【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

javascriptを無効にするメリットとデメリットを教えて下さい

gooドクター

A 回答 (3件)

No1さんの通りです。



WEBページは HTML +CSS+JavaScript でてきています。それぞれの役割は以下の通り。
つまり JavaScript を無効にすると、動きのない
 紙に印刷したのと同様のコンテンツ
しか見ることが出来ません。多くのWeb コンテンツは、そのようにしての閲覧は想定していないので、結果、No1さんの回答の通り
 Webサイトをまともに閲覧できなくなる
わけです。

<参考>
HTML はマークアップ言語で、これを使って Web コンテンツに構造と意味を与えます。例えば段落や見出しや表を定義したり、ページに画像や動画を入れたりします。
CSS は HTML コンテンツに適用するスタイリング規則の言語です。例えば背景とフォントの色を設定したり、複数カラムにコンテンツをレイアウトしたりします。
JavaScript は動的にコンテンツを更新したり、マルチメディアを管理したり、その他多くのことができるスクリプト言語です。(ええ、すべてできるわけではないですが、JavaScript の数行でできることは素晴らしいです。)
    • good
    • 1

無効にするメリットは情報(コンテンツ)が環境に依存しないこと


デメリットは、できることが極限まで限定されてしまうこと
    • good
    • 1

>>javascriptを無効にするメリットとデメリットを教えて下さい



・メリット
 JavaScriptを利用したウイルスのプログラムが動作しなくなるのでWebサイトを閲覧しても安全になります。

・デメリット
 現在では、ほぼ100%のWebサイトがJavaScriptを利用しています。なので、ブラウザがJavaScriptを利用できないようにすると、Webサイトがまともに使えなくなります。

結論として、JavaScriptを無効にするとWebサイトをまともに閲覧できなくなります。
Webサイトが使えなくなるので、安全です(笑)。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング