見守り電球またはGPS端末が特価中!

1.裁判所で民事裁判して判決に関して、原告側の弁護士と裁判官が共謀して判定を原告側に優位になるような判決を下すことはありますでしょうか?

A 回答 (7件)

普通に有ります、現実では警察も検察も裁判所も、そんなにきれいなものではありません。


どの世界も階級社会。
法曹界も検察、弁護士世界なども、根は同じ出身で、職も行ったりきたりしますよ。
なので、なあ、なあも普通に有ります。

検察が起訴された側に弁護士を紹介(あてがったり)裁判所が中に入って仲介したり(の、格好)もあります。w

実際には裁判制度がうまく機能しなかったり、ごまかしが、よくあります。
(仕事の効率化=互いに都合の良い方向に)どの世界にも言える事ですが、・・・

なので、何事も信用しすぎる事はダメです。
    • good
    • 1

日本の裁判官は、ウンコが着くほど


生真面目です。

現場検証などで、原告の家で間違ってお茶を
飲んでしまったら、
被告の家でも必ず飲むようにしています。

皆無かどうかまでは判りませんが
無いと思いますよ。


汚職大国中国では、弁護士は二種類おります。

一人は法廷で戦う弁護士です。

もう一人は、裁判官工作をする弁護士です。
    • good
    • 0

日本の裁判は三審制である。


一審の裁判官を買収したからと言って上級審のそれに失敗すれば、全くの無駄に終わる。

そして買収に失敗した時点で不正は明るみに出る。

そのような割に合わないリスクを犯す裁判官や弁護士は、どれだけいるだろうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

多少なりとも、リスクを犯す裁判官や弁護士はいるのでしょうか?
いたとしたら許せませんが。

お礼日時:2020/02/09 20:51

私は、土地のことで、本人訴訟をしました。

間違いなく勝ちだったのに、相手方弁護士と裁判官が何か話をしました。
民事は嘘付きが通ります。裁判所、弁護士を一切信用しない方がいい。と確信しました。
    • good
    • 1

少なくとも、憲法で黙秘権が保証されています。

不利な事実は隠すに決まってます。
    • good
    • 0

原告側弁護士は当然に原告になるべく有利になるように色々工作します。

あの手この手、あんな事でもどんな事でも原告の資金次第です、w
裁判官を買収する?リスクが高いですからお値段も跳ね上がりますが・・・w
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「弁護士は原告になるべく有利になるように色々工作します。」とは嘘や不利な事実を隠して、証言したりすることもあるのでしょうか?
お金さえ払えば、裁判官を買収することも可能なのでしょうか?
もちろん私はお金を払ってまで、弁護士に裁判官を買収するような依頼はしません。

お礼日時:2020/02/09 18:58

ありませんッ!

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング