レギュラーとハイオクは値段が違うけど何処が違うの?
同じ車に入れた時に何が違うのでしょう?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

レギュラーとハイオクの違いは基本的にオクタン価の違いです。


つまりハイオクはその名の通りオクタン価が高いのです。
ではオクタン価とは何でしょうか。
オクタン価はノッキングのしにくさを表しておりオクタン価が高い程高圧縮比でもノッキングしにくくなります。
それだけ出力を上げることができますので高出力タイプのエンジンによく用いられます。
逆に言えばプレミアム(ハイオク)仕様のエンジンにレギュラーを入れるとその実力が発揮できなくなります。
ではレギュラー仕様のエンジンにハイオクを用いた場合はどうでしょうか。
その場合はハイオク用に調整されていませんので出力等の恩恵を受けることはありません。
ただ、よりノッキングしにくくなるわけですから走行距離が多少伸びたりします。
でも値段がもともと高いので燃費が伸びるとは言い難いですね。
詳しくは参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.jari.or.jp/ja/kuruma/kuruma43/gas2.html
    • good
    • 0

自動車開発をしている者です。


補足ですが、T車ハイオク車にレギュラーを入れると
約15%パワーダウンします。N車ハイオク車の場合
レギュラーを入れても約5%のパワーダウンとなります。
(ノッキングセンサーでノッキングを検出し燃焼タイミングを変えている為、レギュラーの使用も可能です)
以前、オートメカニックでも実験を行い同様の結果が
記載されていました。各メーカーにより差は見られますが
出力が低下するのは確実です。
    • good
    • 0

訂正ありがとうございます。


燃えやすい(にくい)を読み違えました(苦笑)
    • good
    • 0

したの方が答えているようにハイオクは燃えにくい、レギュラーは燃えやすいの差です。

ちなみにエンジンには車それぞれ合った点火タイミングがあります。ハイオクは遅め、レギュラーは早めというように。今の車はコンピューターでそのタイミングを監視し走行状態によって最適になるようになっていますが、基本設定がありますので極端には調整できません。ですからハイオク車にはハイオク、レギュラー車にはレギュラーを使用してください。特にハイオク車にはレギュラーは良くありませんよ。どうしてもハイオクがない場合は低回転で走行して早めにハイオクを追加しましょう。
PS:レギュラー車でも点火タイミングを調整すれば効果あります。
    • good
    • 0

 こんにちわ。


 下の方の紹介サイトのように、ハイオクは「燃えにくい」ガソリンです。エンジン内で空気とガソリンの混合気を圧縮して点火するわけですが、圧縮すると混合気の温度も上がり、勝手に爆発を起こすことがあります。(いわゆるノッキング)異常燃焼になっても困るのですが、圧縮比が高いほうが点火したとき大きな力になります。そこで、より燃えにくい、圧縮比が上げられるハイオクガソリンの方がパワーが上がります。
ただ、ハイオク仕様車に入れなければ意味が無く、レギュラー仕様ではハイオクを入れてもパワーは変わりません。(圧縮比変わりませんので)レギュラー仕様にハイオクを入れるメリットとしては洗浄剤ぐらいのものでしょう。逆にハイオク仕様にレギュラーは入れるとJAFの調べでは最大15%ほどパワーダウンしたようです。ハイオク仕様車にはハイオクが無難なようです。
 ちなみに、オクタン価という物差しで測りますが、ハイオクでは100、レギュラーでは92前後のオクタン価です。(蒸留したてのガソリンは70位のオクタン価ですからレギュラーでもオクタン価が引き上げられてます。)オクタン価が高い方がより燃えにくいガソリンで、パワーが絞り出せるガソリンと言えます。
    • good
    • 0

以前他のところで回答しましたが、再度回答します。



ハイオク燃料は、”オク”タン価が高い(ハイ)と言うことを示しています。
オクタン価とはが高いとノッキングしにくくなります。すなわち自然発火しにくくなります。 エンジンはプラグでガソリンと空気の混合気を爆発させることで、回転の力を得ています。ところが、高温になったエンジン内でプラグによるものとは別の、すなわち自然発火による爆発を起こす(ノッキング)と、回転の力を得にくくなります。よって自然発火しにくい燃料が良いことになります。(大学の有機化学で習いました。。。)
メーカーは性能を最大限に生かすため、ハイオクを推奨しています。
ただ、最近の車は電子制御なので、レギュラーガソリンでもノッキングしにくくなっています。

よって、No.1の方が「燃えやすいガソリン」といわれていますが、逆で「燃えにく
い(自然発火しにくい)ガソリンです。

経済面ですが、他の方の言われるとおり洗浄剤が添加されており、エンジンのためを考えるとハイオクの方がよいかもしれません。(ここの理屈は詳しくありません。すみません。)
    • good
    • 0

ハイオクとは燃えやすいガソリンです。

ですから、パワーもアップします。
詳しくは下記URLで。

PS gooのページ検索で「ハイオク レギュラー 違い」と、入れ検索すれば数々のサイトがヒットします。

参考URL:http://www.autoaid.co.jp/AutoAidPress/qandas/dri …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QANA株主優待券(全日空スカイホリデー)は旅ドキに使えるか?

ANA株主優待券の国内旅行「全日空スカイホリデー」7%引き券は、ANAスカイホリデーの一種である旅ドキでも使えるのでしょうか?
それとも、ほんとのANAスカイホリデーでしか使えないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スカイホリデーと言うのはANAの国内旅行商品の商品名で、
その中に旅ドキと言う飛行機と宿泊がセットになったシリーズ名だと思います。
ですからお持ちの「全日空スカイホリデー」7パーセント引き券は該当すると思います。
ただし、オプショナルツアーは対象外のはずです。

Qハイオクとレギュラー使用時の排気ガスの臭いが違う?

先日ある人がマフラーからの排気ガスの臭いを少し嗅いで、ハイオク
使っている匂いだと言っていましたが、レギュラー使用時とハイオク使用時では排気ガスの臭いに分かるほど違いがあるのでしょうか?
因みに私は全くわかりません^^

Aベストアンサー

「ある人」は何か勘違いしているか、1983年以前の有鉛ハイオクの時代のまま思考停止しているのでしょう。

大昔(1983年以前)は、ハイオクと言えば有鉛ハイオクが主流だったので、鉛の有無の為に排ガスの臭いで判りましたが、今はもう無鉛ハイオクしかない為、臭いでは判りません。

もし排ガスの臭いが普段と違うとしたら、
「エンジンが汚れていて不完全燃焼している」
「ハイオク仕様車にレギュラーガスを入れていて、不完全燃焼していて排ガスに生ガスが混じっている」
「レギュラーガス仕様車にハイオクを入れていて、不完全燃焼していて排ガスに生ガスが混じっている」
などです。

ハイオクもレギュラーガスも「最適な状態で燃えてる」なら、臭いに違いは出ない筈です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%B3%E4%BE%A1%E3%82%AC%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%B3

Qホリデーパスについて

今度東京に行くのですが、ホリデーパスを使用したいと思っています。なお出発駅は宇都宮です。しかしホリデーパスは小山からなので宇都宮~小山は普通に切符を買うのですが、小山で一回降り改札を出てホリデーパスを買って今度はホリデーパスを使用して、改札に入り電車に乗る。非常に面倒くさいです。そこで質問なんですが、宇都宮のみどりの窓口でホリデーパスを買うことはできるのでしょうか?それならば宇都宮の改札をとおり東京に着いたら、小山までの乗車券とホリデーパスを見せて精算できるのですが・・・質問長くなってすみませんでした。お願いします

Aベストアンサー

残念ながら購入できません。
使用可能エリアのみどりの窓口で購入が可能です。

お願いしてもマルスというきっぷ発券装置にその情報が入力されていませんので無理です。

解決策としては小山で一回おり、きっぷ券売機かみどりの窓口での購入になります。

Q車のバッテリー:サイズが違うのに同じ容量、何が違うのですか?

トヨタのウイッシュでバッテリーが駄目になったので交換しようと思っています。標準が34B19Rと小さなものが載っているので大きな容量の物を購入予定です。
そこで教えていただきたいのですが46B19Rと46B24Rのどちらにしようかと悩んでいます。同じ容量でサイズだけ違うバッテリーってどんな違いがあるのでしょうか?
ちなみにウイッシュのバッテリートレイはB24R用のものが標準で付いており何もしないで46B24Rが収まります。
重量だけ考えればB19Rの小さい方がいいように思いますが、B24Rの方がバッテリーに余裕(根拠なし)があるように思え大きな46B24Rにしようかなと思っています。実際はどうなんでしょうか?よろしくご教授下さい。

Aベストアンサー

バッテリーの表示って、結構間違って見ている人が居るんですよ。

46B19Rですが、46は始動性能クラスであって、バッテリーの実容量ではありません。
Bと19はケースのサイズです。

46B24Rとの比較ですが、エンジンの始動性能は同等クラスですが、バッテリーそのものの容量は、ケースの大きいB24Rの方が大きくなります。

ちなみに、メーカーでは書かないことですが、46の部分が大きいバッテリーは始動性が高く、高性能と唱って居ますが、ここがそのクラスで大きいバッテリーは、小さい物に比べて寿命が短い傾向があります。

でも、買う人は、大きい方が何でも良いだろうと言う事で、メーカーは数字だけ大きくしていく傾向にあるんですよ。(値段も高く付けられますからね。)

その辺を良く考えられて購入されるのが、賢い買い方になります。

私なら、始動性のが同じで、容量の大きい46B24Rを選びますね。
55Bより寿命的には比較的長いですから。

Qニュージーランドへのワーキングホリデー

ワーキングホリデーでニュージーランドに行きたくて、業者の契約もし、来年の7月に渡航することになっていたのですが、ここに来て、業者に頼むということに疑問を感じてきました。

質問をまとめました。

(1)ワーキングホリデーの業者は必要だと思いますか?

(2)『日本ワーキングホリデー協会』と業者とはまったく別のものですか?業者と契約すると『日本ワーキングホリデー協会』というものに勝手に登録されるのか、それとも、『日本ワーキングホリデー協会』というものが、国でやっているワーキングホリデーの補助機関のようなものなのですか?

まだ、業者と契約して、何も行動を起こしてないので解約はきくかと思うのですが、ちょっとパニックています。わかりにくい質問かと思うのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)のみについてですが、
「海外旅行に旅行会社を使いますか?」と同じだと思います。
ワーキングホリデーの業者を使わなくてもビザは取れます。
私は自分でやりたかったので、自分で手続きをして、現地での生活する場所等も自分で交渉しました。
もし失敗しても笑って済ませる性格なので・・・。
今はインターネットが普及しているので情報は十分にあると思います。

確実に、スムースにビザを取りたい、様々なサービスを受けたいというのであれば業者を使えばいいと思います。

Qハイオク指定の車にレギュラーガソリンを入れたら?

パジェロスーパーエクシード(中古)に乗っています。ガソリンの給油蓋を開けると,ハイオクと書いてありました。が,気づかずにレギュラーガソリンを入れてしまいました。何かトラブルの原因になりますか?

Aベストアンサー

昔の有鉛ハイオクとは違い、現在の無鉛ハイオクはレギュラーに対し、ほんのちょっとオクタン価が高いだけで、物理的にバルブシートがヤラレルとかそう言った事もありません。

ハイオク指定の車にレギュラーを入れた場合、車のノックセンサーが感知し、点火時期を調整しますので、若干パワーダウンはしますが、問題はありませんよ。
※車によっては、マニュアルに、レギュラーを使用した場合の出力等についても触れています。

Qホリデーパスと料金について

栃木方面から幕張に向かう往復料金を節約するために、ホリデーパスを使おうかと思っております。
下車は海浜幕張駅なのですが、ホリデーパス区域なのかが不明です。
もし、ホリデーパス区域外の場合、どこから料金が発生するのかが知りたいです。

Aベストアンサー

JR東日本の「おトクなきっぷ」のページに「ホリデーパス」の詳細が載っていますのでご確認下さい。

参考URL:http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=846
(JR東日本/ホリデーパス)

↑こちらのURLをパソコンからご覧になって頂くと良いのですが、「ホリデーパス」のフリーエリア内に海浜幕張は含まれるので、そのまま海浜幕張でも乗降り可能です。

ただし、宇都宮線(東北本線)での「ホリデーパス」のエリア北端は小山ですので、もし小山より北側の各駅からご出発の際には、出発駅から小山までの乗車券を別途購入なさって下さい。

後、既にお調べになっている事とは思いますが、「ホリデーパス」の利用は土日祝日のみに限定されるのでご注意下さい。

Qレギュラー、ハイオクガソリンはどうちがうのですか?

レギュラー、ハイオク、ディーゼルガソリンはどうちがうのですか?
また、ハイオクエンジンやディーゼルエンジンなどとよく聞きますが、ハイオクエンジンにはハイオクガソリンしかディーゼルエンジンにはディーゼルガソリンしか使えないのですか?ハイオクエンジンにレギュラーガソリン入れたら何か都合悪いですか?

Aベストアンサー

検索するとたくさん出てきます。 気になる人って多いんですね。
簡単に言うと、

レギュラー>
普通のガソリン。 一般的なガソリンエンジンの車に使用する。

ハイオク>
普通のガソリンと似ていますが、ちょっと高い。
高出力の車とか、外車にはハイオク仕様の場合が多い。

ディーゼル(軽油)>
ディーゼルエンジン専用。 大型トラックや、一部の商用車、寒冷地の一部の車に使われる。
ガソリンとは全く違うもの。


車の見分け方は、一般的には給油口の近く、フタの裏とかにシールが貼ってあります。

「無鉛ガソリン」というシール>
レギュラーを入れましょう。 ハイオクでもいいですが、値段のわりにあまり意味なし。
軽油を入れると壊れます。

「ハイオク」または「無鉛プレミアム」というシール>
ハイオクを入れましょう。
レギュラーでも壊れることはありませんが、燃費が落ち、長期的に入れるとエンジンに悪影響が出る恐れがあります。
地方の小さなスタンドだと、ハイオクを置いていないこともあります。
そのときはレギュラーでも平気ですが、普段はハイオクを入れましょう。

「軽油」「ディーゼル」というシール>
軽油しか入れてはいけません。 まれに灯油を混ぜたりする人もいますが、犯罪です。
もし灯油を入れると、販売店も罰せられるんじゃなかったかな。
また、ガソリンを入れるとウンともスンとも動かなくなります。

検索するとたくさん出てきます。 気になる人って多いんですね。
簡単に言うと、

レギュラー>
普通のガソリン。 一般的なガソリンエンジンの車に使用する。

ハイオク>
普通のガソリンと似ていますが、ちょっと高い。
高出力の車とか、外車にはハイオク仕様の場合が多い。

ディーゼル(軽油)>
ディーゼルエンジン専用。 大型トラックや、一部の商用車、寒冷地の一部の車に使われる。
ガソリンとは全く違うもの。


車の見分け方は、一般的には給油口の近く、フタの裏とかにシールが貼って...続きを読む

Qワーキングホリデーって…

ワーキングホリデーってなんですか?語学留学は英語を学校で学ぶということで、ワーキングホリデーは働きながら英語を学ぶというように聞いたあります。ということはつまり、留学よりもワ-キングホリデーのほうが英語レベルは高くないといけないんですか?わかる方、お願いします。

Aベストアンサー

ワーキングホリデーとは、外国との文化交流のため、
若者に外国での滞在を1年認めている制度です。

その間、
・3ヶ月まで語学学校に通う事が出来ます
・3ヶ月同じ雇用主の元で働く事が出来ます

1年間の過ごし方は人それぞれで、自分の好きなように出来ます。
・ずっと旅してすごす
・ボランティアをする
・ファームステイをする
・色々なところで働く  などです。

あくまでホリデーであり、行くからには語学が出来ないと、とか、
これをしなきゃいけない という事は何もありません。

一方の語学留学は、名の通り「語学を学ぶこと」と第一の目的と
しています。
ワーホリでは学校に通える期間に制限がありますから、本当に
語学をマスターしたいなら留学が最適です。

語学に限らず色々な経験をしたいと思うなら、ワーホリが最適です。

ワーホリで働く場合には、もちろん英語力があればそれだけ
仕事の幅も広がります。話せるに越したことはないという事です。

Qハイオクとレギュラー

今度、プリメーラワゴンG-V(whp-11)を中古で買います。
そこで、この車が、ハイオク仕様なんですが、レギュラー入れても大丈夫でしょうか?一応、過去の質問は見ておそらくは、大丈夫だと思うのですが、ターボ車はやめた方がいいという人がいたので、気になったのですが・・・
この車は、SR20VEというエンジンなのですが、このエンジンにレギュラーはだめだとか、聞いたことある方いますでしょうか・・・

Aベストアンサー

ハイオク指定のSRエンジンへレギュラーを入れたら、ですね。

レギュラーとハイオクの違いは、オクタン値の違いだと言うこととはキットご存知だと思います。
オクタンの詳細な説明は省かせていただくとして、オクタンというのは、エンジンの特性でもあるノッキングを減少させるものになります。
ノッキングと言うのは、ピストン内でガソリンが爆発を起こすタイミングがおかしくなるので、カナリエンジンに負担をかけますね。
特にターボ車などはエンジンの温度が非常に高くなるので、非常にノッキングを起こしやすくなるのです。

そのため、スポーツタイプの車やターボ車などはハイオク指定となっています。
また、ヨーロッパらへんの輸入車がハイオク指定なのは、その国のガソリンオクタン値基準が異なるためです。

それに、ハイオク指定の車は、ハイオクのガソリンで、一番効率良い点火タイミングで爆発させるために、レギュラーの点火タイミングとは異なります。
これは、よりノッキングを発生させやすくなりますので、ハイオク指定の車にレギュラーを入れるのは危険だということになります。
ノッキングは最悪エンジンが壊れますからね。。。

まあ、今の車ならレギュラーを入れても壊れることは無いようにメーカーも対策しているので大丈夫ですが、パワー面と燃費、安定性、エンジン音は確実に悪くなりますので、余りお勧めはできませんね。
もし、ガソリンの値段を考えてレギュラーを入れるのであれば、やめた方が良いと思います。
逆に燃費が悪くなって、給油する回数が増えますので、燃料代としては間違い無く高くつきますよ。

あと、日産SRエンジンは点火タイミングがシビアになっています。
LEVとかを実現するために、ちょっと無理をしているエンジンなのだと、私は思っています。
レギュラー指定のSRエンジンでもシッカリとノッキングを発生させているので、ハイオク指定のSRエンジンにレギュラーを入れるというのは、エンジンの負担を考えると。。。。

以上の事から考えると、私はやめた方が宜しいかと思いますよ。

ではでは。

ハイオク指定のSRエンジンへレギュラーを入れたら、ですね。

レギュラーとハイオクの違いは、オクタン値の違いだと言うこととはキットご存知だと思います。
オクタンの詳細な説明は省かせていただくとして、オクタンというのは、エンジンの特性でもあるノッキングを減少させるものになります。
ノッキングと言うのは、ピストン内でガソリンが爆発を起こすタイミングがおかしくなるので、カナリエンジンに負担をかけますね。
特にターボ車などはエンジンの温度が非常に高くなるので、非常にノッキングを起...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報