プロが教えるわが家の防犯対策術!

Youtube に使う英語の音声に、google翻訳やweblio で音読された音声は使っても大丈夫でしょうか

A 回答 (2件)

#1ですが、調べた限りではGoogleは商用か否かに関わらず複製配信を禁止していますね。


weblioは商用使用を禁止しているのみです。
ですからyoutubeに音声は載せることは可能でしょうが、そのyoutubeにアップした動画に広告が付く場合、商用と見なされる可能性はありますね。
    • good
    • 2

合成音声データそのものは著作物では無いので著作権フリーと言えます。


しかしそのシステム管理者が無償利用を認めているかは別です。
グーグルやWeblioの利用規定を確認する必要があります。ライセンス料が掛かる場合がありますから。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング