「深層心理を知る」とかいう名目で、
心理テストがいくつかありますが、
あの問題や回答というのは、どうやって作るんですか?
知られないからこその「深層心理」だと思うんですが。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 「深層心理」という言葉はたしか、「心理ゲーム用語」だったと思いますよ。

自信はありませんが。
 心理学の本にはたいてい「無意識」とかそういう言葉で書かれてます。

 心理ゲームと、治療のための調査に使う心理テストとどちらのことを指しているのか分かりませんが、前者を指しているのであれば、それはいい加減か、でなければ経験論です。
 たとえば、「あなたが道を歩いていると、向こうから異性がやってきました。それはあなたの初恋の人です」ってクイズ。
 ……そんなわけありませんよね(笑) すべての人がおしなべて初恋の人を思い浮かべることなどありえません。
 平均的にみてたいがいの人がこうであろうと思われる、という極めてアバウトな感覚で作られていますから、jubakoさんにも簡単に作れます。適当にクイズをでっちあげ、インパクトのある答えを用意すればいいんです。
 「好きな動物を5匹書いてください。それは今のあなたの性格か、でなければ理想のあなたです」
 これでいいんです。こんなもんでも立派な心理クイズになります。

 逆に、医者が使うような、たとえばロールシャッハテストなどは、患者の治療の参考にする物です。
 絵の具を紙にべったりと塗り、押しつぶすことでランダムな絵を作る。で、これが何に見えるか、というテストですが、これでたとえば両手を上に上げている人の絵に見えたとすると、これで「万歳する人」と答えた場合はそういう性格だ、と言うことが分かります。

 それにしたって、これこれこうなればその人はこうなんだ、と患者を決めつけるようなテストではなく、たとえば「患者の発想力がどの程度なのか知りたい」とか、そういう理由で使用されたりするわけですから、どうやって作る、とかそういうことじゃないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いわゆる心理テストってその程度のものなんですね。
ひとつの遊び、と思えば、確かに納得できます。
深層心理とか変な名前をつけるから誤解をするんですよね。
「心占い」ぐらいにしておけば、いいのに…(笑)
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/07 13:53

deagleさんの回答に補足です。


確かに、いわゆる「心理テスト」はナンセンスなものですよね。
これは、深層心理学における象徴の解釈、というものを通俗化したものと思います。これは、いわゆる夢占いにも共通することです。
どういうところが本来の(正統派の)深層心理学の考え方と違うかといいますと、「~は、~を表わしています。」という風に、一義的に決め付けてしまうところが違います。
象徴は、「一つのもので同時に多くのものを表象し(あらわし)、かつ他の象徴では置き換えができないもの」です。
例えば「赤いりんご」が夢の中に出てきたとします。あるいは、心理テストで、「赤いりんご」を選んだとします。これは何を表わしているのでしょうか。一つには、その人の生活史のなかでのある出来事と、感情的な面でつながりがあるかもしれません。しかしこれを何も知らない人が、外側からあれこれ言うことは不可能です。さらに、昔話にでてくるりんごのモチーフと関係があるかもしれません。これは確かに、ある文化圏、または人類に共通の象徴ですが、現実の個人を相手にした場合、早急に関連付けて解釈することはできません。(長い治療の流れの中で、「深い」ものが出てきたときは解釈のしようもありますが。)
深層心理学では、心に、浅いレベルから深いレベルまでを想定し、どれに主眼をおくかで、さまざまな解釈ができるとされています。
確かに「剣」が出てきたからといって、すぐに「それは男性の○○○をあらわしています。」というのではたまったものではありません(笑)。フロイトも厳に一義的な解釈を戒めています。

なおロールシャッハテストは、膨大なデータの蓄積と統計処理がなされており、臨床上での診断と病理の理解に役立てるためにあり、疫学的なものです。
「何に見えるか」という内容のほかに、反応時間(連想が起こってくる時間の間隔など)も診断材料となります。
例えば精神科医が、この人は軽い分裂病ではないかなという印象を受けた場合、その見立てを確実にするためにテストを受けてもらい、その所見を得て自らの見立てを強化する、あるいは考え直す、というふうに使います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、確かに一つのモノサシで人の心をはかる、
なんて不可能ですし、危険ですよね。
心理テストが流行ったのは、やっぱりその「簡単さ」からだと思いますが、
占い同様、信じる信じないのレベルなんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/07 13:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『夕暮れ症候群』という言葉を知っていますか?

僕はkaji-cainという看護師をしている者です。経験はまだ一年とちょっと、というまだまだ新米の看護師ですが、僕の病院での看護研究で、高齢者の問題行動、主に点滴ルートの自己抜去についてテーマを取り入れました。
この研究ももう最終段階で、まとめから考察に入ったのですが、ここで再び文献検索をしているうちにこの言葉が見つかりました。
恥ずかしながら、この言葉を聞いたのは初めてで、何となく意味は分かるのですが、実際にはどのような症状が現れるのか、具体的に教えて頂きたいと思います。

Aベストアンサー

介護福祉学の先生が書いている下記サイトは参考になると思います。

参考URL:http://www.mainichi.co.jp/life/bokeyobou/110/002.html

QMRIを違う病院で2日連続でとると保険が適用されませんか。(明朝までに知りたいです。よろしくお願いします。)

急な質問で申し訳ございません。
ご見解お持ちの方よろしくお願いします。
今日MRIをとりました。明日他の病院で同じ部位のMRIをとってもらうと保険の適用が無いのでしょうか。
あるところから、そのようなことを聞きました。
この情報は、本当なのか、どうかを知りたくて投稿しました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

changooさん、こんOOは。

そんなことは聞いたことがありません。

同一病院で複数回で数日に渡って同一部位を撮影した場合、査定が入って健康保険が利かない場合はあります。その場合でも検査料を請求されることはありません。なぜなら、たとえば薬代や診察料が保険で、検査料だけ患者さんの自己負担というのは混合診療と呼ばれ歯科の一部を除きわが国では禁止されています。

話がそれました。他病院で同じ検査を受けてもきちんと健康保険は使えます。

Qコンタクトレンズのテストレンズ

2週間のコンタクトをこの前買ってきました。
眼科で診療した時にテストレンズをしてそのまま帰ってきたのですが、テストレンズって何日使えるものなのでしょうか?
2週間コンタクトだから、診療日から2週間ですか?それともその日だけでしょうか?

Aベストアンサー

2週間用なら、装着した日を含めて14日間使えます。
寝る前には外して洗浄し、ケースに入れて消毒して下さいね。

QTRH負荷テスト、血中黄体ホルモンの測定

こんにちは。
TRH負荷テスト、血中黄体ホルモンの測定
にかかった費用をそれぞれ教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

検査は行ったことはありますが、患者負担額はしりませんでしたので多少調べました。

ヒルトニン0.5mg注射液 薬価 2807円←刺激用TRH
TSH精密  130点
GH GH精密 150点
血清LH測定 150点
http://www.sky.sh/orca/kensa/ken2.htm

自己負担は3割の場合点数の3倍です
TRH負荷テストはLH-RH負荷、CRH負荷、GRH負荷と
同時に行う、いわゆる四者負荷の形で行うことも多い。LHを測定したのならLH-RHも使っていると思います。LHを測定するのならFSHも測定しそうなものです
また、一項目を5回~6回程度連続して測定しますから、その分 各検査料も倍加するかもしれません。

検査の際は静脈ルート維持(ラクテックなど)、希釈用生理食塩水なども必要になります。
また、入院費 診察料 手技料も別途かかるでしょう。
ここらへんを踏まえて医療事務さんか経験者さんの補足を待ちましょう。

参考URL:http://www.sky.sh/orca/kensa/ken2.htm

検査は行ったことはありますが、患者負担額はしりませんでしたので多少調べました。

ヒルトニン0.5mg注射液 薬価 2807円←刺激用TRH
TSH精密  130点
GH GH精密 150点
血清LH測定 150点
http://www.sky.sh/orca/kensa/ken2.htm

自己負担は3割の場合点数の3倍です
TRH負荷テストはLH-RH負荷、CRH負荷、GRH負荷と
同時に行う、いわゆる四者負荷の形で行うことも多い。LHを測定したのならLH-RHも使っていると思います。LHを測定するのならFSHも測定しそうなものです
また、一項目を5回~6...続きを読む

Q今、何らかの事が起きて色が見えなくなるという小説を書いているんですが……。 初めての質問なので変な

今、何らかの事が起きて色が見えなくなるという小説を書いているんですが……。

初めての質問なので変な所があったらすみません。
今、小説を書いていまして
何らかの事態が起きて色が見えなくなる(見える世界は白黒写真みたいな感じ)という内容の小説を書いているんですが、実際に外部からの損傷や病気で色が見えなくなるという事はあるんでしょうか?
そして、あったならそれを治す方法などはあるのでしょうか?
拙い文章ですみません。よろしければ回答をお願い致します。

Aベストアンサー

後天性色覚異常で検索するといろいろでてきます。
http://www.skincare-univ.com/article/015661/
目以外ですと後頭葉の脳梗塞でもでてくる場合があります。

ただ光を感じる細胞には錐体細胞と桿体細胞があり、
錐体細胞は色を感じますが感度が低いので暗闇では働きません。
桿体細胞は感度が高いので暗闇でも見えますが、色はわかりません。
よって光量が不足すると暗闇だと病気でなくても皆、白黒に見えます。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報