【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

標準状態で2LのCH₄と4LのC₂H₆の混合物を、標準状態で100Lの乾燥空気を用いて完全燃焼させた。生じた混合気体を完全に乾燥した後、標準状態に戻すと体積は何Lになるか。
空気はN₂:80%、O₂:20%です。

解き方を教えていただきたいです。

A 回答 (2件)

標準状態なので、体積は分子数に比例します


つまり、反応式をそのままLとして扱っていい
乾燥させるので、生じる水は無視できる

CH4 + 2O2 → CO2 + 2H2O
から、2LのCH4からは4Lの酸素を使って2Lの二酸化炭素が出来る

2C2H6 + 7O2 → 4CO2 + 6H2O
4LのC2H6からは14Lの酸素を使って、8Lの二酸化炭素が出来る

あとは、本当に酸素が4+14=18Lもあるのかだけど、
100x0.2=20L
あるので大丈夫

100 - 18 +2 +8 = 92L
    • good
    • 0

2LのCH4


CH4 + 3O2 → CO2 + 2H2O
生じた混合気体を完全乾燥するので、残りは CO2 4L

4LのC2H6
2C2H6 + 7O2 → 4CO2 + 6H2O
完全乾燥後 残りは CO2 4L

酸素は、2Lの CH4 と 4LのC2H6 ですが、2つの化学反応式を足して考えるようなかんじですね。 

消費した酸素O2 は 10L
100L の乾燥空気中、窒素80L 酸素20L だから10Lの酸素が消費されて、8L の二酸化炭素が加わることになる

答え 80+10+8=98L
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング