数ヶ月前に新築マンションを購入したものです。先日、損保会社の人が、「購入時に加入された火災保険の説明をしたい。」とのことで訪問してきました。
ひととおり、契約した火災保険の詳細についての説明を受けた後、「ところで、実際に火災になった場合、火災保険は、お客様にではなく、一旦すべて住宅金融公庫に対して支払われ、最近の傾向としてそのほとんど全額を公庫が勝手にお客様への貸し出し金の償却に当てるので、お客様の手元には火災保険金はほとんど来ず、火災の被害を修復することができないんです。したがって、それを補うためには是非、家財保険に入られることをお勧めします。」という話がありました。

ははーん!これは火災保険の説明にかこつけて家財保険を売りに来たな。とは思ったものの、家財保険の必要性については一理あるなと思いました。そこで次の点をご教授いただければ幸いです。
(1)マンションに住むものとして家財保険は必須でしょうか。
(2)入るとすれば、どこの損保会社のものがお勧めでしょうか?
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 こんにちわ。


 うーん、随分な説明されてますね。今法令遵守が保険業界では声高に言われております。(公庫関連の辺りは虚偽の説明に近いです。)
 一旦火災等になった場合でも、質権者たる公庫の許可はいりますが、罹災者に保険金が払われる事も多いです。(絶対ではありません。ケースバイケースです。)いずれにしても、公庫側で”勝手に”取ってしまうという事は無いと言えます。(何らかの理由で質権者に払われることはあります。)

 マンションに限らず、家財の保険は必要と思います。火災時で一番被害を受けやすいのも家財です。(放水等でかなり使えないものが出ます)マンション火災は中でくすぶるような焼け方が特徴ですから、建物より家財のダメージが大きくなります。
 家財を対象とした保険は実に多彩です。一番割安でスタンダードと言えるのが団地保険(マンション保険のペットネーム)です。共済等とも遜色ない低廉な保険料です。補償による損保会社間の差はありませんが、条件により割り引きをする会社が出始めた所です。ちなみに、住宅総合保険(家財対象)は水害の補償の有無程度ですから、近くに氾濫しそうな河川のある1階住居でなければ住宅総合保険は選択肢に入れなくて構いません。
 一番保険料が高く、幅広い保険は、オールマイティーを売り物にしています。どんな家財の破損、汚損をも新価実損払(使い古した物も買い換え費用が出る。)し、存在場所を問わない保険、これが一番幅広いです。
通常家財は住居内収容時の物が補償の対象になり、持ち出し家財と言って旅館等の建物内にある場合を除き持ち運んでる物は家財の補償対象にはなりません。場所を問わないタイプは持ち運んでる最中で破損した物も対象になりますから持ち物保険(携行品損害)代わりにも使えます。(引越の業者運搬中でもいいです。)
積立型の火災保険は、全社的に扱っている長期総合保険という物が一般的でしたが、昨今の金利低下に連動し、保険料がかなり割高になってますので長期総合保険はお勧めできません。(掛け捨ての方が安いという逆転現象も。)ただ、新しく発売されたばかりの積立型火災保険の中には掛け捨てよりも割安に設定されたものもあります。
 他の方が言ってるように、マンションには「個人賠償責任保険」をセットしてもらって下さい。階下に水漏れを起こした場合もこれで補償されます。個人賠償は何か弁償しろ、と言われた時に使える保険ですから、水漏れに限らず、色々使える場面があります。スキーで他人にぶつかったとか、自転車で誰かにぶつかったとか。
個人賠償にも「お勧め」があります。示談代行付きの個人賠償が良いと思います。自動車保険の示談代行のイメージでしょうか、保険会社が何でもかんでも示談代行してくれるイメージが強いです。従来の個人賠償は示談付きは存在してませんでした。昨年位から大手損保数社に示談付きの個人賠償責任保険が見られるようなりました。

お勧めの、役に立つ保険があるという意味では先に述べた「示談代行付の個人賠償保険」がある会社です。金銭面だけでなく、解決までやってくれた方が助かりますよね。
大手損保いくつかに聞いてみてください。
    • good
    • 0

 マンションの家財保険(火災)は総合保険または団地保険でなければあまり意味はありません。

というのは、マンションの場合考えられる損害で多いのは、盗難です。火災はある程度、用心できますが、ピッキング対策には、盗難担保が安心できます。また、子供さんがおられますと、
 1.自転車・喧嘩で相手に怪我を負わせたとき。
 2.ベランダから物を落とし、他人に怪我をさせたとき。
 などのため、個人賠償責任特約は必要です(保険料は安いです)。また、貯金を兼ねた長期総合保険というお金が返ってくるものもありますので、代理店と相談してください。そのほかは #3のかたの通りです。

参考URL:http://www.yasuda-life.co.jp/fromypc/kazai.html
    • good
    • 0

説明が長く、難しい内容になることをご了承ください。



あなたが加入した住宅金融公庫の特約火災保険の内容の確認をしてください。
分譲マンションですので、補償範囲を「占有部分」と記載されていますか。加えて、マンションの管理組合で共有部分の火災保険に加入していますか。家財の保険に加入するより共有部分の保険の方が大事かも。

>、最近の傾向としてそのほとんど全額を公庫が勝手にお客様への貸し出し金の償却に当てるので、
公庫が勝手に貸出金の償却に当てる事は、聞いたことがありません。幹事会社である安田火災の案内では、返済に充てたり、修復可能の場合は債務者(あなた)が金融機関に支払われた保険金を受け取ったり、選択できるように記載されています。しかも、質権が設定されていても主契約と別に支払いが受けられる費用保険金は、直接債務者に支払われます。
しかし、保険のことを知らない金融機関の融資担当が、十分な保険金額に設定せずに加入させていた場合は、十分な保険金が受けられず修復が難しいくなるかもしれません。

(1)家財保険について
 ぜひ、加入されることをお勧めします。なぜなら、家財道具は、上からの水漏れ・現金の盗難等も補償されます。民間の保険では、子供が落として壊れたものも補償するものから、持ち出した物や他人から借りたものまで補償してくれる家裁保険もあります。また、個人賠償責任保険も加入されることをお勧めします。これは、ベランダから物を落として他人にケガを追わせた場合の補償・水をこぼし下の階の方に損害を与えた場合に補填をしてくれます。

(2)どこがお勧め
 現在は、各保険会社が新しい家財保険を販売しております。あなたが加入しておられる自動車保険等の代理店さんに尋ねられたらどうでしょうか。しかし、保険・共済含めて加入される処は、1社にしてください。
勘違いされる方が多いのですが、共済等の規定には、共済は保険とは異なります。と記載されていますが、他の共済・保険の支払いがある場合は減額をしますと小さい文字で書かれているはずです。また、損害保険会社の規定には、共済と保険はまったく別のもの。と謳っています。
 共済の支払の後には、保険は支払いを受けられるが、保険金の支払いを受けた場合は、共済は減額されると言うことです。

損害保険・農協の共済と全労災・県民共済と補償内容が大きく異なりますので、補償内容がご家庭にあったものか、よく検討をしてください。全労災で補償してくれないものが、損害保険・農協の共済で支払いが受けられると言うものがたくさんあります。

今年の10月から地震保険が値下げになりますので、一緒に加入されたらどうでしょうか。補償範囲が広くなった保険で 保険金額1000万円に地震保険500万円加えて 月々2400円前後です。8月現在東京の場合
多く販売されている住宅総合保険で上記と同じ補償金額で月々 1560円です。
団地保険もありますが、ずっと安い。しかし、1階の方は、水害の補償がありませんので考えて加入してください。(名古屋の水害を思い出してください。)
    • good
    • 0

住宅金融公庫の融資を受けた住宅に付く火災保険には公庫の抵当権が設定されています。

そのため、火災がおきても、その保険金はまず、返済に回され、残りが契約者に支払われます。そのかわり住宅金融公庫の抵当権を付ける保険は保険料が割安になっています。また自分で勝手に付けることはできません。窓口になっている銀行の関連会社が保険会社の代理店となって、一手に契約を引き受けています。
ただし、これは建物についての話し。
家財は別ですから、自分で付けることを考えねばなりません。実際に家財の金額を算出して保険をかけるわけですが、家族構成をもとにだいたいこのくらい、という目安の金額があり、それを大きく上回る契約はできません。ふつうの親子4人くらいなら500万円から1000万円の間で十分だと思います。
当然の事ながら、賃貸の住宅で暮らしている人も、大家さんが契約している火災保険は建物の補償しかしませんので、家財は自分で契約する必要がありますね。
損保会社は、どこもほぼ同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

>また自分で勝手に付けることはできません。

ということは初耳です。自分の無知(というより勉強不足)に恥じ入ります。
いずれにしても、家財保険は入った方が良さそうですね。

お礼日時:2001/08/07 20:06

私の場合は全労災と県民共済です。


営利目的じゃない、団体の方がいいかな?って感じで選びましたが。

あと、県民共済の火災保険・家財保険は、他社とのかみ合いはありません。
って言うのは、何社入ろうと、500万の損害には総額500万までしか降りませんが、県民共済はそれとは別個に500万降ります。
あるいみ、災害の時は保険差益が出るかも。。。になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kazugooさん、さっそくのご回答ありがとうございます。

>何社入ろうと、500万の損害には総額500万までしか降りませんが、...

全く知りませんでした。大変に参考になりました。
全労済と県民共済ですね。早速検討してみます。

お礼日時:2001/08/07 15:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分譲マンションを購入された方、火災保険についてお聞きします

この度分譲マンションを購入しました
(ローン開始・入居予定今年6月
 ローン契約3月頃です)

ローンは不動産の提携銀行で契約予定です。
そこで火災保険についてお聞きしたいのですが、

1.火災保険は銀行で取り扱っていますよね?
提携銀行でローンを組む場合はこの銀行と提携している火災保険に加入するのでしょうか?もしくは自分で色々な保険業者から見積りをとって比較検討したほうがいいのでしょうか?

不動産からは火災保険について何も聞いていなく、「火災保険はローンの契約時に説明があると思いますよ。」とだけ言われていて、何だか曖昧な返事なので不安です。

2.今から自分で色々な所から見積りを取ったほうがいいのでしょうか?
しかし火災保険の保険料などは建物によってまちまちですよね?
登記が済んで、マンションの規模(評価額?!)などが確定してからでないと保険料は見積りしてもらう事が出来ないのでしょうか?

いつ、どのタイミングで、どのように火災保険を選べばいいのか教えて下さい。宜しくお願いします。
全然無知なのでわかりやすく教えていただけるとありがたいです。

この度分譲マンションを購入しました
(ローン開始・入居予定今年6月
 ローン契約3月頃です)

ローンは不動産の提携銀行で契約予定です。
そこで火災保険についてお聞きしたいのですが、

1.火災保険は銀行で取り扱っていますよね?
提携銀行でローンを組む場合はこの銀行と提携している火災保険に加入するのでしょうか?もしくは自分で色々な保険業者から見積りをとって比較検討したほうがいいのでしょうか?

不動産からは火災保険について何も聞いていなく、「火災保険はローンの契約時に説明...続きを読む

Aベストアンサー

先日火災保険を契約しました。(今年3月入居・ローン契約1月)

各銀行でも火災保険は取り扱っていると思います。
不動産会社(デベロッパー)から提携会社となっている保険会社から
火災保険料の概算などの通知はありましたか?
うちは事前に提携保険会社の保険料(概算)が記載されていました。

うちは大規模マンションのため、保険会社は「○○マンション様は団体扱いになっており多少ですが割引しています」といわれました。
なので提携会社で契約しました。
でも家財は旦那の会社の保険の方が単価が安かったので、契約しませんでした。

ご自身で色々な保険会社にあたり、見積もり依頼するのは大丈夫だと
思いますが、もしかしたら提携の保険会社の方が価格が
安いかもしれないです。

Q火災保険と家財保険について

年内に戸建住宅の新築予定です。火災保険と家財保険は別々に入れるのでしょうか?(火災は共済、家財は損保というような)また、入れるのであれば、別々した場合のメリット・デメリットがあればお伺いしたいのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

建物と家財は別々でもOKですが、ローンに伴う火災保険の場合には20年、30年と云った長期の火災保険になります。
一括払いが大変お得ですよ。
更に金融機関経由で加入すると、債務者団体となり、大幅な割引(-15%)があります。

長期一括払いは30万とか40万円とかの大きな保険料(掛捨)になりますので。-15%は大きな割引額となります。

家財は通常そんな長期では掛けませんので、せいぜい5年ぐらいです。
現在一部の会社は長期5年などの(一括払、年払、月払)の新商品を販売しています。

Q携帯電話が、自宅屋内で、不測かつ突発的に破損した場合の火災保険適用

ネットで探すと保障されるという話と対象外という話があります。
会社や契約内容によるのだと思います。

携帯会社の保障プランと火災保険を比較したいと思っています。
携帯電話やタブレットを破損した時に、保険金が出る火災保険を、ご存じないでしょうか。

Aベストアンサー

火災保険ではないけど、携帯電話、タブレットについて
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4518486.html
には「アメリカンホームダイレクトの
お手軽ガードっていう保険なら怪我の保証までついて
980円でありました。・・
http://www.americanhome.co.jp/active/index.html
」はどうでしょうか。自宅内事故の保証はありやなしやわからないけど、聞いてみたらいかがでしょう。

Q投資用マンションの家財保険、火災保険について

今年投資用マンションを購入しました。
ワンルームマンションで、入居者が入っている状態で購入しました。入居者自身は入居の際に不動産の契約時に火災保険、家財保険に強制的に入っているようです。
オーナーである私に関しては、その部屋に何か保険をかけていたほうがいいのでしょうか?教えてください。
私の考えでは、入居者が保険には行っているのであればその部屋に2重に保険に入る必要は無いように思えるのですが・・・。お知恵を貸してください。

Aベストアンサー

住宅の火災保険は、保険の目的(火災保険の対象物)が
建物と家財の2種類あります。

賃貸物件の入居者は、自分の財産である家財に火災保険をかけます。

賃貸マンションのオーナーは、区分所有分の建物に火災保険をかけます。
それと、共有部分にも火災保険をかける必要がありますが、一般的には管理組合が管理費の中から共有部分の火災保険に入ります。
それと、あなたの区分所有部分の水道管の破裂などにより水漏れし、階下の住宅に損害を与えた場合などに備えるために施設賠償責任保険などにも入られたほうがよいと思います。

Q賃貸併用住宅の火災保険はどのようにしたら?

賃貸の一軒家で1Fが事務所(法人)、2Fが住居となっています。
法人と言っても夫婦だけの家族経営、住居には家族4人が住んでいます。
38年物の古い鉄骨の住居で、これまでは不動産で火災保険をかけていたのですが、
法人化したため同じ火災保険の更新でも倍を請求されました(2年で約4万円)

一度自分達でもう少し安い火災保険が無いかどうかを調べてみたいのですが、
何をどうやればいいのか全く分からずにいます。
火災保険の比較をして資料を請求するのがいいのか、
代理店と言ってもいくつもの火災保険を扱っている代理店をどう探せばいいのか、
共済が安いみたいですが、共済でも大丈夫なのか・・・等々。

大家は個人ではこの家の保険には今までに何も掛けてこなかったそうです。

恐縮ですが、どなたかどのようにすれば良いか一からご説明いただけると
本当に助かります。

Aベストアンサー

追伸

>損保保険会社というのは大手の保険会社ということですか?
国内代理店型損保 三井住友、東京海上、損保ジャパン、日本興亜、あいおい、日新火災、

中立という意味がわかりません。保険選びは、顧客の立場も考慮 何が必要で何がムダか、保険内容、特約を吟味 説明を聞くことで顧客が選択することです。

すべてを網羅する補償加入になれば保険料は当然高くなります。
どのようにするかは、直接代理店の説明を受けながら加入することです。

このような場で、文字で詳細説明、理解して貰うには少々しんどいもので、限りがあります。

Q火災保険と家財保険の契約年数について

いつも参考にさせて頂いております。

来月、待望の我が家が完成します。
現在、火災保険と家財保険の最終検討をしております。

保険会社と補償額は大体決めたのですが、各保険の契約年数について悩んでおります。
保険会社より頂いた見積書には、火災・家財とも35年契約となっております。
これは見積り請求の際、私が安易に決めた年数です。
(ローンと一緒でいいかなと・・・)

また火災保険の長期契約割引が20年以上の契約で適用がされるようなので、20年以上の契約にしようとは思っておりますが、35年は長すぎかなぁと。
ちなみに家財も35年となっております。

皆さんは火災、家財ともにどの程度の年数にしておりますでしょうか?

また、35年の間に、家の建て替え等あるかもしれません。
その時は、解約して、再契約、という事になるのでしょうか。。
長期契約した火災保険の解約は、お金が戻ってくるのでしょうか。。。

ここにきて、色々な疑問が浮上してきております。
明日、代理店の方に確認するつもりですが、その前に皆様の意見を聞かせて頂けたらと思います。

よろしくお願いいたします。

いつも参考にさせて頂いております。

来月、待望の我が家が完成します。
現在、火災保険と家財保険の最終検討をしております。

保険会社と補償額は大体決めたのですが、各保険の契約年数について悩んでおります。
保険会社より頂いた見積書には、火災・家財とも35年契約となっております。
これは見積り請求の際、私が安易に決めた年数です。
(ローンと一緒でいいかなと・・・)

また火災保険の長期契約割引が20年以上の契約で適用がされるようなので、20年以上の契約にしようとは思っておりますが...続きを読む

Aベストアンサー

通常は建物はローン期間に合わせて決める事が多いようです。
また銀行も質権設定の手続きが1回で済みますので、それを勧めます。
なお銀行ローンの場合には、銀行を通じて加入すると「債務者集団割引」
があり、10%~20%ぐらい保険料が安くなります。

家財は通常は長くても5年間での加入が最近の流れです。
建物、家財とも新価で加入しましょう。

建物は将来物価上昇で新築価額が上がれば、その分追加加入すれば
OKです。
また、将来解約の時はそれなりに返戻金があります。

Q新築住宅の火災保険

新築の一戸建てを購入します。
不動産屋から、火災保険については好きに検討しても構わないと言われたので、ネットで比較などして決めようかと思っています。(地震保険や水害などにも対応出来るように加入したいと思っています。)
しかしネットで色々見ていた所、「住宅金融公庫を使った場合は特約火災保険しか加入出来ない」と知りました。
今回ローンはフラット35と民間ローンを併用して契約しました。フラット35も金融公庫になると思うのですが、特約火災保険でなくても良いのでしょうか?
無知でお恥ずかしいのですが、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ちょっと誤解があるようなので勝手ながら補足します。
確かに住宅金融公庫を使った場合は特約火災保険しか契約できませんが、これは「直接」金融公庫から融資を受けた場合です。
フラット35は債権を公庫が買取るので直接公庫が融資しているわけではありません。逆に公庫の特約火災保険は付保できません。
この為一般の火災保険を探す事になります。
火災保険の注意点としては、「新価払」になっているかどうかです。従来期間10年超の火災保険は「時価払」でした。時価払というのはその時々の価値での支払いしか受けられませんので、例えば全焼しても火災保険の保険金だけで再築する事はできません。(特約火災保険も時価払)
新価払はどの時点でも再築価格で保険金が支払われる方式です。

Q家財総合保険(火災保険)の途中解約について

賃貸マンションに入居していて、管理会社指定の家財総合保険に加入していましたが、転居したため途中解約を申し入れました。
契約は2年で、解約したのは7ヶ月経過したところでした。

先日返金があったのですが、大部分を手数料として引かれたので、戻ってきたのは三分の一程度でした。
転勤族で何度か解約した経験があるので、きっちりと月割りした額が戻ってくるとは思っていませんが、こんなに手数料を引かれたのは初めてだったので驚いています。

解約にともなう手数料の相場は、どんなものなのでしょうか?
小額でたいした問題ではないとも思いますが、なにか納得できずにいます。
「ウチの場合はこんな感じだったよ」などの経験談でも良いので、ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 損害保険の場合、解約に伴う手数料というのは、一般的にありません。途中解約による返金の場合は、所定の返戻率が定められていますが、それ以上手数料を取られることはありません。
 お手元に保険会社からの通知は来ましたか?その通知には、幾ら返金すると書いてありますか?
 保険会社から来た通知と払戻金が一致しているかどうかをチェックしてください。もしかすると、保険とは関係のない費用が差し引かれているのではないかと思います。
 損害保険であったか、共済であったかもチェックしてください。

Q火災保険の長期一括契約について

火災保険について教えてください。
このたび住宅購入に伴い火災保険に加入しなければならなくなりました。
これまでは賃貸住宅だったので年払契約あるいは更新ごと払契約(2年)しか加入して知りませんでしたが、住宅ローンを組む金融機関から「返済期限+1年」の長期一括で契約しなければいけないと言われ、見積もりをいただいております。
しかし、たぶん同じ保障内容でも各社の保険料は多少でも違うものなのかなぁと、他の会社も比較したいと考えています。
そこで皆様、比較的「保険料が安い」とか「サービスが良い」などご存知ありませんでしょうか?
もしくは火災保険の比較見積りができるサイトなどご存じないでしょうか?
比較サイトを探しても「長期一括」での見積もりは難しいようで、あまり見当たりません(努力が足りないのかも知れませんが…)。

Aベストアンサー

火災保険は各社ごとの金額差はほとんどないと思います。
地震保険をつけるかどうかで、大きく変わってきます。
また、ローンに必要なのは建物部分だけですので、家財部分は短期で別にかけてもいいでしょう。

Q火災保険と家財保険について

火災保険と家財保険についてです。
数多い火災保険の中でHMから紹介を受けた、あいおいニッセイの
「マイホームぴたっと」に入ろうと思ってます。
ネットで色々調べてみると、なかなか保障内容も良いようで、特約も
広範囲にカバーされているようです。

保障内容ですが、35年一括契約ワイド型・地震保険は5年更新、
特約は「事故時諸費用」「類焼障害・見舞費用」「地震火災費用」
「防犯対策費用」「火災緊急費用」「個人賠償」とフルセットになって
しまいました(笑)

保障付け過ぎですか?

あと、家財保険です。
どの保険プランも家族4名(大人2+子供2)だと、1500万円前後が
目安とありますが、300万円か500万円にしようかと思ってます。
これだと少なすぎますか?

是非、ご意見をお聞かせ下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

建物の35年長期は一括払いですので一見
高そうに見えますが、35で割って1年当たりで
比較・計算して見れば半額ぐらいになるでしょう。

家財は全焼時などに当面必要なものを揃えられれば
良いという考えなら300~400万円ぐらいでも良いかも。

通常家財で35年もかける人はいないので、5年が
標準になっています。

なお、保険会社が提案する年齢と家族数による家財の
簡易評価なんて、もう無茶苦茶な算出ですので無視です
ね。
その内訳では
「カラーテレビ137,000円」「パソコン497,000円」など
信じがたい数字が並んでいますよ。
その後若干改定はされていますが、45歳家族4人で
1500万円なんて、一般の平均的な家庭ではあり得ない
でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報