ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

株価が下がったときのメリットと上がったときのメリットをそれぞれ教えてください!

A 回答 (4件)

株式投資は市場に資金投下する投資家同士の資金の獲得ゲームです。


株式は上場後は取引により価格が変わり、需要と供給により相場で価格変動をします。

株価が下がった時のメリットは、手っ取り早く言えば原価が下がるため買いやすくなります。
上がった時のメリットはキャピタルゲイン(売買差益)が発生し、利益確保の期待が持てます。

株式投資には様々な取り組み方があり、配当利回りを期待した投資の場合、株価が下がると配当利回り率が高くなり、安く買えば、配当金が多く受けれます。
最近のネット証券では、貸し株サービスがあり、ホールド株を信用取引投資家に貸し出せば、貸し株金利を受けることが可能で、安く多く株を買うことは貸し株金利を多く受けることにもなります。

信用取引の空売りでは、株価の下落局面で利益をすくうため、株価が下がると空売りを掛けている人は儲かります。

上がった時に買って下がった時に売りというのはデメリットしかありません。
    • good
    • 1

自社株が上がれば信用があがる。


なので、お金が借りやすくなる。
事業拡大もしやすくなる。

下がれば、その逆。
    • good
    • 0

下がれば買いやすくなり


上がれば利益が出やすくなる
    • good
    • 0

下がったときのメリット ⇒ 安く買える


上がったときのメリット ⇒ 高く売れる
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング