人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

偽物の借用書。
他の人が作った偽物の借用書(作った人が相手方の名前まで書いてるため貸方借方共に同じ筆跡)を本物と信じたAがいろいろな公的な場所に提出します。
偽物であると口頭で伝えても本物だと言い切ります。
その借用書を盾に裁判にも訴えると強気です。
書いた人はもう亡くなっています。
書いた人が罰になるのは理解できますが
裁判までしてもらえれば最終的に証明してもらえるのでいいのですが決着がつくまで長い戦いになります。
偽物と伝えた上でAがいろんな人に見せたり提出したりの行動は罪には、ならないのですか?
裁判で偽物と分かっても罪にはならないのですか?

A 回答 (3件)

偽物と伝えた上でAがいろんな人に見せたり提出したりの行動は


罪には、ならないのですか?
 ↑
行為者が本物と信じている場合は
犯罪にはなりません。

偽造と知っていてやれば、ケースによっては
詐欺未遂、偽造文書行使罪などの犯罪が成立する
可能性があります。



裁判で偽物と分かっても罪にはならないのですか?
 ↑
裁判で偽造と判明しても、行為当時本物と信じていれば
遡って犯罪になる、なんてことはありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
厄介な家族です。
偽造文章作った犯人の父は、すでに亡くなってるのでなお厄介です

お礼日時:2020/01/19 18:29

借用書を偽造した人とAの関係は?


少なくとも、偽造された借用人とは違うよね。
貴方の書き方だと、第三者と云う事になるが、第三者が公的機関にコピーを提出する?
どうも、意味が分からん・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
借用書を書いた本人も亡くなり何の為にそんな借用書を作ったのか?さえ謎です。
もう少しわかりやすく書き直してみますね。
すみません

お礼日時:2020/01/19 12:41

Aは本物と信じた人なの?


それとも違う人?
書き方が分かり辛いです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Aは、本物と信じた人です。
すみません

お礼日時:2020/01/19 11:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング