ネットが遅くてイライラしてない!?

当方東証一部上場企業に勤めております。現在決算を控えていることから自社株の売買はインサイダー取引となるため禁止期間となってます。
この期間に投資信託、国内株式インデックスファンドなどを購入することは可能でしょうか?

A 回答 (2件)

可能です。


>当方東証一部上場企業に勤めております。現在決算を控えていることから自社株の売買はインサイダー取引となるため禁止期間となってます。

インサイダー取引の概念は確かに情報を知る内部者がそれを理解した上で取引をすることですが、最近の傾向として業績に株価が連動しないことも多いし、好材料出尽くし売りや悪材料出尽くし買いなどの反跳もあるので、曖昧なものです。

企業によってはストックオプション制度を導入する企業や自社株会を通じて給料天引きで株を持つ人もおり、多くの取締役は重要ポストにつきながら株を保有しており、インサイダーでありながら抵触しないことは矛盾でありながら、現実でもあります。
さらに、2月ころから年中央にかけて自社株買いが進み、内部留保の放出とそれを得る自社の利益確保と株価を上げる狙いがあり、インサイダーも法に基づく取引であれば許されるのも現実。

私もかつて上場大手に勤めていましたが、自社株会にて毎月一定額を給料から天引きされており、証券会社での取引は関係なく自社株の取引もしていました。
しかし、財務状況を知りながら、ここぞとばかりに資金投下しても相場はつかみどころがなく、上げると思えば下がるし、下げて損切りすると上昇というように内部者でもほとんど株価の動きは分かりませんというのが実態です。

投信やインデックスなんてさらにつかみどころがなく、積み立てなければ利益が出しにくく、インサイダーの意味がないです。

相場は客観的に見る方が冷静な投資判断となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に回答いただきありがとうございます!これで安心して取引が出来ます。

お礼日時:2020/03/08 07:01

個別株ではないから問題ない

    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速にかつシンプルにズバリとお答えいただきありがとうございます!

お礼日時:2020/03/08 07:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング