OCN光で最大124,800円おトク!

正しいのは⚪︎正しくいのは✖︎で理由なども教えてほしいです。

1.フランス人がインド上空を飛行中の日本航空機内でフランス人を殴打し、傷害を負わせた場合、日本の刑法が適用される。
2.日本国民が外国で外国人の住宅に放火した場合に日本の刑法が適用さらるのは属人主義による。
3.犯罪後の法律により、法定刑が変更されて軽くなったときは、その軽い刑を定めた法律を適用する。

1と3は⚪︎だとわかったのですが2はどっちなのか、
1.2.3の理由など教えてくれるとありがたいです

A 回答 (2件)

1.〇 属地主義。

航空会社が属するのが日本ですから日本の刑法が適用されます。
2.〇 属人主義。 刑法第3条の「国民の国外犯」の1号=「第百八条(現住建造物等放火)及び第百九条第一項(非現住建造物等放火)の罪、これらの規定の例により処断すべき罪並びにこれらの罪の未遂罪」にあたります。
3.〇 刑法の時間的適用範囲を定めたもので、遡及処罰の禁止の原則を前提にしつつ、行為時法よりも裁判時法の刑の方が軽いときには、犯罪者保護の見地から例外的に裁判時法を適用しようとするという趣旨の「刑の変更」にあたります。
    • good
    • 0

1. × 法の適用は、地上であるインドの国内法です。


2. × 法の適用は、その地の国内法です。
3. × 法定刑の変更では、
 以前に発生した犯罪や既に下された判決の扱いも定めますから、
 その定めに従います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング