ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

前立腺がんの診断について質問致します。

前立腺がんのステージⅣと診断されました。
医師の説明を聞いても分類などがハッキリ分からなくて、何故ステージⅣかと聞きました。
答えは「前立腺がんが2、膀胱がんが2、併せてステージⅣ」
だと言うのです。
そんなステージ診断ってあるんでしょうか?

病期分類ってTNM分類じゃないんですか?
その悪性度がグリソンスコアなんじゃないのですか?
突っ込んで聞いたら、
PSAが66だからステージⅣ
血尿があるから膀胱がんと言われました。

生検結果も教えてくれず、
MRI結果も境界明瞭かどうか教えてくれませんでした。
なのに手術を勧められています。全く納得できません。


セカンドオピニオン
探した方が良いでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 膀胱に転移、との解釈で納得出来ました。
    担当医に聞き方を変えて確認してみます。

    手術に関しては、術後合併症の尿漏れで
    QOLが著しく低下してしまうことが怖いです。

    80歳なので、手術を受けず、ホルモン療法のみで経過したい希望があります。しかし、医師には、血尿でものすごい痛みに襲われると言われました。苦痛で余生を送るのも怖くて迷っています。
    手術を受けるべきだった事例など
    もしご存知でしたら、情報頂けるとありがたいです。

      補足日時:2020/02/11 00:05

A 回答 (6件)

がんには赤外線は良く効くのは知られています



やぐらコタツのランプを下部に照射が

効果的であります

試した結果では電気アンカは脳には良いようです
    • good
    • 0

転移したということは全身にがん細胞がばらまかれて定着したということで、


そのうち成長の早いところから「転移がん」の出現となる。

だから、一か所だろうと、転移があればステージⅣになるのである。

がんの治療法はいくつかあるが、外科手術ができるならそれが一番良い。
取り残しさえなければあとくされなく消滅するからである。
転移がんが後から出てくるから定期検査は欠かせないが、それでも末期がんを体内に抱えているよりはよい。
俺の父は放射線療法とホルモン療法、抗がん剤の併用だが、それは外科手術が不可能だったからである。
手術でさっさと除去できていれば、その後10年以上、薬などでだましだまし延命することはなかっただろう。

あと、ずいぶん専門用語を知っているようだが、それらの意味や意義について、医師以上に知っているのだろうか?
病気の治療は医師の力だけではできない。患者の努力も不可能である。
こういう質問に満悦していて、医師のパフォーマンスは引き出せるだろうか?自分は最大限の治療行為に取り組めているだろうか?

医師を変えるのは結構だが、多くの医師はこういう患者は好まない。
結果が変わる可能性は低い。
    • good
    • 0

転移していたらステージ4なのです


癌専門の医者を紹介してもらいましょう
その箇所なら完治も可能です
    • good
    • 2

すいません、2重投稿になった。

    • good
    • 0

とりあえず、自分で電気アンカで温熱治療をしましょう。


僕はがんでないのですが、次の動画で、肝臓、腎臓、腸(下腹部)に3分づつ当てて寝たら
快調です。
なので最近は、のどや顔までアンカ当てて、10年ぶりに鼻腔が通った感がうれしいです。



温めると血管が拡張、血が集まって、傷んだ細胞に栄養与え、老廃物を
流し去る、毛細血管の復活など良いことが多い。38度と少し上がると
熱で死ぬバイキンも多い。がん細胞にも特効性とかの情報もある。
手当という医療の基本は、手で守り温めると言うもののようです。
    • good
    • 0

>セカンドオピニオン、探した方が良いでしょうか?


はい、当然です。

とりあえず、自分で電気アンカで温熱治療をしましょう。
僕はがんでないのですが、次の動画で、肝臓、腎臓、腸(下腹部)に3分づつ当てて寝たら
快調です。
なので最近は、のどや顔までアンカ当てて、10年ぶりに鼻腔が通った感がうれしいです。



温めると血管が拡張、血が集まって、傷んだ細胞に栄養与え、老廃物を
流し去る、毛細血管の復活など良いことが多い。38度と少し上がると
熱で死ぬバイキンも多い。がん細胞にも特効性とかの情報もある。
手当という医療の基本は、手で守り温めると言うもののようです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング