「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

保育園来させる って言い方が気になる保育士です。



こんにちは。どこかで働いている保育士です。保護者が仕事休みでも当たり前に「今日は仕事休みですけど保育園来させました」とか「少し下痢気味で食欲もないけど来させました」とか登園理由も気になる事が多い現状だけど、それ以上に来させるって言い方が気になる。

普通に来ましたとか登園しました、とかの方がいいと思うのは自分だけでしょうか。

来させるって、してやったとか物みたいな言い方というか本人の意思より親の意思の方が強い感じの言い方とだなぁお思うのですが。


まだまだ結婚してない子供も持ってないので大変さも想像しても想像以上の大変さとか見えないところの大変さはあると思うのですが、望んで産んだのに何故大事な我が子の為に休めないのだろうおか病院すら行かないのだろうとか思う。本当は午前中で仕事終わりでもいつも通り遅くのお迎えとか。子供がいない時に夜ご飯の準備とか買い物とか掃除とかしたりリフレッシュできるのは分かりますけど、子供は保育士、下手したら大人の勤務時間以上にいる時もありますけど、疲れないと思ってる?

一緒にいる時間が短いから甘えたくて構って欲しくて触れ合いたくてわがまま言ったり泣いたりしてると思うんですけど、それを大変だとかめんどくさいとか、とりあえずゲームとかスマホとか与えるのってどうなの???

質問者からの補足コメント

  • 皆様のコメント、とても参考になります。自分の中にある考えを色んな角度から指摘、コメントして下さると色んな発見があって嬉しいです。

      補足日時:2020/03/10 18:43
  • もちろん、仕事もなかなか休み取りにくい、早退しづらい代わりがなかなか見つけられないとかもあるのは分かりますが、そんな幼い子供を持ってる母親、父親に子供が体調悪い時に休みもしくは遅刻早退も取れない会社、社会もどうなんだろうな〜って思ってしまいます。
    自分の保育園も子供持ってる保育士が殆どなので、子供が体調悪ければすぐにお迎えの為に早退したり病院や様子見る為に休みをとりますが、なんとかみんなで協力して臨機応変にやっています。

    他の職業、会社は分からないですが、一番大事なお子さん、子供達なので体調悪い時や病院に行った方がいい時に何故すぐ行けないのか疑問です。

      補足日時:2020/03/10 18:52
  • これに対しての保護者の考え、意見が知りたい。

      補足日時:2020/03/11 20:20

A 回答 (20件中1~10件)

これは質問の仕方が悪いです。


最初の質問で、「言い方が気になる、おかしい、こうした方がいいと思いますがそう思うのは自分だけでしょうか。」そして理由よりも言い方が気になると書いてあります。
更に別の質問「(長時間預けて)疲れないと思ってる?」「遊ぶのが面倒だからスマホやゲームってどうなの?」と質問なのか愚痴なのかわからない質問もあります。
更に更に補足で質問しています。

どれを答えたらいいかわかりにくいので回答も分かれます。
質問が多いので長文回答になる。

最初に「内容よりも言い方が気になる」とあるのでこの質問に対する回答は「来させました」について述べるのが妥当。

もっと質問を整理して分けて質問するのがいいと思います。

貴女が聞きたいことに対して真面目に回答するとかなり長文になります。
自分ができることを全てのお母さんが出来るわけではありません。
お母さんは保育や教育のプロではないので。
そのために保育士、幼稚園教諭、保健師、教員がいます。
貴女が保育士として、子どもにとって良いと思うことは保護者に伝えたいことは伝えていいと思いますよ。
それがお仕事です。
それは保護者がどう思っているか、どう考えているかとは別のことですから。
それに話してみれば、その方がどう考えているのかもわかるのではありませんか。
保育士と保護者、お互いに話してこそ良い保育が出来るのではないかな。
批判ではなく、相互理解ね。
    • good
    • 2

親にもそれぞれの考え、想いがありますよね。


園の考えや想い、保育士の考えや想い…
誰一人として同じではない。
という事が良く分かります。
似たような考えや想いはあっても、それぞれの家庭の事情も含めてね。
親も昔は子どもだった。
親からの愛情を受けて育って方、虐待を受けて育った方、施設で育った方…極端に書かせてもらいましたが、今は大人であり親であってもそれぞれの育ちの中で感じてきた事、人的環境、物的環境は皆様違う。
その中でまた子どもも同じ事を経験、体験しても受け止めて方が違う。
勿論、大人でもね。
そんな様々な要因から親になった時の親としての考え、想いも皆違うんですよね。我が子の事だけを考える人もいれば、他人の子どもも同じ様に考えられる親、我が子も大事だけど、自分の時間も仕事も大事にしたい…
今は晩婚化が進み、子どもを産むまでの仕事の立場、キャリアを失いたくない保護者も沢山いらっしゃいます。
生活苦で仕事を休めない人もいたり、生活苦でも子どもを優先される方もいらっしゃり…昔と比べて生活スタイルも環境
多様化しています。
保育士は、そんな各ご家庭に寄り添い、援助、支援が必要なんですよね。
「これが正解」はないんです。
16歳で子育てしてるお母さん、40過ぎて初産のお母さん、普通にいらっしゃいます。
言葉の使い方、礼儀、マナーを知らない人は年齢問わずいらっしゃいます。
また、地域によっても多少の違いがありますよね。
幼稚園は教育の分野
保育園は福祉の分野
こども園はその両方を担う
家庭の多様化が進み、核家族が増え、子どもの育つ環境も時代に合わせて変わってきました。
保育園は福祉の分野とされていますが、今では外部から専門の先生を雇い体育指導や英語指導、園によって様々な教育をされている保育園も増えています。
幼稚園は教育の分野とされていますが、自由を理念に掲げている園では、保育園よりも何もしていない園があるのも事実です。
保護者の方は、どんな園で子どもの大切な時間を過ごすか。
どんな教育、考え方、理念に共感されるのか?
それによって選択の自由がありますよね。
勿論、保育士も園の保育理念に合った所で働く事で、共通認識が持てそんな園を選んで入園された保護者に対しても同じ感覚で子どもの成長、発達を一緒に育んでいけます。
年齢問わず子どもを産んだら「親」になり、親にさせてもらった事への感謝、義務、責任がありますよね。
生まれた時は、子どもを育てるってこんなに大変なんだなぁ…と感じられる人、その大変さの中から子どもが可愛くなくなってしまう親もいてるんですよね。
何故なら、先にも書かせてもらった生活苦であったり、夫婦関係の状況の変化、核家族で何も分からない中での子育てで、鬱になってしまったり、精神的に滅入ってしまうお母さんもいらっしゃいます。
本当は、皆子どもが一番可愛くて大事な存在なのに、そんな余裕すら無くなってしまわれる親もいらっしゃいます。
だからこそ、教育者、保育者は保護者への支援、援助含めて、各家庭に対して様々な面からのサポートをする必要があるんですよね。
右も左も分からない子育てを一人で頑張ってらっしゃるお母さん、ご主人がいてても協力が得れなかったり、仕事での立場、状況、自分が休みでも、一人になれるほんのひと時の時間の使い方。
こちら側の声掛けの仕方や、対応の仕方で保護者の方も変わってきますよ。
各家庭、お母さん方の上辺ではなく、「背景」をみながら対応する事が非常に大事です。
「察する」「察知する」
例えばですが…
お母さんは仕事が休みの日に、保育園にこさせました〜笑
って登園されたら、「毎日大変ですもんね。今日は少しのんびり家事したり、少しひと時の時間をリラックスしてお過ごし下さいね。でもね、お子さんはお母さんが仕事が休みだと分かっています。(赤ちゃんでも雰囲気で感じとっています)だから、いつもより少し早目にお迎え来て頂けると、○○ちゃんは喜びますし、お母さんの愛情を感じれるんですよ。」簡単に書きましたが、こんな風な言葉を掛け続けると、お母さんも回数を重ねる毎に、「こさせました」ではなく、「先生ごめんね。休みだけどリフレッシュしたくて…お願いします。」こんな風に変わってこられますよ。
継続が必要です。
また、体調が悪くて連れてこられた保護者に対しては…
「そうなんですね。園の方でもいつもより注意してみさせてもらいますね。でも、何かあった時には直ぐに連絡させてもらいますので、連絡は取れる様にしていて下さいね。本当はお子さんが体調の悪い時にはお母さんの傍が一番安心なんですよ。また、感染症だった場合には他のお子さんにも影響が出る可能性もあります。今は大丈夫そうなのでお預かりさせてもらいますね。お母さんも毎日仕事も大変でしょうし、簡単にお休み出来ない事も分かっているので、出来るだけ早目のお迎えをお願いしますね。一番心配されてるのはお母さんだと思いますが、園でお預かりしている間はしっかりみさせてもらうので、仕事に集中して頑張って下さいね。」こんなやり取りでお母さんも安心して仕事に取り組めたり、子どもの状況、気持ちも少しずつ知っていかれますよ。
親としての責任、産んだ時にはから変わらず持ってらっしゃる保護者の方もいらっしゃいますが、日々の生活から、お母さんの周りの環境から、お母さん自身の体調から、その責任の重さが薄れてしまわれる方も沢山いらっしゃいます。
そんな保護者に対しての対応が「鍵」となります。
保育園や保育士を通して「気付き」を与える場。
親としての責任や、心の在り方含めてのサポートが必要というのは、そういう事なんです。
そんは保護者の模索や葛藤を一緒になって考え、寄り添い、お互いに「気付き」を得る。
子どもにとって、各家庭によって全く違う支援、援助が必要なんですよね。
責任を持ってらっしゃる家庭だから支援、援助がいらない。でもないんですよ。
また違う角度から見ての対応が必要となってきます。
日々変わりゆく子どもの成長、家庭環境、保護者の情緒を見逃す事なくサポート出来るといいですね。
細かい言葉一つ…
雰囲気、様子、朝の一瞬の受け入れ時に、瞬時に感じ取って瞬時に判断し、その時にベストな対応をする。
とても難しいですが、保護者と園、保育士の信頼関係を構築していく事で、保護者の方も少しずつ心を開いていってくれますし、どんな保護者の方でも、無下に対応する事なく、「背景」を見ていく事でどうしてその言葉が出てきたのか?が、分かる様になってくると思いますよ。
何故その言葉が出てきたかが分かると、どうしたら「気付き」が得れるのかも、自ずと分かってくると思います。
とても、奥深い仕事ですよ。
子どもの成長は勿論ですが、親も保育士も皆、子どもを通し成長させてもらいます。
子どもの成長はあっ!という間です。
物凄いスピードで成長します。
そのスピードに関わる大人もついていかなきゃね。
物凄いエネルギーのいる仕事ですよ。
その分、感動も喜びも一緒に味あわせてもらえます。
子どもって、凄いですよね。
関わる大人によって、違いますが、子どもから得れる学ばせてもらえる事も沢山沢山ありますよね。
そんな重責を担う仕事です。
「奉仕の精神」がなければなかなか続かない仕事でもあります。
逆に言えば「奉仕の精神」がなければ出来ない仕事でもあります。
細部に目を光らせ、細かな配慮が必要です。
「傾聴」「受容」「共感」
この三点は非常に重要です。
どんな保護者に対しても
どんなお子さんに対してもね。
沢山書かせてもらいましたが、多様化する社会、家庭の「背景」を見て対応してみて下さいね。
心身共にパワーと、エネルギーが必要な仕事です。
あなた自身の心身の健康も大事にされ、日々子どもに学び、保護者から学びを得て、もっともっと素敵な保育士に成長される事を願っています。
    • good
    • 4

追記で長々とすみません。



私は子供の幼稚園の説明会に行きました。2つ園の園長さんにこう言われました。「うちは保育園でもこども園でもありません。そういう方の利用はお断りしています。預けたいなら保育園に入れてください。」「幼稚園は教育の場で託児の場ではありません」「うちは子供を最優先に考えています。親の都合は関係ありません。」

ここにあなたの気持ちを整理するヒントがある様に思います。私は説明会でそう明言してくれた幼稚園に惚れて、我が子に通わせてあげたいと思いました。
預け先と捉えている質の低い家庭とは関わりたくありませんので。

そして他の方の回答を読んで「こさせる」に言い訳しか出てこない方がチラホラ見える事に、日本社会の闇を見た気がします。

こさせる、という言葉は子供のみならず、保育園も下に見ています。そういう構図ができていることに気がついて欲しいです。保育園に敬意があれば、「自分の都合で連れてきてしまって本当に申し訳ない、こんな状態だけど我が子の面倒をみていただいて宜しいでしょうか」という気持ちが出るはずなので。家庭内で使うであろう「こさせる」を保育士にもつかうのは大変失礼です。

長文を失礼致しましたm(__)m
    • good
    • 6

それが嫌なら幼稚園教諭になったら良かったですね。

そもそも保育園という制度自体に私は疑問しかないので自分で育てていますけど、そうでない人が多いから保育園という制度が成り立っていて、貴女の働き先があるのだと思う。

で問題の、託児状態になっている事ですけど。それは保育園側の問題で保護者の問題ではありません。貴女は保育園というビジネスの中で働いてお金を貰っている以上、保育園の意向に沿って勤めるしかありません。厳しい保育園だと、働いていないなら預からないという保育園もあります。不満が強いなら管理者に相談しましょう。改善がないなら、あなたの精神衛生上、別の保育園に勤め先をかえるなどした方がいいです。

私は「こさせる」という言葉はつかった事はないです。方言でしょうか?方言でないなら、無責任な言葉に感じます。子供を育てた事がない人が使う言葉に感じます。私がその状況で使うなら「連れて来ました」とか「来てみました」といいます。ここまで書いて本気で不思議なのですけど、方言ではないですか??

「こさせる」というのは預かり先に断る余地を感じさせません。育てさせて当然という揺るぎない意志を感じます。きっと家にいる時は「行かせる」なんですけど、保育園についたら「こさせる」に転じただけでしょうけど、預け先に使う言葉ではないです。失礼ですので。とても勤め人の使う言葉には思えません。

〇〇させる…主導権が自分(親)にあると勘違いしちゃっているのですね。ただ産んだだけなのに偉そうですね。保育園様に『働かせていただけている』立場なのにね。子供を一人の人として向き合った事がないのでしょう。人格がある生き物として捉えていないのでしょう。それ程関係が薄いのです。可哀相なのは子供もそうですが、親が親として成長できなかった環境に私は可哀相だと感じます。動物は産んたらすぐ親になる訳ではなくて、親子の関係を築いていく内に親に育っていきます。それはとても深い愛に満ちていて多幸感があります。それを知らない大人たちを可哀相に思います。

以上の事から、あなたが感じている不満の実体は『未熟な大人たちのおもりをさせられているという不満感』です。子供の保育ではなく、大人の保育になっている。それは確かに不満ですね、わかる気がしますm(__)m
    • good
    • 6

通うことです❤️

    • good
    • 0

両方の立場を経験しているから


少しだけ。
確かに多少の熱で元気があれば医者か保育園か迷うのは事実です。
今でこそ国の要請があるから休みやすくはなっているけど
実際職場では甘くはないんですよね。
「えぇ~~?またお休みなんだって。いいわねぇ~。
子共って言えば許されるんだから。。。」
「休み多いよね。迷惑かけてる事わかってるん?」
「そんなに子供大事なら仕事なんてしなけりゃいいのに!」
その全て実際に言われている言葉です。
悔しくてどうにもならない現実を恨めしく感じて
トイレに駆け込んで泣いてたことも。
余程具合が悪くない限り休める環境ではないというのが現実にあって
仕事辞めようかとも考えるけど
生活が苦しけりゃ 少しでも生きる足しになればと思ってた。
贅沢なんてできない。
周りがブランドだのなんだの言ってたって見ない事にして
町で同級生に逢っても身を隠すような状況でもあった。
子供に必要な事をする為に必死で生きていた。
我武者羅だったよ。
そう言う人にとっては やっぱり保育園の存在はありがたかったし
何が何でも行かせる事に意味があったような気もします。
実際 本当に迷うもの。
休んだからって日割り計算されるわけじゃない。
園に支払ってその余分に家にいる間の出費が膨らむのは
何とか抑えなきゃならないからね。
医者代も馬鹿にならないしね。
迷うよ。とことん迷いましたよ。
子供手当なんてない時代だったし布おむつも出初めのころだったからね。
母親は子供の面倒を見るのが当たり前で
一歳検診で家には何もないたくさんのおもちゃが気になって
母親の所へ来なけりゃ愛情不足ですって白い目で見られていたから。
今時はどうなのか。
医療費ただってところもあるし
児童館だのなんだのって充実してきているしね。
そんな中で自分を大事にって言う風潮ばかりに目がいってしまって
どうしたらうまく遣りこなせるのかと言う
試行錯誤を教える事はない。
守るだけ守って父親も子育てするようになって
覚悟もなく誕生させてしまう親が増えてしまった。
子だくさんなら国から援助があって
贅沢を贅沢と感じなくなってしまった。
母親が働く事が当たり前の世の中になって
子供は乳飲み子から預ける事を奨励している世の中だものね。
働いて自分のものを購入したり
子供の面倒を見るのが面倒だと感じたり
中にはそう言う親も居る事は事実ですから
何やってんだよって思うような事もありますよね。
あと
看護師さんだったり先生だったり
人を相手にしている職業の場合は職員の少ない現実の中で
休む事もままならない人たちが居る事も現実です。
そう言う人たちの為に保育園幼稚園はある筈なんだけど
一部の人たちの身勝手な考え方をする人たちがいるせいで
結局 主様のような反感を抱く事になってしまうんですよね。
とか言ってる私自身も嫌味言われても悔し涙流しながらでも
子供を優先はしていたんですけどね。
だからこそ思う。
産んだ以上は責任があるんじゃないかって。
生きているといろんな事情があるからね。
正論ばかりで物事を測れない事ばっかりなんですよ。
今の世の中でもう一度子育てしろって言われたら
多分私は産まない選択をすると思う。
正直 自信ないですもん。
今の人達はある意味可愛そうなのかもしれないね。
少しだけのつもりが長くなっちゃってごめんね。
    • good
    • 1

理想を言えば


そうだけど
( ̄~ ̄;)

現実には
みんな大変なんだよね

余裕があれば
保育園じゃなくて

ゆっくり母親が
面倒をみれるんだけど


余裕がってのは
お金だけじゃなくて
気持ちもだよ


それくらい、今の日本って
格差社会と競争社会てなてな
個人主義なシステムに
なってますもんね

もっと余裕があったら
父親が、子どもの面倒だってみれるもんね


現代社会の縮図ですよ

気に病まないで
園児だけじゃなくて
保護者にも労りの目で
観てあげてくださいね


m(._.)mお願いします

ちなみに、ワシは独身ですよ~

そういう問題からは
解放されてて
気楽だけどね
    • good
    • 1

方言かもしれません。


「持ってこさちゃった(来ちゃった)」という方がいらっしゃいましたよ。
日常。標準語を話していても、両親が地方出身ですと一部、知らず識らずに使っていたりします。
    • good
    • 0

私も保育士でした。


二人の子育てしながら長年勤めていましたよ。
あなたの仰る通り!
私も保護者の方の言動で、気になる部分が沢山ありました。
あなたは、独身で頑張ってらっしゃる様で、自分の夢、希望も託したい程によく細かい所まで気にされ、ちゃんと見てらっしゃるなぁ…と、嬉しく思いました。
私からちょっと知っておいて欲しい事…
毎日仕事、家事、子育てで目まぐるしい日々を送ってらっしゃる保護者さん。
忙しさのあまりに、そういう細かい事に気付かない方も非常に多くて、自分も身体がキツかったり、仕事は休みでも家事が溜まっていたり、ちょっと生き抜き…っていう気持ちになったりね。
そんなお母さんが多いと思います。
だから、保育士はそこを「気付かせる」役目も担っているんです。
お子さんの気持ちや、園での様子、体調が良くない時にはどうした方がいいのか…などを知っていってもらえる様に保護者の方が「教えてもらった」ではなく、「気付き」を与える言い方をするのがベストです。
親も人間ですからね、ついつい甘えも出てしまったり、子どもの発達、成長が分からなかったりするお母さんも多いんです。
子どもだけでなく、保護者に対してもある意味「指導」指導と思われない指導が必要なんですよね。
親子関係の「希薄さ」が問題にもなっていますし、子どもの現状、気持ち、発達、成長過程…親としての在り方、家庭での過ごし方…ありとあらゆるサポートが必要な仕事です。
親だけど、子どもがいてるからこそ親として成長させてもらえる事も沢山ありますしね。
保育士も保護者から学ばせてもらう事も沢山あります。
同じ子どもがいない様に、家庭の数だけ家庭のリズムがあり、考え方、想いもあります。
それぞれの家庭、子どもに合った保育、サポートを考えながら提案し、共通認識を持っていけるといいですね。
あなたの様な保育士がいてくれて、とても嬉しく思います。
志高く持って、大変ですがお仕事頑張って下さいね。
応援しています!
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます!保育士、保護者と両方の経験がある方の意見とても参考になりました。読んでいて自然と親の大変さを想像できたというか、子供と同じく親への援助もしていかなきゃなと思えました。
目に見えないところ、親の気持ちや体調面や家庭面の大変さも考慮して関わっていけたらいいなと思えました。
ありがとうございました。

お礼日時:2020/03/10 19:05

わかるわかる。



あなたは、
良い教育者
保育士さんだと
思いました。

保育園に通わせる
親に本当に多いと
思います。
(真面目な方も
勿論多い)

保育園入れたら楽とか、
保育園のほうが
働けるとか。

37,2℃なのに、
呼び出された!
元気なのに。
とか。

よく、聞きますね。
悪気は、ない
子供が邪魔とか
悪意はないにしろ、
ちょっと考え方に
疑問がありました。

うちは、幼稚園ですが、37℃なら、
行かせません。
仕事は休みます。

そもそも、
37℃近い子供は
その前日、
なんなら前々日の夕方
頃から具合が、
ちょっと悪いんですね。

悪いから、お熱が
出てる。

見て、見ぬふりをしたいのかな。
心配じゃないのかな?

2歳頃くらいまでなんて、
特に弱いのに、
働きたいから保育園。
9~18時まで
預ける・・・
なんで、子供作ったのかな?
と、本当に思ってしまいました。

役所や、医療
公務員、
本当に必要とされる
職業のお母さんなら、
泣く泣く、預かって
もらうところじゃないのかな。

たまに、ずるい方は
自由ほしさに、
子供を預ける方
いますよね。

来させる。
の言い方に、ついては

子供自身の事だから
来させた(連れてきた)
なのかな?

来ました。は、
自分自身のみな感じが
あるのかな?

よくわからないけど。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング