たとえば、100以上&150未満の条件で該当する個数をカウントしたい場合、countif関数とif関数をどういう風に組み合わせればいいのでしょうか。よろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

配列数式を使ってみます。



A1からA10に値が入っているとします。
  =SUM(IF(100<=A1:A10,IF(A1:A10<150,1,0)))
として、Ctrl+Shift+Enter で登録します。

追加の質問の件は、
E1からE10に年齢が、FIからF10に人数が入っているとします。
  10代の人数  =SUM(IF(10<=$E$1:$E$10,IF($E$1:$E$10<20,$F$1:$F$10,0)))
として、Ctrl+Shift+Enter で登録します。

後はコピーして、条件を修正します。
  20代の人数  =SUM(IF(20<=$E$1:$E$10,IF($E$1:$E$10<30,$F$1:$F$10,0)))
  30代の人数  =SUM(IF(30<=$E$1:$E$10,IF($E$1:$E$10<40,$F$1:$F$10,0)))
として、Ctrl+Shift+Enter で登録します。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
=SUM(IF(10<=$E$1:$E$10,IF($E$1:$E$10<20,$F$1:$F$10,0))) の式を入れて試した場合、E列の人数の合計が入ってしまうのですが、こちらのやり方に問題があるのでしょうか?

補足日時:2001/08/06 15:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません。Ctrl+Shift+Enterの使い方に問題がありました。
目的通りの表が出来ました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/06 15:12

年齢~31がA1~A9,人数~4がB1~B9に入っているとして、


10代は
=SUM(B2:INDEX(A2:B9,MATCH(19,A2:A9),2))-SUM(B2:INDEX(A2:B9,MATCH(9,A2:A9),2))
MATCHの中の19と9を適当に調整すれば、20代30代や、10代から30代の合計もOK。
    • good
    • 0

=COUNTIF(カウントしたい範囲,"<150")-COUNTIF(カウントしたい範囲,"<100")



でいかがでしょう。
150未満の数の総数から100未満の数の総数を引く。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
上記の質問に関しては対応出来たのですが、もう一つ同じような質問が出来てしまいました。
以下のような場合にはどうすれば集計出来るのでしょうか。
重ね重ねすいません。

10代の人数と20代の人数と30代の人数を求める場合
年齢 人数
16 1
19 3
20 3
23 1
28 5
29 3
30 3
31 4

お礼日時:2001/08/06 10:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語と日本語を分けて文字カウントしたい

英語・日本語混合のテキストデータ(元はWORD)のうち、日本語部分だけ文字数をカウントしたいと思っています。

そこで、秀丸に載せた上でタブ・スペース・改行をすべて取り除き、シェアウエア等でソートをかけ、WORDに戻して文字カウントを行うことを思いつきました。

Easysort (http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se057281.html)等を試しているのですが、WORDに戻すところがうまくいきません(ソート前のデータがWORDに載ってしまいます)

どんな方法でも構いませんので、英語と日本語を分けて文字カウントする方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

Wordの文字カウントに、
「文字数(スペースを含めない)」と「全角文字+半角カタカナの数」というのがありますので、もし、
・日本語:全角文字(全角英数字、全角記号を含む)+半角カタカナ
・英語:半角英数字、半角記号
・スペースはどちらにも含めない
と定義してよければ、
「日本語の数」=「全角文字+半角カタカナの数」
「英語の数」=「文字数(スペースを含めない)」-「全角文字+半角カタカナの数」
になると思いますが・・・。もし上記の定義で不都合があれば補足ください。

Qこの場合の関数を教えてください。IF関数とCOUNTIF関数?

  A     B   C D F G
112300
29800
314500

上記の様な表($a$1:$d$3) がある時、
B1 ◎      D1 △   F1◎
    C2◎         F2△
B3△      D3◎

F1 に◎を入れた時に、
もし、A列の値が10000より大きいなら(注)、範囲$a$1:$d$3の◎の数を数え結果をG1に2と表示させたいです。(F2に△と入れたら2と表示)
(注)
1行目は、12300(A1)なので1行目はカウントの範囲。
2行目は、9800で10000より小さいのでカウントの範囲から外れる。
3行目は、14500はカウントの範囲。

2行目の◎(C2)はカウントされないようにするには、
G1にどのようなCOUNTIFの関数を入れればよいのでしょうか?
いつも教えているので、考えたのですが?
=IF(A1>10000,COUNTIF($B$1:$D$3,F1),"0")では、間違いとは気づいたのですが?
(A1>10000が間違い)どの様にして良いか解りません。
どなたか教えてください。宜しくお願いいたします。
(見にくい表で申し訳ありません)

  A     B   C D F G
112300
29800
314500

上記の様な表($a$1:$d$3) がある時、
B1 ◎      D1 △   F1◎
    C2◎         F2△
B3△      D3◎

F1 に◎を入れた時に、
もし、A列の値が10000より大きいなら(注)、範囲$a$1:$d$3の◎の数を数え結果をG1に2と表示させたいです。(F2に△と入れたら2と表示)
(注)
1行目は、12300(A1)なので1行目はカウントの範囲。
2行目は、9800で10000より小さいのでカウントの範囲から外れる。
3行目は...続きを読む

Aベストアンサー

=SUMPRODUCT((A1:A3>10000)*(B1:D3="◎")*1)
でA列が10000より大きい行だけの◎印の数をカウントできます

QExcel 2003 の度数関数は日本語をカウントしないのですか?

Excel 2003 の度数(frequency) 関数を試しています(初心者です)。
数字をカウントするのには実際にやってみて成功しました。しかし日本語の文字列をカウントさせたいのですができませんでした。

好き、きらい、どちらともいえない、の3つの選択肢をAの列に羅列させました(A1 から A40に)。

Aベストアンサー

文字列の場合は、COUNTIF関数を使った方がいいと思います。

B           C
好き          =COUNTIF(A:A,B1)
きらい         (下へコピー)
どちらともいえない

Q【EXCEL関数】IFとCOUNTIFを使った関数式について

初投稿です。
以下の状況での関数をどの様に組み合わせて使用すれば良いか分かっておりません。
ご存知のかた、ご教授頂けますでしょうか。

まずA列に「●」があり、これをCOUNTIFでカウントしています。
しかしこのカウントをB列に「3~5」という表記がある場合には0.5としてカウントしたいのです。

現在は「●」のみをカウントする関数を以下の様に作成しています。
=COUNTIF(A1:A235,"●")
上記だと「●」を1と当然カウントするのですが、B列の同じ行に「3~5」という表示がある場合に
は「●」を0.5としてカウントしたいという事です。

しかし、B列に「3~5」が存在しない行もあり、存在しない場合は「●」は1としてカウントしたいです。

以上の内容のみで可能でしょうか?そもそも「●」を使った場合には難しいでしょうか。
もし情報として不足している点がありましたが、追記いたします。
知見のある方、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

=COUNTIF(A1:A235,"●")-0.5*SUMPRODUCT((A1:A235="●")*(B1:B235="3~5"))

Qファイナル・カウントダウン(洋画 )日本語吹き替え

youtubeをたまたま、見ていたらなつかしい映画をやっていてタイトルをみたら「ファイナル・カウントダウン」って表示されていました。日本語吹き替え版。
その動画サイトも、少しの場面しかなかったので、本編が見たくなりました。

内容は、カーク・ダグラス主演、マーチン・シーン。空母ニミッツが、日本が真珠湾攻撃をする数日前にタイムスリップして・・・。日本の大艦隊を発見して、結局、空母の持っている近代兵器(トム・キャットなど)で攻撃をするかどうかというものだったと思います。

色々と探しました。アマゾン(DVD)(VHS)から楽天市場、古本市場やブックオフ、オークション、セブンイレブンネットなど、検索でフリー検索をやってみましたがなかったです。
そもそも、再販となっているDVD自体に吹き替えがありませんし、VHSビデオにもないみたいです。
もう、この洋画の日本語吹き替え版はないのでしょうか。回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

初回封切りの年代を考えると、出ているとしたらVHS。つまり、ビデオテープという形でしかないと思います。
DVDへの再収録の場合、日本語吹き替えはスポンサーの許可をとったりと大変で、声優さんを選ぶお金もかかるし、まず、DVD系では日本語吹き替えは無いと思います。
あっても日本語字幕がいいところだと思います。

たとえば、映像を修正して未放映を追加。
とかの、完全ノーカット版とか、映像再処理、リアルマスター版とかが追加で販売されれば、日本語吹き替えとして復活もあり得ると思います。

ちなみにこの作品って、日本映画の「戦国自衛隊」を元ネタにした、いわばアメリカ版戦国自衛隊。
みたいな作品として、当時話題になった作品です。
懐かしいですね。

QIF関数やCOUNTIF関数など詳しい方

エクセルについての質問です

ある機械の稼動グラフを作りたいと思っています
そのためのデータをまとめたいのですが

シート1のA列に1分おきの時刻表があり
シート2のA列に発生時刻(時間帯はバラバラです)、B列にONとOFFがはいっています

こんな感じです

シート1      シート2
  A   B      A   B
1 9:00  0    1 8:20  ON
2 9:01       2 8:43  OFF
3 9:02       3 9:03  ON
4 9:03         (略)
  (略)

このときシート1のB2から下に、ONになれば5、OFFになれば0
何もないときは上のセルと同じ値(OFFのときは0が続いていく感じです)を入れたいのですが
なかなかうまくいきません(日付などはあわしています)

誰か詳しい方ご教授お願いします

Aベストアンサー

B1に以下のような数式を入れて、その数式を下へコピーしてみてください。

=IF(VLOOKUP(A1,Sheet2!$A$1:$B$4,2,TRUE)="OFF",0,5)

Q英語と日本語の文章でそれぞれの文字数をカウント

英語と日本語が混ざった文章があるのですが、英語と日本語の文字数がどれだけあるのか、また、その比率をphpで調べたいと思っています。

例えば、「これは日本語Englishだ」という文章の場合、「英語は7文字、日本語は7文字。その比率は1:1」というように結果を出したいのですが、どのような方法がありますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ああ、以下の箇所

// 比率の書き出し
if($jcnt > $ecnt){
echo round($jcnt / $ecnt)." : 1";
} else if($cnt != $ecnt){
echo "1 : ".round($ecnt / $jcnt);
} else{echo "- : -";}



// 比率の書き出し
if($jcnt > $ecnt){
echo round($jcnt / $ecnt)." : 1";
} else if($jcnt != 0 && $ecnt != 0){
echo "1 : ".round($ecnt / $jcnt);
} else{echo "- : -";}

の間違いです。

QIF関数とCOUNTIF関数の混在した式なんですが・・・

A1からA10までAかBの文字が入力されています。

この10個のセルのなかで

Aが入力されているセルの数が7個以上の場合、B10にCと入力、
Bが入力されているセルの数が7個以上の場合、B10にDと入力、
それ以外の場合、B10にEと入力したいのです。

そこでB10に
=IF(COUNTIF(A1:A10,"A")>=7,"C",COUNTIF(A1:A10,"B")>=7,"D","E")
と入力しましたがエラーになってしまいます。
エラー表示の際、"D"の部分が黒く反転しています。
どこが間違っているでしょうか。

Aベストアンサー

#1の方に補足します。

関数は

=命令文(パラメータ)

の構成を取り、パラメータがないもの(その時間を呼び出す=now()など)、一定個数のパラメータを必要とするもの(命令に対し、何個のパラメータと決まっているタイプです。IF関数も、このタイプです)、複数のパラメータを並べるもの(個数が決まっていないが、複数指定するものです。良い例がsum関数です)があります。

IF関数の場合、

=IF(条件指定、条件に適合した場合、条件に適合しない場合)

と3個のパラメータを使用します。
=IF(COUNTIF(A1:A10,"A")>=7,"C",COUNTIF(A1:A10,"B")>=7,"D","E")

とすると、
COUNTIF(A1:A10,"A")>7が条件指定で、”C"が適合するときとなりますが、COUNTIF(A1:A10,"B")>=7が適合しない場合となってしまい、そのあとの”D"と”E"の二つがパラメータとして多いことになります。黒く反転しているのは、そのあたりがおかしいという指摘です。

#1さんが記したように、

=IF(COUNTIF(A1:A10,"A")>=7,"C",IF(COUNTIF(A1:A10,"B")>=7,"D","E"))

とすることで、最初のCOUNTIF関数で指定している条件に適合しないときは、3つめの適合しない場合に記しているIF関数内の判定となり、それぞれのパラメータの数が正当な数になります。

複雑な条件を指定するときは、IF関数を7回組み込む(ネストすると言います)ことが可能で、2種のうち1種を満たすときはOR(条件1,条件2)という書き方を、共に満たすときはとするならAND(条件1,条件2)という書き方の関数を、IF関数内に組み込むことで複雑な判定をさせます。

#1の方に補足します。

関数は

=命令文(パラメータ)

の構成を取り、パラメータがないもの(その時間を呼び出す=now()など)、一定個数のパラメータを必要とするもの(命令に対し、何個のパラメータと決まっているタイプです。IF関数も、このタイプです)、複数のパラメータを並べるもの(個数が決まっていないが、複数指定するものです。良い例がsum関数です)があります。

IF関数の場合、

=IF(条件指定、条件に適合した場合、条件に適合しない場合)

と3個のパラメータ...続きを読む

Q日本語の素晴らしさとは何か

 
英語と比べて日本語の素晴らしいところは何ですか。
また日本語の良くないところはありますか。

話し言葉としての日本語、書き言葉としての日本語、文法からみた日本語、文芸からみた日本語、コミュニケーション能力としての日本語、情報伝達手段としての日本語、その他あれこれとしての日本語についてお聞かせ下さい。
 

Aベストアンサー

 「日本語」といっても仮名文字もあれば漢字もあり、更にはローマ字もありますよね。だから一概に「ビジュアル系やオーディオ系」と簡単に分類もできない話ですよ。
 その漢字ですらも漢音もあれば呉音や唐音もあります。そしてこの漢字が日本に入ってきた当初の原則は「人の音に対して一文字を充てて表記する」とのルールの下で「文字記述」が行われてもいました。これを万葉仮名と呼び、文字の意味などはさほどに重視もしていなかった。その背景ですが、日本には「文字がなかった」ことが最大の理由です。
 その後、統治組織および法に基づく政治システムを確立するためにはどうしても「文書記録」が必要となり、文書様式を含めての「言語としての日本語」が本格的に形成され始めもします。
 そして中世から近世にかけて、質問者様が挙げられた「日本語的特性」に変化が現れ始めます。「南蛮文化」はそれまでとは全く異なる性質を有しその文化との邂逅がそれにあたります。
 ポルトガルの商人や宣教師達は「自身が耳で聴いた日本語」をそのままローマ字表記で記し、そこに母国語での訳語を載せた辞書を作ります。『日葡辞書』と呼ばれ、合理的な作りになっていることで知られてもいます。この文献を調べれば、その当時に「日本人がどの様に発音していたか」も知ることができます。
 他にも「同じ音でありながら、異なる文字を宛てる性質の仮名文字」もあります。たとえば「い→ゐ」「え→ゑ」です。そして「ゑ」も場合によって「酔う」や「要う」との漢字を充てられている場合もみられます。
 そして日本語と英語に共通する部分もあって「外来語の受容に寛容である」との部分です。英語のmoustacheの語源はフランス語に由来するとも言われ、日本語のカルタはポルトガル語のCartaに語源を発するとも言われています。
 そして「日本語を表記する」仮名文字も漢字は見かけで難しく見えますが筆順からみれば合理的かつバランス良く書く事ができるともいえるでしょうね。
 難点があるとすれば「方言」の問題で、話し言葉だけで理解しようとしても困難を窮める場合も多々あり、外国語を学ぶよりも苦労することも珍しくはありません。

 「日本語」といっても仮名文字もあれば漢字もあり、更にはローマ字もありますよね。だから一概に「ビジュアル系やオーディオ系」と簡単に分類もできない話ですよ。
 その漢字ですらも漢音もあれば呉音や唐音もあります。そしてこの漢字が日本に入ってきた当初の原則は「人の音に対して一文字を充てて表記する」とのルールの下で「文字記述」が行われてもいました。これを万葉仮名と呼び、文字の意味などはさほどに重視もしていなかった。その背景ですが、日本には「文字がなかった」ことが最大の理由です。
 ...続きを読む

QIF関数とIsblank関数の組み合わせで

IF関数とIsblank関数の組み合わせで、q2とr2とs2がともに空白のとき、t2は空白に、もし、q2,r2,s2のいずれかに数値が入っている場合、その数値をt2に返したいのですが、どのようにすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>q2,r2,s2のいずれかに数値が入っている場合、その数値をt2に返したいのです
⇒合計 or どのセルの値の条件が不明ですが、合計値又は、Q2:S2の内1セルしか数値が入らないという条件としますので相違している場合、読み捨て下さい。
 =IF(SUM(Q2:S2)=0,"",SUM(Q2:S2))


人気Q&Aランキング

おすすめ情報