいだけを水槽の水の排出水で軽く洗うという感じでやっています。でも、標準の外掛けではろ剤が活性炭とマットなのでこの方法は使えません。僕はろ剤はセラミックの多孔質リングのMサイズ(Lかも?)、Sサイズに変えていますので、半分(もしくはそれ以下)洗浄ができます。このほうがバクテリアが全滅ということは無いのでいいと思います。でも、僕は外掛けにしてから、まだ、1回ぐらいしか洗った覚えが無いです。給水口にスポンジフィルターを付けていて、フィルターに直射日光が当たらなければ(これでコケまみれになることがあります、外掛けは透明なのが多いので)、結構長い期間洗わなくてすむという感じはします。
 それと、モーターも洗うといいです。説明書に外し方が書いてあるはずで、たぶんモーターの黒いボックスをどちらかに回せば、だいたい、どのメーカーのも外れると思います。ここがまれに詰まってモーターが回らないときがありますから、点検ポイントですね。インペラーシャフトというのが中に入ってますから、こいつの扱いには気をつけて下さい。こちらはどの水、気にせず洗ってあげてください。

 パイプのゴミが気になったらパイプクリーナーが熱帯魚店でも金物店、ホームセンターでも売っているので、これで洗ってあげてください。やわらかい針金のようなものの先にナイロンみたいなのの毛が筒状にいっぱいついている奴です。

 本体は歯ブラシなどで水道水でごしごしやったらきれいになります。稼動部品であるモーターとかパーツを外すと、プラスチックの塊ですから、もう思いっきり洗えます。遠慮なく洗ってやりましょう。

 ポイントはろ剤の扱いと、すべてばらして洗うというところでしょうか。ろ剤を戻してからフィルターを回す際に、濾過槽に水を入れながらフィルターを回すという呼び水をやりますが、このときの水にカルキ抜きの水、できれば水槽の水に近いもの、足し水・換水用の水を使ってやったほうがいいと思います。

 つらつらと書いてきましたがどうでしょう、足りない部分があったら言ってください。では、楽しい熱帯魚ライフを。

 こんばんは、キキさん。

 電源を切ったときにゴミが舞うんですね?それだと、エアチューブを濾過槽に差し込んで呼び水(エアチューブの差し込んだのとは反対側を口で吸い込む)をしてサイフォンの原理で下に置いたバケツなどに濾過槽内の水を移し変えてから、スポンジフィルターやフィルターの吸い上げ口を外してからフィルターを水槽から外せばゴミは舞わないと思いますよ。試してください。その際、差し込んだエアチューブが外れないように工夫して何かで固定しておいたほうが楽に安心して作業ができます...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング