最新閲覧日:

私はCB750(RC42)に乗っています(空冷4気筒)。先日、オイル交換と同時に油温計を設置しましたが、どうも、油温が上昇しすぎるようなのです。というのも、今日、用事でバイクに乗っていておりましたが、運悪く渋滞にはまってしまい、目的地につく頃には140℃を超えるぐらいにまで上がり、バイクを止めて冷やすこととなってしまいました。(通常でも110℃~120℃を行ったり来たりという感じなのです・・・)、バイクには異常はなかったのですが、空冷のバイクでこの温度は普通なのでしょうか?確か、本などには恒常的に100℃を超えるようではだめと書かれていたと記憶しておりますが・・・ちなみに交換したオイルは15w-50のオイルです。どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

空冷や油冷の単車では、オイルの通常温度が120℃前後は当たり前です。


渋滞にはまった時なんかは本当に140℃くらいになっちゃいます。
現在私はGSXR1100(油冷)に乗っていますが、こんなものです。
だいたい145℃を長時間越えていなければ大丈夫ですよ。

ちょっと前まで単車は水冷ばかりで、そこから空冷に乗り換えて油温計を取り付けたりしたら、水冷とのあまりの温度の違いにビビッてしまう人がかなりいます。
ノーマル状態で乗る単車には、油温計はあまり必要ないのかもしれませんね。
もし、あまりにも気になるようでしたら、出費を覚悟して大き目のオイル・クーラーを取り付けるとか、電動ファンを取り付ける加工をするとかしてみたら如何でしょう?

それよりも、空冷・油冷の単車は暖機運転に気をつけましょう。
サイドスタンドで立てた状態での暖機運転は、1番シリンダーの上のカム(一番右側ね)を「かじる」原因となります。
『エンジンにやさしい…』とか言って、長時間の暖機運転よりは、エンジンを掛けて、アイドリングがある程度安定したら、回転を上げないようにのろのろと走り出し、エンジンオイルを温めてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

空冷・油冷のバイクではこれぐらいは普通なのですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/08 21:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ