プロが教えるわが家の防犯対策術!

武家、御家人、家臣、大名について。

御家人…鎌倉時代~室町時代において、将軍とご恩と奉公の関係で結ばれ、つかえた武士。江戸時代において、幕府から一万石未満の領地を与えられ、幕府につかえた武士。
武家…鎌倉時代以降、幕府につかえた武士。
家臣…主人(武士)につかえた武士。家来。
大名…平安時代から室町時代にかけて、多くの領地を持っていた有力な武士。江戸時代において、一万石以上の領地を与えられた将軍直属の武家。

とこんな感じで、用語の定義を書いたのですが、自分でも正直よくわかっておりません。
また、教科書を読んでいると、「幕府につかえる」と「将軍につかえる」という表現が出てくるのですが、どう違うのか分かりませんでした。
つかえる対象が「組織」と「人」の違いくらい?
分かる人教えてください。

A 回答 (2件)

御家人は、将軍を頂点にした家臣団のメンバー。


大名の家臣は、将軍→大名→家臣で、大名を挟む分、御家人より下。
本社の社員と、その系列会社の社員ぐらいの差でしょうか。
大名は、世襲制。将軍直属と言うより、参勤交代なので縛られてる微妙な立場。
    • good
    • 1

幕府に仕えるといった場合、幕府に領土を安堵される代わりに、幕府の決まりに従う(奉公)ということになります


将軍に仕えるといった場合、厳密には将軍の私的家来になるということで、将軍家の家人ということです。
鎌倉時代、霜月騒動というのがありますが、
これは幕府に仕えた有力御家人安達泰盛と、北条氏の有力執事(内管領)である平頼綱の対立が原因です。
二人の立場が、「幕府」と「将軍」(この場合執権)に仕えるということが分かりやすい例だと思います。

ただ、混乱して使用されている場合もあり、
しかも江戸時代の封建制度は、それまでの封建制度と異なっているので、ますます分かりにくくなっています。
(質問者の方も、御家人・大名などで江戸時代とそれ以外で分けておられていますよね)
あまり厳密に考えると、混乱しますから、幕府=将軍と思って対応したら良いと思います。
深く学ぶうちに、違いが分かってきます。経験的学習法です(笑)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。助かりました。

お礼日時:2020/02/19 00:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング