プロが教えるわが家の防犯対策術!

カメラ初心者です。

先日、ミラーレス一眼を購入しました。
買いたてなのでカビなど一切ありません。

そして最近になって、親戚からたまたま40年ほど前のレンズをもらいました。
劣化というのか、カビなのか、少しくすんだ色をしています。

せっかくもらったので、新しいカメラにマウントアダプターを付けて、そのレンズで撮影してみようかなと思うのですが、
レンズにカビがついていたら、本体に装着した際に、本体への繁殖などの悪影響は出てきてしまうのでしょうか?

レンズの修理(クリーニング?)も考えましたが、自分でやるにはリスキーなため、業者に出してみるのも検討していますが、カビたレンズを本体につけていたら何かしら悪影響は出てしまうのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • 回答を送っていただくにあたって、
    もう少し加筆した方が良い情報がありましたら、
    ご教示いただければと思います。
    よろしくお願いいたします。

      補足日時:2020/01/27 03:18
  • 皆さん回答ありがとうございます!

    レンズを調べたところ、特に希少価値のあるものではありませんでした。
    最近カメラを購入したので「こんな古いレンズを今のカメラにつけて撮影ってできるのかな?」と素朴に気になってしまいました。

    まだ回答をしてくださっている皆さんのように知識はありませんが、古いカメラをもらったことでまた1つカメラの面白さ、奥深さを知れた気がしました。

    そして、皆さんの回答を読む限り、あまりに多額の費用をかけてまで使おうとは思えていませんが、「遊び」?の一環として試しに撮れる日がきたら良いな、と思います!

    多くの回答ありがとうございました。

      補足日時:2020/01/27 23:56

A 回答 (11件中1~10件)

こんにちは。



影響はないと考えて間違いありません。
勿論、触るのも嫌なほどカビだらけのレンズを付けたという
常軌を逸した状況なら、その結末は誰にもわかりませんが……。

冷静に考えてみてください。
レンズに発生するカビは、レンズの表面に蒸着してあるコーディングに発生します。
一方、カメラ本体にはカビる部品はありません。
ミラーレスなら尚更です。

機械は、カメラを問わず、深く知るためには構造を勉強為さってください。
基本的に外で使用する機械です。
屋外にはカビだけでなく、様々な植物の胞子など、クリーンルームではないからです。
ご自身に必要なレンズをこれから買い揃えるご予定だと推察いたしますが、
様々な環境の中でレンズ交換をしながら使用するのが”一眼レフカメラ”です。

カメラでも他の機械でも、間違えてはいけないのは
『ガンガン使って”適切に手入れ”をする。故障したら修理に出す』
これが人と機械のあり方なのです。
慣れない方ほど、おっかなびっくり扱う傾向がありますが、それは間違いです。
撮影に集中し、使用後に適切な手入れをするというのが正しいのです。
そうでなければ道具として成立しません。

カメラという機械を『謎の装置』として扱わず、
是非、構造を知って適切に取り扱うということを覚えてみてください。
正しい知識を得れば、何に気をつけなければならないか、それがハッキリとします。

何も心配いりませんので、ご安心くださいね。

ではでは。
    • good
    • 1

そうそう。

加筆ってほどでもないけどこういった要件では写真添付などが一番かと思いますよ。
写真だけでは判断つかない場合も多いですがそれでも情報はあったほうが回答側は判断しやすいと思います。
 それに含め 本体情報 レンズ情報もあると マウントアダプターも含め考慮できるので。
    • good
    • 1

せっかく頂いたので使いたい という気持ち自体は素晴らしいと思いますが、私自身ではやめておいたほうが良いと思います。



まず、カビ? じゃない気もするんですよね。
たぶんカビだと見てカビかな?ってもっと分かる状態が多く、全体が変色してるのであれば別の要因です。

変色自体には原因がいくつかありますが、専門業者では結構高額な可能性が多いですよ。仮にできたとしても(バルサム切れとか)
マウントアダプターを付けたとしてもAFが使えるわけではないし、マウントアダプター、修理代金 共に手頃なレンズが新品で買えると思います。

オールドレンズをどうしても使いたい またこのレンズが希少価値 じゃない限り諦めた方がよいのでは?
譲られた方もオールド的な価値もないからじゃないでしょうかね?
購入時にこだわって買われたレンズなら価値のあるものもありますがそれなら一言ありそうですし。
レンズ型番などでネット上で検索されてみては?

たぶんカビじゃなく くすみ感らしいので 劣化 じゃないかと思います。まぁカビも多少はあるかもしれんが。
    • good
    • 1

この先に実用にしようとすると無理や無駄が多いですが


マウントアダプタ遊びとかレンズの分解とかを楽しみたいのなら
ダメ元で自分でやってみてもいいんじゃないでしょうか。
マウントアダプタの出費はありますが、多少の無駄がついて回るのが「遊び」ですから。

ただ、業者に修理に出すとかはやめたほうがいいでしょう。
どっちみち数回使って飽きるのが関の山です。
期待するほどの画質ではないでしょうし、使い勝手も悪すぎます。
無駄にお金を他所に回すことはありません。

大きな期待をせずにいれば結構楽しめます。

---

カビのついたレンズは、カメラ本体への影響はないとしても
他の正常なレンズとは隔離しておくほうがいいです。
    • good
    • 1

まあ、簡単に掃除できる前玉と後玉のクリーニングをしておけば、大きな影響はない。

    • good
    • 1

>カビたレンズを本体につけていたら何かしら悪影響は出てしまうのでしょうか?



はい、何らかの悪影響は避けられません。
そもそも、マウントアダプタを介してまでも使うほどの価値があるレンズでしょうか?
私なら、描写に問題のあるレンズは使いたくありません。
    • good
    • 1

かびは移ると聞いたけど



移らないならば安心して使えますね
    • good
    • 1

「レンズはカビの大好物」だからねぇ(^。^;


カビの胞子がカメラに移る可能性は否定できないけど、通気が良い場所で保管していればカメラの側の心配は”取り越し苦労”になるだろうな(逆に言うと、通気が悪ければ、問題のレンズの有無にかかわらずカビ発生のリスクが高まる)。

>40年ほど前のレンズをもらいました。
コーティング技術も今ほど進んでいない、デジタル非対応のレンズ。
>劣化というのか、カビなのか、少しくすんだ色をしています。
劣化もカビも無くても、シャープネスや発色に”味(と言う名の不具合)”があっても不思議じゃ無い。

あと、日本初のAF1眼レフミノルタα7000がでたのが1985年(35年前)。
40年前だと、”後付け”のAFレンズもあったったけど、例外的な存在だし・・・オートフォーカスに付いては心配無用で良いだろうな。

まぁ、保管状態も不明だろうから、コンディションチェックも兼ねて、専門業者に依頼することも”アリ”だろうけど。

あ、そうそう、モノが40年物となると、アダプターを付けても、自動絞り(AE)が効かない可能性もある。
フルマニュアルで使うことになると思うけど、「初心者」には高いハードルになることも忘れずに ね。
    • good
    • 1

40年ほど前のレンズは最新のミラー一眼に合わないでしょ。

(アナログ→デジタル/メーカーによる互換性がないなど)
    • good
    • 1

多少の工具が有れば自分で掃除出来ます。


試しならレンズと本体を取り付ける側だけは
除菌しゴミをしっかり取ってお使いください。


カビ取りはカメラ屋で3000円~5000円は取られますが
ネジを無くしたとか、意外と綺麗に落とせないので頼んだのが良いですね

カビレンズ使いたくないですけど
画像処理センサーがゴミが付着するとエアーで掃除する手間が発生します。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング