柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

豆乳効果(薄毛)の真偽に関して

最近つむじ周りの薄毛が気になってきた20の男です。金がないので治療薬には中々手が出せず、育毛剤や頭皮マッサージ等で奮闘している最中であります。

ネットで薄毛対策について調べていると、豆乳がどうもいいらしいという記事を見つけました。どうやら薄毛の原因ともいえる5αリダクターゼの働きを抑制する効果が有るらしく、薄毛を緩和できるとか。

しかし、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと化学構造が近似していることもあり、男にとっては場合によってはデメリットになりうる事も分かりました。(実際中国では、健康維持のために豆乳をガブ飲みした男性の乳房が肥大した、という記事もありました。)

それでも薄毛が緩和するならとこれから豆乳を毎日飲んでいこうと思うのですが本当に効果はあるのでしょうか?

実際に豆乳を飲んで薄毛が治った方、こういったことに詳しい方にお答えして頂けるとありがたいです。

A 回答 (2件)

男性の薄毛の90%はAGAです。


そしてAGAの原因はホルモンです。
ですから育毛剤やマッサージ、豆乳では原因の解決にはならないので薄毛は進行していきます。
今の医学ではそのホルモンに作用する薬を飲むしか進行を止める方法はありません。
逆に言えば薬さえ飲めばほとんどの方は進行を止められます。
費用に関しても育毛剤とそれほど変わらない金額で処方してもらえるクリニックもあるので検討してみてはいかがでしょうか?
まずは無理カウンセリングで色々聞いてみると良いですよ。
https://ke-hanashi.com/green-gclinic/
    • good
    • 0

気休め程度ですね。



それに、副作用と呼べるレベルを毎日飲む手間とコストを考えると素直に薬飲む方がマシだと思います。
フィナステリドの単剤なら4000円レベルですから一日500ミリのペットボトル飲料1本分程度です。

まだ、薄毛で無い人が健康目的で豆乳を飲むことは否定しませんが治療目的で飲むなら目的は達成できないでしょうね。
目的が全くことなりますからね。

治療薬は、生え際よりつむじ付近の方が効果が出やすいと言われているし、維持レベルを目的とするならかなりの確率で
目的を達成できるのが今どきの常識です。

無駄にお金を効果が定かではないものに使うくらいなら素直に薬を使う方が費用対効果は高いと思います。
もちろん薬ですから副作用などのマイナス面もありますが現実的に薄毛に対応するなら薬が第一選択というのがどんな医師に聞いても
もどってくる答えでしょう。

市販の育毛剤もリアップなどのミノキシジルを含む製品以外は、気休め程度というがガイドラインに記載されている通りです。
繰り返しになりますが、結局は安い育毛剤やマッサージをしても目に見える効果は今のところ認めらないというのが薄毛治療の実情で
フィナステリドを含む薬を服用するという答えに落ち着いてしまいます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報