私の乏しい知識で質問させていただきます。

日本の戦争責任とは何ですか?

私の勉強したところ当時侵略は別に完全悪ではなく、国策の一つであったのだ

と思います。またそのころの日本のおかれていた立場はABCD包囲網によって、

石油の供給がスットプされたことや、大国のアジアへの進出などにより自衛のため

の戦争と言える一面もあったと考えます。そう考えると先の大戦の戦争責任は侵略

を進めた国々全てにあり、保証などは別にして先の大戦は教訓としてあまり責任と

いうもの問うべきではないと思います。

もう一つ極東国際軍事裁判によりA級戦犯とされた人たちをせめるならば戦争をは

じめた責任を問うべきではなく、ヘタな戦争をしてしまった責任を問うべきではな

いでしょうか?

デリケートな問題だと思いますがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

おっと、私の書き方がまずかったですね。


勿論、nakasi19さんのお考えは理解しているつもりです。
日本の、あるいは戦争をした国の戦争責任を問うことの無意味さをおっしゃってる
んですよね。私もそのお考えに同調し「誰が誰に責任を問えましょう? 」と書きました。

国家はそれ自体が独立した絶対価値であって、国家を弾劾したり裁いたりできる
権力はありません。
国家が国家に謝罪するなんてことは本来ありえません。
A国とB国が争った時、どちらが正しくどちらが悪い、などと審判できる法なり
国家はありません。どの国家もどの国家の上にたつことはできず、どの国家の下
に下がることもありません。
「あなたの国は良い事をしました」などと国家が国家を評したらそれは侮辱と
受け取られるでしょう。
同じように「あなたの国は悪い事をした」と罵るようなことはあってはならない
事です。
国家が戦争という政策をとっても、その政策を弾劾したり裁いたりする権利は
どの国にもありません。
その政策は侵略だ、と断ずる権利はどの国にもありません。
争いを解決するための唯一の方法は条約です。
「お前の国はうちの国に悪い事をした」と思うんだったら、そういう気持ちを条件
にした条約を結べばいいんです。
「こっちにも言い分はあるがこのままにもしておけない」と思えば、それに
あった条件の条約を結ぶだけで充分です。
条件と条件があったから条約を結んだわけです。補償はその条件の一種です。

戦争が違法でない以上戦争という政策を選び実行した責任なんてありません。
ところが、日本は国内に「日本の戦争責任を追及してもらおう」と考える人達が
いるから厄介です。
nakasi19さんのおっしゃるように歴史を教訓とすべきだと思います。
日本には戦争責任はない、というより世界のどの国にも戦争責任はない、
と考えねば戦争は教訓になりません。
戦争を善悪でとらえていては戦争は教訓になりません。
日本は悪い事をした、日本が侵略しなければ戦争にはならなかった、
と日本人が考えていては侵略・戦争を繰り返した世界の歴史を、
少なくとも日本人は教訓にする事はできないでしょう。

もちろん、戦争という政策を選び失敗した指導者達には日本国民に対して責任が
あるでしょう。へたな戦争をした、というか政策失敗の責任ですね。
しかしその指導者達は犯罪人の烙印をおされ、処刑または裁かれてしまいました。
日本人自身の手で、政策失敗の責任を追及できなかった事が後に大きく影響して
いると思います。
    • good
    • 0

masahumi-1さん


「天皇が最高責任者である」という前提になっておりますが、
この前提はどこからくるのでしょうか?

憲法とは、君主の権力を制限する、というより実際には無権力にしてしまうものです。
ですから国王と憲法・議会との衝突は立憲君主制の国では必ず起こっております。
「憲法停止、御親政」を自ら拒否した昭和天皇は極めて珍しい存在と思います。
2・26事件の時の事だったと思いますが、秩父宮の
「国家改造のため天皇大権の発動により、3年間憲法を停止し、議会を解散する」
とかいう進言を拒絶しています。
昭和天皇は明らかに憲法を停止する事ができたでしょうし、またそれを利用しようとした
軍部や、利用というより国のためにもそうして欲しい、と思った人達がいたようですが、
昭和天皇はそれをしませんでした。

明治22年に大日本帝国憲法が交付されましたが、昭和21年の新憲法まで明治憲法に
よる憲政を維持しました。憲政はなかなか根付かないという歴史の事実をみますと、
立憲君主制でこれほど長く憲政が維持されたのは奇跡に近く、それはとりもなおさず
昭和天皇が明治憲法を遵守したためと思われます。明治天皇が極めて憲法の遵守に拘
る人であり、昭和天皇はそれを引き継いだという事でしょうか。

明治憲法によれば、
・天皇は議会の決定に対して拒否権がない
・天皇は閣議の決定に対して拒否権がない
・すべての詔勅は、国務大臣の副署のないものは無効である
という事が書いてあります。
天皇が閣議に出席し、発言したという事実もないはずです。

御前会議とは「大本営政府連絡会議」の事でしょうが、これは当時の総理大臣である近
衛文麿が創ったものだったと思います。単なる連絡会議なのか、それとも閣議なのか、
と昭和天皇は西園寺公望に尋ね、西園寺は「質問」ぐらいの発言なら構わないでしょう、
と答えたそうですが、これを近衛文麿は怒って「閣議で決定した事の統帥部との合意を
単に御前で正式に決めるにすぎないから発言しないで欲しい」と言ったそうです。
天皇の前で決めた、というお墨付きを利用したかったんでしょう。
軍部の言う統帥権の干犯のせいでしょうか。
天皇の御前会議での発言が、記録として残っているのは2回だけだったはずです。
1回はご存知、終戦の「ご聖断」です。あと1回はごめんなさい、忘れました。

戦後、アメリカの新聞で天皇の戦争責任追及の世論が持ち上がったころは、アメリカ人
のほとんどは日本に憲法があった事を知らず、日本は天皇の独裁君主国家であり、
天皇を神と崇め、天皇が戦争をすると言ったから戦争を始め止めると言ったから止めた、
と思っていたようである事は当時のアメリカの新聞からわかります。

戦後のGHQの占領政策による言論統制・報道規制は、国民は軍指導部に騙されていた
という事を一生懸命国民に洗脳しようとしましたが、これに対し「冗談じゃない、うち
の息子は軍に騙されて死んだんじゃない、天皇のために死んだんだ」という声が国民の
間で起こりました。「天皇のために死んだんならお役にたった死だが、騙されて死んだ
といわれては息子が死んでも死にきれまい」という事です。
この辺の事情が今は曲げて伝えられているようですが・・・。

masahumi-1さんのおっしゃる「天皇の責任」が私にはよくわかりません。
私は敗戦の原因は、現在と同じく腐りきった当時の官僚にあると思っています。

>もうすぐ天皇の戦争責任を詳細に研究した本がでるらしい
今この時期にそんな本を出す事が非常に意図的ですよね。
なんで昭和天皇が生きているうちに追求しなかったんでしょうか?
亡くなって10年以上もたってから追求して何の意味があるのでしょう?
追求したいのは天皇じゃないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

私も本など読み、天皇大権がしばしば破られたということを知ったとき、天皇に戦

争の責任を押しつけるのはどうかと思いました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/25 21:17

9033さん、


>へたな戦争をした、というか政策失敗の責任ですね。
>しかしその指導者達は犯罪人の烙印をおされ、処刑または>裁かれてしまいました
って天皇は、裁かれてませんってば!最高責任者がその責任を取らなかったら、何の為に「御前会議」なるものが
開かれたのでしょうか?会社で言えば、常勤役員会。
言わば最高責任者で無い者が、唯一身に余る責任ある決断をしようとした時、伺いを立てて決断を上位者にゆだねる
そうすることによって、責任が上位にあるものへ移る。
最高位にある人も責任をとれない様だったら、その行動をおこさなければいいわけです。
御前会議の席上で、戦況を左右しそうないくつもの作戦会議が開かれ、日本の負け戦になったわけです。軍の上層部が勝手にやったわけではありません。報告、連絡、相談、
所謂組織で一番大事と一般にいわれていることが、軍でも
ちゃんと行なわれていたわけです。ならば最高責任者だけが戦後、平和主義者を名乗るのは、如何なものか。
案外、日本の政治家、企業トップ、官僚が皆無責任になったのは、これをお手本にしているのか?
    • good
    • 0

kawakawaさんのご回答が中立かつ冷静で、読んでてもおもしろく、感服しました。



戦争は外交政策ですから政策失敗の責任は自国民に対してのものでありこれは戦争責任
とは言いませんよね。戦争が違法であれば交戦国に対して責任がありましょうが、
ご存知のとうり戦争は違法ではありません。
戦争責任は第2次世界大戦の勝戦国が敗戦国を裁く為に創りだした概念です。
第2次世界大戦以降の戦争で戦争責任なんて概念は適用されていません。
個人と個人のトラブル、犯罪を治め裁く為の権力装置として警察や裁判所があります。
が、国家はそれ自体が独立した絶対価値であって、国家を弾劾したり裁いたりできる
権力はありません。東京裁判が無法無理やり裁いたのも個人であって国家ではありませ
ん。日本は講和条約によって東京裁判の判決による刑の執行を引き受けましたが、国と
しては判決や判決理由に縛られる根拠も必要もありません。

日本の戦争を考える際には白人国家の有色人種差別とそれに基ずく帝国主義・ブロック
経済を念頭に置く必要があります。日露戦争後、白人国家と真正面から戦ってこれに
勝つ有色人種国家日本の出現は欧米列強にとっては白人優越を覆す脅威となりました。
アメリカは日露戦争後すぐに対日戦略を考え排日移民へと進みます。
世界恐慌の為欧米は自国の植民地帝国内でのブロック経済に入ります。
日本の台湾・朝鮮統治は近代化に血道をあげ日本からの持ち出しばかりで欧米の持つ
植民地とはまったく事情が異なります。既に権益を持つ満州鉄道を基に馬賊が駆け回る
野っぱらである満州へ国家建設を目指すのは、ロシア革命を身近に見てその残虐性を
認識していた為、共産主義の南下を恐れたこともあります。ヨーロッパ諸国より出遅れ
た大陸への野心を持つアメリカは日本の大陸への影響力を排す為にも自国の不景気から
も日本からの宣戦を望み、排日、禁輸など締め付けを強化します。アメリカにけつを
かかれた蒋介石は自国民保護の為協定を結んだ上で進駐していた日本軍にせっせと
ちょっかいを出し、毛沢東は蒋介石と日本の衝突をたくらみます。戦線拡大による日本
軍の消耗を目指し、国共は手も組みます。日本はまんまとはまります。へたな戦争です。
が、共産勢力・ブロック経済・アメリカからの締め付けを考えると審判をくだせるのは
神のみではないでしょうか?
ハルノートを飲めないのは、共産勢力・ブロック経済です。もっとも、日本の宣戦を
望むアメリカが日本が承諾するような要求をするはずはありません。日本からの妥協案
はすべて蹴っています。アメリカは自国の国益を考えます。日本も自国の国益を考えま
す。国家の上にたつ権力はありません。
当時の日本の、日本人のおかれた状況、国際情勢を想像すると今の自分が生きる日本は
なんと幸せなことか。
もし白人による有色人種差別がなかったら、もし日本以外に有色人種による近代国家が
あったなら、日本の孤独な戦いはあるいは報われ、あるいは別の終幕をむかえたかもし
れません。
明治維新以降、近代化を目指す日本が武力を持って他国に行ったことはありません。
kawakawaさんのおっしゃるようにすべてが白人優越で動いていた国際社会でした。
世界が認めた日韓併合条約がいつの間にか侵略になりました。
欧米列強と同じ自国民保護の為の協定に基ずく進駐もいつの間にか侵略になりました。
代表政府のいない野っぱらに行った事もいつの間にか侵略になりました。
パリ不戦条約で、自衛などの正当な理由無く先に攻撃を仕掛けることが禁じられ、
東京裁判で日本がこれに違反したと非難されたとき、日本の翻訳団が 「先攻」とでも
訳すべきを「侵略」と誤訳しました。以来、aggression は「侵略」になりました。
「戦争責任は侵略を進めた国々全てにあり・」とおっしゃるが、フランスはベトナムを、
イギリスはインド・ミャンマー・マレーシアを、アメリカはハワイ・フィリピンを、
オランダはインドネシアを侵略している気はまったくなかったのではないでしょうか?
それが当たり前の時代だったのですから。誰が誰に責任を問えましょう?
「戦争責任」は自然の法則ではありません。政治上の概念です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

当時のことが詳細に書かれていてとても感服いたしました。

実は私も自分で打っていて「戦争責任は侵略を進めた国々全てにあり」という文は

どうかなとも思っていました。なんといえばいいのかわからないんですが、人類の

歴史上どこの国かわかりませんが、「侵略」なる戦争をはじめた国があり、それに

追随した国があり、それら戦争を違法としなかった歴史があります。それを棚にあ

げておいて日本ばかり(日本ばかりでなっかたらすいません)戦争責任を負うのは

おかしく、日本の戦争責任を言うのならば、全世界の歴史上の「侵略」といえる戦

争について責任を考えなければ公平ではない、しかしそんなことをしても意味はな

くそれならばそれら歴史を教訓とすればよいかなと思ったんです。

まだこれらについて知識も考え方もあやふやなのですいません。

お礼日時:2001/08/10 00:02

こんばんは。

何やらまたお呼び出しがかかったようで・・・
まず、ハルノートを日本が飲んでたら・・・ですが、形の上では日米両政府とも戦争回避の索を講じていたのはどうやら事実のようですから、日米開戦にはなりえなかったと考えるのが普通でしょうね。連合艦隊を率いて真珠湾を攻撃した山本五十六指令長官も、戦争が回避できたら機動部隊を撤収すると命じたらしいですから。当然、その場合は満州からも撤退してますから、オランダを初めとする石油の禁輸措置や国際的な非難などもかなり緩和されたのではないでしょうか?
但し、当時日独伊防御協定があったので、こちらの関連がどうなるでしょうね?歴史にタラレバはありませんが、戦争をせずに日本が生き残る道はあっただろうなというのが私の感想です。

太平洋戦争の原因であり、ハルノートの原因であり、ABCD包囲網の原因は、日本が軍事力で中国を侵略した事にあります。ですから、本来はこの時点での是非が問われるのが本当だろうと思います。実際、当初の軍部の計画は思わぬ抵抗に遭ってたちまち頓挫し、泥沼の戦線になっていったわけです。
大きな被害を出す前に撤退する手だってあったでしょうし、それ以前に、ロシアから日露戦争でもらった領土を維持することに徹底していればどこからも非難も受けることもなかったでしょう。
もののついでに、日中の戦端となった鉄道爆破事件、あれだって結局、派遣されていた関東軍の独断でやった謀略事件だったわけで、後日、天皇がそれを承認する詔勅を出しています。もしその時に「けしからん」という詔勅が出ていれば全てはひっくり返ってますよね。そしてその時に使われた数キログラムの爆薬がやがて泥沼の戦争になってその中で得た満州という植民地となり、これを手放すこと惜しみさらに兵力とお金をつぎ込み、それを世界中から指弾されABCD・・・日米開戦となっていくわけです。

日本が外国を侵略して獲得?した満州という植民地、それが日本にとって何だったのか?よく考えたいですね。

ついでに他の連合国はドイツ・イタリアと戦っており、中国が連合国の植民地・・・ってのも考えにくいですね。その意味で日本は侵略するには都合の良い立場であったわけです。まあそれが三国同盟の目的ですけど。

私が思うに、>多くの生命と金をかけ得た領土~は、そのお金や命の掛け方が問題だと思います。土木工事や開墾をするのにかけたわけじゃありません。よその国に勝手に攻めていってそこにいる人たちを殺し、家を奪い、追い出すためにかけたお金であり命なのです。使い方が間違ってませんかね?そういう事を指導した人たちの責任・・・というのが私の戦争の責任という事についての感想です。まあ、こんな考え方する人もいると思って頂ければ。(^^ゞ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

一度ならず二度までもありがとうございました。

他の方の意見も読ませていただき本当に沢山の考え方があるのだなと思いました。

本当に詳しい説明でした。

お礼日時:2001/08/07 01:27

>そう考えると先の大戦の戦争責任は侵略


>を進めた国々全てにあり、保証などは別にして先の大戦は>教訓としてあまり責任と

ははぁ、これが中国のOKWebで書かれてたらいいんですけど、侵略した方の国で書かれていても、相手のあるこっちゃからねぇ。勝てば官軍、あるいは負け犬の遠吠え。何を言っても始まりません。まぁしかしえらい国に手を出してくれましたょ。このぶんじゃぁ孫子の代まで祟られる。

>ヘタな戦争をしてしまった責任を問うべきではな
>いでしょうか?

そうですよ!
1.天皇
2.財閥
1については、もうすぐ天皇の戦争責任を詳細に研究した本がでるらしい。
2は、一番うまく立ち回って責任逃れしたと私は思ってる。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やはり勝てば官軍ですね。

お礼日時:2001/08/06 23:53

油やヒゲ(歯)をとる為だけにクジラを殺しまくっておいて、数が減るといつのまにか食糧としての捕鯨国を悪者にしてしまい非難し続ける。


卓球で中国が強くなりすぎるとルールを変えてネットを高くする。
バレーボールで日本が強かったのでタッチネットや種々のルールを変更してしまう。
自分達の有利になるように常にルールを変えてしまうやりかたというのは、丁度、第二次大戦以前の列強国の植民地合戦も同じですネ。
ワシントン条約による艦船の制限やパリ不戦条約にしても、既得権を持つ米英等の優位を守り、新規参入者が邪魔であるという性格のものにすぎないとしか見えません。
侵略について言えば、第二次大戦後、日本軍が撤退する時期にあわせてオランダはインドネシアに攻め込みましたし、フィリピンは再びアメリカのものになってしまいましたネ。
脱線ばかりで申し訳ありません。

当時の日本ではハルノートは国民の猛反対が容易に予測されました。日露戦争の際も日本が得ることが出来た戦勝金や領土があまりにもわずかだったために大変でしたからネ。また、ハルノートについてはアメリカ自身が事実上の宣戦布告に近いものと認識していたものですから、それを受諾できなかったことを責めることはできないでしょう。
戦争責任として明らかなのは当時の駐米大使位のものでしょうか?十分に間に合うように送られた開戦通知のタイピングに手間取って宣戦布告が遅れてしまったということは、十分に死罪に相当するものだと思います(外務省はまったく処罰をしなかったのは世界七不思議に挙げてもよいのかもしれませんが、今の外務省を見ていると納得できるところもあります)。

戦争責任とは戦勝国が敗戦国を裁くことではなく、国内問題として考えるもののような気がします。
もしも、ドイツが勝っていればヒトラー、ヒムラー、ゲッペルス等は世界的英雄であり、チャーチルやドゴール、スターリン、ルーズベルトは戦争犯罪人として間違いなく絞首刑だったはずです。戦争裁判とはそういったものです。政治的なもので戦勝国が敗戦国を都合のよいように裁くというのが戦争裁判です。
これは東京裁判のときにもラダビノッド・パール東京裁判インド代表判事(国際連合国際法委員会委員)が東京裁判自体が国連憲章に違反する無効なものであると主張したことからも窺い知ることができますネ。

下手な戦争ということで言えば、蒋介石の休戦申し出を受けなかった関東軍は重大な責任を負うべきでしょうか。
或いは、大本営発表でウソの赫々たる戦果を発表し続けた大本営、若しくは、A新聞も、その筆頭だったのですが、国民を煽動し続けたマスコミが戦争責任をとるべきであったのかも知れませんネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても内容が濃く、おもしろく読ませていただきました。ありがとうございます。

私も東京裁判は戦勝国の都合だと思いますが、やはり勝てば官軍ということなんで

すかね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/06 23:42

こんばんは。

いろんな考え方をする人がいると思いますね。

まず、>国策の一つであったのだ~はその通りのようですが、>ABCD~石油のストップという事は、日本が大陸に武力進行を行い、満州国?をでっち上げて事実上の植民地にした事が原因です。

ですから、真珠湾攻撃に至るまでのどの段階でも、日露戦争後、ソ連からもらった領域まで軍隊を引き揚げ、中国の主権を認めれば、あの戦争は避けられたのです。

ABCDといわれる状態も石油の禁輸措置も「満州国」と日本の大陸への武力進出を認めろという日本の要求を世界のどの国も認めなかったから起こった事なのです。

実際、アメリカが強硬な要求として突きつけたといわれる「ハルノート」は要求してることは、実質的に今あげた二つだけです。それをかたくなに拒否したのは「満州を足がかりにして大陸進出」というのが国策であったからです。

ではなぜ、あるいは本当に満州を足がかりに大陸に武力進出しないといけなかったのかですが、これについては、「満蒙は帝国の生命線」(この帝国とは日本の事)という理由しか付けられていません。これが本当に日本の自衛の為に必要だったのか、自衛のために他国を侵略するという事があるのか?など、考える事がまだまだありますね。

さて、そういう国策として戦争をしたのだから、その結果についての責任は必ずどこかにあるはずではないでしょうか?
戦勝国が敗戦国をさばくのは認められないという人もいるけど、誰が裁くにしても、その責任をとるべき人は出るでしょう。A級戦犯といわれる人はその指導者であったことは間違えなく、誰が裁いたにしてもその責任はある人たちだと思います。

>ヘタな戦争をしてしまった~

私もそうだと思います。避けられる戦争をして日本人を含めて沢山の人を殺してしまったと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

myeyesonlyさんありがとうございます。要点がとても簡潔でわかりやすかったです

出来ればでよろしいんですが、ハルノートを日本がのんでいたらどうなっていたの

か意見を聞きたいです。多くの生命と金をかけ得た領土を無条件で手放すことはで

きないのではないでしょうか?

お礼日時:2001/08/06 20:55

1点だけ。


1928年に作成され、翌年発効したパリ不戦条約により、「侵略戦争」は国際的に違法とされていました。
この条約には、日本も加盟しています。
仮に、「侵略戦争」であるとすれば、当時の指導者が裁かれるのは理由のないことではありません。
また、極東国際軍事裁判の結果について、日本政府は講和条約の第11条により受諾しており、公式には少なくとも間接的に「侵略」性を認めていることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。では先の大戦を「侵略」と位置づけるか、そうではないと

位置づけるかによって責任を負うということになるのですね。

でも極東軍事裁判そのものがあまり正当性のあるものとは思えないですけど…

的確で説得力のある回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/06 14:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦争は武器商人などが儲けるためにしてるんですか?

戦争は武器商人などが儲けるためにしてるんですか?

Aベストアンサー

米国34代大統領のアイゼンハワーは、それを指摘して
いました。軍産複合体といいまして、
大統領でもどうしようも無いみたいです。

戦争の原因は色々ありますが、現在では資源と領土が
主な原因になっています。

イラク戦争は石油を巡る戦争であったし、パレスチナ問題は
宗教対立のように見えますが、本質は領土問題です。

資源や領土で戦争の火種が起こる。
そこへ、武器商人が政治家に、献金や票で
圧力を掛けると、
戦争になりやすくなる、ということは考えられます。

Q戦争?侵略?

私が生きてる間に戦争や侵略によって命を落とす確率は
どれくらいでしょうか?(30代)

民主党になってから、日本の将来に希望が持てず
色んな事に対してやる気なしです。

Aベストアンサー

 まぁ、危ない状況ですね。
 リーマンショック、世界的経済の不況、世界的バブル、各国の右派政権の樹立、内向き経済、
 世界恐慌を思い出す人は多いと思いますね。

 この経済問題を解決しようと戦争と言う手段にならないとも限らない、危険な状態ですね。

 レアアース問題や尖閣問題も見方によれば、戦争にも似てますね。
 非常にあぶない雰囲気に世界が包まれてるのが、現状ですね。
 まぁ、各国厳しいながらも、我慢して協調するしかないという道にいれば、大丈夫ですが、これがはじけると混乱が起こりますね。

 民主政権ですが、次の選挙では大敗に国民がしていくしかないでしょうね。
 ですから、そういう意味では、未来は変えられると思います。
 また希望が現実になるでしょう。

Q戦争末期の中国戦線への武器弾薬の補給について

太平洋戦争末期の中国戦線(日中戦争)への武器弾薬の補給に
ついてですが、戦争末期になると米潜水艦の暗躍により、
商船を安全に送り込む余裕もなかったと思いますが、(最悪略奪すれば・・・な)食料はともかく、戦車や小銃などの武器や弾薬は
どのようにして日本本土から補給してたのでしょうか?
それとも日本海経由である程度終戦まで補給は継続していたのでしょうか?

Aベストアンサー

 太平洋戦争末期ということですが、1944年(昭和19)4月から発起した一号作戦という大作戦時でいえば、それまで中国にある兵器補給廠や貨物廠に貯蔵していた軍需物資がありました。(当時上海の第13軍参謀だった曲寿郎氏の回想による)また、内地からは朝鮮沿岸沿い経由で上海までは海上輸送で補給ができました。つぎに物資を補給する輸送部隊として満洲の関東軍から野戦輸送司令部2、独立自動車大隊7、独立自動車中隊2、独立輜重兵大隊3、独立輜重兵中隊6、野戦自動車廠移動修理班1が編入されています。これ等の部隊はなし得る限りの予備資材や燃料を携行することとされていました。このほかに中国には支那派遣軍野戦造兵廠があり、各種兵器や弾薬の製造を行なっていました。本廠、教育部を南京に設置、支廠を漢口、上海におき、天津と南京に製造所がありました。南京製造所は金稜工廠とよばれていました。

 45年に入ると、門司から釜山までの海上ルートにせばまり、しかも人のみとなり釜山からいったん満洲に入り兵器や軍馬、車輌を受領して鉄道で中国へ輸送されるのが主となりました。というのも満洲には1941年7月に行なわれた軍需動員(関特演)による蓄積があったためで、このころになると日本本土防衛のために満洲から部隊や軍需品が内地へ逆輸送されるようになっていました。

 太平洋戦争末期ということですが、1944年(昭和19)4月から発起した一号作戦という大作戦時でいえば、それまで中国にある兵器補給廠や貨物廠に貯蔵していた軍需物資がありました。(当時上海の第13軍参謀だった曲寿郎氏の回想による)また、内地からは朝鮮沿岸沿い経由で上海までは海上輸送で補給ができました。つぎに物資を補給する輸送部隊として満洲の関東軍から野戦輸送司令部2、独立自動車大隊7、独立自動車中隊2、独立輜重兵大隊3、独立輜重兵中隊6、野戦自動車廠移動修理班1が編入されてい...続きを読む

Q第2次世界大戦後戦争をしていない国は?

最近日本が右傾化してるなどと批判する隣国がありますが、第2次大戦後、内戦も含めて一切軍事行動を起こしていない国は、日本以外は数えるほどしかないと20年位前何かで読んだ記憶があります(当時でも一桁以内だったと思います)。 如何に日本が平和を愛する国か日本国民として再認識するために、具体的に第2次大戦後戦争をしていない国を列挙できる方がいれば教えてください。 

Aベストアンサー

古い資料になりますが、広瀬隆という方が書いた「クラウゼヴィッツの暗号文」という本が参考になります。
巻末の方に第二次世界大戦以降に戦争をしていない国という地図が掲載されています。
それによるとグリーンランド、スカンジナビア3ヶ国、日本、あとは南アに一つ、インドのあたりの小国が一つというところでしょうか・・ただこの地図は1984年の時点のもので、かなり厳しい基準で見ていますので、その後、海外派兵している日本は戦争参加国という扱いになるかも知れません。興味がありましたらご一読を。

Q抗日戦争、中国側の武器(戦闘組織・手段・支援)について

日中戦争時、抗日中国人の組織、戦闘手段(武器とその使用)、武器支援(購入方法)、について教えて下さい。

日本側は日中戦争中年間2万人ほどの死傷者がでていたそうですが、中国兵は強力な武器を持っていたようだという話しか知りません。

中国兵の所有はあくまでもライフル・機銃、拳銃だけであったとして、日本兵が所有していたライフルとの性能を比較して、知っておきたいです。

Aベストアンサー

>「当時の日本兵は蒋介石の軍隊とは戦ったが、共産党の軍隊と戦った記憶が無い」
それは地域による違いでしょう。山東地区では共産党軍の主力である通称「八路軍」が日本の59師団と戦っています。(もっとも、彼らの戦果報告は明らかに過大ですが)また、弾薬の乏しい八路軍は徹底的にゲリラ戦術でしたので、軍ではなく匪賊という認識だったのかもしれません。なお、戦後の国共内戦では国共両軍に旧日本兵の一部が強力、捕獲された戦車や戦闘機の扱いを教えたり、自ら操作して参戦したこともありました。

>ドイツのI号戦車A型
三国同盟以降に日本軍に捕獲(リンク先の一番下の画像参照)され、内地に持ち込まれ展示されましたが、気を使って「ロシア製」という説明表示になっていたそうです。
http://www2.ttcn.ne.jp/~heikiseikatsu/mokei/CAMARA.htm
他にも国民党軍は3.7cm対戦車砲PAK36や8.8cm高射砲(有名なFLAK18や36/37ではなく、海軍の沿岸砲)も使われており、後者は日本軍にコピーされ九九式八糎高射砲として生産されました。
http://www.warbirds.jp/kunimoto/type51/88-1.htm

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E8%B7%AF%E8%BB%8D

>「当時の日本兵は蒋介石の軍隊とは戦ったが、共産党の軍隊と戦った記憶が無い」
それは地域による違いでしょう。山東地区では共産党軍の主力である通称「八路軍」が日本の59師団と戦っています。(もっとも、彼らの戦果報告は明らかに過大ですが)また、弾薬の乏しい八路軍は徹底的にゲリラ戦術でしたので、軍ではなく匪賊という認識だったのかもしれません。なお、戦後の国共内戦では国共両軍に旧日本兵の一部が強力、捕獲された戦車や戦闘機の扱いを教えたり、自ら操作して参戦したこともありました。

>ド...続きを読む

Q【山口組全面戦争・代理戦争】いよいよ神戸山口組と6代目山口組と全面戦争になった場合、どこが戦場と化し

【山口組全面戦争・代理戦争】いよいよ神戸山口組と6代目山口組と全面戦争になった場合、どこが戦場と化しますか?どことどこの代理戦争になってどこが決戦場の最初の場所になりますか?


東京ですか?名古屋ですか?神戸ですか?

Aベストアンサー

ならないと思いますけど・・・

一時期は歌舞伎町って言われてました。

Qベトナム戦争の頃、米軍とベトナム軍が使っていた武器はそれぞれどんなもの

ベトナム戦争の頃、米軍とベトナム軍が使っていた武器はそれぞれどんなものがあるでしょうか?
M16やAK47などのメジャー処は知っているのですが、もっとマニアックな銃が知りたいです。
URLだけ貼るというのはナシでお願いします…

乱文失礼しました

Aベストアンサー

北ヴェトナム軍が使用していた消音器内蔵の中国製拳銃「六四式微声手槍」はどうでしょう。

中国の人民解放軍特殊部隊に1964年に制式採用され、専用の7.65ミリ弾を採用。
音を極力出さないことを主眼に設計されたため、ほとんど音を出さないとか。
ベトナム戦争でアメリカ軍に捕獲されて、初めてその存在が知られました。
のちに小型軽量化された六七式微声手槍も開発されました。

中折れ式のグレネードランチャーM79もヴェトナム戦争がデビュー戦です。

小ネタとして、AK47のマガジンが不足気味だったため韓国でも製造されていたそうです。
アメリカ側に兵士を送り、ソ連側に武器を供給してたわけですな。

Q国連安保理でのイラク攻撃否決後の米国によるイラク攻撃は侵略では?

ブッシュ政権は、国連安保理でイラク攻撃が否決された場合であっても、単独ででもイラク攻撃をするとしています。しかも、国連脱退してでもそれをするとしています。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=main&NWID=2003021501000225

http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/150216.htm

そうなった場合、米国は国連憲章から見て、正当な理由無く他国を攻撃する侵略国家ということになると思います。
どうでしょうか?

国連憲章では、第48条で次のように定めています。

第48条
国際の平和及び安全の維持のための安全保障理事会の決定を履行するのに必要な行動は、安全保障理事会が定めるところに従って国際連合加盟国の全部または一部によってとられる。
前記の決定は、国際連合加盟国によって直接に、また、国際連合加盟国が参加している適当な国際機関におけるこの加盟国の行動によって履行される。

この条文に従って、イラク防衛の為に米国をターゲットとして、国連が平和維持のための強制力を行使することになるのでしょうか? もし、強制力の行使ができないとしたら、国連の存在意義はあるのでしょうか?

ブッシュ政権は、国連安保理でイラク攻撃が否決された場合であっても、単独ででもイラク攻撃をするとしています。しかも、国連脱退してでもそれをするとしています。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=main&NWID=2003021501000225

http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/150216.htm

そうなった場合、米国は国連憲章から見て、正当な理由無く他国を攻撃する侵略国家ということになると思います。
どうでしょうか?

国連憲章では、第48条で次のように定めています。

第48条
国...続きを読む

Aベストアンサー

まったく正論です.

しかしアメリカ以外に国連軍を組織し,戦争をし,その戦費を負担できる国があるでしょうか?
アメリカ脱退の後,アメリカと戦争をできる国家が存在するでしょうか?
万が一にアメリカが国連を脱退したとしても,アメリカに国連軍を派遣することはあり得ないと思いますが…

>強制力の行使ができないとしたら、国連の存在意義はあるのでしょうか?
目下の所,フランス・ロシアがこの問題で頭を抱えています.
国連内での強制力の一つに安保理常任理事国の拒否権があるのはご存知の通りです.
仏・露が拒否権を行使して,それでもアメリカが武力行使を行った場合,安保理常任理事国の伝家の宝刀ともいうべき拒否権が,まったく意味の無いものになってしまうからです.
本当にこれからどうなるんでしょうね…

Q日中戦争の頃の中国の武器はどのようなものでしたか?

日中戦争の頃の中国側の武器はどのようなものでしたか?
古い映画をみて、機関銃と迫撃砲くらいしか出てこないので、貧弱だったのかなと想像しています。
戦車や飛行機、戦艦、潜水艦などなかったのでしょうか?
飛行機などあれば日本本土を空襲したはずですよね。

中国の装備が貧弱であったので、日本はやすやすと侵入できたと考えてよいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当時の中国軍の装備はドイツの軍事顧問の指導により改善の途中でした。
チェコより輸入した機関銃は当時の最高級で、揚子江河口地区の防御陣地はトーチカなど近代陣地の装備でした。
この為上陸した名古屋師団はこの陣地に肉弾戦を挑み大損害をうけました。

当時中国軍は蒋介石の政府正規軍と軍閥の私兵からなっており、正規軍はかなりの近代装備を有していましたが軍閥の私兵は貧弱な装備でした。
正規軍は37ミリ以下程度の対戦車砲も有しており日本軍の軽戦車は撃破されたのです。
しかしこれらの装備を有していた正規軍が初期の防衛戦で消耗すると、彼我の兵器差は大きく開きました。

中国空軍は海外の義勇軍の混成で機種も2戦級でしたが奥地の重慶に遷都しての防衛ではかなり活躍し日本の護衛のない爆撃機は大きな損害をうけました。
開発直後のゼロ戦が護衛についてからは日本軍の一方的な勝利になったのです。

中国戦線での迫撃砲の脅威は唯一の大口径砲として日本軍を悩ませました。

しかし戦争末期にはビルマ経由の援将ルートで米英の近代重火器が到着しこれを装備した中国軍に北ビルマの防衛拠点を次々に奪われ玉砕が続きました。

中共軍とはゲリラ戦で困らせられ、かなりの兵力を貼り付けざるを得なかったのですがここでも戦争末期に
中共軍の百団大戦攻勢で板垣師団は大損害を受けました。
決して中国戦線では勝利だけではなかった事実は知っておく必要があります。

当時の中国軍の装備はドイツの軍事顧問の指導により改善の途中でした。
チェコより輸入した機関銃は当時の最高級で、揚子江河口地区の防御陣地はトーチカなど近代陣地の装備でした。
この為上陸した名古屋師団はこの陣地に肉弾戦を挑み大損害をうけました。

当時中国軍は蒋介石の政府正規軍と軍閥の私兵からなっており、正規軍はかなりの近代装備を有していましたが軍閥の私兵は貧弱な装備でした。
正規軍は37ミリ以下程度の対戦車砲も有しており日本軍の軽戦車は撃破されたのです。
しかしこれらの装備...続きを読む

Q国策捜査?

民主党の小沢代表の第一公設秘書が、政治資金規正法違反の疑いで、東京地検特捜部に逮捕されたようですが、民主党の一部の議員から「国策捜査だ」と、今どきあまり考えられないようなことを言っていますが、西松建設の裏金事件は昨年の秋から始まっている事件なので、逆算して考えればたまたま、政局が混迷している時期に強制捜査となったと思うのですが…。

Aベストアンサー

言い訳にしても、もうちょっとマシなこと言えないんでしょうかね?

「国策捜査」なんて言っちゃったら、民主党がどんなに不正をしても摘発できないことになります。

「選挙前」といっても、現在の日本の場合、参議院通常選挙や統一地方選挙も入れると、なんだかんだで2~3年に1度は全国規模の選挙があるのです。

これだと、相手への批判は超一流だけど批判されたら何でも「不当逮捕」「弾圧」「陰謀」「謀略」という共○党や社○党と同じです。

民主党は今は野党ですが、小沢党首は地元では力があります。東北地方で営業力を付けたかった西松建設にしてみれば、野党党首としてではなく、故金丸氏の流れを汲む大物としてお付き合いをしていたのではないでしょうか。

それにしても、中川前財務相の「もうろう会見」のような、本来辞める必要のない問題でも、本人が辞めるまで追い込むくせに、自党への逆風については「国策捜査」ですか。何でも「自分は正しく、悪いのは相手」という独善性。まさに共○党、社○党、そうでなければ中○人○共○国か○韓○国ですな。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報