最近スティール弦のアコースティック・ギターを買い、20年ぶりに右手の爪を伸ばし始めました。
 ところがどうしても人差し指だけ「鷹の爪のように」手のひら側へ曲がってしまいます。ゆっくりとしたアルペジオならまだしも早いパッセージの時にどうしても引っかかってしまうのです。できれば生の爪で弾きたいので、爪の切り方等でなんとかならないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

」に関するQ&A: 爪に黒いシミ

A 回答 (2件)

>1 いや、爪で弾くのはクラシックギターだけではなくスティール弦やエレキ(ジェフベック、是方)も爪で弾く人は多いですよ、暖かく太い音がでます。



おそらく爪が長過ぎるんでは無いでしょうか?
掌側からみてほんの1ミリ~数ミリだけ爪が見えるように整えては?
クラシックのひとは小指で(使わない指)色々長さや、形を試してみるそうですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 確かにジェフベックは爪で弾いてますよね。
やはり長いのでしょうか。これで練習してみます。来月ライブなので間に合うかどうか(^^;
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/10 11:21

あまり参考になるかどうかわかりませんが、僕の経験を書いておきます。


僕の経験からいって、アコースティックギターには爪は使ってません。指引きの際には右手親指にはめるサムピック、その他の右手の指にはフィンガーピックというのをつけます。爪で弾くのは僕の知っている範囲だとクラシックギターですね。でも、僕は指の肉で弾いています。
スチール弦は固いから爪で弾くのはかなり無理があると思います。
ということで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
フィンガーピックは違和感があって使いたくないのと、フラットピックと中指、薬指でスリーフィンガーを弾いたりする場合に融通が利かなくなるからです。サムピックは使っていますが。それからスチール弦ギターを爪で弾いているギタリストはかなりいらっしゃいますよ。

お礼日時:2001/08/10 11:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアコースティックギター アルペジオの楽譜の見方

こんにちは。ギター初心者です。アコギでギター本を見ながら練習しています。
歌うたいのバラッドなどで、ジャーンと弾く方法(弾きかたの名前は分かりません)はできるようになってきました。

楽譜を色々とみていると、弾きかたが分からないものに遭遇します。
例えば、添付の写真にあります'夜空ノムコウ'です。

これはどのように弾くのでしょうか。
弦を一本ずつ鳴らすアルペジオという弾きかたでしょうか。

それにしましても、この楽譜を見ただけでは、私には何フラット目のどの弦を弾くのかよく分かりません。
ニューミュージク ベストファイル (自由現代社)に載っている楽譜です。
なお、タブ譜は読めます。(この楽譜は何と呼ばれる楽譜でしょうか。)

もしかしたら、勘違いをしている内容の質問かもしれませんが、丁寧に教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

上の譜は歌メロですから、最初のイントロが五線譜(ピアノ譜)になっているだけです。
ギターがイントロだから、という訳でも無いと思います。
下の譜がギター譜でストローク譜になっています。
コードを押さえて、このリズムで弾きなさい。という事です。
普通はここにも五線譜でギターが弾く音符を書くのが本来の楽譜です。
現代ではここにタブ譜が付くのが当たり前なのでしょうが、本来は五線譜が一般的な楽譜なので音符で覚える方が共通なので上達する上では役に立ちます。
タブ譜は楽器に特化された楽譜なので、その楽器の人がコピーする時にしか役に立ちません。
例えばこれを見て、ピアノがメロディも伴奏も演奏が出来ますが、タブ譜ではピアノは弾けません。

>この楽譜を見ただけでは、私には何フラット目のどの弦を弾くのかよく分かりません。

是非、楽譜の読み方、音(音符、ドレミ)の位置をギターでも覚える様にして下さい。

Q五線譜でのアルペジオ(アコースティックギター)

アコギをやっていて、アルペジオやリード的な弾き方にチャレンジしようと思っています。

タブ譜ならある程度は読めるし弾き方も分かるのですが
五線譜に音符の状態でアルペジオを弾くことが全く出来ません。
コードそのままで音を出していいのかも分からないし
もしそのままでいいとしてもどの弦を弾けばいいかなどが分からないのです。

一音一音全て確認していくしかないのでしょうか?

読み方、よい練習方法などありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに一音づつ確かめるのが正攻法だと思いますが、スケールを理解してますか?スケールが分かれば大体何度のリードなのかが自然にわかるようになりますよ、ギターのスケーリングのポジションをキーごとに覚えればよいと思います。

Qアコースティックギターのアルペジオ(指弾き)

アコースティックギターのアルペジオ(指弾き)

こんにちは。
趣味でギターを弾いている初級者です。
今までコード弾きしかしてこなかったので、タブ譜も弾けるようになりたいと思っていますが、
指弾きの効果的な練習方法は何かありませんか?
とりあえずやっては見るものの、なかなか上達しません。

王道無しとは思いますが、成果がわかりやすく練習にのめりこめるような練習をご存知の方、
いらっしゃいましたらご教授ください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
同じく初心者で最近インストをやろうと指弾きの練習を始めたものです。

普段メトロノームはお使いでないようなので、メトロノームを利用されるといいと思います。

一番ゆっくりとしたテンポでうまく弾けるようになるまで練習し、だんだんテンポを上げていくと一週間でも成果はテンポという数字で眼に見えるので地味な練習のわりにヤル気が出やすいと思います。
効果があまりわからなさそうな感じがしますが、やめて数日経つと伸び悩み感が出るのでかなり効果があるのだと思います。

また、指弾きはプレーヤーによって全く弾き方や使う指が変わるので練習しにくいと思いますが、
http://www.sctv.jp/~acco/couch/

http://www.j-guitar.com/ha/solo/index.cgi
といった解説・教則サイトがあるので、メトロノームの練習と併用してみると面白いと思います。

指弾きとストロークが出来れば演奏できる幅もぐっと増えますからがんばってみてください!

Qアコギのアルペジオについて アルペジオが全く弾けません。あれは、押さえてる弦だけ鳴らせばいいのですか

アコギのアルペジオについて
アルペジオが全く弾けません。あれは、押さえてる弦だけ鳴らせばいいのですか?初心者でも出来るようになるような回答願います。

Aベストアンサー

弾きたい曲で弾く弦が変わります
楽譜&TAB譜等を見て下さい
参考サイト
http://www.aki-f.com/kouza/s_kouza/mino1_5.htm
http://www.acoustic-guitar1.com/guitar-technique/guitar-arpeggio.html
http://www.acoustic-guitar1.com/animation/grandfathers-clock.html

Qアコースティックギターでの指弾き・爪ではなく指の腹でピッキング

アコースティックギターでの指弾きを練習中なのですが、親指から薬指まで爪ではなく指の腹でピッキングしています。
練習している楽曲は主にクラシックのもので、アコギで代用している、といった具合です。
そこで質問なのですが(1)クラシックギターなるものは本来「爪で弾く」ということが大前提のように思えるのですが、このように指の腹で弾くのもアリなのでしょうか?
もっとも音楽は感性のものですので、物理的な固定観念に囚われるのは誤りだとも思うのですが、(2)例えば「禁じられた遊びのテーマ」など、ベース音と主旋律以外の伴奏的なものが、指ですと主音と同じ程に音量がでてしまったりします。これは抑揚を今以上に意識すれば巧く鳴ってくれるのでしょうか?
(3)そしてこの指の腹ピッキングでとても気になるのがトレモロです。爪でなくとも「アルハンブラの思い出」のような独奏は出来るのでしょうか?
色々すみません。何卒宜しくお願いします

Aベストアンサー

現代クラシックギター奏法は、ステージで演奏するプロの場合は、ツメ弾きが主流ですが、アマチュア愛好家は、仕事の事情やピアノも愛好しているという人、また爪が弱くすぐに欠ける人などは爪無しで弾いています。爪無しでも永く弾いていると指先が硬くなってシッカリした音がでます。
古典期ギター界の最高峰、フェルナンド・ソルは爪無しの指頭弾弦奏法でした。彼のギター教則本には爪無し奏法が教示されています。一方同期の名手、アグアドは、爪弾きでしたが、両者は親友でよくギター二重奏を楽しんでいました。慣れればどちらの奏法でも普通に演奏できるということです。
http://www.crane.gr.jp/19th_Guitar/Gt_songs.html
トレモロについても、フラメンコギターの名手、カルロス・モントーヤは爪無しで普通にトレモロを弾いています。
http://hamaole.blog51.fc2.com/blog-entry-6.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報