英語力ゼロのため、単語の意味は辞書で調べられても、それを文章に組み立てることができません。次の文章を英語に直すとどうなるのでしょうか?

     「想像力は心を揺るがす。」

  想像力=imagination
揺れる=shake
心=heart

 imagination is shake heart じゃないですか?
 
 近日に名刺をつくりたいと思ってまして、それにこの文章を入れたいのですが、英語が間違っていると大変カッコ悪い名刺になってしまうので、どなたか英語の得意な方、正しい答えを教えて頂けないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Imagination moves you.



Imagination to inspire your heart.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお答えありがとうございます。2つともかっこいい英文ですね。heartという単語を使いたいので、下の文を採用したいと思います。とても助かりました。

お礼日時:2001/08/07 05:33

Imagination awakens our hearts.


かなと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。awakensは目覚めさせるというような意味なのでしょうか?答えは一つだけじゃないようですね。助かりました。

お礼日時:2001/08/07 05:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の省略について。

英語の省略について。
 英語の授業で、「be busy (in)Ving のinは省略されて分詞に見えるけど、動名詞なんだぞ。」といわれたのですが、このような英語の省略ってよく聞くんですけど、この場合なんで省略できるんですか?

Aベストアンサー

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が難しいのですが、英英辞典で「gerund」を調べると「a noun in the form of the present participle of a verb」とされていますので、native speakerにもそれなりの違いは認識されているのだと思われます。

 ただし、現代においては「in」が用いられることはほとんどなくなっていますので「in」を用いた場合には非常に古臭い印象を与えます。例えば、日本語で「私は忙しゅうございました。」という表現は理解できないわけではありませんが、わざわざそのような言い方をする人はほとんどいないでしょう。それと似た感じではないでしょうか。

 なお、今では「go ...ing」で定着している表現も、もとをたどれば「go for ...ing」の「for」が取れた形だと言われています。

 ご参考になれば・・・。

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が...続きを読む

Q英語の文章力、表現力を上達させるには?

イギリスに長年住んだ経験があり、英会話に不足は無いのですが、最近業務で翻訳の仕事が増えてきました。

TOEICも900点を達成していますし、留学中はアカデミックな論文なども書いていましたが、やはり英語を専門として学んだわけではないので、最終的にネイティブの方のチェックがないと不完全な感じがし、いつももう少しいい表現は無いかな、、、。と自分に不満を感じています。

また、翻訳の分野が美術で作家の考えなどを訳すだけでなく、作家を理解し、さらに作品の意図を的確に表現するなど、実際に文書(レポートA4 1ページ前後の)を作成しなければならなかったりもします。そういうときにやっぱり表現力がいまいち足りないなと不足に感じています。

で、もう少しスムーズに文章が書けるよう英語を勉強したいのですが、どのような勉強方法があるでしょうか?参考になる英語の本や文章を読む?それとも翻訳の勉強をしたほうがいいのでしょうか?

どなたかご助言お願いいたします。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

文章を投稿してお互いに添削し合うサイトです

http://lang-8.com/

自分で書くことも勉強になるし、
添削してあげることも表現の違いがわかって面白いですよ

参考URL:http://lang-8.com/

Q英語の日記では、主語の“I”は省略されることが多いでしょうか

英語国人が英語で日記を書くときには、一人称の主語“I”は省略することが多いでしょうか。
例えば、“I joined a party today.”を、“Joined a party today.”と、“I”を省略して、日記には書くことが多いでしょうか。

Aベストアンサー

多いと思います。
友達同士のメイルなどでもよく省略されていますし、私も省略しています。

Q近日公開=英語で翻訳すると

ネイティブアメリカンでいうと

近日公開 をなんといいますでしょうか?

Aベストアンサー

Coming Soon
だと思います!

Q会話時の英語においての主語の省略

おはようございます。
英語における主語の省略についての質問です。
日本語では「私はそこにいった」という意味の事柄を述べるとき
話の前後関係で
私はの部分を省略することができますが
英語では無理なのでしょうか?
例えば
went there.といえば 命令文でもないし、
二人で話をしているとしたら聞き手が行ったということもないでしょうから、話し手がそこへいったということが明確だと思うのですが。
会話において、英語では主語は省略されないのですか?
またはかなり弱く発声されるのでしょうか?
お分かりになられる方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

25年以上殆ど英語の生活をしている者です。

命令形や詩、古典など特殊な場合を除き、英語の会話やメール、手紙で主語を省略することはあり得ないと思います。

これは英語が動詞の変化の少ない言語だからだと思います。例えば一人称、二人称、三人称と動詞がそれぞれ変化する言語なら主語を省略することがあります。

ロシアに行ったらロシア人は主語をバンバン省略してロシア語を喋っていますし。

普段英語を喋ったり書いたりするときは、ほぼ100%の確率で主語は省略しないと考えておいたら間違い無いと思います。

Q英語力と(日本語の)文章力って関係あるんでしょうか?

こんにちは、

ここ英語カテで質問していて最近不思議でしょうがない事があります。

私は運が良く、大概英語の達人にご回答いただくのですが、、、達人が英語ができるのは英語の達人なので当然といえば、当然のことなのですが、、、、達人たちの文章がきれいだなと感じるのですが、、、

『英語力と文章力って関係あるんでしょうか?』それとも偶然このカテの達人が文章も書くのが上手なんでしょうか?

「風が吹けば桶屋がもうかる」くらいの偶然だとは思うのですが、、、気になり、、、。

教えてください、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

珍しく、生真面目なご質問なので、私も生真面目で(とても)(とても)ご参考になる(かも知れん)様な回答を差し上げたいと存じます。同じ文章を最近書いた気もするが、、、

日本語では、古今東西、殆どの極めて希な例外無しに、ある意図を持って故意に(同じだ!)書いた以外の、ありません、ですよ、いますよ、いるんです、のです、いうことです、なのです、ないからです、と終わる文章はとても◎■▲です、ここでの◎■▲は例の芸者、芸者、シュポ、シュポ、シュッポ、シュッポ、シュッポポ、旦那を乗せて、シュッポ、シュポォ、シュッポポ、早いぞ、早いぞ、まだ早い、▲◎も飛ぶ飛ぶ、■●も飛ぶ、まだだ、まだだ、絶頂だ、絶頂だ、楽しいな、とは関係ありません、悪しからず(正解は護謨▲◎で、■●があれ、これであの唄の面白さが倍増、一度コンパで歌ってみて下さい)、そこで、ありませんですよ、いますですよ、ですよということです、と”適当に”繋げるとこれが●○△=な文章に、流石の市川猿之助もたじたじ、驚愕の早変わり、なんだか不思議な人間味ある魅力を醸し出すんだなー、これが、どうも、おにぎりなんだな、、、清君、まだお昼時間ではありませんですよ(山本晋也監督風)、つまりおにぎりがうまいんですよ、ということですよね、山下清ッ君、、、、(つまり行間をよく読み取れちゅうことやね、この部分は、明示出来ないことをぼかし・そらしながら書くというこの高等テクニークをみよ)

それはさておき(それって何だ、と云う疑問を持った君は偉い!)、こんな身近なエピソードも、曾祖母が柳川の尋常小学校・高等小学校で北原白秋と同窓だったと、つい最近聞きました(お前年しゃー幾つやねん、と、まだ小学生かい、と、ここで突っ込んで来るスキルはお持ちの様だ)、国語は素晴らしく良く出来たが算数はからっきし駄目だった様で、当時の高等中学(県立高校)を退学の憂き目に、その後紆余曲折あり、早稲田英文科へ、幼少・青年時代とそれに続く才能の開花はご存じの通り、特に影響を受けたのは本の面白さを教えてくれた叔父さん、本を読む喜びと文章(白秋の場合は特に、詩歌)で人を感動させる馬力と感覚は生まれつきの才能、それを育む幼少時代の読書、身近な人の影響が大いに寄与しているんじゃないか、、、、それを言っちゃお仕舞いよ、質問者の悩みは立ちどころには解決しない永遠の課題、我々凡人は兎に角訳の分かる作者が書いたまともな文章の本を読む、いろんな文体に当たる、その積み重ねではないでしょうか? 又辞書を当たるのは当然至極、一つの単語を探すのに5五千回は辞書をめくれとは私の師匠の教え(誰って、聞くな!)、あの松任谷由実でも自分のアルバムCDを売る為なら、なんの一日五千枚のサインも厭わないと言う話を聞くと、(えっ、あんまり関係無いって?、まー、それもそうだが、人の話はよく聞けっ)、我々盆栽は、違った、凡才は兎に角読んで書いてしかイイ文章は書けんのじゃろうて。 (長い話の割には、結論はそれだけかい)

珍しく、生真面目なご質問なので、私も生真面目で(とても)(とても)ご参考になる(かも知れん)様な回答を差し上げたいと存じます。同じ文章を最近書いた気もするが、、、

日本語では、古今東西、殆どの極めて希な例外無しに、ある意図を持って故意に(同じだ!)書いた以外の、ありません、ですよ、いますよ、いるんです、のです、いうことです、なのです、ないからです、と終わる文章はとても◎■▲です、ここでの◎■▲は例の芸者、芸者、シュポ、シュポ、シュッポ、シュッポ、シュッポポ、旦那を乗せて、シュッポ、シュ...続きを読む

Q以前塾で英語の受動態の単元を習った時、 byのあとの省略について、 by us, by you,

以前塾で英語の受動態の単元を習った時、

byのあとの省略について、

by us, by you, by people, by someone

は、省略可能で

by a lot of peopleとby many people

は、省略不可と教えてもらいました。

なぜ a lot of や many が付くと省略できないんですか?

Aベストアンサー

○by us, by you, by people, by someoneというのは「一般的」だから省略可能なのです。

 たとえば、日本語でも、「ベニスは水の都と呼ばれている。」、「ライオンは百獣の王と呼ばれている。」・・・これらは「誰が」ということではなく一般的に呼ばれているから明示する必要がないのです。

 これに対し、a lot of people,many peopleは「限定的」なのです。数の多少とは関係なく、限定された人々なのです。だから、受動態になった時、省略は一般にしないのです。

Q私は現在海外在住ですが、英語力は超初心者です。皆様の中で、大人になってから初心者英語から英語力を伸ば

私は現在海外在住ですが、英語力は超初心者です。皆様の中で、大人になってから初心者英語から英語力を伸ばされて聴き取り、読解力、会話に不自由しない所までになられた方、どのような努力をされたのかどうか教えて下さい。

Aベストアンサー

メキシコがスペイン語とも知らずに来ましたが、耳から聞こえて言葉を、意味が分かろうが分かるまいがそのままに自分の口から言うことで。別に努力も何もなし。辞書を持った(買ったのではなく貰った)のは3年目くらいで。

その前のアメリカでも同じで英語を覚えてしまいました。

Q英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか? 例えばwanna 、tryna 、

英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか?
例えばwanna 、tryna 、he's/she's 、I'm/you're 、there're などなど…。
会社との契約時には省略形は使わない方が良いだとか、目上の人には使わない省略の仕方などあるのでしょうか?

Aベストアンサー

wannaとかgonnaとかの省略形っていうか崩れた言葉って感じ。
それらはビジネスの場面では使わない方が良いと言われてるね。
とは言え、実際にはみんなちょいちょい使ってるけどね。
目上の人なんかには、want toとかじゃなくてwould like to とか使うけど、その時はI'd like toって省略するのは特に問題ないね。
それと、It'sとかI'mとかは、まさに省略形なんだけど、こういう省略形はどんな場面でも普通に使うよ。
逆にこういうのは省略しないと相手は違和感があると思う。

Qそれは楽しそうそれは暑そうそれならできそう英語にできますか?

それは楽しそう
それは暑そう
それならできそう
英語にできますか?

Aベストアンサー

That sounds fun.
That seems hot.
Maybe I can do it.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報