人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

まだここの使い方がわからないので、新たに投稿致します。
2019/12/21に骨折をした感覚があり病院に行きました。
診断は左母指基節骨骨折との事でした。(剥離骨折?)
手のひらを下にして、第二関節の右下部分?が少し欠けてそれが少し反転しでっぱった状態でくっついております。 (大きさでいうと恐らくは1cmもないです)
(写真がなぜだか載せられないのでわかりづらいとは思いますが。。)
とにかく手術が怖くて怖くて、、ですが手の専門病院に3か所も行ったのですが、どこも手術の必要はないとの事でギブスをしてました。
ちょうど骨折して1か月経過し、そこそこは動けるようになりました。
ですがやはりそのでっぱった部分が押されると痛いですし、最近になり急激に親指が痺れる感覚になり、頻繁に脈打つごとにズキズキと痛んでます。
それが一番辛くて困っております。。
平日は仕事で行けないので明日病院に行きますが、本当に怖いです。。
どこもリハビリで大丈夫だと思いますよと言われたのですが。。
やはり手術が必要となるとすごく怖いです。。
手術ではどんなことをされるのでか。。
初めてで点滴なんてできません。。
明日病院行きますが、事前に詳しいかたいらっしゃればお聞きしたいです。
真剣に真剣に、悩んでおりまして、とにかく怖いです。。
リハビリでこの痺れと痛みが取れればまだいいのですが、、
宜しくお願い致します。

A 回答 (9件)

19の時に初めて手術を受けました。

麻酔をするのだから何ともない、と思っていましたが、医者が酔っ払っていたのです。いきなり焼き火箸を突っ込まれたようで、悲鳴を上げ、飛び上がりました。看護婦に押さえつけられました。その失敗で4度も手術されました。恐怖感が勝って、お母ちゃん、と叫び続けました。病気の百貨店ですので、何度も手術を受けています。点滴には一切心配はいらないです。昔は針が血管を傷つけ、血液が漏れることも多かったですが、今はビニールの針です。鉄を中心にしたビニールを血管にさして、鉄を引き抜きます。だから欠陥が傷つくことはまずないでしょう。全身麻酔ばかりでしたので、全く怖くありません。目覚めると、傷の痛みを感じる程度です。手術もどんどん進化しています。昔は術後に痛いといっても、看護婦は、我慢しなさい、だけでした。やがて看護婦から、痛み止め飲む? とか、痛み止めの注射しましょうか、となりました。そして背骨に沿って棒のような、管のようなものを入れられるようになりました。点滴につながっています。常時痛み止めが脊椎に入って緩和してくれているのです。次は、その点滴の量を自分で調節できるようになりました。それでも痛み止めとして、薬をくれたり、注射してくれたりします。内蔵を手術したとしても、痛むのはメスで切った皮膚だけです。単なる傷です。丸1日で収まります。
目の手術を受けねばならなくなりました。もう手術慣れして、局所麻酔でも怖くなかったです。でも目だけは怖かったです。医者にそう言うと、特別に全身麻酔にしてくれました。
結論として、手術は怖くないです。医者はプロです。それでも怖かったならば医者に相談すればいいです。恥ずかしいことではありません。ただし酔っ払った医者だけは気を付けてください。
忘れていました。どこの医者もリハビリでよいというのですね。骨折は1か月から2か月でくっつきます。1か月しないうちからかなり自由に動けます。だから骨折は治っていると思います。今の症状は、周辺炎と呼ばれるものと思います。何かの、がつく周辺炎でしょう。リハビリで治るといわれているのなら、治ると思います。
私は両下肢麻痺になりました。全く立てません。入院した翌日からリハビリです。平行棒で歩けというのです。完全に麻痺しているのですよ。仕方ないから両腕で歩きました。そして3か月後には、杖で帰宅しました。病名は脊柱管狭窄症。レントゲンでは、すべり症とかヘルニアとかが見えると説明されましたが、素人にはわからなかったです。本来は手術の対象ですが、本当の名医でしたので、切らずに治していただけました。本当に脊柱管狭窄症なら、手術して3年後くらいに元の症状に戻るか、よりひどくなるかが多いそうです。しかし病名が違うと思っています。一種の難病でしょう。
あなたの場合で1番心配なのは、でっぱりですね。骨が剥離しているのなら、レントゲンで分かります。骨のせいなら手術といわれると思いますが、リハビリならば、1種の肉腫でしょうか。病院を3か所もいっているので、この上セカンドオピニオンなど必要ないでしょう。医者と納得がいくまで話し合い、現状がどうなのかを知るのが1番です。そして手術となっても怖くないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長文誠にありがとうございます。
納得いたしました”

お礼日時:2020/01/28 17:16

私も通算3回の手術経験があり、初回の盲腸の手術の時でもめちゃくちゃ緊張しましたが、2回目以降の手術は、手術自体はもう初めてではないし、と多少リラックスはしましたけど。

私は今度は4回目の手術で、某クリニックでアザ消しレーザー手術を受けたいですが。
    • good
    • 1

> リハビリはもう初めており、自分でも少しは動かく様にと言われました。


> 第一関節もしっかりと曲がらずその個所にも痛みがあり、裏全体が痺れる感じ
> リハビリで本当に治るのかどうか・・・
> もう一月も経過したので不安で。。。

個人差はあるのでしょうが、固定が上手く出来ていない状態で動かしてしまったのではないでしょうか。
固定は、広範囲、剥離箇所のみ、テーピングとだんだんに狭く、軽い方法に変えて、関節の拘縮が起きて可動域が狭くならないために、早くから動かすようにしたのでしょうが、それが裏目に出たのかもしれません。
かりにそうであったにしても、手術になる可能性は低いですよ。

今回の剥離骨折程度ではなくて、もろに手術を必要とする大怪我や内臓疾患になってしまったとしても、怖いから手術を避けるというわけにはいきません。 悪化しない、どんどん痛くならないために、手術をした方が良いこともあります。 手術でなくても、栄養失調などでも点滴をすることはあります。 点滴が気持ち良いなんてことはなくて、イヤには違いないですが、感染の危険が強いとき、体力が落ち、体内のバランス維持が必要になる大きな手術の後では点滴は必要です。 
「初めてで点滴なんてできません」なんて言ってられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにおっしゃりる通りですね、、色々とご親切にありがとうございました
少し落ち着きました。
明日しっかりと聞いてきます

お礼日時:2020/01/24 20:38

たぶん 手術はしないでしょう。


No.3の方が書いておられるように、「保存療法」でしょう。
https://maru84.com/update/blog/2016/10/post-348. …
http://seikotsuin330.jugem.jp/?eid=107
普通は、骨片整復と固定に痛み止めです。
固定しているのは1ヶ月前後、ある程度骨が癒合しますが、年齢や身体の状況でその後も経過観察が2ヶ月くらい続くことが多いようです。
スポーツをしていると、結構そうなる人がいるようです。転倒や打撲でも起きます。
どこもリハビリで大丈夫だというのは、骨の癒合や腫れのことを言っているのではなくて、指が上手く動く、可動域が狭くならないようにするためのことを言っているのでしょう。リハビリを始めるのは、もう少ししてからだと思います。

もしも、12月21日に剥離骨折のようなことがあって、すぐに治療し、きちんと固定していたのに、ほぼ1ヶ月経過してからしびれが出てきたのであれば、最近動かして骨折部を広げてしまった可能性もあると思います。 そうした場合でも、基本的に再度固定をきちんとやるということになると思います。 痛みがとてもひどければ鎮痛剤の注射もあるかもしれませんが、その程度終わりでしょう。

> 専門病院に3か所も行った

なんでそんなに病院巡りをするのかが分かりません。 難病でもないし、治療が難しい怪我でもないです。 心配性で怖がりが重なっているのかもしれませんが、まだ30歳ならば、普通は2~3ヶ月で治ります。 痛がっても、心配しても、それで痛みが減ったり、癒合が早くなったりはしません。 時間が治すのが怪我です。 痛いのは薬で治めて、骨折は時間が治してくれるのを待つしかないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
写真が載せられればいいのですが。。
丁度イメージとしては第二関節右下の端っこが欠けてしまい、ちょうど半月の形で半月の丸い部分が第二関節の骨にくっついて、とがった部分が外に出ているような感じです。
リハビリはもう初めており、自分でも少しは動かく様にと言われました。
なぜだか第一関節もしっかりと曲がらずその個所にも痛みがあり、裏全体が痺れる感じです。。
リハビリで本当に治るのかどうか・・・
もう一月も経過したので不安で。。。

お礼日時:2020/01/24 17:35

手術することは決まっているのですか?するのであれば、手術前に看護師や主治医の方から念入りに詳しい説明があるので大丈夫ですよ。

不安なことがあればすぐに聞いてください。
私は来月に脳の手術です。手術ってなると不安ですよね。分かります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

心して明日聞いてまいります。。ありがとうございます。
そちらも頑張って下さい

お礼日時:2020/01/24 16:43

治療方針は専門医の判断に任せるとして。



>手術ではどんなことをされるのでか。。
>初めてで点滴なんてできません。。
仮に手術することが決定して入院したら、あとは看護師の指示に従ってればいいのです。
点滴が必要なら看護師さんが勝手に準備しますし、こちらは座ってるだけです。
注射と同じで、チクッとするのを我慢するのが唯一の仕事。
手術だって、施術するのは医師ですから、患者はまな板の上の鯉ですね。

患者にとっては初めてでも、病院の医師は毎日毎日いくつもの手術をしています。
慣れたものですから心配いりません。
初めての体験を楽しむくらいの気持ちでいましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご親切にありがとうございます。
とりあえず明日行ってまいります。。

お礼日時:2020/01/24 16:45

指の関節部は手術することはできませんのでギプスで固定しての自然治癒を待つしかありませんので


手術されることはありませんよ

二十歳以下の若い人なら2,3ヶ月ぐらいで治りますが、お歳を召した方だと数ヶ月から1年以上掛かります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

骨折は初めての経験なんですがそんなにもかかるんですか!?
ましてや変にくっついてるので不安で不安で。。

お礼日時:2020/01/24 16:46

まだ骨折してから1ヶ月で、治っている過程だから大丈夫ですよ。


その程度で手術をすることもないでしょう。
医師を信頼してきちんと通院していればじきに治ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうだと信じたいです。。
どうもやはりでっぱった部分が触れると痛むのです。
本当に手術なしで取れるのかが心配です。。
そういった様な方はほかにもいらっしゃるのでしょうか???

お礼日時:2020/01/24 16:45

何歳ですか

    • good
    • 0
この回答へのお礼

30歳になります。

お礼日時:2020/01/24 09:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング