ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

20年くらい前まではよく写真を撮っていたので、その当時のカメラ資産として、複数のレンズが手元にあります。もちろん、すべて銀塩カメラ向けに設計されたもので、90年代には現役で販売されていたものです。

最近になって、写真を再開しようかと考えているのですが、デジタル一眼向けのレンズの購入を考えるべきかどうか迷っています。解像度が上がったデジタル一眼に銀塩向けのレンズを組み合わせると、画質が粗くなるといわれていますが、それがどの程度違うのかによって新しいレンズの購入の必要性を考えるつもりです。
まだFX一眼は買っていませんが、45MピクセルくらいのFX一眼を考えています。この画素数でなくてもかまいませんので、銀塩向けレンズとデジタル向けレンズを使ってとった写真(できれば同じカメラで同じ構図)の画質を比較した結果があれば見せてもらえませんか。
またこの件に関しての意見もお待ちしています。

ちなみにレンズはすべてニコンなので、FX一眼もニコンにするつもりです。
50mm f1.4 manual
50mm f1.4 autofocus
85mm f2.0 manual
135mm f2.0 manual
70-200mm f2.8D

A 回答 (3件)

比較自体は難しいかもね。


処分している人も多いだろうし。

本体自体が決まってるようだから自分で試すのが一番かな。
どのみちキットレンズはないわけで、同時購入する必要性もないし。
(まぁキットレンズを購入するとも思えないけど、別に本体購入後でも遅くはないと思うし)

銀塩レンズだと解像上限は1500万画素程度(だと思う)
それ以上求めるならどのみちデジタルレンズ。
デジタルレンズもはっきり言うと4500万画素の画素ピッチに勝てるだけの解像度はまだないね。

自分の中で決めるのだからやはり自分で付けてみてからで良いかと。
周辺は気になるかも。

ちなみに比較という意味では 確かに機種は関係なくなるけど それでも機種差で感じる部分はあるかもね。
D850は像面位相差AFを搭載していない。これはNikonのエンジニアの考え方なんだけど高画素にあたり画質を優先した結果なんだよね。
なのでレンズだけの比較よりも自分の本体での比較の方が良いんじゃないの?
比較であっても本体が違うと結構見え方は違ってくると思うよ。
だから比較というよりもこの本体を使って自分の範囲で収まるなら無理にデジタルレンズと入れ替えまで考えなくても良いと思うし、別でデジタルレンズをまずは一本購入してみてもいいんじゃない?
わかっているかもしれないけど、D850はローパスフィルターレス。ただ、当然ローパスがなくてもフィルター自体は存在しているのでこれがデジタルレンズと銀塩レンズには影響する。
まぁこれは質問の意図とすこしズレちゃうけどね。

Nikonはレンズは資産 と言うように 今、本体がない時点でレンズで悩む必要はないんじゃないかな?手持ちが使えないわけじゃないし。

ちなみに自分の感覚で話してるのでデータ上とかの話しではないです。

あと、比較したいならてっとり速いのはメディア持参で店舗にレンズ持っていって試写させてもらえばと思います。
マナー的にその店舗での購入なら別に問題もないと思うし。
(それと、D850はRawのサイズをLMSで選べますが、Lの場合はそれなりにパソコンスペックも必要になります。快適な編集ならばですが、そういう確認も出来るかと思います。特にHDDはすぐに食いつぶすと思います)
高画素機はその辺りも覚悟しないと。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かにデジタルカメラはカメラ本体によっても写りが変わるので、購入を考えている機種で撮ってみないと、どういう具合に写りが違うかわかりませんね。
とりあえず、本体を買って手持ちのレンズで撮った結果を見てから考えることにします。

お礼日時:2020/03/11 03:48

私もF~F2~F3~F4~F5までいまだに10数台持っていて、レンズも30本以上はあると思います。


デジタルはD750を1台だけ持ってますが、50mm/1.4はもちろん、85mm/1.4、55mm/2.8マイクロ、200mm/4マイクロ、105mm/2.8なんかは結構デジタルでもいい味出してくれるので使ってますよ。
さすがに最新設計の解像度カリカリの新品レンズと比較したら数値的には敵わないでしょうけど、写真ってそれだけじゃないですから。
ボケ味もそうだし、独特の柔らかさとか、ピント面の重厚さとか、逆に古いレンズのほうが個性があって好きですけどね。
それは「画質が粗くなる」というのとは別の次元の話です。

そういうのに良さを見出している人が一定数いるからこそ、オールドレンズ関連のムック本や新刊雑誌がたっくさん出回っているのでしょうしね。比較写真もそういった本をあさればいろいろ見つかると思いますよ。
でも「画質比較」なんて粋じゃないと思いますけどね~。
そういうスペックを気にするなら古いレンズ資産はあっさり処分して、最新レンズとそれが使えるボディを買ったほうが幸せだと思いますけどね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

銀塩全盛のころでもスペックの劣る古いレンズを好んで使う人も結構いましたから、そういう「味」を楽しめればいいですね。
とりあえず、手持ちのレンズで撮ってみてから考えたいと思います。

お礼日時:2020/03/11 03:55

ニコンのデジタル一眼レフは、現行のFマウントでは、FXサイズセンサー機は出せないんじゃないかと囁かれていた時期がありました。


それは、センサーに光が真っすぐに当たるテレセントリック性を追求すれば、マウント径が小さ過ぎるから。
事実、フルサイズ機は、キヤノンに遅れを取っていました。

次に、イメージセンサーの表面反射。銀塩レンズに比べレンズ後面を含むコティングの適正化が必要になります。

要するに、銀塩とデジタルのレンズ設計の違いは、テレセントトリック性の違いとデジタルにあわせたコーティーングの違いです。

では、銀塩用に設計されたレンズは、実用に供さないか?
そんな事は有りません。その差は僅差。逆光等厳しい条件下でなければ顕著な違いは無いと思う。

取り敢えず、手持ちレンズを使う方向で検討。
どうしても、問題ありなら、その時、デジタル用に設計されたレンズの買い替えもありかと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

とりあえず、FX機を銀塩用レンズと組み合わせて撮ってみて、その結果を見てから考えることにします。

お礼日時:2020/03/11 03:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング