ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

バブル崩壊以降、失われた30年の間、日本のGDPはほとんど成長していません。一方諸外国は順調にGDPを伸ばし、相対的な日本経済の実力は落ちているはずです。一般にその国の経済力が落ちると通貨も安くなるはずですが、なぜ円安にならないのでしょうか?むしろ今よりバブル期のほうが円安でした。

A 回答 (5件)

> 一般にその国の経済力が落ちると通貨も安くなるはずですが



日本円は相当に安くなっています。
ただし国際通貨は相対的なものですので、絶対値では測れないということです。

例えば、2000年頃の原油はバレル20ドルで現在は50ドルほどで、アメリカの物価は20年で20%ほど上昇し、アメリカ人の所得は40%ほど上昇しています。そしてドル円は横ばいです。ドルは増えることで1ドルあたりの価値は下落し、アメリカの物価と所得は上昇しています。保有していたドルは物価上昇分価値を失っているのです。このため通過として日本円はその分価値が下落していることになります。
他の通過に対しても同じように円は相対的に下落しています。
また日本人の所得は2割近く下落していますので、他の国は所得は基本上昇し続けていますので、その差額分更に日本人が貧しくなっているということです。
    • good
    • 6

日本は世界一の債権国だからです。


世界中に莫大な投資をしています。例えば多くの企業が海外進出していますが、それらの活動は現地国のGDPにカウントされ、日本のGDPにはなりません。しかし、それらの投資は配当金などの形で日本に還流されており、毎年莫大な利益を日本にもたらしています。
それと日本政府は巨額の借金をしていますが、貸し手は日本企業及び日本人がほとんどなので財政は極めて健全です。
だから円は強いのです。
    • good
    • 0

衰退していないから

    • good
    • 0

基本的には デフレ だからでしょう。



デフレは、お金の価値が高い、ということ
ですから、円高になります。

それに加えて、日本の政治は安定して
います。
    • good
    • 1

世界の国同士で見ると


日本は欧州の国家10か国位かき集めた準備高を保有し
ここまでせっせと準備してると手に負えません。
地球は核兵器以外に、お金がある所が最強な訳で
世の中は金です。

ちなみにスイスより4倍準備高財力があります。
為替加入しても、必ず勝ちます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング