会員登録で5000円分が当たります

日本郵便のレターパックやスマートレターに,「信書」を送ることができると書いてあります。馴染みのない言葉の為,辞書を引くと,「信書の秘密」は憲法に規定とも書いてあります。どうして,憲法に規定されるほど,信書は重要なのでしょうか?
また,信書を送ることができないものもあるのでしょうか?

A 回答 (4件)

日本国憲法では、第11条の基本的人権の保障、とともに、第13条の個人の尊重が定めていますが、加えて、第21条には、第1項の表現の自由とともに、第2項に「検閲は、これをしてはならない。

通信の秘密は、これを侵してはならない。」と定めています。
これらの背景として、先の戦争での反省があるわけです。
信書の定義は、日本郵便の情報が参照できます。上記に係わるものですね。代表的な例は個人情報です。
https://www.post.japanpost.jp/question/57.html
一方で、信書の秘密を侵した場合は、刑法第133条に定めがあり、「正当な理由がないのに、封をしてある信書を開けた者は、一年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。」となってはいますが、第135条により、親告罪になっています。この場合、信書は封をしてあることが前提のようですね。ついでですが、開封することが罪になるのであって、内容を読んだかどうかは問われません。

日本郵便に限れば、一般国民から見て、信書を送れないものはないはずです。内容が信書に該当しても封をしないで送ることも可能です。
はがきに秘密が書いてあっても送ることはできますね。何が秘密かは送り手が判断するので、親告罪の背景でもあります。
    • good
    • 0

>信書を送ることができないもの



宅急便
ゆうパック(小包)
郵便物でも安い料金のもの(雑誌などの定期刊行物を、低廉な料金で送付することができる第三種郵便物、通信教育用郵便物や植物種子等郵便物の第四種郵便物など)
    • good
    • 0

日本郵便が言う「信書」は以下の通りです。


結婚式の招待状も該当します。
憲法云々の話しは、国のトップが、ある国トップに送る文書の事でしょ。これは非常に大切な文書です。
https://www.post.japanpost.jp/question/57.html
    • good
    • 0

手紙やはがきは「信書」ですが、信書は郵便以外の方法で送ると法律違反になります。

例えば宅配便の荷物の中に手紙を入れるような行為です。
信書かどうかの見極めは結構面倒で色々なパターンがありますが、要するにレターパックなどで手紙を一緒に送ることが出来るということでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング