利用規約の変更について

法律の勉強の手順を教えてください 



中学生です。法律の勉強をしたいのですが、何から勉強すればいいかわかりません。法律を勉強する手順を教えてください。民法と刑法を主に勉強したいと思っています

A 回答 (8件)

法律の勉強の手順を教えてください 


 ↑
教科書
六法
判例

この三つを勉強するのが
基本です。



中学生です。
 ↑
中学生では法律の勉強は無理だと
思います。
社会の事をしらないと、法律は
理解出来ないからです。
いまやるべきは、少しでも偏差値の高い
高校に入ることです。



法律の勉強をしたいのですが、何から勉強すればいいかわかりません。
 ↑
まずは教科書を読むことからはじめます。
その時は、常に六法を引くようにします。



法律を勉強する手順を教えてください。
民法と刑法を主に勉強したいと思っています
 ↑
受験新報、という司法試験用の雑誌があります。
そこに、適切な教科書が紹介されているので
参考にすると良いでしょう。
本屋にありますから、立ち読みしたら?

民法よりも刑法の方が理解しやすいので
刑法からはじめることをお勧めします。
民法は、社会の事を知らないと理解
出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
参考にさせていただきます

お礼日時:2020/02/21 06:58

先ずは、「実社会のしくみ」と法について考えることです。


なぜ「そうした行為が許されるのか」または「許されないのか」
そうしているうちに「社会が法によって成立している」ことに気付きます。
「戦国時代」好きが「歴史好き」の第一歩となるのと同じように、
何かあったら「法」というフィルターでそのことを見る習慣をつけることです。
たとえば「新型肺炎について」も単に怖がるのではなく、法という視点で見ることです。
クルーズ船に乗った人の人権は?治療費は?中止した行事の費用は誰でが負担するの?といったことを
感情論でなく、もちろんいい加減な推測でもなく、「法」に基づいて考えることです。
当然調べなければなりません。じぶんでいろいろと、調べてみる習慣をつけるのです。
ただ「法」を趣味でなく仕事にしたいのなら、学校の勉強もしっかりやってください。
「法」に関わるということは「社会全体」とかかわることですから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
参考にさせていただきます

お礼日時:2020/02/21 06:58

> 趣味目的で方法を勉強する場合はどうするのでしょうか?



あなたが興味のある訴訟を 1 つ取り上げて、原告の主張と根拠法、被告の主張と根拠法について丁寧に調べていく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございました!参考にさせていただきます

お礼日時:2020/02/21 06:57

弁護士の仕事、そして法律の勉強のためには、社会学的なもののみかた、さまざまな視点や立場に立ってものごとを考えるための複眼的思考、さまざまな人びとと共感できる心と、哲学理念や意志の力など、いわゆる広い教養のバックグラウンドが前提として必要になります。



現在は、AIの時代を迎えようとしていますし、条文暗記が得意でしかないような法律家は今後淘汰されていくでしょうし、社会の動向や他者の痛みを知らないような人は、法律家としては向いてもいないし、若いうちに早く資格を取れて実務につけたとしても、社会にとっては迷惑なだけです。

なので、若い時代は、さまざまなことに興味をもって教養を深められるように学び、そのなかでも自分の得意な分野を見つけだして、その関係方向での法律のプロとなれるように勉強努力してゆくことが、長い目でみても法律家として活躍し続けられるための道であり、戦略でもあるとは思います。

とりあえず、法律の世界を知るためには、岩波ジュニア新書などでも法学関係はあるでしょうし、あとは「子どもの権利条約」あたりを読み込んで、身近な日常のケースと照らし合わせて考察してみたり、中学高校社会科でも出てくる日本国憲法の理念や系譜の歴史を調べて考えるのもよいでしょう。

図書館などで探してみて、いまや古典的ではあるかもしれませんが、団藤先生などの法学入門書あたりもありますが、多くは大学生向きでしょうし、それよりは最初に述べたように教養を拡げるための勉強、の準備段階としての中高での勉強を頑張るほうがよいです。

あとは、コンパクト六法でも眺めて、大学進学後の勉強へのモティベーションを維持してゆくことは構いませんが、中高時代は六法よりも英語の辞書を読み込むだけでも忙しいと思います。
    • good
    • 0

法学部出身です。



中学生なら、興味のある法学の勉強をしてもいいですが、体系的に学ぶことは無理です。
法学部に入ると、憲法学・刑法・民法・商法・刑事訴訟法・民事訴訟法の基礎を学びます。

法学の基礎というのは「この法律が出来た理由、その法律が適用できる理論」などを勉強し、民法・商法などは具体的に判例などを使って、たとえば「物権が誰の所有なのかはこのような形で決める」などの事を勉強します。

これをやらずに、司法試験を受けようとしても無理があり、また法科大学院(ロースクール)での授業も理解できなくなります。

なので、今から自分で勉強するのはかなり難しいでしょう。

それよりも国語をきちんとやるべきです。法律の文章は日本語の中でも特に「論理的で独特の書き方」が求められているからです。なぜなら法律が「このようにも、あのようにも解釈できる」のでは法律として役に立たないことになるためで、基本的に「間違いなくこのように読み取れる」ように書かれています。

また論理性を養うには、数学も非常に重要ですし、大学のゼミで外国の法律との比較をするためには英語も重要になります。

ということで、中高の勉強をきちんとすることです。
    • good
    • 0

> 法律の勉強と5教科目の勉強を両立させて勉強するのは難しいというのは承知の上で質問します。

もし両立させて、勉強する場合はどのような勉強の仕方がよろしいでしょうか?

弁護士というのは司法試験に合格しないと、なれないわけです。
司法試験に合格するには、国立大や難関私大の法学部や法科大学院に合格しないと、まず厳しいわけです。
https://resemom.jp/article/2019/09/10/52403.html

だから、そういう難関大学に合格する学力を付けるのが、弁護士になる近道です。

それはそれとして今の時点で趣味目的で法律の勉強をしたいと言うなら、それはまた別の質問になるでしょう。しかし、将来弁護士になりたいから中学生が法律の勉強をするというのは、変な話です。プロ野球選手になりたい人が、バット振らずにサインの練習しているみたいな変な話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。ありがとうございます。一応聞いておきたいので、質問させていただきます。趣味目的で方法を勉強する場合はどうするのでしょうか?

お礼日時:2020/02/20 22:24

> いいえ。

弁護士を目指しています。

それなら、あなたが今すべき事は、法律の勉強じゃなくて英数国理社をきちんと勉強する事です。
東大や京大ですら、司法試験に受かるのは難しい。難関資格ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

法律の勉強と5教科目の勉強を両立させて勉強するのは難しいというのは承知の上で質問します。もし両立させて、勉強する場合はどのような勉強の仕方がよろしいでしょうか?

お礼日時:2020/02/20 21:57

それらを勉強したい目的は何なの?


法律クイズ王になりたいの?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいえ。弁護士を目指しています。

お礼日時:2020/02/20 21:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報