水質検査(主に水道水や井戸水)の仕事をしている者です。
最近、季節がらか水道水中から大腸菌群を検出することが多くなってきました。そこで疑問に思うのは、菌が検出される水道水中には、ちゃんと遊離残留塩素濃度あることなのです。(中には0.1ppm以下のものもありますが)
特にプール水など、絶対に遊離残留塩素濃度が0.4ppm以上あるはずの水でも大腸菌群が検出されてしまうのです。
お客様からも「なぜ??」と質問されて困っています。
どなたか良い回答を宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

もっとも大きい要因と思われるのは、採水ミスです。


水道の場合は、ちゃんと蛇口にバーナーを当てなかったり、採水瓶の口やキャップに触れてしまったり、です。
プールの場合も素手で採水瓶を持ってそのまま手をプールに突っ込んでしまうことがあったりして。
特に毎回毎回、採水や検査をやっていると、ついつい慣れから知らず知らずのうちにミスをしてしまうことがあると思われます。
初心に返って慎重に作業する必要があります。

それと、もう一つの要因は、細菌と薬剤の接触のチャンスと接触時間の問題です。
水道の場合は、簡易水道や飲供施設の場合に、次亜塩素酸ナトリウムの水溶液をダイヤフラムで圧入したりしますが、その後、薬剤と水が十分に混和されて細菌と薬剤が十分接触する機会があるかどうかにかかってきます。
また、プールの場合は表層水と下の方の水では残留塩素の濃度が違ってきます。表層水の場合は直射日光や浮遊性の有機物(人体の垢や皮膚組織の断片、ゴミなど)によってほとんど消費されてしまっている場合があります。
その部分を採水したとすれば、大腸菌群陽性はあり得るわけです。

一回検出されたからといってあわてる必要はありません(あくまでも、E-Coriは汚染の指標ですから。でも、乳糖を分解するグラム陽性桿菌の最確数数測定法は、細菌数は推定にすぎませんが、陽性ですから何らかの細菌は存在しています。)が、どうしてそうなるのかの検証は十分しておくことが大切です。そして、再検査で確認するわけです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅れましてどうもすいません。
確かに採水ミスはあるかもしれませんね。
我が社の場合、採水するのはあまり水質検査の事は知らない営業がするものですから、どういう風に採水しているのか、私達はまったく知りません。
何度検査しても大腸菌群が検出されたある井戸水など、営業が採水容器に次亜塩素酸を直接入れてしまった事があるぐらいです。(笑)
プール水は、ほとんど室内のものなんですよ。しかも某スポーツクラブの水なんですけどね。いつも不適合なので絶対名前は出せません。

大変参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/07 23:18

微生物の個体数の時間当たりの変化は、殺菌剤の濃度と殺菌時間の関数に


なります(式は書きにくいので割愛)。

要は、それなりに殺菌剤が濃くても、ちょっとしか触れてなければ生き残っている
やつもそれなりにいる、ということです。

ですから、別に不思議なことでは無いです。

# 決して、気持ち良いもんではありませんが…

また「遊離残留塩素濃度」と言った場合には、殺菌力の異なる Cl2、HOCl、OCl- の
混合なわけですから、一概に殺菌力を言えません。

参考URLに、塩素濃度と大腸菌群を99%死滅させるのに要する時間の関係を
書いたグラフがあるので参考まで。

参考URL:http://www.haccpper.co.jp/ensokago.html
    • good
    • 0

別に不思議なことでは無いです。



微生物の個体数の時間当たりの変化は、殺菌剤の濃度と殺菌時間の関数に
なります(式は書きにくいので割愛)。

要は、それなりに殺菌剤が濃くても、ちょっとしか触れてなければ生き残っている
やつもそれなりにいる、ということです。

また「遊離残留塩素濃度」と言った場合には、殺菌力の異なる Cl2、HOCl、OCl- の
混合なわけですから、一概に殺菌力を言えません。

参考URLに、塩素濃度と大腸菌群を99%死滅させるのに要する時間の関係を
書いたグラフがあるので参考まで。

参考URL:http://www.haccpper.co.jp/ensokago.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅れましてすいません。
早速、参考URLを拝見しました。
その表によると、0.1ppmの残留塩素でも約99%の大腸菌群を死滅させるのに120分ぐらいという事ですが・・・。
検査の都合上、採水してすぐ検査する訳ではなくて、たいてい採水した次の日に検査するんですが、そうなると採水容器の中で充分な時間が経っていると思われるのです。(少なくとも12時間以上)
それでも死なずにいるんですよ?
他にも何か要因があるのかもしれませんね。

でも、とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/07 23:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸菌について。

とても初歩的なことをお尋ねさせていただきます。

・大腸菌は、もともと人間の大腸内で増殖・生存している菌なのに、それを食べてどうして病気になるのでしょうか?

・大腸菌の中で、ガスを発生するのが病原菌と聞いたことがあるのですが、ガスとは何なのでしょうか?

・一般的な菌検査では、大腸菌群(大腸菌とは関係ない??)、ガスを発生する菌か否かで検査するのでしょうか?具体的な菌名で検査しないのは、コストがかかるからでしょうか?

・食品で病原性大腸菌が発生する要因としてどんなことがあるのでしょうか?

以上ご回答のほどよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

ご職業は何でしょうか。質問者様の立場がわかるとより状況に即した回答ができると思います。
私は医師です。
・人間側の防御機構との釣り合いの問題です。細菌が優勢になると病気になります。O-157など人間にとって強烈な毒素を産生する一部の大腸菌は人間の大腸内にいません。
・その場合のガスとはCO2やH2がメインです。ガスを出さない病原性大腸菌も多くいます。
・ガスを産生する菌は大腸菌以外にもいます。ガス産生能は、菌を推定する一つの目安になります。具体的な菌名まで特定しないのは、まあ、コストというか、需要の問題です。抗菌薬治療するならもっと細かく分類が必要です。大腸菌群とは大腸の中にいる菌という意味で、大腸菌やその他の腸内細菌を含みます。
・細菌を含む生物は基本的に自然発生しません。外からの混入、増殖を減らす努力をしてください。

Q原因菌の検出と推定原因菌の検出はどう違うの?

抗菌薬の論文で見かけた言葉なんですが、
そもそも推定原因菌とはどのレベルの話なんでしょうか?

「検出された原因菌(推定原因菌を含む)」とあれば、どういうことをいっていますか?
「原因菌」の方は、「サンプルから分離培養して原因菌はXXと判明(同定)」されたことかなと理解していたんですが、あってますでしょうか?
だとすると、「推定原因菌」は菌種が特定できなかったということなんでしょうか?
それはどういう場合に起きますか?

たくさんありますが、詳しくご教授いただけると大変助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

文脈がわからないので推定ですが、

特殊な培養法(嫌気培養など)を採用しないと検出できない細菌があります。
それらの細菌の関与が疑われるときにははじめからそれを推定して
特殊な培養法で検出を試みるわけです。
それが推定原因菌ということではないかと思います。
ですから推定原因菌の見込みが当たって特殊な培養で検出されれば同定できます。

Q大腸菌operon(オペロン)について

あるウィルスのDNAに大腸菌オペロンのDNAが400bpぐらいマッチングしました。こういう場合、このウィルスは大腸菌と関係していると考えられますか。GC%が大腸菌と一致していたら大腸菌をもとにしたものと考えてもいいでしょうか。

Aベストアンサー

大腸菌の配列とウイルスの配列を比べて見ましたが、
少なくとも、現時点でNCBIからダウンロードしたデータでは
そのように100%一致する領域は見当たりませんでした。
(SARSの配列にヒットしたのは、類縁のウイルスのみでした。)

ただし、大腸菌のご指摘の領域には、ISという、移動性因子が
含まれていることが分かりました。
そこで、この領域に一致する配列をデータベースで検索
したところ、大腸菌以外に、ヒトやイネなどの配列と
されているもののいくつかにもヒットしました。
これは、おそらく、ヒトやイネなどの塩基配列を決定する操作において、
一旦大腸菌でそのDNAを増やす過程において、ISが大腸菌の
ゲノムから飛び出して、ヒトやイネのDNAを載せたプラスミドに
飛び込んでしまったためであると思われます。

したがって、これらの現象は、あくまで、配列決定操作上の
誤りであり、ヒトやイネがそのような配列のDNAを持っているという
ことではないでしょう。

>それで仮説ですが、大腸菌にバイオ操作でウィルスを感染させて利用するような技術はありますか?そうすれば大腸菌のDNAや部分的な機能が含まれたりするのではないでしょうか。

つまり、上記の様に、大腸菌にウイルスを感染させたという
わけではなく、ウイルスのゲノムDNA配列を決定するにあたり、
その一部分ごとにしたウイルスゲノムDNAを大腸菌内で
増幅させた際に生じた混入と見るのが妥当でしょう。
(もし、どこかの時点で取得して来たウイルスの配列に
大腸菌の配列が含まれていたとした場合)

ちなみに、動物に感染するウイルスを大腸菌に感染させることはできません。
大腸菌に感染するウイルスの仲間もいますが、それは、
バクテリオファージと言われるものであり、ヒトなどの
動物に感染するものとは全く違うものです。
鳥にしか感染しないはずのウイルスがヒトに感染するように
なってしまうという様なレベルの違いではないのです。

大腸菌の配列とウイルスの配列を比べて見ましたが、
少なくとも、現時点でNCBIからダウンロードしたデータでは
そのように100%一致する領域は見当たりませんでした。
(SARSの配列にヒットしたのは、類縁のウイルスのみでした。)

ただし、大腸菌のご指摘の領域には、ISという、移動性因子が
含まれていることが分かりました。
そこで、この領域に一致する配列をデータベースで検索
したところ、大腸菌以外に、ヒトやイネなどの配列と
されているもののいくつかにもヒットしました。
これは、おそら...続きを読む

Q大腸菌の検出

CFU、メンブランフィルター法について簡単に説明していただけないでしょうか??

Aベストアンサー

CFU:Colony Forming Unit
微生物の数を表す単位のひとつです。
ただし、1CFU=1個とは限りませんので、気をつけてください。

メンブランフィルター法:ある試料の微生物を定量する方法の一つで、試料溶液をメンブランフィルターでろ過し、そのメンブランを寒天培地の上に貼り付けて培養する方法です。大量の試料の処理が可能ですが、ろ過残渣が多く出たり、菌数が多い試料には向きません。

Q大腸菌の遺伝子操作について・・・

大腸菌にプラスミドを加え形質転換させました。
最終的にLB/ampプレートに溶液をまき一日待ちました。

amp→アンピシリン(抗生物質)

大腸菌は紫外線に当てて発見できましたがこの大腸菌は最初の大腸菌と同じのができあがったと考えていいもですか?それとも違う物質なのですか?

Aベストアンサー

大腸菌をプラスミドを用いて形質転換したとき、LB/amp培地を使用したということは、そのプラスミドにはamp耐性の遺伝子が組み込まれているためです。プラスミドがうまく導入された大腸菌は(つまり、形質転換成功)amp耐性がつきますので、LB/amp培地上でも生育でき、コロニーが現れますが、プラスミドが導入されなかった大腸菌はamp耐性を持っていないため、LB/amp培地では生育できずコロニーとしては現れません。

一般的にプラスミドには抗生物質耐性の遺伝子がコードされているので、これを利用して形質転換したものとしてないものを選抜しています。最初の方のように大腸菌がもともとamp耐性を持っているとすれば、話は変わってきますが・・・。

質問の内容を見るとおそらく研究している方ではなく、大学の授業の課題のように思えます。だとすると、紫外線を当てたのは形質転換体とそうでないものを選抜する目的ではなく、形質転換後の大腸菌がどのように変わったのか(この場合、紫外線に反応する大腸菌を作出したのでは?かなり有名な遺伝子です)を見るためだと思います。

分子生物学を専攻に研究されている方にとっては、この問題はかなり基本の部分になりますが、実際に自分で体験しないと本で読むだけでは理解するのに時間がかかるのかもしれないです。今後分子生物学の分野の授業をとるとか、そちらのほうに興味があるのでしたら、本格的なものでなくても載っていると思うので、生化学の教科書等でプラスミドや形質転換について勉強されると良いですよ。

大腸菌をプラスミドを用いて形質転換したとき、LB/amp培地を使用したということは、そのプラスミドにはamp耐性の遺伝子が組み込まれているためです。プラスミドがうまく導入された大腸菌は(つまり、形質転換成功)amp耐性がつきますので、LB/amp培地上でも生育でき、コロニーが現れますが、プラスミドが導入されなかった大腸菌はamp耐性を持っていないため、LB/amp培地では生育できずコロニーとしては現れません。

一般的にプラスミドには抗生物質耐性の遺伝子がコードされているので...続きを読む

Q大腸菌ラクトースオベロン

遺伝学で大腸菌ラクトースオベロンとは何のことなのでしょうか?
あと、DNAポリメレースとはDNAの複写のことですか?

Aベストアンサー

大腸菌はグルコースを炭素源としますが、グルコースがなくラクトースがあるとき、ラクトースを分解する能力をもちます。遺伝子的にみたとき、ラクトースが存在することによってラクトースを分解する能力が発現するスイッチとなる遺伝子とその構造の設計図となる遺伝子がセットになって存在し、これをオペロンという一単位として扱うというものです。
(オベロンではなくオ「ペ」ロンです)

DNAポリメレースとはDNAポリメラーゼのことです。

簡単にはこんなとこですか。かなり曖昧な記憶なので自信なしにしとこう(笑)

Q「大腸菌群」のある食品はなぜ不衛生?

ニュースで話題になることの多い、食品中の大腸菌群なんですが、
なぜこれがあると危険なのでしょう?

大腸菌自体は体内にもあるんだし、大学で(畜産関係です)
「一度口をつけた飲み物には、口から大腸菌が入ってる」
と聞いたこともあります。
別の種類・また数の多さが問題なのでしょうか?

また、危険な菌は他にもあるのに、いつも大腸菌が問題になる気がします。
それとも、大腸菌群の有無が何かの目安になっているのでしょうか??

Aベストアンサー

大腸菌群は糞便汚染の指標とされています。
ほかには腸球菌も指標として使われます。
検出方法が簡単なことも指標として使われる1つの要因でしょう。

ちなみに、大腸菌群は必ずしも大腸菌ではありません。
畜産関係なら知ってると思いますが、一応。

Q大腸菌の応用

大腸菌は研究分野などにおいてどのようなことに使われていますか?
またその簡単な方法も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

1、DNAの増幅装置としての利用

プラスミドDNAと呼ばれる大腸菌内で複製されるDNAに
自分が必要な遺伝子をつないでおいて大腸菌内に入れる。
その大腸菌を増やして、増えた大腸菌とともに増えたプラスミドDNAを
抽出することによって、大量のDNAが得られる。

2、タンパク質の増幅装置としの利用

大腸菌内で翻訳されるプラスミドDNAに自分が必要な遺伝子をつないでおき
そのプラスミドDNAからタンパク質が作られる。
そのプラスミドDNAを入れた大腸菌を大量に増やし、と同時に
中のタンパク質も大量に作られるので、そこからタンパク質を抽出する。
これによって目的のタンパク質が大量に得られる。

Q大腸菌の生命力について。

大腸菌って、大腸から離れた場合、
どのくらいの時間生存しているのでしょうか?

よくお金は大腸菌がいっぱいついてて汚いと言いますが、
大腸菌が生きて付着しているのですか?

またネコを飼っているのですが、お尻を舐めたあと、
体も舐めています。その場合、ネコの体は「大腸菌だらけ」に
なっているのでしょうか・・・^^;)

こちらで質問するとキチンとした回答が得られると思って、
投稿させていただきました。

Aベストアンサー

O-157のような病原性大腸菌や大腸菌感染症という病気も存在しますが、一般的には大腸菌は人に悪さをする菌ではありません。

腸内細菌として糞便に含まれる事から、飲料水からは大腸菌が検出されてはいけないという決まりはあります。

ちなみに健康な人間の皮膚上から大腸菌が検出される事もあります。

お札にどの程度付着しているか、私は調べた事はありませんがお札には人間の汗、老廃物など細菌にとって栄養素となるタンパク質やアミノ酸が付着しています。

また、水分ですが人間がいう「乾いている」状態でも細菌にとっては十分生育できる湿度がある場合もあります。(カビなんかも良い例だと思います)

後は細菌が生育可能な20℃~37℃くらいの温度が有れば言い訳ですから生育は可能でしょう。

結構細菌ってあっちこっちに居ますよ。
誰もいない部屋に培地を30分くらいおいて、テストしてみるとたくさんの落下細菌が検出されたりしますから。

もし質問者さんが学生さんなら生物系の先生に頼んで実験させてもらうと良いかもしれません。

Q大腸菌について

大腸菌の世代時間がゲノム複製時間より短い場合があるのはなぜでしょうか。
複製を長めに取っておいたほうが何らかの原因で途中で複製が終わったとしても複製終結点
を過ぎていれば問題ないのでは、などと自分なりに考えてみましたが果たしてこの考え方が
あっているのか、またうまく言葉に出来ません。考え方を教えてください。

Aベストアンサー

大腸菌が活発に増殖している状態では、1回の複製が終了する前につぎの複製が開始されます。

先行した娘ゲノムの複製が終了すると、親ゲノムに複製途中の娘ゲノムがぶら下がった状態で分裂します。次の世代の複製が途中まで進んだ状態で娘細胞になるので、世代時間がゲノム複製時間より短くなります。

たしか、1回のゲノム複製にたしか1時間程度だけれども、一個の親ゲノムに対して、平均3~4個の娘ゲノムが複製途中にあるため、増殖期の世代時間はその1/3~1/4程度(15~20分につき1回分裂)になるのだったと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング