熱に不安定な薬品を滅菌するには、低温で長時間加熱するよりも、高温で短時間の加熱により滅菌するほうが望ましいのはなぜですか?それを活性化エネルギーの観点からどう説明したらいいかわかりますか?

A 回答 (1件)

「薬品」が不安定になる機構を.渇変と同じとして.答えます。


かっぺんが進むには.ある程度高温で保たれる必要が有ります。これは.かっぺんが主にエステル反応で進むために.化学平衡に達するまでに時間がかかるためです。だから.高温で短時間で加熱すると.化学平衡に達する前に.殺菌が終わりますので.かっぺんがおさえられるのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q統計力学:比熱の低温・高温近似グラフの書き方

統計力学:比熱の低温・高温近似グラフの書き方

下記の比熱の近似式において、
図のように近似のグラフがかけるらしいのですが、
どうやってこういうグラフを書くのでしょうか?

低温近似ではlim[x→0]x*e^x→0型の極限のグラフと
高温近似での1/T^2のグラフは分かりますが、
どうやって接続するのでしょうか?

Aベストアンサー

式が間違っているのではありませんか。

その式を元にした近似式も間違っています。
だいたい、高温で比熱が0になるということはあり得ないことだと思うのですが。

Q高温には限界は無いのに、低温には限度があるのはなぜでしょうか?

大きいには限界が無いのに(大きな恒星)
小さいに限度がある(分子や素粒子)
そのことと関係あるのでしょうか?

Aベストアンサー

温度というのはすなわち原子(分子)の運動の量(激しさ)です。
温度が高いというのは原子の動きが活発で、温度が低いとは原子の動きが小さいということです。
しかるに、この運動の量というのは激しい分には限度がありませんが、小さくなると結局動きが停止してしまい、それ以上はありません。だから温度には最低限度があるのです。

Qマイクロ波加熱とジュール加熱の違い

マイクロ波加熱(電子レンジ)とジュール加熱の違いを素人にも分かりやすい説明をお願いします。
また、電気でいう高周波、電磁波でいう高周波の違いも絡めてくだされば、
幸いです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

マイクロ波加熱(電子レンジ)とジュール加熱の違いに就いては、No.1の方の回答が出ていまので蛇足になりますが、ジュール加熱は、平たくいうと電流を流して、その発熱で加熱することです。

高周波とは、高い周波数の交流や電波を指していますが、必ずしも周波数の、はっきりした数値の定義は無いようです。
交流では、数百Hz以上程度でも、そういうことがあります。
電波では、数MHzから数百MHzを指すことがあります。
また、テレビやラジオなどの受信機などでは、オーディオを低周波、アンテナ回路を高周波、その間を中間周波などということも有ります。

鋼材の表面焼入れの目的の高周波加熱などでは、数百KHzを使用します。
このくらいの高周波になると、電流は表面に集中して流れる性質があるので表面の焼入れができるのです。

Q高温超伝導 高温超電導 超伝導 超電導 論文

高温超伝導体についての間違った、またはウソの内容が書いてある論文があったら紹介して下さい!よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

論文自体のURLをここで示すのはちょっと違反ですね。
超異説理論の紹介ですよ。うそと決まってません。
では、内容だけ紹介します。

1.高温超電導体は酸素イオンの導電体である。
2.酸素イオンはホッピングで伝導し伝導中にエネルギーを失う。
3.高温超電導体はBCS理論で説明できる。
4.高温超電導体の温度が90K以上であっても、酸素イオンは0K近辺であり、クーパー対を生成している。
5.冷却された酸素イオンは熱的に絶縁されている。なぜならバルクと結合をもっていず、かつ、超電導状態では価電子帯から熱供給をうけないためである。

QZnOの低温合成

学部4回生の者です。私の卒論のテーマが「半導体の低温合成」なのです。
イオンピームなどを用いてスパッタを起こしたりして基板上に結晶、若しくは
配向性のある物質を作るようです(実はよく分かってない)
そこで問題発生です。本格的な研究は今からはじまるのです。なのに材料に
何を使うかが決まっていないのです!!ということで、ZnOという物質の生成で
低温生成することの重要性、利点などがありましたら教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ZnOは半導体材料として非常に重要視されているセラミックスの一種です。
(どう重要かって?それは自分で調べましょう。)
なんでもいいからZnO、というのでしたら、金属亜鉛を単に燃やしてしまえばいいのです。
しかし、機能を有した材料というのは、
その構造とか組織とか形態とか、シビアに制御する必要性があるのです。
そのためにはいろんな方法が用いられます。
えてして、高温での反応は、反応を活性化しますので、
いろいろ細かく材料をデザインしやすくなります。
が、しかし、低エネルギー低コスト低環境負荷を念頭に、
なるべく低温で作れるものなら作りたい、というのが流れになっています。

そこで・・・、
ZnOにもいろんな種類と用途があります。
どういう用途に使うZnOをターゲットにするか?
その時のZnOはどういう状態のものである必要があるのか?
その状態のZnOを作るために、現在はどういう方法がとられているか?
その方法は高温を必要としているか?
必要としている場合、低温にするとどうダメなのか?
ダメな原因を他の方法を加えたりして、解決する見込みや意欲はあるか?
という順番で考えてください。

イオンスパッタリングという方法自体が特殊な材料合成法で、
比較的低温合成法と見なされると思います。
この方法で、従来品と同じもしくはより高性能のものができるかどうか、
というのが、重要なのではないかと思います。

ZnOは半導体材料として非常に重要視されているセラミックスの一種です。
(どう重要かって?それは自分で調べましょう。)
なんでもいいからZnO、というのでしたら、金属亜鉛を単に燃やしてしまえばいいのです。
しかし、機能を有した材料というのは、
その構造とか組織とか形態とか、シビアに制御する必要性があるのです。
そのためにはいろんな方法が用いられます。
えてして、高温での反応は、反応を活性化しますので、
いろいろ細かく材料をデザインしやすくなります。
が、しかし、低エネルギー低コ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報