色彩検定2級の魅力はプロへのスキルアップ >>

(3)で、2回目までにすでに金色のメダルが出てしまっているという余事象をか使った解き方ってできますかね?
解答お願いします(><)

(1)1/9
(2)5/108
(3)5/3

質問者からの補足コメント

  • 答えは上に書いてます↑↑↑

    「(3)で、2回目までにすでに金色のメダル」の補足画像1
      補足日時:2020/01/14 21:40

A 回答 (1件)

2回目の操作後に点Pがx軸上にあったという事象の余事象は、2回目の操作後に点Pが、(0,1),(1,1)のどちらかにあったということです。



① (0,1) にあった場合
2回の操作のうち、1回は金メダル、1回は銅メダルが出たということです。そして、その後の3回の操
作で、2回は銀メダル、1回は銅メダルが出たということになります。よって、この場合の確率は、
(3/6)×(1/6)×₂C₁×(2/6)×(2/6)×(1/6)×₃C₂=1/108

② (1,1) にあった場合
2回の操作のうち、1回は金メダル、1回は銀メダルが出たということです。そして、その後の3回の操
作で、1回は銀メダル、2回は銅メダルが出たということになります。よって、この場合の確率は、
(3/6)×(2/6)×₂C₁×(2/6)×(1/6)×(1/6)×₃C1=1/108

これより、余事象の条件付確率は、(2/108)/(5/108)=2/5
したがって、求める条件付確率は、1-2/5=3/5 となります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報