社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

ワイドスクワットをネットで調べて2週間毎日20~30回ほどやってるのですが、腰と太ももの付け根の筋が痛いです。多分やり方が間違ってると思うのでご教示お願いします。
私はインターネットに書いていたやり方を一応やっているつもりです。
足の先は45度に開きおしりを下げた時は床と90度になるようにする。この時前を見るようにしています。おしりは後ろにつきだす形になるようですが、どうもこれが腰痛の原因ではないかと思います。
どうしたら腰や筋を痛めないでスクワット出来るでしょうか?

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

まず太ももの付け根の傷みについて。


スクワットは股関節が柔軟でないと傷めてしまいます。

下記の2つの動画を参考にして、股関節をストレッチしてください。毎日お風呂上りにやるのが望ましい。スクワットする直前は静的ストレッチはせず、軽く反動をつけてちょっと伸ばす程度にしてください。

https://twitter.com/sekimilkseki/status/12177427 …



ただし、スクワットしていない状態でも痛みが出ているようなら、痛みがなくなるまでスクワットもストレッチも控えてください。痛みが回復してからおこないましょう。

次に腰の痛み。

見て見ないとわかりませんがおっしゃるようにお尻を突き出しているせいだと思います。尻を突き出すってのは、間違ってはいないけれど、正しいとも言い切れない。あまり腰を反らせてはいけないのです。何よりも大切なのは重心を安定させること。

へその3センチぐらい下にある「丹田」という部分に力を入れ続けてスクワットしてみてください。スクワットは下半身の種目だと思われがちですが、本来は体幹、特に腹直筋もしっかり使う種目です。腹の下に力が入っていて、腹圧をあげた状態で行うのが基本。そうすると、お尻が出過ぎたり、腰には負担がかからなくなるはずです。腹圧をあげるというのは、ベルトでしっかり締めたりすると意識しやすいです。

ネットや雑誌などにある、正しい姿勢や、スクワットの解説は、どうしても「膝を前に出さない」だとか「お尻を突き出す」などのように、外から見たカタチの説明ばかりに偏りがちです。
これは結果であって、カタチだけを真似ても、意識のほうが変わるわけではないので、フォームを習得することができません。正しい重心で何処に力を入れるかという正しい意識があると、自然にカタチも正しくなります。

もし、それでも腰がそってしまうようなら、まだ大殿筋やハムストリングス(ももの裏側)の筋肉が弱くて身体を支えきれていないのかもしれません。その場合は、漫画本ぐらいの薄い板か何かをカカトの下に敷いて少しだけ前傾状態で挑戦してください。楽にできるはずです。それでうまくできるようになったら、板を取り除いてもスクワットできるはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!確かに私は股関節が柔らかくないのでそれで痛めていたのか、と気づけました。意識の置き方でスクワットの姿勢はより違うものになるんですね~。普通のスクワットをしてからワイドスクワットももの前も後ろも鍛えていた気になっていましたが、もしかしたら後ろの方が全然筋肉ついてないかも、と気づきました。単行本などによる前傾姿勢のスクワット挑戦してみようと思います!

お礼日時:2020/01/17 08:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング