熱に不安定な薬品を滅菌するには、低温で長時間加熱するよりも、高温で短時間の加熱により滅菌するほうが望ましいのはなぜですか?それを活性化エネルギーの観点からどう説明したらいいかわかりますか?

A 回答 (1件)

「薬品」が不安定になる機構を.渇変と同じとして.答えます。


かっぺんが進むには.ある程度高温で保たれる必要が有ります。これは.かっぺんが主にエステル反応で進むために.化学平衡に達するまでに時間がかかるためです。だから.高温で短時間で加熱すると.化学平衡に達する前に.殺菌が終わりますので.かっぺんがおさえられるのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ