HPLCをやっているのですが、カラムの圧力について、
「psi」と表示しているものと「kg/cm2」で表示しているものがあります。
換算の仕方を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

psi が「ポンド 毎 平方インチ」で、kg/cm2 が「キログラム重 毎 平方センチメートル」ですね。



1 psi が 0.070307 kgf/cm2 です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/08/06 15:04

1psi=0.070307kg/cm^2 です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
即、役立ちました。

お礼日時:2001/08/06 15:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPLCとHPLC/MSの違い

大学院で研究を行なっている学生です。
環境水中のある化学物質の分析を行いたいのですが、幾つかの論文では分析機器としてHPLC/MSが用いられていました。
で、当研究室にはHPLC/MSが無く、かわりにHPLCならあります。

この二つの違いというものはなんでしょうか?
HPLC/MSで検出されるものはHPLCでは検出されないのでしょうか?

勉強不足で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

HPLC は物質を分ける過程。
MS は物質を同定(質量を測定する)過程。
HPLCで分けたピークを手動でMSにかければ、問題無いでしょう。

Qエチレン(C2H4)m3/Hをkg/Hに換算

エチレン(C2H4)があります。エチレンは工業上極めて重要な化学物質で有名です。

圧力は1.32MPaで温度が19.5℃とします。

そこでエチレンの換算方法について教えてください。

(1)エチレンが112m3/H流れていた場合、Kg/Hに換算する方法は?

(2)エチレン1399Nm3/H流れていた場合、Kg/Hに換算する方法は?

良く分かりませんので、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ということは、
1.32MPa、19.5℃において、
1) エチレン112m³/h 流れていた場合、一時間あたりの質量 (kg/h)に換算しなさい。
2) エチレン1399Nm³/h 流れている場合に、一時間あたりの質量 (kg/h)に換算しなさい。
なお、標準時様態はSATPを使用するものとする。
 SATP:298.15 K)(10⁵ Pa)  24.8L  0.0248m³
 用語説明) Nm³(ノーマル・リューベ)標準状態(SATP)のときの体積(m³)

換算に必要な値
m³=10³L
Cの原子量 12.01
Hの原子量 1.008
0℃ = 273.15 K
エチレンの化学式:C₂H₆

です。自分で解いてみましょう。
1.32MPa 1.32×10⁶Pa
19.5℃  19.5+298.15 = 317.65 ≒ 317.7 (K)
PV/T = P'V'/T' より、V = V'(P'/P)(T/T')ですから、
モル数は、
X = V/298.15 = 112{(1.32*10⁶)/(10⁵)}(298.15/317.65)/298.15
       = (112*1.32*10⁶)/(317.65*10⁵)
       = (112*1.32*10)/317.65
それにエチレンの分子量を掛け合わせるとg数がでますから、kgになおす

2)上の逆算になります。SATPであらわされた体積ですから、そのまま0.0248で割ってモル数を出して分子量をかければよい。

ということは、
1.32MPa、19.5℃において、
1) エチレン112m³/h 流れていた場合、一時間あたりの質量 (kg/h)に換算しなさい。
2) エチレン1399Nm³/h 流れている場合に、一時間あたりの質量 (kg/h)に換算しなさい。
なお、標準時様態はSATPを使用するものとする。
 SATP:298.15 K)(10⁵ Pa)  24.8L  0.0248m³
 用語説明) Nm³(ノーマル・リューベ)標準状態(SATP)のときの体積(m³)

換算に必要な値
m³=10³L
Cの原子量 12.01
Hの原子量 1.008
0℃ = 273.15 K
エチレンの化学式:C₂H₆

です。自分で解いてみましょ...続きを読む

Qタンパクの分離にはFPLCかHPLCか

こんにちは。

早速質問ですが、タンパクの精製には主にFPLCが使われていると思います。FPLCがHPLCよりも優れているところは低圧なのでタンパクに与えるダメージが少ないということなのでしょうか?
私はHPLCを使ったことがないので知らないのですが、HPLCを使うときに圧を下げればいいだけなのでは?と思いました。調べてみますと、少量のサンプルの場合、HPLCのほうが分離能に優れていると書かれている文章を見つけました。つまり、結晶化をするようなスケールでなくとにかく純粋なタンパクをとってくる場合はHPLCでもいいのではと考えました。また、歴史的にみても昔はFPLCがなく、HPLCを使っていたはずです。

結局、FPLCとHPLCについて、タンパク質の精製に使う場合の利点と欠点を教えていただきたく質問をさせてもらいました。ぜひ回答の方をお願いします。

Aベストアンサー

ペプチドクラスならHPLCでも出来ましたが、分子量が大きくなるとさすがに無理でした。

理由はリンクをご参考に…

参考URL:http://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/biodirect_mail/technical_tips/tips60.asp

Q加わっている圧力の算出方法(単位:PSI)

エアーコンプレッサーからエアーを供給し、スイッチを押せば、天板が下りて、下側の"台"に圧力がかかるという機械についてです。
レギュレータに40psiと表示されている場合、エアー圧は40psiだと分かりますが、台には何psi加わっているのかを調べたいです。
いろいろなサイズの天板、台、エアー圧がありますので、出来れば、方程式を作りたいと考えております。
ご教授願います。

Aベストアンサー

ANo.2
です。
少しはわかりましたが、相変わらず構造は不明です。
1.レギュレータ
レギュレータは圧力を調節する装置です。レギュレータについている2次側の圧力計で、40psiに設定すれば40psiです。普通は、はじめはそれより下がる表示があっても、まもなく40psiになるでしょう。
それよりは大きくはならないはずです。
2.
>エアーシリンダーによって天板を上下させます。
天板にかかる力は、
シリンダーの断面積×空気圧
でしょう。
3.
台にかかる圧力
台と天板がどのような関係になっているかわからないので、なんともいえないが、基本は、

力=断面積×圧力
圧力=力/断面積

です。

なお、psiは
pounds per square inchで、
1[psi]=1[lbf/in^2] (=0.4536[kg]*9.8[m/s^2]/0.0254[m^2])
=6895[Pa]

Q高速液体クロマトグラフィー(HPLC)について

現在HPLCを勉強中なのですが、HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

>>HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなど
昭和電工様のHPLCの入り口のページを添付しました。ニュースレターなどをご請求下さい。
他に和光純薬様、東京化成様、島津製作所様、ジーエルサイエンス様などのニュースレターをお集めになると良いと思います。
また、日本化学会、日本薬学会、日本分析化学会での発表をご覧下さい。

参考URL:http://www.shodex.com/

QHPLCのカラムのはずし方

HPLCのカラムをはずし、めくらネジをつけるとき、入り口からやりますか?出口(検出器側)からやりますか?はずすときの注意事項もあったら、あわせてお願いします。

Aベストアンサー

教科書や、HPLCセミナー等では、こと細かくはずし方や付け方などを指示しているようですが、そんなの関係ないです。
メクラ栓をどっちからはめようが、装置にどのようにつけようが、ほとんど関係ありません。理屈では、こうした方がいいというのはあるでしょうが、少なくとも私はそのようなことを気にしたことはありません。学校の実験などで行われているのでしょうか?でしたら理論的になるのも仕方ないでしょうが、実際は全く気にすることはありません。カラムも詰まってきたら逆に漬けて洗浄したりするでしょ。方向なんてあんまり気にしない気にしない。

経験に勝る理論無し!!HPLC分析を仕事とし、15年以上さわっていますが、何か問題が生じたことは1回もないです。

QHPLCに関する質問:テトラヒドロフラン

現在HPLCを使用してます。
テトラヒドロフランでカラムの洗浄ができることということが、HPLCの説明書に書いてあるのですが、
テトラヒドロフランはポンプによくないということを知人に言われまして。
どなたか理由をしっているかた教えてください。

Aベストアンサー

汎用されているC18などの逆相HPLCと仮定して回答いたします。
一般的に逆相HPLCで用いる溶出液の系は水+比較的水溶性の高い(極性の高い)有機溶媒です。具体的にはメタノール、アセトニトリル、使ってイソプロパノールでしょうか。

ポンプ自体はこのような溶媒の使用を前提として部品が使われていますので、THFなどの相対的に極性の低い溶媒を使うと部品(樹脂部品など)が痛むというハナシはよく聞きます。
ただし、最近の機器はその程度ですぐに機械がだめになるとはおもいませんが。
詳しくはHPLCのメーカーさんに聞くとよいかと思います。メーカーさんではそういった耐有機溶媒の実証実験をやっていますので。

QHPLCのカラムについて

HPLCのカラムについて質問ですCosmosil 5C18-ARIIというカラムを使用しております。ここで「waters」という表記があるのですがこれは何を意味しているのでしょうか?分かる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

waters以外にネジのタイプがあるということなのでしょうか?
→ありましたが、現在は統一されているようです。

個々のカラムに合わせてネジも変えないといけないのでしょうか?
→今、watersタイプのカラムが付いているのなら、それのカラムを外した時に、付けるカラムは、watersタイプのネジのものでないとだめです。
他のタイプでも取り付きますが、dead volumeが発生し、ピーク形状のブロード化等、起こります。
他のネジのものを取り付けるのであれば、カラム接続のステンレスパイプの方のネジを取り替える必要があります。

QHPLCによるカフエインの定量での溶離液について

HPLCによるカフエインの定量を行う際、まずメタノール100%を流した後に水:メタノール=60:40に切り替えて溶離液を流した後、カフエインの標準液を注入し、検量線を作成し、その後、カフエインを含む試料(お茶など)を流し、試料濃度を検量線より求め、終了して、また1週間後にカフエインを含む別の試料の定量を行う場合もその都度、最初と最後にメタノール100%を送液するように言われました。1週間後にいろんなお茶など同じカフエインの定量を行う場合でも、まずメタノール100%を送液した後、水:メタノール=60:40で濃度決定を行い、またメタノール100%を送液するようにしなくてはいけないのでしょうか。水:メタノール=60:40で送液してそのまま終了し、そのまま新たな別のカフエイン試料を注入してはなぜいけないのでしょうか。なお、HPLCはカフエインの定量だけで他の人はHPLCは使用しません。HPLCの初心者で分かりませんので宜しくご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

私の経験からいいますと

 (1). 分析終了後にメタノールでカラムを洗浄する。
    (カラムはメタノール充満状態で保存する)
 (2). 使用時はベースが安定するまで溶離液を直接流す。
 (3). ベースが安定したら分析を始める。
 (4). 分析終了後は(1)に戻る。
  
    参考にして下さい

QHPLCにおけるカラムとオシネの接続

HPLCの初心者です。先日、カラムとオシネを接続するとき2mmくらい先端を出してカラムと接続するように言われました。理由が良く分かりません、教えてください。

Aベストアンサー

受け側が、オシネの先にパイプが2mm位出た形をしているからです。オシネと、パイプの先をぴったり合わせると、出っ張ったパイプの部分が丸々デッドボリュームになってピークが広がります。

わかりにくいかも知れませんが、参考URLをつけておきます。

参考URL:http://www.gls.co.jp/technique/technique_data/usage_of_hplc/p3_5.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報