中小企業の働き方改革をサポート>>

現在、個人から依頼を受けて手作りの品を製作・納品する仕事をしています。商品自体は趣味の活動で使用するようなもので、それを使用することで社会的な損失が起こることはまずありません。

夏から体調を崩しておりずっと通院治療をしておりましたが症状が治まったのが11月中旬、喘息との診断で、咳き込みがひどく予想以上に作業時間がかかり仕事が予想以上に遅れておりました。

11月に少し収まったため遅れ分を取り戻すべく、12月に入り夜間作業なども行い仕事をしておりましたが、無理がたたったのかこのままではまた同じように喘息の症状が出てしまい、大幅に作業速度が落ちかねないと思い、納期をずらしていただくか、キャンセルということで返金するかをお願いする事にいたしました。

キャンセルによる金銭的損失は覚悟しておりましたが、一人の方から「次に提示する納期までに納品できない場合はキャンセルを希望する。ただしその場合返金を受けたとしても、商品を待つ精神的苦痛を伴ったため訴訟を起こす可能性がある」と言う旨の返事をいただきました。

もちろんその日付までに納品すればよい事ですし、それは今のところ可能ですが、元々心療内科にも通院しており、「訴訟」という事が頭を回り精神的に落ち着かない状況(仕事が手につかない)状況に陥っております。

元々は自分の体調の予測ミスですが(医師の方もなかなか治まらない症状にかなり頭を悩ませておりました)、このような場合精神的苦痛で訴えられたらどのような事になるのでしょうか?私のほうも「訴訟を起こしますよ」と言われた事でかなりの精神的苦痛を受けております。

ちなみに商品代金は3万円ほどです。同様品を他業者に注文すると10倍の値段はくだらないかと思います。
是非詳しい方、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>ただしその場合返金を受けたとしても、商品を待つ精神的苦痛を伴ったため訴訟を起こす可能性がある」と言う旨の返事をいただきました。



単なる脅し、嫌味ですよ。
腹が立ったので、ついでに言っただけだと思いますよ。
3万円程度の商品で、訴訟おこされたら裁判所の方で
迷惑です。和解を持ちかけられ終わりです。
ご安心を!

菓子折りか何か添えて、丁寧にお詫びしておけばいい。
またクレームをつける人は
納期に収められたとしても、いろいろ注文や指摘をしてくるはず。
そうゆう方は、今後注文を受け付けない。
「今、大口の注文が入ってきてしまったので、
当分無理」だとか、やんわり断った方がいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

裁判所の方も迷惑なんですね。アメリカとかだと簡単に裁判が出来るのでバンバン訴えられそうですが、裁判所も「それどころじゃない!」んでしょうか。

一応遅れたお詫びとして、キャンセルではない場合は商品代金の1割を返金する事にしています。ちょっと仕事内容の割に単価が安かったので、来年からは単価も上げようと思います。同じ趣味を持つ人たちなので、出来るだけ安価で提供したいと思っていたのがあだとなったかもしれません。

でも安心しました。夜も安心して眠れそうです。

お礼日時:2004/12/30 16:38

「訴えてやる!」が流行語になっているのでしょうか、無茶な主張をする人が増えています。

商品を待つ精神的苦痛なんてものは認められませんよ。遺失利益を賠償請求するならともかく・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
流行語なんですかね?「訴えてやる」。

商品を待つ精神的苦痛は通常認められないんですね。遺失利益というのは、その商品の到着が遅れたことによる損失ということでしょうか?元々趣味としての使用以外には使い道がないものなのですが、たまに業務的に使用する人もいるようです。
その場合は先に知らせていただいてる事を前提の上、業務上の損失があった場合はその部分の保障はさせていただく事にしております。(この方は特にそのようなことはおっしゃっておりません)

完全に趣味(自己満足)の世界で、遺失利益というのは存在するのでしょうか?趣味なので利益も何もないとは思うのですが…。

お礼日時:2004/12/30 16:31

相手が訴えるのは勝手ですが、訴えた方が勝訴するとは思えません。



訴訟倒れしておしまいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
…そうなんですか?法律には全く知識がないため、物凄く不安でした。
ちょっと安心しました。

お礼日時:2004/12/30 16:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精神的苦痛でなぜ訴えられるんですか?

精神的苦痛で慰謝料請求ってよくあるじゃないですか。
でも精神的苦痛だけでは法律違反じゃないですよね?
なのになんで民事裁判が可能なのですか?
裁判って法律違反してなくても訴えられるんですか?
だったら嫌がらせで訴えられそうですね。

Aベストアンサー

>でも精神的苦痛だけでは法律違反じゃないですよね?
>なのになんで民事裁判が可能なのですか?

 精神的苦痛を与える方法が違反だと
裁判所が判断したからでしょ?

 例えば「無言電話」「つきまとい」等

>裁判って法律違反してなくても訴えられるんですか?

 訴訟は可能だけど 裁判になるかどうかは
内容によります。

 具体的にどんな「精神的苦痛で訴えられたの?」

>だったら嫌がらせで訴えられそうですね。

 そういうのもありますよ>嫌がらせ
例えば「架空請求での訴訟」

Q精神的苦痛で訴訟は

お世話になります。

よく、「見知らぬ人から、デブなどと言われて名誉を傷つけられた」と言う内容を聞くのですが、こういったことをどのように訴訟に持っていくのでしょうか。人権の損害、といった内容のことは、どこかに訴えてもいいんですか。それとも相談所なのでしょうか。

よくテレビでも、「名誉を傷つけられた」とかそういったちょっとしたことで訴えると言って、少ないながら慰謝料をもらったりしてますが、そういうのはどこに相談したらいいのでしょうか。家庭内のもめごとというなら、どこに行けばいいのか、など全くわかりません。

たとえば、母親の恋人から、多大なる精神的苦痛を受けて、その結果重い精神疾患にかかってしまった時、訴えることは可能なのでしょうか。まずはどこかに相談に行けばいいのでしょうか

ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

民事裁判で、相手に対する損害賠償の支払いを訴えることになると思います。
相手が住む裁判所に民事裁判の訴えを起こしましょう。
ただ、裁判となると更なる精神的負担がかかること、基本的に当事者に立証責任がある(裁判所は調べない)ので、素人ではなかなか難しいと思います。家族間のもめ事であれば、家裁での調停も可能です。
とりあえずは弁護士などの専門家に相談されることをお勧めします。

損害賠償というのは、財産上の損害と精神上の損害に分けられます。
前者は、例えば実際に被った被害額などがそうです。代表的なものは、相手の行為によって怪我をさせられたときの治療費や休業した場合の損害、つまり仕事が出来なかったことで得られなかった報酬などです。これらは、いずれも客観的に損害額を立証すればいいのです。
一方、後者はいわゆる慰謝料です。精神的苦痛を受けたということ=精神面での損害、と考えられているのです。
これら二つをあわせて、相手に責任を負わせることを損害賠償というのです。

損害賠償責任は、民法で規定されています。いくつかありますが質問者様の場合、民法709条に当てはまるのではないでしょうか。

【民法709条】
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

つまり、相手の行為が不法行為と認定され、その行為によって、あなたの主張する損害が発生したと認定されれば、相手に損害賠償の責任が生じます。

裁判では、つまりこの点が争われることになり、あなたが(1)相手の行為が不法行為である(2)その行為によって損害が生じた、という2点を立証して裁判所に認定して貰うことが必要となります。
今回のケースでは、その母親の恋人の行為が不法行為であること、それにより病気になってしまったこと、不法行為または(不法行為が原因でなった)病気のせいで損害が生じたこと、を立証することになります。

また、通常、裁判では損害賠償というのは金銭での支払いによる方法で行われますから、単に「謝れ」とか「二度とするな」というような訴えは出来ないと思います(但し、結果的にそういう責任を負わせることも出来ます)。
但し、その不法行為があなたの名誉を毀損するようなものであれば、金銭の支払い以外による方法も認められています。

【民法723条】
他人の名誉を毀損した者に対しては、裁判所は、被害者の請求により、損害賠償に代えて、又は損害賠償とともに、名誉を回復するのに適当な処分を命ずることができる。

一般的なものとしては謝罪広告の掲載などがあります。

民事裁判で、相手に対する損害賠償の支払いを訴えることになると思います。
相手が住む裁判所に民事裁判の訴えを起こしましょう。
ただ、裁判となると更なる精神的負担がかかること、基本的に当事者に立証責任がある(裁判所は調べない)ので、素人ではなかなか難しいと思います。家族間のもめ事であれば、家裁での調停も可能です。
とりあえずは弁護士などの専門家に相談されることをお勧めします。

損害賠償というのは、財産上の損害と精神上の損害に分けられます。
前者は、例えば実際に被った被害額な...続きを読む

Q訴訟の時に精神的苦痛は医師の診断書が必要なんですか?

よくテレビのドラマなどよく「精神的苦痛」に関する訴訟を見かけているのですがこの「精神的苦痛」に関する訴訟は医師の診断書が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

精神的苦痛に対する損害賠償である慰謝料については診断書は不要です。損害額は、当事者の主張を元に裁判官が社会通念で判断します。

精神的苦痛の有無は、医学的に判断されるわけではなく、法的に判断されるものです。

治療が必要なレベルの精神的ショックを受けたということになると、病気や怪我になった場合と同様、生命・人体に対する損害になり、これは慰謝料とはまったく別の問題です。

Q精神的苦痛とは?

よく、「精神的苦痛を受けた」ということで訴訟を起こすことがニュースに取り上げられますが、「精神的苦痛」ってどういうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

慰謝料などの対象として、大きく肉体的苦痛と精神的苦痛があります。
肉体的なダメージ(物理的に明確なもの)以外の苦痛は、大体全て精神的苦痛ですね。
 例えば、交通事故で入院して会社にいけなかったとしたら、
 会社にいけないことによる収入減(これは損害)
 骨折して、動けない、生活に不便(肉体的、精神的苦痛)
 入院していることで、友達と遊びに行ったり、旅行したりできない(精神的苦痛)
 怪我が完全に元のように戻るか非常に不安で苦痛(精神的苦痛)
 自分が会社を休むことで、自分の出世が遅れるのではないか、皆に苦労をかけているのではないかと悩む(精神的苦痛)

 などなど、精神的苦痛は色々有ります。

Q侮辱罪や名誉棄損罪の告訴に必要な物

侮辱罪や名誉棄損罪の告訴に必要な物として何がありますか?
具体的に言うと傷害罪の二次被害です。精神的苦痛の裏付けを取った医師の診断書は必要でしょうか?
証拠としては、ボイスレコーダーに相手方の声が録音してあります。相手方のうち一人の一回分だけ録音してあります。
侮辱、名誉棄損として訴えたい理由は私に対して、
●「お前は、普通の人じゃない。」
●「精神科で診てもらえ。」
●「自分だけ立派なつもりしてんな。」
●「お前を偽証罪で訴えてやるよ!」
と言われたからです。相手方は4人います。二次被害では、「パニック障害」を発症しました。毎日、大変苦しいです。
以上のような事を毎日、起きてから寝つくまで考えてしまっています。
厳重な処罰を求めたいのですが、よい方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

・名誉毀損罪について。

名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、名誉毀損罪は成立しません。

「事実を摘示」とは、例えば「Q&Aサイトに書き込む」「ネットの掲示板に書き込む」「街宣車で喧伝する」などの行為の事です。「本人に対して、面と向かって言った」は含まれません。

今回「公然と事実を摘示」したのは、この質問文に
>●「お前は、普通の人じゃない。」
>●「精神科で診てもらえ。」
>●「自分だけ立派なつもりしてんな。」
>●「お前を偽証罪で訴えてやるよ!」
と書き込みをした「質問者さん自身」であり、発言した本人ではありません。

なので「名誉毀損罪が成立するとしたら、ここに投稿を行う事により、公然と事実を摘示し、自分で自分の名誉を毀損した、質問者さん自身」です。

で、この場合、被害者と加害者が同一人物ですから、犯罪は成立しません。自殺により自分で自分を殺した場合、殺人罪が成立しないのと同じです。

・侮辱罪について

侮辱罪は、事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することによって成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、侮辱罪は成立しません。

なお、侮辱罪の場合「言われた時に、第三者が同じ場所に居て、発言を聞いていた」と言う場合には「公然」となりますので「他に、誰か居たかどうか」が重要です。

また、名誉毀損と侮辱の違いは「事実を摘示しているか、事実を摘示していないか」の違い、というのが通説です。

侮辱罪の場合は、事実を摘示している必要は無いので「本人に対して、面と向かって言った」のが「公然」であれば成立します。

そういう訳で、名誉毀損罪は成立しないので、名誉毀損罪での告訴は不可能。

その場に無関係な第三者が居たなら侮辱罪は成立しますが、侮辱罪で告訴しても第三者の証言が得られないと思われるので立件は難しいです。
(たぶん、その場に居たのは「貴方と、相手方の4人」ですよね?で「相手方の4人」のうち「その場で聞いていた発言者以外の3人」は、個々の侮辱行為を「公然」とする為の「第三者」になる訳ですが、お互いがお互いを庇い合い、絶対に証言しないでしょう。なので「貴方でも、相手方の4人でもない、6人目の人物」が「その場」に居る必要があり、その6人目の証言者の証言が必要になります)

有望なのは「精神的な苦痛を負ったとして傷害罪での告訴」です。

「精神的な苦痛を受けた」と明記された診断書と、精神的な苦痛を負った理由となる行為の客観的な証拠(言われた事を日記に書いておいたとか、言われた事を録音してあるとか)があれば、かなり有望です。少なくとも、警察に被害届けを出した上で告訴すれば、立件まではされるでしょう。

なお、録音の無い他の3名は、たぶん「証拠不充分で不起訴」になるでしょう。

>厳重な処罰を求めたいのですが、よい方法はないのでしょうか?

う~ん、傷害罪で立件され、運良く有罪が確定しても、内容が内容ですから、厳重な処罰は無理でしょう。たぶん、不起訴処分か執行猶予か。

もし、刑事での処罰が軽過ぎて不服と言うなら「精神的な苦痛を受け、損害を受けた。損害の賠償として○百万円を払え」と、民事で「損害賠償請求訴訟」を起すしかないですね。

・名誉毀損罪について。

名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、名誉毀損罪は成立しません。

「事実を摘示」とは、例えば「Q&Aサイトに書き込む」「ネットの掲示板に書き込む」「街宣車で喧伝する」などの行為の事です。「本人に対して、面と向かって言った」は含まれません。

今回「公然と事実を摘示」したのは、この...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報