最新閲覧日:

お盆休みは8月の13,14,15日って決まっているのでしょうか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

一般的に迎え火から送り火をするまでがお盆の期間になるのだと思いますが、


そのような伝統が薄れてきて、13,14,15をただ「お盆休み」と
しているだけなのでわないでしょうか?
実際、「五山の送り火」を行う京都では、16日まで休みにする
企業がほとんどです。
    • good
    • 0

もともとは陰暦の7月15日が、お盆の日で今年は9月2日、来年は8月23日が正式の日付です。



明治政府が太陽暦を採用してからは、新暦7月15日の他に、現在皆さんがお休みになっているのは[月遅れのお盆]ができて、

今は正式のお盆の日は日本では見られず、例えば[香港]では[盂蘭節]といい、最初に紹介した太陰暦の日付を今でも守っています。

なお、東京のお盆が7月から8月になったのはここ2~30年のことで、地方出身者が増えてみな夏休みに帰省するように

なったから日取りを合わせたもので、それまでは地方のお盆の事を[月遅れ]と言っていたのです。
    • good
    • 1

特に決まっていませんが、この頃に集中しています。



お盆は、盂蘭盆ともいい、梵語(古代インド語)の「ウランバナ」が語源になっていて、お盆は、この盂蘭盆が略されたものと云われてます。
お盆には先祖の霊が家に帰ってくると考えられていて、各家庭では迎え火を焚いて先祖の霊を家に迎えて供養して、その後は、送り火を焚いて先祖の霊を見送ります。

お盆の由来は、釈迦の弟子の目連が、餓鬼道におち、逆さに吊るされ苦しんでいる母親を助けるために、釈迦に教えをこい、7月15日に供養をしたのが、お盆の行事の始まりといわれてます。
現在では、新暦の7月13日に先祖の霊を迎え、16日の夕方に送り出すのが一般的ですが、月遅れの8月15日前後に行う地域も多く、8月13日から16日頃にお盆休みが多く、都会の人々が、お墓参りをするために故郷に帰るため帰省ラッシュになります。
    • good
    • 0

東京では、お盆は7月です。


ですから、東京人がお盆のお墓参り等の為、お盆休みが欲しいと言うなら、
7月の13、14、16、15日にして欲しい物です。
なぜ東京でも8月なのか?東京は殆ど東京人じゃないからではないかしら?
お盆休みとは、迎え火から送り火までの間でしょう?調べた事は無いのですけど。
仏教の曰くが有るのです。簡単に書いてありましたURLを載せておきます。
これによればやはり、13が迎え火で16が送り火ですね。
ご先祖を迎えて、帰りを送るこの4日間はお盆で、ご先祖のお相手したりの休暇だと考えます。(アメリカのクリスマス休暇とかに近くないですか?違うかな~??)

参考URL:http://www1.harenet.ne.jp/~tuta22/8fainder.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ