仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

2020年度から。小学校3年生から英語教育がスタートし、小学校5年生から「教科」として英語が必修化されるそうです。

一方、その時間をもっと国語教育に充てて、母国語である日本語の基礎をしっかり付ける方が先決で、中学生からでも英語教育は遅くはないという意見もあります。
・・・私はこの意見に賛成です。私は、国語教育にもっと力を入れるべきと考えますね。

先日の国際学力の結果では、日本は国語の読解力が極めて悪かったそうですね。

自国語をないがしろにして、英語なんて、笑止千万ってとこですかね。

母語である日本語で人前でしっかりと堂々と物怖じしないで発言できない日本人が英語を勉強したところで英語で話すのが上手になるわけありません。

日本人の子供達はまず日本語で人前で物怖じせずに堂々と自己主張できる技術を身につけるべきです。日本人って話術がメチャへたくそ。日本人って自己主張がメチャへたくそ。そういうしつけも教育もうけていないんだからしょうがないけど。

そこで質問ですが、みなさんは 小学校からの英語教育について どう思いますか?

A 回答 (13件中1~10件)

>私は、国語教育にもっと力を入れるべきと考えますね。



賛成です。
ただ、いま自分の子供が小学生で学校でやっていることを見ていると、今の小学校は私の時代よりもすごく「国際化」しています。
 たとえば低学年でも国際理解の授業があり、いろんな国の講師が1年間いろいろな文化を教えています。その時に利用されるのが日本語と英語、つまり昔に比べて英語や多文化に触れる機会そのものを増やしているわけです。

私自身は帰国子女なので、英語の発音もそれなりに通じるレベルですし、身内に何人か外国人配偶者がいるので英語での会話も必要ですが、子供たちの英語力の発展を考えた時に「小学生で英語の発音に慣れる必要性」はすごく感じます。

俗にいう「日本人はLとRの違いが理解できない」という部分になるわけですが、なので小学生で「英会話」的な授業を行っておくのは無駄ではない、とも考えます。2020からは中学英語が基本日本語無し、になる分を踏まえれば、まだ手を挙げて発言できる小学生のうちに「英会話をする」機会はあってもいい、からです。

ただ、日本の教育はすぐに「成績」に結びついてしまうのが心配です。その点を踏まえれば「国語教育にもっと力を入れるべき」ではあります。

どのバランスで行うかは難しく、特に5年生からの必修で「成績による苦手意識」はつけてもらいたくないですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

もう1つの問題は 小学生に英語を教えるスキルをもった教師がいないことです。
それで、仕方なく 中学の英語を前倒したような教え方しかできないわけですが、
それには、生徒側ももっと高い国語力が必要です。


https://9200.teacup.com/ingles_555/bbs/t10/1

お礼日時:2020/01/14 10:42

お礼をいただきました。



アメリカはスペイン語なんじゃないか、というご意見でした。私の住んでいるところは、メキシコとの国境の州で、普段は英語を流ちょうに話している人が、実は、マザータングはスペイン語だという人が、夥しい数、存在します。

長男は中・高、大学で、落第しない程度にスペイン語をとっていましたが、現在、仕事に必要で、ペラペラです。長女は、学校では習いませんでしたが、”日常会話程度に”話せます。私も、生涯教育でスペイン語を習い始めましたが、クラスの大半は、すでに会話程度はできる、お医者さんや弁護士さんでした。スペイン語チャンネルも、無料で、5チャンネル以上あります。日本の英語環境には、参考にならないと思います。

(アメリカ人は外国語ができない、というのは、嘘ですね。でも、北部の都市、例えば、ボストンやシカゴですと、事情が全く変わりますので、”アメリカは”とひとくくりにするのは、正確ではないように思います。)

日本語と同じように、英語も生きた言語なので、百年前には正しくても、現在使われていない言い回しなど、たくさんあります。それが、そのまま教えられている印象です。英語圏の移民を大量に受け入れるのが、手っ取り早いですが、実情を考えると、これは不可能でしょう。

とにかく、英語の教科書と、和英・英和辞典を編纂しなおすのが、急務だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん・・・

アメリカでのスペイン語は 日本での英語よりも使う機会は多いでしょうね。
ただ、ここでのテーマは英語です。
私達は 外国語として英語を学ぶのであって、アメリカ人にとっては英語が母国語なので、
英語教育の観点からは参考にならないと思います。
英語圏に在住されている方は、この点を忘れがちです。

お礼日時:2020/01/17 07:50

私としては賛成です。



日本語がまだしっかり身についていない時期に英語を教えるのは、かなり問題があると思います(最終的に日本語も英語も上手に話せなくなるからです)。

ただ、小学5年生にもなれば、日常生活に困らない程度の日本語を使うことができます。

小学1年から英語による英語の授業が週に何時間もあるというのは反対ですが、そこまででもないですよね。

臨界期というものがあり、その時期(8-10歳ほど)が一番言語を身に着けやすい時期です。

個人的には、中学生か遅くても高校生で、第2外国語(中国語、フランス語、スペイン語は最低でも)は必修科目にしてほしかったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>個人的には、中学生か遅くても高校生で、第2外国語(中国語、フランス語、スペイン語は最低でも)は必修科目にしてほしかったです。
日本では 外国語の学習の意欲の高い生徒でも 中学、高校で英語以外の外国語に触れるチャンスは非常に乏しいですね。英語が唯一の外国語であり、下手すると、世界には日本語と英語しか存在しないような錯覚を感じることも少なくないでしょう。
ただ、一番の問題は センター試験の外国語は一応は選択教科にはなっているものの、理科や地理歴史公民とは違い、選択の概念が 殆どゼロに等しい中で、中国語やフランス語を勉強するんだったら英語に専念すべきだと思う人が多いことです。 それでは、日本も韓国やフランスのように 大学入試に第2外国語を取り入れましょうか? でも、そうすると、英語でさえ大変なのに、その上、第2外国語までとなると 受験生の負担も大きくなります。そこを どうするかですね。mic_studyさんに 何かいい案はありますか?

お礼日時:2020/01/17 07:46

米国在住です。



米国では、第二外国語は中学からです。が、サマー・スクールでお遊びのフランス語なら、小学校二年生から始められます。課外授業です。また、私立の小学校なら、幼稚園の時から始められます。その子の能力に合わせた、選択制です。

日本で、全国、津々浦々、小学校五年生には、全員英語を教える、というのは、極端じゃないでしょうか。英語嫌いを助長するような、嫌な予感がします。

米国では、小学生には、とにかく、本を読んで、その要旨をまとめさせることに時間をかけています。コンプリヘンシブ・リーディングと、クリティカル・シンキングというやつです。それができないと、自分の意見をまとめて発信できないからです。

ちなみに、プレゼンテーション能力を高めるための、パブリック・スピーキングは高校一年の必修です。

子供同士では、子供の言葉で話していますが、高校生になると、大人の言葉を使って自分の意見を、真面目に話せるようになります。スポーツばかりしているような大学生でも、テレビのインタビューに答えて、言葉を選んで大人顔負けのスピーチをします。偉いなぁ、と思います。

まず、自国語での思考能力を高めないと、英語は難しいです。思考内容を表現してゆく言語なので、何も考えていない人間には、厳しいと思います。ご意見には、賛同します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Thank you for your answer.

> 米国では、第二外国語は中学からです。が、サマー・スクールでお遊びのフランス語なら、小学校二年生から始められます。
À la différence des japonais, la plupart des étas-uniens peuvent se passer de langues étrangères.
Parce que l'anglais est leur langue maternelle. Pour eux, le français n'est qu'un passe-temps intellectuel. C'est plutôt l'espagnol qui leur est utile. Vous savez qu'il y a beaucoup d'hispanophones,
qui occuppent environ le septième de toute la population du pays où vous habitez.....

お礼日時:2020/01/15 18:05

「小学校からの英語教育についてどう思いますか?」には反対です。

保育園の頃(出来れば言葉を覚える頃)から始めるべきです。「小学校から」では遅すぎます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

Je ne pense pas que tous les enfants aient besoin d'être bilingues.

お礼日時:2020/01/15 17:36

そこで質問ですが、みなさんは 小学校からの


英語教育について どう思いますか?
 ↑
反対です。

言語というのは、思考の道具でもあります。

複雑、抽象的な事象は、言語を使わないと
思考できません。

その言語に習熟していなければ、高度な思考も
不可能、ということです。

幼い時期は、まず母国語を習熟するような
学習をするべきと考えます。


○母語は母親などとの密接なコミュによって形成されていくもので
肌と肌を合わせ、息づかいを感じながら脳に根付いていくものだ。

赤ちゃんをベッドに寝かせたまま英語のビデオを見せ続けても母語は
形成されず、外界を認識できず、他者とのコミュもとれない。
言葉が解らないだけでなく、甘えて抱きついたり、元気の無い
母の手を握ったり、ほほえみ返すなど、の反応が出来ない。

朝よ、おはよう。と母が赤ちゃんを抱き上げる。
カーテンの隙間からは初夏の陽射しが入り込んでくる。
このとき、赤ちゃんは、朝という言葉の発音体感が与えて
くれる始まりの開放感を透明な朝の光が、赤ちゃんの目に
インプットされる。

おはように乗せられたお母さんの弾むような気持ちも一緒に
インプットされるのだ。

母と肌を合わせ、呼吸を合わせ、声を
出して話し合い、笑いあったりすることは、言葉の
起訴を習得するとともに、外界認識の基礎、コミュの
基礎を作りあげる。

ひとは、母語形成の道のりで、人になっていくのである。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Thank you

回答ありがとうございます。

お礼日時:2020/01/15 17:31

#7です。

お礼ありがとうございます。

先に子供が小学生と書きましたが、身内の配偶者の一人はALT(外国語指導助手)をやっています。今、小学校でもALTが居て主に海外交流を担っていますが、英語授業はそのまま英語助手になるようです。

なので発音の心配はしなくていいと思います。もっとも必ずしもALTが英語を母国語とする人とはかぎらないようですが・・

ご指摘のURLのような心配はあまり必要ないと思いますよ。少なくともALTを前にして英語の発音を仮名で書くようなことはしないと思いますからね。
まあ、それをしたら私も直接意見しにいってしまうでしょう(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ご指摘のURLのような心配はあまり必要ないと思いますよ。少なくともALTを前にして英語の発音を仮名で書くようなことはしないと思いますからね。
でも、例のサイトの主は 依怙地で独善的なので、やりかねないですよ。
その人は 直訳に強い拘りがあり、≪”We have a lot of rain in June.”という文を
「私達は6月にたくさんの雨を持っています。」と訳すのは いくらなんでも 直訳ではなく 誤訳でしょう。≫みたいな指摘を その人の掲示板にしたら、私の書き込みが削除されました。
https://9200.teacup.com/ingles_555/bbs/t10/7
それと、ALTも色々苦労があるようで。
そう言えば、私は中学の時から 英語は得意だったんですが、Englandを「イングランド」と訳したら
×になったことがあります。Englandにエジンバラという都市はありませんからね。(笑)
https://cecil-hq.com/wordpress/post-2252/

お礼日時:2020/01/14 18:40

#6です。

お礼ありがとうございます。

>もう1つの問題は 小学生に英語を教えるスキルをもった教師がいないことです。
それで、仕方なく 中学の英語を前倒したような教え方しかできないわけですが、それには、生徒側ももっと高い国語力が必要です。

はい、その通りだと思います。だからこそ「成績をつけてほしくない」わけです。

成績をつけなければ、教師側も研さんを積めるだろうし、新しいやり方を導入することもできるだろうし、自国語との関係性も柔軟に考えることできるだろう、からです。

ただ、私が小学生からの英語に認める有益性は「発音はなるべく早い段階から身に着けるほうが良い(特に日本語の発音に比べて英語の発音は数が多いから)」と「中学からの英語教育で日本語使わないために、英語で『話す』訓練をしておくこと」の2つです。

これで、日本人の英語力が上がるとは考えにくいですが、まあなんでも「やってみること」は重要でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。

>ただ、私が小学生からの英語に認める有益性は「発音はなるべく早い段階から身に着けるほうが良い(特に日本語の発音に比べて英語の発音は数が多いから)」と「中学からの英語教育で日本語使わないために、英語で『話す』訓練をしておくこと」の2つです。
でも、↓のサイトの主のような人が英語を教えるんだったら、却ってマイナスですよ。
http://makki-english.moo.jp/8main.html
特に、animalを「アニマる」と読むような癖をつけると、後で発音を矯正するのに却って苦労しますから。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11441232.html

お礼日時:2020/01/14 14:34

>母語である日本語で人前でしっかりと堂々と物怖じしないで発言できない日本人



そういう人は日本語だけやれば十分。
そうでなければ、両方やって、日本語でも英語でも、「人前でしっかりと堂々と物怖じしないで発言」すればよいだけです。
縮小主義か拡大主義か、消極か積極か、人の許容能力によります。

無理やり伸ばせるものを押さえつけるのはおかしいです。日本人で日本語が貧弱でも、英語が立派なら仕事の機会はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん・・・

回答ありがとうございます。

>無理やり伸ばせるものを押さえつけるのはおかしいです。
たしかに。でも、能力のある人が英語だけに終わるのも勿体ないです。

お礼日時:2020/01/14 10:23

小学校では通知表に英語の項目もあり、意欲的に参加した旨書いてありましたが、保育園のときから大嫌いを公言していました。


ただ、ボーネルンドの広場で外国人に会い、何ゆってるけわからない!と素直に話したら、横の関係ない日本人にこらっと怒られてしまい、?となりました。すると知ってる限りの会話文を話したのです!
場面場面でどうするかのトピックスを提示しながら、自己主張することもセットで触れさせたいですね。

その他、英語のながら聞きを嫌がるのですが、英語教室に行ってないので、発音の基礎、言い回し、短文の意味をとれず、ベースがないせいだと思うので、はじめにどう触れさせていくか。。和製英語を直し、フラッシュカードで単語から慣れさせ、英語劇でもしますか?

少なくとも視聴覚室に缶詰でおまかせはやめて欲しいですね。
私は洋楽の歌詞からプロットと付き合わせるのが好きでしたが。

使う語学によって、文化を引き継ぐと思うので、英語を使うことで自己主張が強い話術に傾くとは思いますが、また別のアプローチ(そういってまともや先生からの解説)がいるんじゃないでしょうか。

教育テレビを興味を持ってみられたら、習得は早そうですよね。それまでは、聞き流しを私はさせたかったですが…嫌がります。
学校に頼るれるところはたっぷり時間をかけてくれそうですよね。
土曜なり授業数を増やすだけならいいのにな。

やはり実地でもって話しかけてもらったり、会話するのを聞く経験はいるとして、英語教室以外で可能なんでしょうか。
小学校に外国の講師を置くとなるとかなりの数になりますしね。

今の状況だとお金を掛けたものがかんたーんって得意になって、全員には行き届くのだろうか。
上位10%しか将来使わないなんて話しもありますが。

読解力の低下はどこから来たのか知りたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん・・・

回答ありがとうございます。

お礼日時:2020/01/14 09:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報