「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

これから 大手企業や日本の雇用形態は、どうなると 思いますか??

例えば
若いから 育てるより
技術があるから雇う。

A 回答 (1件)

そうですよ、


大企業の経営者は、自分たちの俸給や株主への配当は優先し、そのつけを社員にまわすでしょう。
今後考えられるのは、派遣労働、請負労働の一層の推進ですよ。

自分たちで育てるよりも、能力をもっている者を市場から調達すれば良い
という傾向に一層拍車がかかるでしょう。

日経連は1995年に「新時代の『日本的経営』」という提言をおこなっています。
ここでは、労働者を三種類にわけて雇用するということを打ち出しています。

 (1)長期蓄積能力活用型グループ
 (2) 高度専門能力活用型グループ
(3) 雇用柔軟型グループ

正社員は(1)だけ、専門的技能をもつ(2)は任期制、それ以外は(3)で請負や派遣というものです。
実際に、この提言がだされてから、派遣労働が限定が原則だったのに法改正をして制限をなくしました。
研究職や大学教員にも任期制が大幅に導入されています。

おそらく今後の人口減をみこして(3)のような労働にも外国人労働者を自由に雇用できるようにするつもりでしょう。
(1)のエリートだって、いまや大学が英語で授業すれば評価がよくなるという状態です。
これが何を示すかというと、優秀な外国人留学生を呼び込み、採用して積極的に採用しようということですね。

日本の大多数の庶民をどのように考えているか疑問です。

1995年、日経連「新時代の『日本的経営』」と3種類の労働者グループ
https://www.chishikinosoukonoseiri.com/entry/201 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング