化粧品業界についての卒論を書いています。そこで河内屋訴訟問題を取り上げたいのですが、資料がなくて困っています。このことに関して詳しいことをしっている方、または化粧品業界も含め良い資料をご存知の方がいましたら、情報の提供をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下の参考URLに化粧品に関する論文そのものがあります。

それでは
困りますよね。一番最後に参考文献があるので、それを探してみたら
いかがでしょうか。

あと、検索サイトGoogle(http://www.google.com/)でキーワードを
「河内屋、化粧品」などと入れるとけっこうひっかかりますよ。

例:「国際商業出版」(http://www.kokusaishogyo.co.jp/kokusai_syougyo/
バックナンバーのところを見ると、2001年5月号に「河内屋と資生堂が
和解し係争に終止符 」というトピックがあるみたいです。

参考URL:http://www.isc.meiji.ac.jp/~w_zemi/soturon/sotta …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裁判ってお盆期間中もやってますか?

裁判ってお盆期間中もやってますか?

お盆期間中 8月9日~8月13日に名古屋市中区の裁判所に傍聴にいこうと考えているのですが、
お盆期間中は裁判やっているのでしょうか?

ネットで調べたら裁判は先の日程を決められないので、
スケジュールなどは公開していないそうなのですが(裁判員裁判を除く)お盆期間中に裁判があるのかどうか
知りたいです。

やってても数少ない上に人多そうですが。。。

Aベストアンサー

裁判官や事務官さんは、交代で、お盆休み取りますが、
裁判は、土日祝以外は、順次
行います。

実際は、休みとっても、大半は
家出証拠書類読み込んだり、判決下書き
してるとか。

※緊急な逮捕状や捜査令状発令のため
24時間、書記官が裁判所に待機し、
当番裁判官は、職印と令状書式を常に
携行してます\(^^;)

Q薬事法 医薬部外品・化粧品の製造販売業許可

医薬部外品と化粧品の製造販売業許可を同時に申請する場合において、製造管理者等のいわゆる三役を重複して申請することは許可承認の可否に問題があるでしょうか?

Aベストアンサー

同一人が医薬部外品と化粧品の製造販売業の三役を兼ねることはどちらの業務も適切におこなえるのなら可能ですが、ちょつと一人ではできないというのならダメです。
ただ、総括製造販売責任者は薬事法に定められた有資格者でないとダメですが。

Q離婚裁判の期間

両親が離婚裁判をしそうなので、その間は可能で
あれば実家に帰ろうと思っていますが、裁判にど
れくらいの期間が掛かるかまったくわかりません。

状況によって期間は変わると思うのですが
控訴しない1回きりの離婚裁判の期間は一般的に
どれくらいかかるか教えてください。

Aベストアンサー

◎#1です。補足拝読しました。

◎「審判」については、調停不調で「審判」を望まなければ、ご質問の様に「裁判」に訴える事になると思います。

◎お解りと思いますが「離婚裁判」も他の民事裁判同様、訴えを起こした側が「法定離婚事由等々の離婚原因の事実の立証」をしなくては為りません。

◎ここに至った経緯(調停不調)から推測しても、互いの主張が交錯してより「感情的」に為っておられるのでしょうか・・・。何度かこのWebでも何度かお話したのですが、私は『結婚は仲が悪くても出来るが、離婚は仲が良くなくては出来ない』と、常々思っています。

◎先ほど、前回のご質問も読ませて頂いて「法定離婚事由の立証」は困難では無いと思慮致しますが、「判決」でも離婚後の拘束力は(慰謝料・財産分与の分割支払い等々以外は)あえ得ませんので、現状互いの状況と心境がどの程度落ち着いて「自己主張の度合い」や「妥協・譲り合い」が可能かに因って「公判回数」も相違が出てくると考えます。

◎ですから、ただ単に「お母様側」が「お父様の不貞等」を立証して「判決」を受けるのであれば「既成事実等」の証拠もお有りの様ですから、後の問題は「慰謝料・財産分与」等の問題で、それも争わなければ【あくまでも、現在の極小の情報に基づく私的推量】では、月一度の公判として、公判3~4回の短くて2ヶ月から長くて半年でしょうか?(これは当該裁判所の混雑度にも係わります)

◎お父様は本当に争わないのでしょうか、とすると「調停不調」や「裁判」への移行に、どうしても疑問が生じてしまいます。もし「争えば」互いの「主張とその立証を繰り返し」それだけ「公判回数」が増し当然期間も長引くと思います。

◎弁護士には、当然「相談・委任(本人では困難と思慮)」しているのでしょうから、弁護士の意見をお聞きになって、あなたの今後の行動の目安をお立てになる事もご一考下さい。

◎再度、舌足らずのアドバイスご容赦下さい。

◎#1です。補足拝読しました。

◎「審判」については、調停不調で「審判」を望まなければ、ご質問の様に「裁判」に訴える事になると思います。

◎お解りと思いますが「離婚裁判」も他の民事裁判同様、訴えを起こした側が「法定離婚事由等々の離婚原因の事実の立証」をしなくては為りません。

◎ここに至った経緯(調停不調)から推測しても、互いの主張が交錯してより「感情的」に為っておられるのでしょうか・・・。何度かこのWebでも何度かお話したのですが、私は『結婚は仲が悪くても出来るが、離婚は仲が...続きを読む

Q医薬部外品(薬用化粧品)について消炎作用は標榜できますか?

化粧品は、消炎作用の標榜はできません。
医薬部外品については、有効成分があるので、効能に結びつける形であれば消炎作用を標榜することは可能と考えてよいのでしょうか?

<事例>
○にきびを防ぎ、消炎成分が肌あれを改善
○消炎作用で肌あれやあれ性に効果を発揮

×消炎作用で炎症を抑える (医薬品的?)

以上のように考えていますが、どうなのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

「薬事法」第二条第二項に「医薬部外品」の定義があります。

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=hourei&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=481
  薬事法

**************************
2 この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和な物であつて機械器具等でないもの及びこれらに準ずる物で厚生労働大臣の指定するものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、前項第二号又は第三号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物を除く。
一 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
二 あせも、ただれ等の防止
三 脱毛の防止、育毛又は除毛
四 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止
**************************

 ここで,お書きのものに該当しそうなのは『二 あせも、ただれ等の防止』ですが,「にきび」「肌あれ」「あれ性」は該当しないようです。

 また,「一般用医薬品から医薬部外品への移行措置に係る薬事法施行令の一部改正等について」(薬食発第0716002号,厚生労働省医薬食品局長通知)によって「一般用医薬品」から「医薬部外品」へ移行されたものにも該当しないようです。

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%88%ea%94%ca%97%70%88%e3%96%f2%95%69%82%a9%82%e7%88%e3%96%f2%95%94%8a%4f%95%69%82%d6%82%cc%88%da%8d%73%91%5b%92%75%82%c9%8c%57%82%e9%96%f2%8e%96%96%40%8e%7b%8d%73%97%df%82%cc%88%ea%95%94%89%fc%90%b3%93%99%82%c9%82%c2%82%a2%82%c4&EFSNO=3843&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=1
  一般用医薬品から医薬部外品への移行措置に係る薬事法施行令の一部改正等について

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%88%e3%96%f2%95%94%8a%4f%95%69&EFSNO=3844&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=0
  一般用医薬品から医薬部外品に移行する品目の範囲について

 ここで該当しそうなのは「(チ) しもやけ・あかぎれ用薬(指定告示第2号(23)に掲げるものを除く。)」ですが,『手指、皮膚又は口唇に適用することにより、しもやけや口唇のひびわれ・ただれ等を改善することが目的とされているもの。』とあり,お書きのものは該当しそうにありません。

 これらから考えると,「消炎成分」とか「消炎作用」を謳った時点でお書きのものは「医薬品」としての扱いを受ける事になるかと思います。

 とはいっても,「医薬品」としての承認は取ってないでしょうから「未承認医薬品」であり,「薬事法」第五十四条第二項,第五十五条に違反している事になると思います。

**************************
第五十四条 医薬品は、これに添付する文書、その医薬品又はその容器若しくは被包(内袋を含む。)に、次に掲げる事項が記載されていてはならない。
二 第十四条又は第十九条の二の規定による承認を受けていない効能又は効果(第十四条第一項又は第二十三条の二第一項の規定により厚生労働大臣がその基準を定めて指定した医薬品にあつては、その基準において定められた効能又は効果を除く。)

第五十五条 第五十条から前条までの規定に触れる医薬品は、販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的で貯蔵し、若しくは陳列してはならない。
**************************

 なお,上記の条文は「医薬品」に関してですが,第六十条に『医薬部外品については、第五十一条から第五十七条までの規定を準用する。』とありますので同じでしょう。

 あるいは,第六十六条の『何人も、医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器の名称、製造方法、効能、効果又は性能に関して、明示的であると暗示的であるとを問わず、虚偽又は誇大な記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。』に該当すると思います。

 いずれにしても,「医薬部外品」としての承認が必要でしょうから,その段階で確認されるのが確かだと思います。

「薬事法」第二条第二項に「医薬部外品」の定義があります。

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=hourei&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=481
  薬事法

**************************
2 この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和な物であつて機械器具等でないもの及びこれらに準ずる物で厚生労働大臣の指定するものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、前項第二号又は第...続きを読む

Q裁判期間中だけ会社都合で休業してもらう

前置きとして、
 
 1.現在、会社 対 取締役 で裁判中です。
 2.その取締役の奥さんが総務として会社で働いています。

裁判期間中、その取締役は出社してはいないのですが、社内の情報がその取締役に洩れるのを防ぐと言う名目で、現在働いてもらっている奥さんに対して、裁判期間中に限り出社を拒否するというのは、法的に問題ないのでしょうか?
会社都合の強制的な休業という事なので、休んでもらってる期間中は、通常の半分の給料は支払う予定だそうです。

Aベストアンサー

駄目ですね。
全額給与支払いなら可能ですけど。(自宅待機命令といいます)

ちなみに役員本人に対する自宅待機命令の場合には、不正行為の証拠隠滅の恐れなど緊急・かつ合理的な理由があれば賃金を支払わない根拠になりうるとされています。

Q訴訟上の代理人と訴訟担当者(民事訴訟法)

 現在、学校で民事訴訟法を習っているのですが、訴訟上の代理人と訴訟担当者の区別が良く分かりません・・。
 何か代理人は弁護士が原則とあったりして初めにその本人から委任された人を代理人と思い、訴訟上の代理人とは原則弁護士なんだと思いました。
その後訴訟担当者とはと出ていたので、その字のごとくこれも同じ意味だと思っていたのですが、訴訟手続の中断とかいうところでどちらかは中断事由となりどちらかはならないということがありました。
 此処で混乱し始めました・・。
 そして訴訟担当とはと参考書を検索すると任意的訴訟担当とか法定訴訟担当とか出てきてますます混乱しました・・。
 次の試験では何やら出るとの噂を聞いたので分かりやすくご教授をお願いしたく思います。

 どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

renaです。「訴訟上の代理人と訴訟担当」ですね。

(1)はじめに
「訴訟担当」とは正確に言うならば、「第三者の訴訟担当」ですよね。
民訴はまず用語と定義をしっかり覚えましょう。そこからスタートです。
民訴の答案で定義が書けないようでは。。。評価は低くなっちゃうよん!(>_<)

(2)定義
A.訴訟上の代理人=当事者の名において代理人であることを示して「当事者に代わって」訴訟行為をなす者(例:親権者、後見人など)。

B.第三者の訴訟担当=訴訟物の内容をなす権利・法律関係の存否につき法的利益を有する者にかわり第三者が当事者適格を認められる場合(例:選定当事者、手形の取立委任裏書)。

(3)第三者の訴訟担当の当事者適格の例外としての位置づけ
当事者適格は、訴訟物たる権利・法律関係の存否の確定について法律上対立する利害を持つ者、すなわち、実質的利益帰属主体が有するのが原則ですよね。でも、一定の事情から実質的利益規則主体以外の第三者に当事者適格が認められる場合があるんだよ。それらの場合を総称して、「第三者の訴訟担当」っていうんだよ。(^_^)v

(4)判決効との関係
第三者の訴訟担当の場合、担当者たる第三者のうけた判決は、当該第三者だけでなく、実質的利益帰属主体(本人)に対しても、その者が自分で判決を受けたのとおんなじ効果を及ぼすんだよ!(民訴法115条1項2号)
これに対して、訴訟上の代理人が受けた判決は、本人にしか及ばないんだよ。

(5)まとめ
簡単に言うと、判決の効力が誰に及ぶかの違いなんだよ。
「第三者の訴訟担当」 → 担当者の他に本人にも及ぶ。
「訴訟上の代理人」  → 本人にしか及ばない。

質問の内容からして。。。たぶんこの辺でつまずいてると思う。。どう?
まず、ここでつまずいてしまうと。。。あなたのように頭がこんがらがっちゃうんだよ!

あなたはひょっとして。。。定義を正確に覚えてないんじゃない?定義を覚えていれば、ちゃーんと区別できると思うよん!(^_-) 
「弁護士代理の原則」って。。。どっちの問題?当事者?訴訟要件?これは当事者の問題だよ。

試験。。頑張って下さい。

rena

renaです。「訴訟上の代理人と訴訟担当」ですね。

(1)はじめに
「訴訟担当」とは正確に言うならば、「第三者の訴訟担当」ですよね。
民訴はまず用語と定義をしっかり覚えましょう。そこからスタートです。
民訴の答案で定義が書けないようでは。。。評価は低くなっちゃうよん!(>_<)

(2)定義
A.訴訟上の代理人=当事者の名において代理人であることを示して「当事者に代わって」訴訟行為をなす者(例:親権者、後見人など)。

B.第三者の訴訟担当=訴訟物の内容をなす権利・法律関係の...続きを読む

Q裁判所の提訴手続き期間

給料未払いの事件で簡易裁判所へ提訴しました。訴訟物の価格は90万以下ですが、労働問題なので地方裁判所へ移送されるそうです。今日で20日間がすぎました.いまだに公判期日の連絡がありません。何度も裁判所に電話で問い合わせをしたのですが、もうすこし時間がかかるとのことです。あまりにも時間がかかりすぎる気がします。提訴から期日の決定までの期間は法律的に何か定めはないのでしょうか?どなたか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

 20日間というのは、訴状を提出してからの日数をおっしゃっておられることと拝察しますが、もしそのようなご趣旨であれば、遅いとはいえません。

 移送決定の日の翌日から数えて、即時抗告期間(民事訴訟法21条)である1週間(同法332条)が経過しないと、移送決定は確定しません。
 移送決定が確定してから、書記官は記録を整理しますが、この作業に1日かかります(書記官の仕事は移送記録の整理だけではありませんから。)。次に、簡易裁判所が地方裁判所に記録を送付し、地方裁判所が受領するまでに1日かかります。
 それから、書記官が期日を調整し、裁判官が期日指定をします。
 裁判官が、被告も出頭可能な期日を調整するよう指示すれば、書記官は、相手方(またはその代理人)の日程の都合を問い合わせますが、その返答待ちでさらに時間がかかります。賃金支払請求事件ですから、第1回口頭弁論期日から被告の出頭を確保し、充実した答弁をしてもらって、審理を促進しようと裁判官が考えることは十分にありえます。

 そうすると、移送決定から期日指定までだけでも最低で約9日間(+被告の都合の返答待ち期間)を要します。この約9日間+αに、訴状提出の日から移送決定の日までの期間を加えると、20日間は超えてしまうことになりませんか。

 なお、訴え提起の日から第1回口頭弁論期日までの期間は、特別の事情のない限り、30日以内でなければならないとされています(民事訴訟規則60条2項)が、これは「訓示規定」(≒努力目標)であり、違反しても訴訟手続や判決が違法とはならないと解釈されています。

 お急ぎになるお気持ちはわかります。が、裁判所には裁判所なりの事情もありそうです。お気に障るような回答で、申し訳ありません。

 20日間というのは、訴状を提出してからの日数をおっしゃっておられることと拝察しますが、もしそのようなご趣旨であれば、遅いとはいえません。

 移送決定の日の翌日から数えて、即時抗告期間(民事訴訟法21条)である1週間(同法332条)が経過しないと、移送決定は確定しません。
 移送決定が確定してから、書記官は記録を整理しますが、この作業に1日かかります(書記官の仕事は移送記録の整理だけではありませんから。)。次に、簡易裁判所が地方裁判所に記録を送付し、地方裁判所が受領する...続きを読む

Q輸入化粧品販売

宜しくお願いします。
過去検索から海外輸入化粧品を販売するのは、許可が必要だとわかりました。
例えばAという会社が、海外輸入化粧品販売の許可を持っていて
私がそこから仕入れて販売するということは可能でしょうか?
(私は海外輸入化粧品販売の許可は持っていません)

ご存知の方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 そのAという会社の代理として販売するのか、小売業者として販売するのかは判りませんが、まあ可能でしょうね。貴方が個人であっても法人であっても、問題ないと思います。

Q離婚調停や地検での裁判を控えている場合、しっかり準備するにはどれくらい準備期間をもうけますか? 毎日

離婚調停や地検での裁判を控えている場合、しっかり準備するにはどれくらい準備期間をもうけますか?
毎日のように準備に追われるものですか?

Aベストアンサー

確認です。
離婚調停と地検で取り調べを受けた後、裁判を控えていらっしゃる。つまり、2つの問題を抱えていらっしゃるのですか。離婚問題と、刑事事件の2つですか。

それぞれの争点がどこにあるかによって準備期間は異なります。離婚事案は、夫婦が対立する項目はどこかです。そして、あなたの主張の正当性を認めてもらうための証拠はあるのか無いのかです。離婚調停の期間は、平均4~5ヶ月です。子の期間は攻防の期間ですので、準備期間とも言えます。

地検の件ですが、これは刑事事件ですので、どういう罪を犯したのかをお書きになっていません。警察の取り調べを受けて検察庁に送られたのですから、裁判に持ち込まれる確率は高いでしょうが、こちらは弁護士と話し合う以外無いでしょう。準備期間は第一回の公判が始まるまでになるでしょう。

Q薬事法について 化粧品輸入販売

海外で購入した石鹸やボディ製品(乳液、入浴剤など)をネット販売したいと思っているのですが、化粧品としてではなく雑貨扱いにすれば薬事法には違反しないのでしょうか?
(効果効能を記載しない、使用法は購入者に任せますということにして)

輸入したものについて販売するには許可が必要というのは少し調べてわかったのですが、雑貨はこれに該当しないのでしょうか?
(上記の通り化粧雑貨として分類できる場合)

それとも販売目的で海外から持ち帰る場合、化粧品であれ雑貨であれ輸入の許可は必要なのでしょうか?

詳しいかたがいらっしゃいましたらアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

やはり,最終的には,県の監視指導課に化粧品に該当しないか,問題ないか相談しておくべきと思います.
何かトラブルあった場合,相談しておいたかが大切になります.

下記に化粧品に関する問い合わせ一覧があります.

http://www.pref.osaka.jp/yakumu/seisan/shinsa/hathucosume.htm


人気Q&Aランキング