プロが教えるわが家の防犯対策術!

特別送達で楽天カードから訴状と答弁書催告状が届きました、債権を回収会社に譲渡すると通知されていたのに、楽天カードから訴えられました、どういう事でしょう?
所持金はほぼゼロで全財産は7円しかありません、交通費が出せず距離的に東京の裁判所まで行くことは出来ません。200万円払えという内容です、裁判に欠席すると相手の訴えが全部通ってしまうそうです。

電話は無視していましたが裁判をバックレるとやばいですか?野々村議員みたいに強引に裁判に出席させられますか?、実際問題負けたところでとられるものはありません。

今年中になんとか20万円貯めて自己破産をするつもりでしたが、それよりも早く裁判が始まってしまいました。
法テラス無料弁護士相談では「どうせ取れないんだから裁判なんかしてこない」と言われていましたが訴えられました、財産は残価40万円の車だけです、車を差し押さえられる事はないと言われましたが心配です、車が登録から7年立つのを待って自己破産するつもりでしたが、このままでは愛車を失ってしまうかもしれません。

もう死にたいです、毎日死ね自殺しろ!とLINEを送りつけてきた知人にルームシェアと転職を進められ騙されて、失業して仕事と貯金と住居を失って、返済不能な借金を負いました。利息もめちゃくちゃ高くて元本200万円だけでは済まなくて完済すまでに400万円ほど払わないといけません。
ここまで俺を陥れた知人ですが唯一無二の友達なのでお金が有ったら復縁したいと思っています、私の友達は良くも悪くも彼しか居ないので別れられません、カネ目当てでも俺と付き合いをしたのはアイツだけなんです。

A 回答 (6件)

警察に相談してください

    • good
    • 2

私は楽天はサンクスのポイントカードの分以外は、持ってないですし、楽天はいろいろ非常に使いにくい使いずらいので、サンクスのポイントカード以外は楽天に関わりたくないです。

本当に。そのカードも破損紛失したら、楽天のカードもなくてもいいです。本当に。楽天は今、ネット通販配送料無料化で、独占禁止法に引っ掛かり捜査調査を受けている最中だから。
    • good
    • 1

覚悟を決めて、一切の督促も裁判も無視すれば良いことです。

サービサーに債権が渡っても支払い能力が無い、と言うことで数年間放置しましょう。そして、そのうちにあなたもキチンとした収入が得られるように生活の立て直しをして、サービサーからの請求金額の20分の1とか100分の1くらいで決着をつければ良いと思います。

サービサー側は会社として何らかの決着が必要ですので、少しの金額で済みます。その為には請求を粘り強く無視しながら自分の生活を立て直すことにつきます。あなたに覚悟が出来るかどうかだけの問題です。命までくれとはいいません。
    • good
    • 1

お金が7円しかないということだそうですので(ん? 車のガソリン代は? 動かせない車は維持費がかかるだけです。

そこまで困窮しているというのが事実であるならば,早々に処分すべきです)仕方がないですが,自治体等が行っている無料法律相談で相談してください。その際は,送られてきた債権譲渡通知と訴状,他にも督促状等があると思いますのでそれも持って行ってください(そういったものを持っていかないような人は救いようがありません)。そこでそのままだとどうなるのか,どうすべきかを聞いてください。

無料法律相談は,担当者次第なところがあります。金にならないからそれほど親身になる必要はない(お金になることなら頑張りますということの裏返し)と思う人もいれば,たとえそうでも,なんとか力になってあげられることはないかと思う人もいます。相談者側に問題がある場合もあります。無料法律相談には基本的に時間制限があります。問題解決にはなんの役にも立たないことをダラダラと話す人(親族問題で悩んでいる人が多いです。とにかく愚痴を並べ立てるんです)は,そのせいで解決への道を失ってしまうんです。必要な資料を提示し,聞かれたことには聞かれたことだけ答える。それが,相談者が自分を守るために最初にすべきことです。

債権譲渡通知と訴状の併存は,一見おかしなことのようにも思えますが,債権が複数存在する場合もあるので,それだけをもっておかしいとは断じられません。債権譲渡通知と訴状を比較検討して,同じ債権について訴えを起こしているようであれば,それは架空請求と一緒です。その事実を答弁書にして提出すべきです(無償法律相談の弁護士はそこまではやってくれませんので,自力でするしかありません)。

答弁書すら出さないのであれば敗訴は確実です。実際に債務なんてなくても,確定した勝訴判決があればそれに基づいて強制執行することができます(それを利用した架空請求詐欺すらあるようです)。あなたが大切にしている車だって,いくばくかのお金になると思えば強制執行してきます。とられるものなんてないと思うのは大きな間違いです。だって,向こうにはそれしか債権回収する方法がなさそうですから。それが嫌なら,ちゃんと対処すべきです。

ここまで行ってしまうともう遅いかもしれませんが,役所の生活支援課等で,相談をしてみるという方法もあったのかもしれません。公的機関がそういう情報提供をしてくれないと文句を言う人もいると思いますが,そんなことはないと思うます。現に,僕は役所に行ったとき,よくそういうリーフレットをよく目にしますから。知らないという人は,自分から求めないから気が付かないだけです。救いの手が差し伸べられていることに。

自分に都合のいいことばかりに目を向けていてはどうしようもありません(たとえば,「財産は残価40万円の車だけです、車を差し押さえられる事はないと言われました」「実際問題負けたところでとられるものはありません」というところでしょうか)。その姿勢が,今の困難を招いてしまった一因のようにも思えます。
「裁判をバックレるとやばいですか」等という言い方も,あなたに善意をもって接しようとする人の反感を招くだけです。まずは気持ちの在り方を改めるべきかもしれません。
    • good
    • 2

とりあえず、無視したら負けになりますから、まずは答弁書を出してください。


分からなきゃ、裁判ならどうせ弁護士が必要だから、弁護士に相談して、自己破産なり、債務調整の手続きを取ってください。
    • good
    • 0

そんな奴とは付き合わないようにしましょう


新しい友達は出来ますよ
法テラスを利用してるなら弁護士さんに相談しながらやっていきましょう
二度と同じ過ちをしないように
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング