こんにちは。とっても不思議なことがあります。
それは、どうして、熟れたバナナから蝿が生まれるのですか?外から入ってきたのかもしれないけれど、まだ小さい蝿です。どうして??
それと、これと似たような質問なのですが、なんで、放置しておいた水から、蚊が生まれるのですか?
ぜひぜひ教えてください★

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ショウジョウバエでしょう。

赤くて小さいヤツ。果物。特に香りの強い甘い果物は注意です。(バナナ・メロン・洋梨など)
存在自体が小さいので気がつきませんが、何処からともなく現れて産卵します。更に放置するとウジが沸いてサナギになり、あっという間に大量発生。困ったものです。

蚊は、淀んだドブや側溝、廃タイヤに溜まった水、空き缶などの少量の水でも繁殖します。ある意味で、ゴキブリ・ハエに匹敵する生命力と繁殖能力があります。

これらの生物は昔から大して進化していません。かなり完成された生物なのかも・・・。環境への適応能力も高いですし。思うのですが生物のサイズが小さいほど環境への適応能力が高く、繁殖力も凄く高いですよね、これら何処にでも(北極や南極などの付近を除く)存在するような生き物は人間が知らないうちに何処でも繁殖していると思います。

余談ですが、水道水でも放置すると、たまにクラゲが発生することもあります。ミズクラゲという淡水のクラゲです。現物を欲しいのですがなかなか発生してくれません。
なお、クラゲが死ぬとしばらくして水に溶け、自己溶解液になります。これが海水中の汚れを固めて綺麗にしてくれる働きがあるそうです。

長々とすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!今年も蚊に悩まされています(>_<)なんと、換気扇からも侵入していたんですよ!!いやぁー!(笑)
クラゲってどんな方法で繁殖しているのでしょう?脳みそも無いんですよね。これにはビックリ。水に溶けて海を綺麗にしてくれているなんて、クラゲは海にっとて大事なんですね!
生物って不思議だなぁ★

長々と書いていただいて、嬉しいです。

お礼日時:2001/08/07 11:28

クラゲは卵が岩か何かに付着してバナナの房(木になっている状態を想像ください)を引っ繰り返した状態になります。

それが1枚ずつ剥がれて1匹のクラゲになります。何とも不思議な繁殖の仕方です。(URL参照)

質問の本題に付け加えると、ハエとか蚊とかゴキブリって凄いですよね。殺虫剤で死なない固体が生き残って繁殖するので、結果的には相当死ににくい個体が残るのでは・・・?。最悪な環境もものともしませんし、放射線を大量に浴びても死なない個体が繁殖したら、そのうち物理的な方法でないと殺せなくなるという心配がありますので、殺虫剤メーカーさんも日々頑張って人に優しく虫に厳しい殺虫剤を開発していただきたいですね。

参考URL:http://www10.cds.ne.jp/~azu/qurage/breed.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私の疑問に、とても親切に答えてくれて嬉しいです!
クラゲも卵だったなんて…!水の成分から生まれるのかと思っていました。
なるほど、殺虫剤に勝った虫が残っていくわけだから、さらに強い虫の誕生って事ですね。何だか悪循環だ!私は、蚊とか人間に害をもたらすような虫は少し迷いますが、殺してしまいます(>_<)でも、湿気虫(じめじめする季節になると出てくる、わりと可愛い虫です[笑])は殺しません。というか、一度ためらうと殺せなくなってしまいます。ん~複雑です。

お礼日時:2001/08/07 21:59

お礼読ませて頂きました。


ちょっと言葉が足りなかったようですので補足します。
私が実験で使ったバナナはむき身でした。
皮が付いたままの状態でしたら恐らくそこから孵ったわけではないと思います。
きっと臭いにつられて集まってきたのでしょう。
尚、皮をむいて中身を食べているわけですから心配ないと思いますよ。(^_^)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

良かった!安心しました。
どうもありがとうございました(^o^)☆

お礼日時:2001/08/07 12:00

まず小さな蠅についてですが、ショウジョウ蠅ではないですか?


子供の頃実験でバナナを入れて置いた容器にショウジョウ蠅がわくのを観察したことがあります。
次に蚊及びショウジョウ蠅がどうして生まれるかですが、何れもそれぞれを産卵場所として産卵したからでしょう。
蚊の方はよく下水等に産卵し、卵から孵ったボウフラが水のなかで成長し、やがて成虫になります。
ショウジョウ蠅の方もえさになるバナナに産卵し、卵から孵った幼虫はバナナを食べて成長するのでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!あーなるほど。卵からかえったのかぁ。
もしかして、私たちは気がつかないうちに卵を食べてしまっているという事ですか?!すんごくショックです。でも、異常を起こしていないという事は、害は無いってことですよね?

お礼日時:2001/08/07 11:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家庭用生ゴミから蝿が生まれる訳

特に夏場ですが、自宅で出る生ゴミを保管していた場合、例え密閉したゴミバケツに入れていたとしても小蝿が湧いていることがありますよね。密閉しているから蝿が直接卵を産みつけることは考えにくいのですが、蝿が湧くのは、もしかしたら食べ物そのものに既に卵がついていたからなのか、それとも空気中に卵が浮遊していて空気感染したのか・・・。卵がなくても産まれるとか・・・。なんででしょうか。

Aベストアンサー

生ゴミが出た直後にゴミバケツに入れているでしょうか?
つまりキャベツの外葉をむいたり鮭の皮をはいだりバナナの皮をむいたりしたらダイレクトにゴミバケツに入れているかということです。
流しの三角コーナーにためてからバケツに入れてたら、そのためている間に卵を生まれますよ。
それ以外にも、夏は小ハエなんて気づいてないだけで結構いるので、ちょっと放っておいただけでも卵を生まれる可能性は十分ありますよね。
だから食べるときに卵がついてるなんてそんな落ち込まなくても大丈夫ですよw

Q次の医学論文の一節の和訳とそれが意味する内容を知りたいです。お力をぜひ

次の医学論文の一節の和訳とそれが意味する内容を知りたいです。お力をぜひお貸し下さい*

専門学校卒の看護師です。看護研究をやっています。医学的知識や研究、もちろん英語もかなり力不足です。といりあえず翻訳サイトを使ってやってみたのですが、意味がわかりません。論文主旨は、EGCGがひとの表皮ケラチン細胞の細胞分化促進し、傷ついた表皮の治療が促進されるというものらしいです。(Stephen Hsu,et al.(2003):Green tea polyphenols induce differentiation and proliferation in epidermal keratinocytes.)


Aged keratinocytes,whiti exhibited low basal cellular activities after culturing in growth medium for up to 25 days,renewed DNA synthesis and activated succinate dehydrogenase up to 37-fold upon exposure to either EGCG or the polyphenols.

自分なりにやってみてわからなかった点は・・・
  
(1)Aged keratinocytes・・・  最大25日間培養した細胞活動が低い状態の基底細胞(老いたケラチン生成細胞)?
(2)EGCGに「老いたケラチン生成細胞?」を暴露してみるとコハク酸デヒドロゲナーゼという酵素が37倍まで活性化した・・・ということは・・・コハク酸デヒドロゲナーゼというのはTCA回路を構成する化合物のひとつだからエネルギー産出がかなりよくなって、細胞が活性化するんで表皮ケラチン細胞の細胞分化促進やキズの治りがよくなったりということが起こるんだと読み取ってもよいのでしょうか?

前述の和訳とその解説がいただけると非常にありがたいです。実は2004年と2009年に拘縮のある寝たきりの患者さんの手で調査をしたんですが表皮剥離が治るんです。あまりにもよくなるのでなんでだろうと思っていて、緑茶の抗菌効果かなんて乱暴に考えていたのですが菌を消すだけでキズが治るメカニズムが説明できるのかなんて疑問に思いました。手掌内の湿度の低減と抗真菌効果の他に皮膚の細胞活性?にEGCGが効果があるのであればさらにわたしのケアのお勧め度がアップして多くの患者さんの役に立てるのではと考えています。

 質問のしかたに不備があるかもしれません。ご指摘いただければ幸いです。
 長文申し訳ありません。どうかよろしくお願い致します。

                 

次の医学論文の一節の和訳とそれが意味する内容を知りたいです。お力をぜひお貸し下さい*

専門学校卒の看護師です。看護研究をやっています。医学的知識や研究、もちろん英語もかなり力不足です。といりあえず翻訳サイトを使ってやってみたのですが、意味がわかりません。論文主旨は、EGCGがひとの表皮ケラチン細胞の細胞分化促進し、傷ついた表皮の治療が促進されるというものらしいです。(Stephen Hsu,et al.(2003):Green tea polyphenols induce differentiation and proliferation in epidermal keratinocyt...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)Aged keratinocytes・・・  最大25日間培養した細胞活動が低い状態の基底細胞(老いたケラチン生成細胞)?
  最大25日間培養した低い細胞活性を示す老化した角化細胞は
>(2)EGCGに・・・・読み取ってもよいのでしょうか?
 読み取るのは自由ですが、日本の学会だと「大胆ですね」と、根拠薄弱を指摘されます。エネルギーの産生量が多いというと肥満の人が浮かびますが、そのような症状は見られませんか。論文のタイトルからは、細胞の分化、増殖には結びつけているようですが。
 
>実は2004年と2009年に拘縮のある寝たきりの患者さんの手で調査をしたんですが表皮剥離が治るんです。
この分野のことは知らないのですが、広く知られた事実でないのなら、学会発表などの価値があるのでは。信頼できる(=論文を盗られない)先生とご相談されては。その場合、患者の承諾、証拠写真、統計処理などが必要になります。もちろん学会への入会も。

Q蚊はどうしてあんな飛び方をするの?

蚊はどうしてあんな飛び方をするの?
どうでもいい質問かもしれませんが、以前から疑問に思っていますし、
あのフワフワフワ~とした飛び方だからこそ行き先が予測不能なために叩けなくて余計イライラし、
そしてどうしてあんな飛び方をするんだろう?と思うわけです。

「人間に叩かれないように」という回答はいいです。(^^;)
蚊の筋肉?の仕組みがこうだからとか、羽の仕組みがこうだからとか、
そういったことをご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。

Aベストアンサー

蚊の後ろ羽根は退化して平均棍というものになっています.ヘリコプタのうしろの羽根と同じ役割といわれています.これはハエなどの双翅目の特徴です.こいつらはこのせいで,そんなにうまく飛べないです.蚊の場合,羽根の大きさに比べて,胴が軽いのでスピードが出せません.そんなことでふらふら飛ぶと思われます.

Q蚊はいつもはどうしているんでしょうか。

蚊は、子供ができたら栄養のために人間の血を吸うというのは知っています。ですので、雌だけですか、血を吸うのは。
ですが、普段は藪や草がいっぱい生えているところにいますよね。
人間が来るとは限りません、というか人が行かないような場所にこそいっぱいいそうです。
そんなときは、蚊は血を吸うことは出来ませんよね。
どうしてるんですか?
血は、絶対必要というわけではないんでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ、蚊の雄です
私はいつも草の汁や果実の汁で生きています
なので血が無くても平気です
雌達も普段は同じ食生活です、ただ卵を産むときは
栄養が必要なので危険を冒して血を吸いに行くと言っています

Q果物が熟れるというのは発酵すると言うことですか?

青いリンゴが赤くなる。
緑のトマトが赤くなる(やさいですが)。

おおむね糖度が上がることですが、これは微生物により発酵しているのでしょうか?

Aベストアンサー

果物が熟れる過程は、糖度が上がるだけではなく、
・やわらかくなる
・色が変わる
・渋みや苦みがなくなる(渋み・苦み物質が分解される)
などの要素も含みます。

これらは、いずれも、植物自体に備わった能力(酵素の作用や、葉からの糖分の運搬など)によるものであり、微生物による発酵とは異なる機構によるものです。(その植物自体の能力に影響を与えて、熟するのを早めたりするような微生物はあるかもしれませんが。)

貴腐ワインに使われる貴腐ブドウの糖度上昇も、微生物の関与は、果皮の表面のワックス分を分解することであり、これにより、水分が蒸発するために相対的に糖度が高くなるだけで、微生物が糖を作っているわけではありません。直接果実の成分を変換している訳でもないので、発酵とは言いがたいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報